アブダビから見て    13/sep./2001

 アメリカで起きた事件について,かなり早い時期からイスラムやアラブに目が向けられています。日本に住む私の家族も心配しています。日本での報道の様子は分かりませんが,インターネットのニュースサイトを通して見る限り,家族が心配するのもしかたないと感じます。

 政治に関わる発言や極端な私見をここで述べるわけにはいきませんが,ぜひ偏った見かたをせず,アラブでは何が起こっているか,多くの国は歴史的に何をしてきたか,ということに目を向けて,一人一人が報道に踊らされず,判断してほしいものです。アメリカ国内ではすでにイスラム教徒に対する暴力行為等が始まっています。真実として判明したことはほとんどない状態で,こういう事態が起きているというのは憂慮すべきことです。「パレスチナの人たちが喜んでいるのを見て,腹が立った」という意見がニュースサイトに見られました。

 パレスチナの人は,多くの犠牲者が出たことに対して喜んでいるのではありません。人が死んだことを喜んだように映像を読み取っている人が日本国内にもいることに対して,世界を知らなさ過ぎる日本が哀しくてしかたありません。私がこう書いていることが何のことか分からない人もいると思います。中学生だという人の「パレスチナは許せない」という発言も見ました。学校は今起きていることをどのように話しているのでしょう。何に目を向けさせているのでしょう。何を教え,何を知らせ,どういう目を持った人間を育てようとしているのでしょう。なぜ何も知らず,何も見えていない中学生を作っているのでしょう。

 日本の立場や態度が今後どうなるかというのは大きな問題でしょう。感情的になっているアメリカ大統領やアメリカ国民に対して,どの立場で,何を発言するかで,日本の今後は大きく変わるような気がします。日本はどこに,どのように目を向けるべきなのか,よく考えて欲しいです。というか,もっと世界を冷静に見つめる必要があるような気がします。「正義」「悪」「正しい者」「強い国」・・・といったものは,一定のものを指して基準とするものではないと思います。しかし,日本はどこかの国を基準としているのではないでしょうか。

 

 犠牲となった,多くの方には心よりご冥福をお祈りいたします。

 同様に,世界中で大国の犠牲となっている,さらに多くの犠牲となった方に,さらなるご冥福をお祈りいたします。

 

 

本当にこれでよいのか    15/sep./2001

 ラディン氏を容疑者と特定し,「報復」のための軍事的攻撃の準備が,アジア,中東ではじまりました。小泉首相は報復活動への協力を約束し,政府は自衛隊法の改正を進めているようです。石原都知事は「これで戦争だといわなければぼけている」と発言しています。日本がパレスチナの報復に協力するという話を聞いたことがないし,アメリカを訪問した石原知事がパレスチナを訪問した話も聞いたことがありません。(勉強不足かもしれませんが)

 ラディン氏の組織には操縦士はいないし,訓練のしようもないという声もありますし,当人もかかわりを否定しています。

 沖縄,三沢といったところでは,戦場に派遣する航空機の準備が整いつつあり,横浜の空母も動き出し,中東米軍の動きも活発になってきました。

 本当に,今回の事件はアメリカが主張する通りのことが真実なのでしょうか。証拠は発見することも,作ることもできるのです。そんなことは歴史の本を読めば,誰でも簡単に分かります。本当にこれは「戦争」なのでしょうか。本当に,これを戦争と感じない私は「ぼけている」のでしょうか。本当に「報復」が事件の結末として,多量の武力をもってアフガニスタンという国を攻撃することが許されるのでしょうか。命を落とす人の値打ちは一人だろうと数千だろうと同じはず。F16戦闘機,F15戦闘機,空母を持って攻撃した場合,アメリカが口にする「罪のない人」の命は一人たりとも犠牲にはならないのでしょうか。もっとも世界情勢を見た場合,「罪のある人」「罪のない人」の区別は,アメリカが決めるものでは絶対にないでしょうけれど。その「報復」に協力する,軍事的活動に参加しやすいように法律を改正しようとする日本の姿勢は本当にこれでよいのでしょうか。

 もし以前のNYCでのテロ事件のように,アラブやイスラムを疑い捜査を進めながら,実はアメリカ人が犯人だった,という事態になったら,どのように謝罪し,どのように対処するのでしょう。もちろん,今の状況ではもし真実が,今の主張と違っていても攻撃してしまうような勢いを感じますが。(真実をゆがめながら,自分の主張を押し通してしまうことは,学校内でのいじめの中ではよく見られることです)

 とても早い時期から,アラブ,イスラムに矛先を向け,メディアを活用しながら世界的に意識をそちらに向け,準備してあった結論に向けて熱が冷めないうちに手を打ってしまう,というこれまでの歴史を繰り返しているように見えます。よくメディアに出てくる「真珠湾」を例に出して言うならば,あの時大統領には大戦参加に向けての世論の高まりが必要でした。その部分がとても似ています。「戦争」であるということではなく,「計算」という部分でです。

