学校長挨拶


環境



 安八町は濃尾平野の西、揖斐川と長良川に囲まれた輪中地帯に位置し、先人は水との闘いに苦慮してきました。昭和51年9月12日には長良川の堤防が決壊し、新築したばかりの校舎が約170pまで床上浸水しました。体育館南に浸水水位を示す標識があります。校区には、一区画がとても広い水田が碁盤の目の上に広がっています。校舎も水田に囲まれ、のどかな風景です。
 また、本町は日本を代表する大企業の工場が数多く立地するとともに、鎌倉街道が残る歴史のある町でもあります。


校名の由来



 本校は昭和22年4月、安八郡名森村・牧村組合立中学校として創立しました。校名は、明治初めの学制発布によって旧名森地区各村が登龍義校を創設した精神を再び継承し、「登龍中学校」としました。

登龍義校を創設した精神とは?


「登竜門」…竜門は黄河中流域の急流で、これを登った鯉は竜になるという言い伝え
「登竜門」…立身出世の関門(後漢書より)


 厳しい環境に身を置くことで、たくましく育ってほしいという願いが込められた校名だと思われます。