リワ 遊ぶのもダイナミックに

 何やら怖そうなおにいちゃんたちですねえ。

 頭には布をまいちゃったりして、もしかしてこれは「暴走族?」

 もしかして「暴動?」

 なんてことを思ってしまう絵ではありますね。

 少し目を転じて見ると、何やら様子が違います。

 後ろには何台もの4輪駆動車…。

 セダンタイプも混じっていますねえ。

一体これは何の集会なのでしょう・・・

 アブダビから250Km程度離れた「リワ砂漠」には大きなデューンがいくつもあります。リワ砂漠は「ルブアルハリ砂漠」の一端です。

 その高い山を使って、年に1回、「山登り大会」が開かれます。もちろん、改造した4輪駆動車でです。

 選手はUAE国内に限らず、サウジアラビアなどの近隣諸国からも集まってきます。

 上の写真は、それを見に来たギャラリーたち。 

 試合用のデューンは立ち入り禁止ですから、その周辺にある砂山を使って互いの「勇気」と「技術」を競い合います。(?)

 とにかく山を縦横無尽に、順序も関係なく、前進だろうが後進だろうが走りまくります。そして、右の写真にあるように、適当なギャップを見つけては「ジャンプ大会」です。砂山を猛スピードで駆け上り、ギャップを利用してはジャンプし、その高さや距離を競います。競うといっても、ギャラリーが「おーっ」と言ったり、写真を撮ったりするのが唯一の賞賛ですけれど。

 数百万円もする車を使って、駆け抜け、ジャンプし、ターンを繰り返す連中を見て、私は笑うしかありませんでした。「何だかわからないけれど、スケールが違う・・・」

 私たちはおとなしく見ていましたよ・・・。