本文へスキップ

Higashi elementary school

TEL.0585-34-3100

〒501-0522 岐阜県揖斐郡大野町相羽763-10

informationお知らせ

  • 【各種お便り】8月30日 東小だより最新号を掲載しました。
  • 【ギャラリー】8月30日 7・8月、8・9月ギャラリーを更新しました。
  • 【TEAM東小校区から】7月2日 厚生委員会だより7月号を掲載しました。
  • 【各種お便り】6月10日 本年度、今での児童会だよりを全部のせました。児童会の動きをご覧ください。
  • 【学校紹介】4月15日 児童数、学校の移り変わりを更新しました。
  • 【TEAM東小校区から】4月15日 令和3年度 PTA規約を掲載しました。
  • 【トップページ】4月8日 いじめ対策基本方針を更新しました。
  • 【トップページ】4月1日 学校の教育目標にこめられた願いを更新しました。
  • 【トップページ】4月1日 学校の経営方針を更新しました。ちょっとだけ変わっています。
  •      

    学校の教育目標具現に向けて

    • 目標に込められた願い

       未来を生きる子どもたちに必要となるのは、いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力、また、自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性、そして、たくましく生きるための健康や体力です。
       こうした資質・能力を身に付け、社会をよりよく生きる姿が「一人歩きができる」という言葉に込められています。その具体とする姿は「誰も頼らず一人で何でもやってしまえる子」ではなく、「多くの人とよりよくかかわりながら目標をめざす子」であり、地域社会人を育成することに直結する目標であると考えます。
       また、このようにめざす姿を明確にするとともに、指導にかかる労力や時間を省くだけのために「線路」を敷いて形だけを求めるような教育活動や、子どもの実態をとらえず、単に大人の一方的な不安を解消するためだけに「転ばぬ先の杖」を先回りをして与えてしまうような大人の関わり方を一考する視点となる言葉であるとも捉えています。
       サブテーマとして掲げられている「なかよく かしこく たくましく」は、一人歩きができるようになるための要素を、子どもたちが目指しやすい言葉で表したものです。一般的に「知徳体」の順で表されることが多いのですが、本校の場合は「徳知体」の順になっています。これは前述した「多くの人とよりよくかかわりながら」が全ての大前提であることにつながっています。
       また「なかよくする子」と言い切られていないことには「なかよく」の後に続ける言葉、例えば「しよう」「なろう」「生きよう」などを、時代、子どもの実態などに合わせて、フレキシブルに選択できるという利点があります。令和3年度は「なかよくしよう かしこくなろう たくましく生きよう」で運営してまいります。

    • めざす学校像

      ・安心・安全な学校
      ・自己有用感に満ちた学校
      ・「TEAM東小校区」の一組織としての学校

     安心・安全な生活を基盤とし、学習・生活にかかわる様々な取り組みを行うことで学級や学年、学校への所属感、達成感を味わわせ、さらに、そこに自己有用感をもたせることで、学校の教育目標に迫ることができると考えています。
     そのために、家庭、地域と連携し、計画的に学習、行事を仕組み、そこでみられた子どもの姿を「認めていく」ことに重点をおいた教育を進めて参ります。

              

    大野町立東小学校大野町立東小学校

    〒501-0522
    岐阜県揖斐郡大野町相羽763-10
    TEL 0585-34-3100
    FAX 0585-34-3928


    ようこそ東小学校のホームページへ

              
      SINCE  2011.4