ぱんさのサボテンランド/栽培種プロフィール

柱サボテン種類
 
 柱サボテン(Columnar Cactus)の魅力は、野性味、壮大さ、強健さにあると言えます。自生地にある柱サボテンの林立や叢生を見て感動しない人はいないでしょう。
 戦後、多くの柱サボテンがわが国に導入されましたが、こじんまりとした種類がもてはやされることから、普及種を除いて入手が難しくなってしまいました。嘆かわしいことに、名無しや誤名で流通していることが多くあり、すでに名前が分からなくなってしまったものも多く、サボテン専門ショップでも、大型の柱サボテンは数種類程度扱っていればいい方でしょう。
 このページでは、ぱんさのところにある少しばかりの栽培種を紹介します。
 なお、柱サボテンは、耐寒性があるように思われていますが、それは一部であって、メキシコ〜中米原産の柱サボテンはそんなに寒さに強いわけではなく、一般的なサボテン並みです。耐寒性があるのは、南米ペルー等の山岳地帯やチリ、アルゼンチンを原産とする一部の種類と考えてもらっていいでしょう。
 柱サボテンの魅力はガッチリとした体躯にありますので、栽培のポイントは徒長させないことに尽きます。新しく成長した部分が、それまでよりもひょろひょろと細くなってしまったのでは失敗作以外の何物でもありません。成長期には、十分すぎるくらいに日光に当て、灌水や追肥も十分に与え育てる必要があります。

 柱サボテンの分類についてまとめたページはこちら 柱サボテンの分類
 柱サボテンの普及種の種類についてまとめたページはこちら 柱サボテン普及種・種類

 

北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  
森林性紐サボテン
 「森林性紐サボテン」と称される仲間は、北米メキシコから南米ペルーまで分布が広いため、このページにまとめることとしました。
 「森林性」と付くために熱帯雨林のようなジャングルに自生しているものと勘違いされることが多いのですが、実際には開けた風通しのよい林に「着生して」自生しています。このため、適度な乾燥と通気の良さを好みます。一般の地性の柱サボテンよりも根は滞水、過湿に弱いので注意が必要です。
 森林性紐サボテンの多くは花が大きく美しいため、多くの交配種も作出されています。

 森林性紐サボテンの範囲や森林性サボテンの分類についてまとめたページはこちら 森林性サボテンの分類

Selenicereus セレニケレウス属
Disocactus ディソカクツス属
Weberocereus ウェベロケレウス属


Selenicereus セレニケレウス属
 現在のセレニケレウス属は、
・旧セレニケレウス属(Selenicereus)
・旧クリプトケレウス属(Cryptocereus)
・旧ストロフォカクツス属(Strophocactus)
・旧デアミア属(Deamia)
・旧メディオカクツス属(Mediocactus)
・旧マルニエラ属(Marniera)
等が合併してできました。孔雀サボテンに似た薄い茎節を持つもの(Selenicereus chrysocardium ゴールデンハート、Selenicereus anthonyanus アンソニアヌス等)もあれば、いわゆる「紐サボテン」と呼ばれる細身の柱サボテン形態のものもあります。
 花は、ほとんど一夜限りの夜開性で白、大輪で「Moonlight cactus」と総称される美しいものです。
 細身の柱サボテン形態の代表は、「Selenicereus grandiflorus(大輪柱)」ですが、その近縁種には、よく似た多くの種類があります。「Selenicereus grandiflorus」の近縁種は整理されてきているものの、実際の植物と照合するにはすっきりしない部分が多く、任意に作出された交配種や、不可抗力で交雑してしまったものもあり、区別は非常に難しいと言えるでしょう。
 セレニケレウス属の有名種である「夜の女王」は、古くは「Selenicereus macdonaldiae = Selenicereus pteranthus f. macdonaldiae = Selenicereus grandiflorus ssp. macdonaldiae」に対照された植物でしたが、我が国で一般的に「夜の女王」として流通しているものは、「macdonaldiae」ではありません。例えば、ネットで「夜の女王」で検索して出てくるサイトの画像は、まったくといってよいほど「macdonaldiae」ではありません。おそらく、何かの交配種の可能性があります。したがって、何をもって和名の「夜の女王」なのか、定義でさえはっきりしないといってもいいでしょう。
 以下は、grandiflorusの亜種及び近縁種の特徴をまとめたものです。花のサイズ(花径ではなく、花の長さですのでお間違えなく。)は、栽培管理環境によっても変化するので、そのサイズに達しなかったといっても違うとは言い切れません。

