令和4年度 学校行事写真


1月18日(水) 伝統を引き継ぐ会 2年生の願いを全校に伝える

 2年生の代表生徒が1・3年生に対して伝統を引き継ぐ会に向けての願いを語る場を設けました。以下に、2年生が語った内容を紹介します。
 私たち2年生は、自分たちでやりきった成果を一人一人が自信をもって発表できるようにし、3年生が安心して卒業できる伝統を引き継ぐ会にします。そのために、当日までに当たり前のことを当たり前にする、クラスで自信をもてる財産を創る、自分から積極的に行動することを大切にします。
 この願いをもつ前に、1年生と3年生の実行委員と交流し、伝統を引き継ぐ会や卒業式に向けての願いを聞きました。
 1年生は、当たり前のことを当たり前にできるようにし、3年生が安心して卒業できるようにしたい、という願いを語ってくれました。
 3年生の先輩からは、
 ・3年間かけて築き上げてきたものを卒業式までにさらに発展させ、後輩に残していきたい。
 ・学級や学年で目指す姿を実現させるために、どんな思いをもって取り組んできたのか、その行動の裏にどんな思いをもっていたのかを伝えたい。
 ・3年生にもいろいろな取組をする中で課題があり、その克服には「仲間の存在」が必要だったことを伝えたい。
 という願いを聞きました。
 どの学年にも、
○当たり前のことは当たり前にできるようにしたい。
○自分たちで思いをもち、自治的に行動してさらに日常生活の質を高めたい。
○自信をもって「できた」と言える姿を、次の後輩たちに伝えたい。
○仲間と共に、全員で一つの目標を達成する価値を伝えたい。
という4点が共通する願いとしてあることが分かりました。これからの願いを共有し、全校が同じ目標をもって伝統を引き継ぐ会に向かっていきたいと思います。

令和5年1月10日(火) 冬休み明け全校集会

 冬休み明けの全校集会を行いました。校長からは、冬休みを健康に過ごし、自分の気持ちに喝を入れて登校することができたことは当たり前ではないと価値付けるとともに、3月の出口の目指すべき姿について話をしました。
 学校教育目標を具現するための方途としてすべての活動の根底に据えて大事にしている「熱く温かく『一人』にかかわり続ける」ことを、愚直にやりきってほしいと強く願います。熱意と思いやりをもって「一人」にかかわり続けることによって、学級文化や財産などを創り上げることができ、その中でも伝統として引き継ぐべきもの「東安魂」を3年生から1・2年生に引き継いでいってください。3年生の代表生徒が卒業証書授与式第二部の実施を校長にお願いしに来た際に、昨年度の3年生から「自主、自治の精神」が確実に受け継がれていることを感じ、とても嬉しく思いました。1・2年生の皆さんも同じように「自主、自治の精神」を引き継いでくれることを願っています。
 残りの3ヶ月で、仲間とのかかわりの中で身に付けてきた自分で考え判断し、やり遂げる力を、次の学年や進路先に向かおうとしている今、しっかりと発揮してくれることを楽しみにしています。

12月26日(金) 冬休み前全校集会

 冬休み前の全校集会を行い、本年度の生徒の成長について、3つの窓口から振り返りました。
 1つ目は、「熱く温かく『一人』にかかわり続ける」ことができたか。これは、本校の学校教育目標「心豊かで たくましい生徒」を実現するために、すべての活動の根底に据えて取り組んでいることです。先日の学年集会でも確認したとおり、自分の姿で示し続けたり懸命に声をかけ続けたりするなど、仲間の成長を願ってとことん関わり続ける姿を成果として発表した学級が多数ありました。この「一人」は「自分自身」の「一人」でもあり、特に3年生については自分の進路目標の実現に向けて自分自身に関わり続けてくれることを願っています。また、前期生徒会長はスローガン「志ある自治」を目指してめあてをもって自分たちの学校を自分たちでつくっていくことを、後期の生徒会長は「自分の学校、学級、組織を好きと言えるように、自然と互いに高め合い支え合う姿」を全校に求め、全校の皆さんは仲間と共に取り組んできました。これらが実現できたかどうかも、自分の評価の窓とになります。
 2つ目は、「たくましさ」があったか。本年度の目指すべき姿として、昨年度の成長の上に「迫力ある姿」を自分たちのものにすることを重点にしてきました。「迫力ある姿」とは、やらされるのではなく自分たちがいいと思って進んで取り組んだり、そうしている自分たちが誇らしいと思えるまで突き詰めて取り組む姿であり、学校教育目標にある「たくましさ」そのものです。生徒たちは、前期と後期に生徒会の目標を掲げて取り組む中で、常に自分や仲間にその姿の実現を求めて活動してきました。
 3つ目は、心の痛みが分かる人であったか。人権月間では、東安中人権宣言をもとに自分たちの姿を振り返り、互いに気持ちよい挨拶を交わしたり仲間の良さを見つけたりすることを通して相手の存在を尊重する土壌を確かなものにするとともに、相手の状況や気持ちを考えながら関わることの心地よさを感じてきました。さらに、人の心の痛みに気持ちを向けるようになっていくことを願っています。
 3年生は、卒業までの学校生活の中で、逆境に打ち勝つ姿を自らの姿を通して1・2年生に示してくれることを期待しています。

12月23日(金) 赤い羽根共同募金の寄附

 生徒会の呼びかけによって保護者の皆様にご協力をいただいた赤い羽根共同募金を、安八町役場に届けました。
 集まった金額は9,465円でした。保護者の皆様の温かい気持ちとともに、安八町社会福祉協議会を通じて社会福祉法人岐阜県共同募金会に寄附させていただきます。保護者の皆様方のご協力に心より感謝いたします。

