穴に落ちてしまった時の脱出

 速度の調整不足,ギアの選択ミス等により,車の幅より少しだけ大きな穴の中に落ちてしまうことがあります。砂が柔らかく,車が動けなくなってしまった場合はまた別の方法に頼らなくてはなりませんが,車が動ける場合の脱出方法を考えてみましょう。

 とにかく加速をつけることを考えるとよいと思います。そのためにはどうするか。まず後ろに駆け上がります。

 そのまま後ろに上がれてしまうならばそれでも構わないでしょう。(もちろんその後のことも考えて)後ろ向きに30mくらいをかけ上げるスリルを味わうローカル連中もいますし。

 思い切りお尻を上げてしまいます。

 

 そして,そのまま一気に駆け上がってしまいます。

 もしも一度で上がりきれないならば,この動きを繰り返します。

※挿絵をどれかクリックすると,動きを連続で見ることができます。 

 ただし覚えておくとよいのは,一度踏んだ轍は砂が掘れていますので柔らかくなっています。2度目に同じルートをとっても,トラクションは伝わらず,斜面の途中で止まってしまうことになります。前後の動きの幅が小さくなると,加速はつけられないし,穴の中が轍だらけで柔らかくなってしまいます。2度目からは少しルートを変えてやるといいでしょう。

 「山を上る時のテクニック」でも触れていますが,ハンドルを左右に切り続けてタイヤが沈まないようにするとか,アクセルをポンピングで踏んでやるとかいったテクニックは必要です。

 車がちょうど沈むような穴はいたるところにあいており,ぜひ身につけておきたいことだと思います。脱出さえできれば,穴は何も怖いものではなくなります。