 セレニケレウス「Selenicereus grandiflorus(大輪柱)」系の栽培法については、「大輪柱」の項を参照。


【Selenicereus grandiflorusの亜種及び近縁種の特徴】
名称 原産地・特徴 対照和名
亜種
grandiflorus
グランディフロルス
ガテマラ〜ニカラグア(カリブ諸島を含む)原産。稜は多い(5〜8稜)。花は15〜20cm長。花托には毛が密生する。 大輪柱
亜種
boeckmannii
ボエックマンニー
カリブ諸島原産、花は24〜39cm長。pteranthusと同種と思われる 瓔珞柱
光柱
ベックマン柱
亜種
brevispinus
ブレビスピヌス
キューバ原産。茎は8〜10稜、刺はないか1mm程度の長さ。花は25cm長。grandiflorusの短刺タイプ。 -
亜種
coniflorus
コニフロルス
メキシコ原産。茎は細く、通常5〜6稜。薄黄色の刺で、中刺は1本で長さ1.5cm、側刺は4〜6本。花は22〜25cm長。pteranthusの長刺又はgrandiflorusの少稜タイプ。 -
亜種
donkelaari
ドンケラアリ
メキシコ原産。茎は1cm程度。稜は9〜10で低く、刺は短く茎に密着する。花は18cm長。 月琴柱
ドンケル柱
亜種
hondurensis
ホンデュレンシス
グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア原産。7〜10稜で多数の毛状の刺に覆われる。花は18〜23cm長。 ホン国柱
新月柱
亜種
macdonaldiae
マクドナルディアエ
ホンジュラス原産。稜は目立たず刺座がイボ状に突起する。花は30〜34cm長。 夜の女王
ただし一般に「夜の女王」として流通するものは本種ではない。
亜種
pteranthus
ペテランツス
メキシコ原産。茎は細く4〜6稜、刺は1〜4本で非常に短い。花は25〜30cm長 夜美人柱
夜の王女
亜種
urbanianus
ウルバニアヌス
カリブ諸島原産。茎は4〜5稜。花は20〜30cm長 -
交配種
cv. ?
茎は4〜5稜。花は20〜30cm径 夜の女王
一般に「夜の女王」として流通するもの。
hamatus
ハマツス
メキシコ原産。茎は3〜4稜で特徴的な突起がある。刺はほとんどないか絹糸状。花は20〜25cm長。外花被は薄い緑色。花托には黒い毛がある。 鍵(鉤)柱



原種


大輪柱(たいりんちゅう)
Selenicereus grandiflorus
ガテマラ〜ニカラグア(カリブ諸島を含む)原産


菊鉢を用いると支柱止め穴があるので
行灯支柱を固定するのに便利
 茎は5〜8稜で稜は明確。フェルトと毛をもつ刺座に7本程度の刺がある。

 セレニケレウスは、スペース的に行灯(あんどん)仕立てとするのが普通。開花させるには、茎の総長を5〜7mにしなければならないので、自由に伸ばせるスペースがない場合必然的に行灯仕立てになる。
 行灯支柱には100円ショップに売っているような劣化してすぐ壊れてしまうものはダメで、多少高くても丈夫なものを使用し、下のほうからギチギチに誘引していく。後から支柱を交換するのはほぼ不可能。
 鉢は、プラ菊鉢を利用すると、排水もよく、鉢縁に菊用の支柱を固定する穴があるため行灯支柱を止めることができて便利。
 花は、初夏(6〜7月)咲き、花付きよく非常に美しい。
 苗を入手したのなら、鉢は7〜8号を利用、行灯支柱はそれに応じたものとし、成長期に十分に成長させると、翌年又は翌々年には、開花する。
 ちっぽけな鉢、サボテン・多肉植物の土のような痩せた土では、成長も望めないし、ましてや開花はいつのことになることやら分からない。