12月23日(金) 冬休み前学年集会

 後期に入ってからの歩みを中心に、各学級の成長について学年間で認め合ったり、今後の目指す方向について確認し合ったりするための学年集会を各学年で行いました。
 「熱く温かく 一人にかかわり続ける」、本校が教育活動の中で大切にしているこのことを、どの学級でも学級目標を自分たちの姿にする過程で常に根底に据えて生徒たちは頑張ってきました。学級の全員で成果を残したいと願い、自分の姿で示し続けたり懸命に声をかけ続けたりする生徒のおかげで自分も頑張れるようになった、自分の役割を全うするためにくじけそうになる自分と向き合い続けることができるようになったなど、学級の仲間とのかかわりの中で東安中の生徒は着実に次の学年や進路先に向けて力を付けています。

12月23日(金) 表彰式

 後期になって届いた応募作品等について、2回目の表彰式を行いました。
・ボランティア・スピリット・アワード 全国ブロック賞
・JA共済小中学生交通安全ポスターコンクール 最優秀賞
・税に関する作文 西濃信用金庫賞
・第10回中学生イラスト・絵画コンクール 佳作
・明るい選挙啓発ポスター 入選 ・安八郡秋季剣道大会 中学女子の部 準優勝・中学女子1年の部 準優勝
・西濃地区中学校剣道初心者育成講習会 県育成大会予選会 2年男子の部3位・総合2位・西濃地区代表選手
 こうして頑張ったことや得意なことを認められることにより、他のことについても頑張れるようになるものです。今後の活躍を期待しています。

12月21日(水) 家庭学習の工夫紹介(2年生)

 学習委員会の取組として、一人で取り組む家庭学習を充実させるため、ノート作りの上手な生徒や学習の工夫をしている生徒にインタビューを行い、全校に紹介しました。特に冬休みは、学年の学習内容を復習するためのまとまった時間を確保することができる貴重なチャンスです。
 代表生徒たちは、全校に次のような内容を紹介しました。
・歴史の流れを覚えるのが苦手なので、各時代の特徴などを簡単なイラストにして年表に書き、覚えやすくしている。
・各教科のワークに何度も取り組み、できなかった問題をもう一度やり直している。繰り返すことでだんだん身に付いている。
・英語の単語など、できなかった問題(苦手なところ、分かっていないところ)を、テスト前に見直している。
・ワークの誤答をやり直し、その時は分かったつもりでいるが忘れていることがある。時間がが経ってからもう一度やるようにしている。

12月21日(水) ビブリオ・トーク交流会

 登龍中学校とのビブリオトーク交流会を行いました。ビブリオトーク交流会の開催は今年度で2年目になります。この日は、事前に学級内で選ばれた生徒が、お勧めの本を学年間で紹介し合いました。
 各学級の代表生徒は、聞いてくれる仲間を意識し、紹介したい本について興味をもってもらえるよう熱心に伝えることができました。本には自分が知らない世界やたくさんの知識が詰まっています。今後、紹介された本や図書館で見つけた本との出会いをきっかけに、本に親しみ、楽しんで読書出来るようになることを願っています。

12月19日(月) フラワー・スマイル・プロジェクト 地域に花を届ける

 本年度2回目のフラワー・スマイル・プロジェクトを行いました。今回は結地区のお年寄りの方といつもお世話になっている民生委員・児童委員の方、子ども園、郵便局、町の公共施設等に自分たちが育てた花を届けました。
 届けた方々に笑顔になっていただきたいと願うボランティアの生徒たちは、水遣りなど花の世話を続けてきました。今回は、特別支援学級の生徒の呼びかけでボランティアを募って作成したうさぎの飾りを添えて花をお渡ししました。地域の方に自分たちが育てた花を届ける活動を通して、相手の方の気持ちに寄り添うことの心地よさを感じ、自己有用感を抱くことができました。
 配付を希望する方の調査や事前連絡等にご協力をいただいた民生委員・児童委員の皆様をはじめ、地域の皆様に心より感謝申し上げます。
 このボランティア活動は2年目を迎えています。去年届けた花を育てていてくださる方もみえ、東安中生の気持ちを大切にしていただけることをたいへんありがたく思います。今後も地域の方のため、自分たちのためにこの活動を続けていきたいです。

12月18日(日) ボランティア・スピリット・アワード 全国表彰式

 生徒会の生徒たちがボランティア・スピリット・アワード全国表彰式に参加しました。全国賞や米国親善大使、文部科学大臣賞に選ばれた方々の活動に対する思いを聞くことを通して、たいへんなことがたくさんあったけれど、地域の方の役に立ちたいという願いをもって行っている活動「フラワー・スマイル・プロジェクト」をやってきてよかったなという思いをもつことができました。
 これからも、地域の方、特に独居老人の方々の思いに少しでも寄り添えることに喜びをもって全校生徒がこの活動を続けていくことが大切であると感じました。

12月16日(金) 表彰式

 10月末の表彰式以降に届いた応募作品等について表彰を行いました。
 ・岐阜県発明工夫展 絵画の部 努力賞
 ・防火ポスター 安八長賞・銀賞・入選
 ・家族の一行詩 会長賞入選
 ・安八町・東安組合連合会美術展 推奨作品
 自分の得意なことを伸ばすことで、それらがこれからの人生のどこかで役に立つ場面がきっとあります。いろいろなことに挑戦をして、自分の可能性を広げてほしいと思います。



NEXT     

RETURN TO TOP