幹事クリタのコーカイ日誌2019

[ 前日翌日最新今月 ]

11月12日 ● 36歳の結婚。

 いくら初婚年齢が上がる一方とは言え、さすがに男が36歳、女が38歳のカップルなら結婚が「早い」とは言えません。むしろ子どもをもつことを考えれば「遅い」くらいです。これまで仕事の都合でなかなか結婚できなかった事情があるとは言え、恩義のある社長も亡くなり、自分の仕事もターニングポイントが近づいてきている状況を考えれば、ここで結婚に踏み切るというのは、良いタイミングだと思います。

 まあ職場環境がかなり特殊で、周りの先輩同僚たちも相手がいてもおいそれと結婚には踏み切ることはできませんでした。ひとりだけ抜け駆けするのもと躊躇する気持ちもあります。とは言え、昔と違って結婚を禁じられているわけではなく、少ないながらも先輩たちも既婚者が増えてきました。グループ内で自分が先陣を切ることで、後も続きやすくなるだろうとも思えます。

 いつまでも若い頃と同じようではいられません。それを望まれる立場であることは理解していても、実際の年齢とのギャップは広がるばかり。それが苦しくてリーダーは仕事から離れたいと言い出しました。40歳が見えてくる年齢になればそれも無理からぬことです。自分もこれまでの立場から少し別の立ち位置を考えたい年頃です。

 ファンにとっては辛い気持ちもよく理解できます。僕も40年近く前に同じ苦い思いをしました。その人は最近キルトの本なんか出したりして少し話題になっていますが、幸せそうなので良かったです。彼のファンもみんな頭では理解していることでしょう。心が整理できるまで少し時間はかかりますけどね。僕はかなり長い間、友和の顔を見るのもイヤでしたから。


gooブログでも読めます「幹事クリタのコーカイブログ」

テニス好きなら「幹事クリタのテニス日誌」


>