2013.6.14撮影

バルバデンシス
Selenicereus grandiflorus var. barbadensis

 茎は5〜6稜、刺は白く7本程度。
 バルバデンシスという限りはカリブ海のバルバドス島が原産の中心と思われる。
 バルバデンシスの変種としての特徴はよく分からないが、おそらく刺が長いといったことではないかと思う。本種は非常に刺が長く目立つ。
 やや性質は気難しい。


セレニケレウス・ハマツス
Selenicereus hamatus
メキシコ原産

 茎は3、4稜、刺は無いか極短い。
 本種を特徴付ける刺座下の突起は、よく発達するときがあったりほとんどなかったりと安定しない。





2014.6.11撮影



セレニケレウス・アンソニアヌス
クリプトセレウス
(園芸的総称)ジグザグサボテン
(園芸的総称)フィッシュボーンカクタス
Selenicereus anthonyanus
=Cryptocereus anthonyanus
メキシコ・チアバス原産

 こうした茎節に切れ込みのある薄い茎節をもつ森林性サボテンには、
○クジャクサボテンの「白眉孔雀/有角孔雀(Epiphyllum anguliger)」
○セレニケレウスの「ゴールデンハート(Selenicereus chrysocardium)」
○セレニケレウスの「クリプトセレウス(Selenicereus anthonyanus=Cryptocereus anthonyanus)」等
 があるが、ショップの無知ゆえに「ジグザグサボテン」あるいは「フィッシュボーンカクタス」という呼び名でひとくくりで流通している
 これは「セレニケレウス・アンソニアヌス Selenicereus anthonyanus」。
 旧クリプトセレウス属(Cryptocereus)で、流通名「クリプトセレウス」はこの属名から。
 茎は平たく艶と厚みがある。根元からシュートが出ることもあるが、枝はある程度の長さになると成長が止まりそこから枝を出しどんどん長くなる。叢生というよりはツル性となるのが本来の姿。





春〜秋
セレニケレウス・クリソカルディウム
ゴールデンハート
昆布孔雀(こんぶくじゃく)
(園芸的総称)ジグザグサボテン
(園芸的総称)フィッシュボーンカクタス
Selenicereus chrysocardium
=Marniera chrysocardium
メキシコ・チアバス原産

 こうした茎節に切れ込みのある薄い茎節をもつ森林性サボテンには、
○クジャクサボテンの「白眉孔雀/有角孔雀(Epiphyllum anguliger)」
○セレニケレウスの「ゴールデンハート(Selenicereus chrysocardium)」
○セレニケレウスの「クリプトセレウス(Selenicereus anthonyanus=Cryptocereus anthonyanus)」等
 があるが、ショップの無知ゆえに「ジグザグサボテン」あるいは「フィッシュボーンカクタス」という呼び名でひとくくりで流通している
 これは「ゴールデンハート(Selenicereus chrysocardium)」。
 この仲間は、一般的に鉢で茎節を立たせて行灯仕立てにするのが普通であるが、他の植物との関係や置き場所や好みからこういうハンギングバスケット仕立てにしている。
 花は冬咲き大輪で美しいが、冬季に最低温度10℃くらいに管理しないと咲かないようである。したがって、一般家庭で花を見るのは難しい。


羽稜柱(うりょうちゅう)
Selenicereus testudo
=Deamia testudo
=Strophocactus testudo
南部メキシコ〜コロンビア原産

 茎は3稜で硬質。他種とはやや異質なイメージの着生種。自生地の着生する姿は独特で不気味な雰囲気がある。
 自生地の写真については、ここを参照。
 どうやったら機嫌よく栽培できるのかイマイチ掴めない。成長は極めて遅い。
 旧デアミア属(Deamia)、ストロフォカクツス属(Strophocactus)。
 種小名testudoは、ラテン語で亀を意味する。




2017.6.5撮影


交配種  ヒロケレウス属、エキノプシス属等の血統が入ったものもある。

タイタン
Selenicereus 'Titan'
属間交配種(夜の女王×エキノプシス属短毛丸)

 エキノプシス属との交配種。茎は5〜6稜。目立つ刺は白く12本程度。
 同じサボテン科の植物でも、かなり系統が遠いもの同士の交配は難しい。セレニケレウス属とエキノプシス属はかなり縁遠い(以外に近いとの考え方もある。)のでかなり運良く生まれた交配種かもしれない。
 良好な栽培状態のとき、母種よりもかなり太くなるので、余裕のあるポットや支柱を使用のこと。
 花は、春咲き(4、5月)、大輪ではないが、花着きよくとても楽しめる。外弁はセレニケレウスの特徴を受けて、針状。


