シュワルマ

 

なにをおいても、かならず食べたいアラブの食べ物。

アラブ版ハンバーガーというか

アラブ版ピッツァというか

アラブ版たこ焼きというか…

みんなが大好きで手軽に食べられるファストフードです。

私のお気に入りは、ハムダンストリートちかくの

モーニングスターレストラン

近所にあったこともあって、よく行きましたが

ココがいちばんおいしいと後おししてくれた人もあって

大好きなお店になりました。

でも、このおじちゃんが作ってくれないとダメです。

おじちゃんが休暇でインドへ帰っていた数ヶ月の間

あきらかにお客の数は、減っていたし

あきらかに味もちがうのでした。

おじちゃんが作ってくれるチキンシュワルマは、

レタスやトマトが入ってあっさりだけど、チキンの味はしっかり。

おじちゃんの気分で、シュワルマを作りおえるまで

ファラーフィルをおまけでくれる時もあったりして。

時には、シュワルマまでもおまけでくれたりして…

おちゃめなおじちゃん。

ん〜、私はこのおじちゃんのファンだったのかも。

もちろん、他のお店もおいしいシュワルマ食べられます。

先日,久しぶりに食べに行ったら

やっぱり繁盛してました。

おじちゃんは,シュワルマができるまでの待ち時間に

無言でファラーフィルを手渡してくれましたが

もっと通の常連さんは,自分でファラーフィルを取って

さっさと食べていました。

私がそんな常連さんになるためには,あとどれくらいアブダビに通ったらよいのかしら…

 

 

 

 

デーツ

 

“なつめやしの実”

これが砂漠の国では欠かせない食べ物“デーツ”です。

私事ですが,アブダビを離れるときにかばんに忘れないように入れたのがデーツです。

日本では食べられないだろうし,手に入らないだろうと思っていたし

なによりもアブダビやUAEを思い出せる代物だと思いまして…

ところが,日本でもデーツを売ってました。

私が見たのは,ダイエットグッズを売っているお店で

ダイエット中の栄養源(特に鉄分)としてお勧めという事で売られていました。

他には,なぜか温泉街のおみやげやさん。

味は,干し柿?に似ているのでしょうか

黒砂糖っぽい味が私はやめられません。

( 柿が苦手で食べない私が表現する仕方ではないですが )

昔は,栄養源として欠かせない食べ物であると同時に

お客様をもてなす際にも欠かせない食べ物です。

某7つ星ホテルといわれるところでも

エントランスに入ってまず最初のおもてなしが

「デーツ」と「アラビックティー」,「ローズウォーターのおしぼり」でした。

この3つがあれば,日本でもアラビックなおもてなしが可能です。

( どなたか,我が家のアラビックなもてなしをうけてくれませんか… )

この3つはすべて,アブダビのどこのスーパーでも入手可能。

 

 

写真は「デーツ」および「デーツ菓子」

今,このページを作りながら食べているのは

左端のプラスチックの箱に入った,“Al Dhafra DABBAS DATES”

他のものに比べて粒が小さくて,黒砂糖っぽい味が強くて気に入りました。

パクパクと口に入れてしまうので,ダイエットにはホントはよくないかも?

右端や下段の箱は,サウジアラビアのデーツやさん“Bateel”

私の中では,結構特別なデーツで大事に食べてます。

( 高級デーツのせいかしら… )

他にはあまりみかけない,オレンジピールやレモンピールをサンドしたものがお気に入り。

もちろん,みんな好みが違うので私の周りでは

「アーモンドが入ったのが一番!」という人がいたり

「チョッとデーツは苦手」という人もいたり。

でもアラブの味としては,デーツは欠かせないと私は思うのでした。

ちなみに,上段と左端のデーツはAbu Dhabi産のデーツなので

思い入れもひとしお。

 

 

 

 

ラムチョップ

 

“アブシャクラ レストラン”のラムチョップは、絶対!

おいしい。

子羊の骨付きロース肉を炭火で焼き上げてあって

とってもジューシー!!

毎日でも食べられるんじゃないかと思えるし

アブダビに帰った(?)時しか味わえないと思って

おなかに貯めこんできました。

もちろん日本でもラムチョップは食べられますが

“アブシャクラ”の味にはかなわない。と、思うのです。

注文は、「1kg」 !? 2人で?

でも、他に注文したいものがたくさんあるので

「ハーフkg」でやめておきます。

でも、食べすぎ…

なにげに最近、日本はカルニチン流行りで

ラムもマトンも注目されていますが

ぜひとも“アブシャクラ”のラムチョップをおすすめしたいなぁ〜

 

 

写真のラムチョップは、まさしく“アブシャクラ・レストラン”のテーブルで撮ったもの。

この1枚しか撮らなかったので、ラムチョップそのものはわかりづらいですね。

また写真を撮りに行かなくちゃ!?

 

もう1つ、お勧めのラムチョップは

コールファッカンにあるオセアニックホテルのもの。

気候がよい時期になると、外でバーベキューがあるのですが

タレに漬け込まれたように、味がしみこんでいて

柔らかぁ〜いんです。

コールファッカンという、アブダビから離れた場所であることと

季節限定なので、なおさら貴重です。

でも、またいつか食べに行けるかな。