幹事クリタのコーカイ日誌2019

[ 前日翌日最新今月 ]

10月22日 ● 巨人はオリックスより?

 日本シリーズが第3戦まで終わりました。ソフトバンクが巨人に3連勝。それも全て完勝です。巨人投手陣はソフトバンク打線を抑えることができず3試合連続6失点以上、巨人打線はソフトバンク投手陣に手も足も出ず単発のホームランでしかなかなか得点できません。特に巨人の中軸である坂本、丸、岡本は完全に封じ込められています。

 ソフトバンクは今年のパ・リーグ2位のチームです。そのソフトバンクに対してセ・リーグ王者の巨人がここまで完膚なきまでに叩きのめされるとは、いかにセとパの実力差があるかということになってしまいます。いや、毎年の交流戦の結果を見れば明らかに両リーグで実力差はあるのですが、それにしても巨人が弱すぎます。これでは1989年日本シリーズでの近鉄・加藤哲郎の「巨人はロッテより弱い」発言を思い出してしまいます。

 あの発言は加藤本人は「していない」と言うことですが、あれだけ盛り上がったのはやはり誰しもそう思うほど巨人の調子が悪かったからでしょう。もちろん、その後に巨人が近鉄に4連勝して逆転優勝するのですから勝負事は終わるまでわかりませんが、今年の巨人がここから4連勝できるかどうかと言うと、かなり厳しいだろうと思います。なにせ相手がソフトバンクです。勝ち慣れ、日本シリーズ慣れしていますから、当時の近鉄とは全く違います。ソフトバンクの選手は「オリックスより弱い」と内心思っているかも知れません。

 唯一巨人に逆転の可能性があるとしたら、明日の先発が菅野だということでしょう。故障で投げられないのではないかと思われていた大エースを敢えて登板させるほど、巨人は追い詰められているわけですが、その背水の陣に選手が奮起すれば、流れは変わるかも知れません。原監督の大博打ですが、ひとつ間違えれば菅野の選手生命すら脅かしかねないわけで、甥っ子だからとは言え、なかなかできる決断ではありません。


gooブログでも読めます「幹事クリタのコーカイブログ」

テニス好きなら「幹事クリタのテニス日誌」


>