2013.4.29撮影






アイーダ
Selenicereus 'Aida'
属間交配種(夜の女王×ヒロケレウス属ドラゴンフルーツ)

 ヒロケレウス属との交配種。茎は3〜4稜。刺座の突起はほとんどなく、刺は非常に短い。
 ヒロケレウス属の血統を受けているため、かなり茎が太く硬いので行灯支柱にぐるぐる巻きにするのは難しい。このため、オベリスク支柱等を用いて緩やかに巻くといいだろう(ただし、高さはかなりのものになる。)。
 花は、春咲き(4、5月)、外弁はヒロケレウス属の特徴を受けて、幅広く、褐色を帯びて美しい。蕾に毛はなく(ヒロケレウス属の特徴)、蜜が滲み出る。この蜜の機能はよく分からないが、舐めると甘い。


2013.4.29撮影





チバ・ジェニー
Selenicereus 'Chiba-jenny'
属間交配種(ヒロケレウス属ドラゴンフルーツ×夜の女王)

 ヒロケレウス属との交配種。茎は3稜。アイーダに比較して稜は鋭角。刺座の突起はほとんどなく、刺は非常に短い。
 花は、初夏咲き(6月)、それほど大輪ではないが、外弁が赤〜ピンク、内弁は純白の丸弁で、非常に美しい。蕾には、若干の毛がある(セレニケレウス属の特徴)。


2015.5.29撮影

2013.6.8撮影

不明・流通系
夜の女王(よるのじょおう)M氏系
Selenicereus cv.

 おそらく、一般的に「夜の女王」として普及しているのはこれ。
 茎は4稜、断面ははっきりとした四角。刺座はあまり突起せず刺はほとんどない。
 これはM氏の農場から出たもので、「macdonaldiae」ではない。「pteranthus(夜の王女)」か、またはその血が濃い交配種かもしれない。



2014.6.22撮影




夜の女王(よるのじょおう)一般流通系
Selenicereus cv.

 茎は4〜5稜。刺座はやや突起し少しの羊毛を生じ、短い刺は4本程度。
 比較的よく「夜の女王」として流通するものと思われるが、刺座の突起は多少あるものの強くなく「macdonaldiae」ではない。
 花は、初夏咲き(5〜6月)、大輪である。ただ、花着きは悪く、他種と異なり少し異臭がある。




2017.5.18 早朝 撮影

Disocactus ディソカクツス属
 現在のディソカクツス属は、
・旧プセウドリプサリス属(Pseudorhipsalis)
・旧ロベイラ属(Lobeira)
・旧フィロカクツス属(Phyllocactus)
・旧プセウドノパレクソキア属(Pseudonopalxochia)
・旧ノパレクソキア属(Nopalxochia)
・旧トロチロカクツス属(Trochilocactus)
・旧チアパシア属(Chiapasia)
・旧ボニファジア属(Bonifazia)
・旧ウィッテア属(Wittia)
・旧アポロカクツス属(Aporocactus)
・旧ヘリオケレウス属(Heliocereus)
が吸収された属で、5稜程度の紐状、多稜の紐状から、孔雀サボテンに似た薄い茎節をもつもの等のいろいろな形状の種類を含みます。
 森林性サボテンの分類についてはこちら
 メキシコの高地原産の紐状の種類は、冷涼な気候を好み、我が国の蒸暑い夏を嫌う。