 この早すぎる「解決」に「まった」をかけ,アメリカ国民と日本国民が自分たちを見直し,動かなくてはなりません。アメリカの報復に対してさらに報復することを宣言していることも,武力をつぎ込める一つの「計算」なのかもしれないのです。その片棒を担いでいる日本があまりにも哀しい。

 

風が吹けば桶屋が儲かる」  15/sep./2001

 これは15日付けの中日新聞ホームページからの記事の抜粋です。タイトルは「米軍支援の可能性検討」となっています。

*******************

 【ワシントン14日共同】日米関係筋は14日、日本政府が米中枢同時テロを受け、周辺事態法に基づき米軍の報復軍事作戦を後方支援することが可能かどうかを検討していることを明らかにした。
同法は周辺事態を「わが国周辺の地域におけるわが国の平和と安全に重要な影響を与える事態」と定義している。米国へのテロ攻撃がこれに該当するかどうかで議論になりそうだ。

 日米関係筋によると、ブッシュ米政権から自衛隊派遣の正式要請はまだない。

 日米関係筋は、自衛隊を派遣する場合に根拠となる法律が周辺事態法しかないと指摘。「日本の安全保障の基盤である日米同盟の相手国、米国の国防中枢に対するテロ攻撃は、日本の平和と安全にも重要な影響」を及ぼすと述べ、同法での対応が検討できるとの認識を示した。ただ、防衛庁内には慎重意見もある。

                                                            ***************************

 最終段落,カギ括弧の中,日米関係筋(これが何のことかはさっぱり分かりません)の話は,まさにこじつけではないでしょうか。というより脅迫に近い。「今の日本はアメリカの傀儡政権である」という意見をどこかのサイトで読んだ気がしますが,そうなのかもなあとも思えてきてしまいます。

 「米軍の報復軍事作戦の後方支援」ということは,「お前の部屋,ちょっと貸せや。俺んちは汚れると困るからさあ。お前の部屋を基地にしてちょっと,いじめたい奴がいるんだ。嫌とは,言わせないぜ。この前,お前協力するって言ってたからさあ。もしも今になってびびったり,いやがったりしたら,今度はお前のことしょうちしないぜ。いろいろ手はあるんだからさあ。それもお前困るんじゃないの?だろ?だったら貸せよな。そうそう,俺のことだれか攻めに来るかもしれないからさあ,見張ってろよ。仕事なんか休んじまえよ。あとから俺がなんとかしてやるって。なあ,こうやって,俺とお前が仲良くするってのはいいことだろ?俺が困ったってコトはお前が困るってコトでサ,それが友達ってもんだろ?(まあお前が困った時は自分で何とかしろよな。他の誰かも助けてくれるかもしれないし)」みたいな感じに思えて仕方ないのですが,違うのでしょうか。

 さらに思います。本当にこれでよいのでしょうか。

 

文明社会を攻撃し、罪のない市民を殺している

 これは一体だれの言葉でしょう。

 パレスチナの人々の言葉だったらよく分かります。毎日のように,子どもも含む何人かが「テロ行為」「軍事攻撃」で命を落としているのですから。

 ところが,これはパウエル国務長官の言葉だと言うこと。あいた口がふさがりません。パレスチナへのテロ行為を支援し,武器をイスラエルに供給している国の国務長官の言葉なのです。

 「矛盾」という言葉があります。アメリカという国にはないようです。

 米メディアが言っている「パールハーバー(真珠湾攻撃)以来の屈辱」という言葉の意味は何でしょう。「俺様を何だと思っているのだ」という驕りにしか感じられません。また「決定的な勝利が必要」というのは,何のことを言うのでしょう。軍事的攻撃の場合,何が「勝利」なのでしょう。アラブやイスラムの国を自国の占領地として手に入れることができることなのでしょうか。

 終わりのない混沌とした世界に,私たちを導こうとしているのは誰なのでしょう。

 本当に戦争をしたがっているのは,誰なのでしょう。

 本当にこれでよいのでしょうか。

 

日本の立場とは

 9月15日付け,朝日新聞社のウェッブサイト「asahi.com」には,「日本の立場定める時」と題して,次のような内容の記事が記載されました。

○湾岸戦争と同じようなことが起きたら,日本は何ができるのだろう」と小泉首相や田中外相らは話していた。

○同盟国・日本として,今回日本として何がすべきか,読者に問いかけている。

○以前の湾岸戦争での日本の貢献策が米国に痛烈に批判された体験は,政府関係者に心理的な傷を残しており,自民党内には「あれと同じ失態を演じたら日本は世界を相手にしてもらえない」と話している。

