幹事クリタのコーカイ日誌2019

[ 前日翌日最新今月 ]

10月14日 ● 両手バックの進歩。

 先月からテニスエルボー防止のためにバックハンドを両手で打つ練習を始めています。山本麻友美プロにまず基本を教えてもらった上で、壁打ちをメインで練習を積んでいます。まだまだゲームの中で使えるほどには上達していませんが、少しずつ打つコツを掴みかけてきたというか、極端なミスヒットは少なくなってきました。

 今日約1か月ぶりに山本プロのレッスン会でまた両手バックハンドを見てもらいました。球出しをしてもらって10分以上にわたって打ったのですが、前回よりはかなり良くなったとお誉めの言葉をもらい自信がつきました。特に腰から膝あたりの高さのボールはかなり上手く当てることができるようになってきたのですが、まだ胸より上はなかなか力が入りません。山本プロからは最初は無理せず高いボールはロブで返すようにした方がいい、そのうちコツが掴めれば打てるようになるからということで、高いボールはロブで返す練習をしたのですが、これも何とかできました。

 今後の課題としてはゲームの中で実際に両手で打つことです。球出しのボールと実際の生きたボールでは全然難易度が変わります。そもそもバックに来た、と思ってから両手で構えるのに慣れていないので、どうしても少しセットが遅れ気味になり、その結果振り遅れたりミスヒットしたりしてしまいます。自然に両手バックの構えができるようにならないとゲームの中では使えません。

 山本プロからは「まずバックは両手で構えて、難しかったら片手でスライスで返すように」ということだったので、とにかく両手で打ちに行く気構え優先です。テニスを40年やってきて今さらの打法変更ですから簡単にはいきませんが、テニスエルボーで痛いのですから仕方ありません。

 ただ、テニスエルボー自体はかなり症状が軽くなってきたので、実は最近片手バックハンドもあまり打つのが怖くなくなってきました。もちろん片手の方がボールのコントロールはしやすいのですが、せっかく両手も練習して身につき始めたのですから、武器をひとつ増やすためとテニスエルボー再発防止のために頑張って練習していくつもりです。


gooブログでも読めます「幹事クリタのコーカイブログ」

テニス好きなら「幹事クリタのテニス日誌」


>