花大名(はなだいみょう)
花盃(はなさかずき)
Disocactus speciosus
中央メキシコ原産

 原種と思えないような真紅の美しい花を咲かせる。クジャクサボテンの交配親にもなったといわれている。
 かの伊藤芳夫氏に、『このものは孔雀サボテン属の、交配雑種の元木として、古くから珍重されてきましたが、現在では自生地のメキシコにおいても、乱獲のため、絶滅したと聞いています。私も戦前から、このものを入手せんと努力しましたが、不可能でした。(中略)つまり交配の研究には、欠くべからざるものでありまして、もしこのものが現在でもあったとしたら、かなりおもしろいものが、できたことは、間違いありません。こう考えますとかえすがえすも残念でたまりません。』(伊藤芳夫著「サボテンの栽培と鑑賞」昭和47年)と言わしめた植物。
 栽培的には、かなり気難しいところがある。原産地は中央メキシコで、かなり冷涼な地域のように思われ、最低温度5℃〜20℃くらいの冷涼な時期がご機嫌で、日本の蒸暑い夏を嫌う。夏の終わった頃に根元が腐り、そのままパタリと枯死するということがある。
 このため、夏は潅水を控え休眠状態で、遮光下風通しのよいところで管理する必要がある。また、肉質も柔らかいため、他のサボテンではあまり考えられない害虫に食害され、株を弱らせることがある。
 花は朱から真紅で、夜遅く咲き始め翌早朝に全開し昼ごろ閉じる1日花。
 変種に白花の「Disocactus speciosus var. amecamensis」がある。これも本種以上に気難しい。



2017.5.19 夜 撮影

ディソカクツス・ルズマリアエ
Disocactus luzmariae
中央メキシコ原産

 「Disocactus speciosus」の近縁種。
 オレンジ色の花といわれる。
 「Disocactus speciosus」と同様あるいはそれ以上に気難しい。




ディソカクツス・マクランツス
Disocactus macranthus
=Pseudorhipsalis macrantha
メキシコ・オアハカ原産

 孔雀サボテンのような平たい茎節をもつ。
 旧プセウドリプサリス属。





ディソカクツス・アッケルマンニイ
Disocactus ackermannii
=Nopalxochia ackermanni
メキシコ・オアハカ原産

 3稜程度から孔雀サボテンのような平たい茎節をもつ。
 旧ノパレクソキア属。




金紐(きんひも)
Disocactus flagelliformis
=Aporocactus flagelliformis
=Aporocactus leptophis
メキシコ・オアハカ、イダルゴの高地原産

 本種は花が美しく比較的よく流通しているが、メキシコ高地原産で暑熱に著しく弱い(特に根が)ので、実根では難物となる。このため一般的に接木で流通する。
 実根で作りたい場合は、夏季の高温期はできるだけ遮光し風通し良く、灌水を控え休眠させて過ごさせる。失敗すると根元から腐る。一方寒さには弱くないが、接ぎ木の場合は、台木が寒さに弱いものがあるので、無茶はよくない。
 旧アポロカクツス属。



Weberocereus ウェベロケレウス属
 現在のウェベロケレウス属は、
・旧エクレモカクツス属(Eccremocactus)
・旧ウェケロケレウス属(Werckleocereus)
が吸収された属で、稜の少ない紐状から、孔雀サボテンよりやや厚い茎節をもつもの等のいろいろな形状の種類を含みます。
 森林性サボテンの分類についてはこちら

ウェベロケレウス・トンデュジイ
三稜柱(さんりょうちゅう)
Weberocereus tonduzii
=Werckleocereus tonduzii
コスタリカ原産

 古くはウェケロケレウス属、現在はウェベロケレウス属に統合されている。
 英名はバレリーナフラワー(Ballerina Flower)と呼ばれるが、姿形の可愛らしさからくるのだろうか?花はやや黄がかかった白、小輪で枝先にかたまって咲く。
 よく接木の台木などに使われる「三稜袖」が誤って「三稜柱」と呼ばれることがあるが、そもそも「三稜柱」は、まったく縁もゆかりもない本種に付けられた名前。その愚かな間違いの詳細は、上のタブの「南米原産-1-」の「Harrisia ハリシア属」を参照されたい。
 なお、本物の「三稜柱」について記載があるサイトは、わが国で本サイトのこのページだけだろう。
 種小名tonduziiは、スイス出身でガテマラ、コスタリカで活動したAdolphe Tonduz(1862-1921)から。
 



ウェベロケレウス・ブラディ
Weberocereus bradei
=Eccremocactus bradei
コスタリカ原産

 古くはエクレモカクツス属、現在はウェベロケレウス属に統合されている。
 ウチワサボテンのような楕円の厚みのある茎節を持つ。
 花は白で夜開性だが朝まで開いており、硬質で飴細工のような質感があって美しい。



2014.10.23撮影
北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  

 
『ぱんさのサボテンランド』に戻る
Return

Wild Cacti