幹事クリタのコーカイ日誌2019

[ 前日翌日最新今月 ]

11月13日 ● そもそも花見が必要なのか。

 安倍総理が「桜を見る会」の来年の開催中止を決めました。最初は何の問題もないようなことを言っていて、急に方向転換したのはさすがにどう嘘を言い繕っても説明がつかないと諦めたからでしょう。やめることで収束を図るつもりです。ただここまで大きな騒ぎになってしまっていて、簡単に消火できるのかどうかはわかりません。

 最初に共産党が国会で質問した時にはネットはすぐに反応していましたが、マスコミはスルーしていて相変わらずだなぁと思っていました。最近ようやく各局とも取り上げ始め、それに対して二階幹事長が「議員が選挙区の皆さんに配慮するのは当然だ」と、「二階からガソリン」と言われるような発言をかまして、ますます炎上を煽りました。

 彼が何が悪いかわからないはずがないので、きっと二階幹事長はこの機会に安倍政権を潰してしまおうとでも考えているのではないでしょうか?政治を語らず政局しか考えていないこの人の腹黒さは尋常ではありません。安倍と二階、そして菅の裏での暗闘は相当ドロドロしていそうです。

 二階と違って本気で悪いとも思わず無邪気に「安倍総理に招待された!」と喜んでSNSに書き込んでいた地方議員や後援者たちが続々と証拠隠滅とばかりに今さら削除を始めたことで、こりゃ本当にヤバいと思っているんだと世間にバレてしまったところも間抜けでした。挙句に三原ジュンコが例によってツイッターでまたガソリンを撒き散らす始末で、恐らく自民党内でも「もう庇いきれない」となったのでしょう。

 菅官房長官は「招待客の選定基準見直しなどを検討」としていますが、名簿を廃棄してしまったと言っているのに、どうやって招待客の見直しをするのかも不思議です。それより「桜を見る会」は来年とは言わず永遠に中止としてしまった方がスッキリはします。そもそも功労者に対する慰労なら園遊会があります。あちらは皇室主催ですからずっと呼ばれた方も嬉しいことでしょう。

 それと「桜」よりも「大学入試」や「関電」の方がずっと政治的には重大で闇も深いと思うのですが、それが「桜を見る会」のせいで風化していくのはどうなんだと思ったりはしています。もっともあっさりこれで花見の幕引きを認めてしまったら官邸の思う壺なので、どこをどういうバランスで突っ込んでいくか野党の出方も難しいところではありますが。


gooブログでも読めます「幹事クリタのコーカイブログ」

テニス好きなら「幹事クリタのテニス日誌」


>