( UPDATE 98/02/20 )

怪しい実験室




このページでは、私がグラフィックツールの勉強を兼ねて描いた絵を見て頂いています.

ご意見、ご感想等、お待ちしております.
それぞれの小さい作品イメージをクリックすると原寸の絵が表示されます.
「制作過程」の欄が「有り」のイラストは、縮小イメージで制作過程が見られます. 「有り」の文字をクリックして下さい.





- 23 -
fig01
タイトル VALKYRIE I
制作時間 14時間
作成環境 タブレット、Painter4
制作過程 有り

あまりいい出来ではありません.まず、光源の設定が無茶苦茶です.甲冑のデザインも塗りながら適当に考えてるのでヘンです. 左手が画面の外に出た妙なポーズは、 制作過程を見れば分かるように最初は剣を持った手を描くはずだったのに途中で意欲が失せてやめちゃったせいです(汗). 気に入らないのでいつか描き直します(こればっかし).
バックの石壁は15分位で描いた即席です.300×300ピクセルのキャンバスにモザイクを作って、 700×700ピクセルに拡大後、「照明の適用」でスプラッシーカラーの処理を行っています. ホントはこの状態で使うつもりだったんですが、あまりにも壁がリアルに見える為に人間と背景が分離してたので「色の調整」 で背景全体をくすんだ色にして、更に水滴ブラシでこすっています. (97/09/26)



- 24 -
fig02
タイトル
制作時間 6時間(くらいかな?)
作成環境 タブレット、Painter4、Painter5
制作過程 無し

手抜きの月でゴメンなさい.
え〜、2ヶ月ぶりの実験室は「秋の名月」でございます(もう冬だッ!殴).
月はほとんど「表面テクスチャの適用」で出来てます(しかも、またもや光源の設定が無茶苦茶). 人物の方は「あいあーるきゅー美術館」に出展した 「新世紀くノ一戦士さやちゃん」から流用しました(言わなきゃわかんないのに〜). で、今回はPainter5の新機能を一部使用しています. 人物の着ている宇宙服(ちょっと苦しい?)のカラーの光ってる部分に、 Painter5の追加ブラシ「特殊効果F/X:太陽光線」を使用しています.(97/11/24)



- 25 -
fig03
タイトル リボン
制作時間 2時間(くらい)
作成環境 タブレット、デジカメ、Painter5
制作過程 有り

すいません.デジカメ使っちゃいました(笑).
でも、Painterの凄いところは写真画像を全くの手書き画像の様に加工出来ることです.
デジカメで撮った手を「クローンソースカラーを使用」して「オイルパステル」で塗り直しています. 示指を巻いている光のリボンは、白地に描いたフェルトマーカーの軌跡を「ネガ変換」したものを「クローン(ソフト)」 で手の画像に写し取っています.(97/12/14)



- 26 -
fig04
タイトル ヒネた虎
制作時間 5時間+1時間(眼鏡)
作成環境 タブレット、Painter5
制作過程 有り

年賀状そろそろ出さなきゃ...ってんで描いてみた虎です(なんかドラ猫みたい).
取敢えずって感じで適当に描き始めてしまったので、胴体まで辿り着けませんでした(泣). 虎は殆ど「オイルパステル」と「水滴」だけで描いています. 眼鏡は「楕円形選択ツール」で描いた円形に「(」マークをひっくり返したり歪めたりしてくっつけた後、 選択範囲にしていろいろ加工して作りました.(97/12/22)



- 27 -
fig05
タイトル 年賀状用ロゴ5種
制作時間 1時間半
作成環境 マウス、Painter5
制作過程 無し

年賀状用の飾り文字を5個作りました. 高画質JPGでアップしたので使いたい方は御自由にどうぞ(ってもう遅いか...).(97/12/23)



- 28 -
fig06
タイトル 無題
制作時間 5、6時間
作成環境 マウス、Ray Dream Studio 5
制作過程 無し

いや〜ん、なにコレ、気持ちワル〜イ!...って、うるさいなァ.いいの!初めて作った3DCGだから! ヘボいのは自分でもわかってるって!
なんせ、マニュアルを数ページ読んだだけで作り始めたので、 機能も、自由形状モデリングとメッシュ形状モデリングくらいしか使ってません.やっぱ、難しいね、3DCGって. 慣れるにはまだまだ時間がかかりそうです(98/02/11)



- 29 -
fig07
タイトル 水辺の生き物1(3Dバージョン)
制作時間 6〜7時間
作成環境 マウス、Ray Dream Studio 5
制作過程 無し

相変わらずマニュアル殆ど読まずに(めんどくさいから)試行錯誤で描いてます. 殆どの部分を自由形状モデリング(スキニング)で作った形状を組み合わせて実現しています. シェーディングはRay Dreamに最初から用意されたものを使っています. やっぱ、難しいね、3Dは.そろそろ、マニュアル熟読しないといけないかな... まともなもの作ろうと思ったら、試行錯誤の自由形状モデリングだけじゃ無理みたい.(98/02/20)




■ 過去の実験室 ■




ようこそ | メニュー | 怪しい実験室 | 怪しい実験室(旧) | 怪しい作業室 | 怪しい用具室 | 怪しい校長室 | 怪しい放送室 | メール

ご意見、ご感想は dio@he.mirai.ne.jp まで