○自民党などには,日本への大規模侵略を想定した有事方整備を求める声が浮上している。

○現在日本の当局者たちは,アメリカからは相手にされていないという「疎外感」を感じている。

○米国と欧州・ロシア・中国は力を合わせているようだ。

○日本にもテロの情報などはあるから,反テロ提携に一枚かめないか」と悔しがる政府関係者もいる。

○周辺事態法に対し,防衛庁は解釈を広げ,米軍支援への可能性を探り始めた。しかし,アメリカのテロへの報復をもって,日本の周辺事態と認めるのは困難である。

○今の所,テロの情報協力,パキスタン,イラン,イスラエルなどとの外交の強化などが当面の課題である。

○日本の居場所をどう定めるか,政府は早急に動き出せ,と結んでいる。

 つまり要約すると,アメリカのお気に入りへの登録をしてもらうために,いかに媚を売るかを検討して早く手を打て,ということになるかと思います。そのためには,日本の法律を変えることもやむなし。とにかく早くそうしないと,もう相手にしてもらえない。

 同盟国というのは何のことでしょう。日米安保条約のことを言っているのでしょうか。「失態」ととられないために,どうすればよかったと後悔しているのでしょう。早く自衛隊に武器を持たせて戦場に行かせるべきだったということでしょうか。「世界」というのは何のことでしょう。日本にとっての「世界」とはG8参加国程度の狭い国々を指して言っているのでしょうか。そのように感じます。イスラエルとの外交の強化とはどういうことを言うのでしょう。「早くパレスチナへのテロ行為をやめるように」と説得することなのでしょうか。そもそも口を挟んでいるアメリカの立場もよく理解できないのですが,そのアメリカと協調姿勢を持てということなのでしょうか。朝日新聞社は,日本の居場所をどうしろと言いたいのでしょう。記事を読むと,アメリカから「おい,一緒に行こうぜ」と肩を組んでもらえるよう,早く軍備を整えろと言っているような気がします。

 「日本として何ができるのだろう」と悩むことがそもそも理解できない。「日本として何をすべきなのだろう」ではないのでしょうか。「強い国」というのは巨大な軍事力を持ってけんかに強い国を言うのではなく,他のご機嫌をうかがうのではなく,世界を平等の目で見た上で,確固たる信念の上で「NO」や,「待った」の声をかけられる国なのではないでしょうか。

 残念ながら,日本は弱い国のようです。他の機嫌をうかがっている以上,いつまでたっても「判断が遅く」「対応が鈍い」国のままであり続けるでしょう。どうも今の日本が向かっているのはそんな「立場」のようです。

 本当にこれでよいのでしょうか。

 

これで憤りを感じなければ鈍感でしょう。

 15日時事通信社のウェッブサイトである「jiji.com」には,「ニューヨークタイムズによると米国務省高官は14日に開かれた15のアラブ諸国・地域代表との会合で「敵か味方かを選ぶ時が来た」と述べ,テロに反対する意思があるのかどうか態度を明確にするように迫った。」とあります。

 まったくの暴力団と同じ迫り方ではありませんか。信じられない。これが国を代表する人間の話すことなのでしょうか。どうして反抗がだれの手によるものなのか,明確な結論も裁判も行われていないのに,「敵か味方か」という話になるのでしょう。どうしてアラブの国々に対しての発言なのでしょう。これでは今回の事件が,アラブやイスラムをつぶすために仕組まれたものであったと自分で言っているようなものです。戦争を起こしたがっている暴力団の最終通告そのものです。テロに反対する意思はあっても,アメリカと仲良くしたくない国はどう答えればよいのでしょう。違う話がごちゃ混ぜになっているし,理論も筋道も感じられません。早く戦争を始めて,ミサイルを打ちたくて仕方ない意向が感じられてしかたありません。そんなに自国以外の国の人間を殺したいのでしょうか。どうしてとりまきの国々はそれこそが世界に対するテロ行為だと言ってやれないのでしょう。

 こんな発言に対して憤りを感じなければ,鈍感そのものではないでしょうか。

 本当にこれでよいのでしょうか。

 

.「気づいていながらも声がかけられない,いじめの構図

 アメリカが返答を迫った期日が週末にやってきます。アフガニスタンの住民が避難を始めたり,反タリバン政権がアメリカに力を貸すと言い出して内部分裂を起こし始めたりしています。つまり,国がぼろぼろになっていく様子が見えます。国境を封鎖する,産業,教育・・・の活動を停止させるなどの混乱が生じてきています。アメリカ国民が「報復せよ!」の声のもと一致団結している横で。本日のインドからのラジオ放送ででは「ラディン氏は日本にいる」と報道されました。可能性としてはとても低いと思われます。どこからの情報かは分かりません。混乱しています。アフガニスタンでは餓死者が多数出るだろうとの予測もあります。

 今回の事件の結末は,このあたりが準備されていたのではないでしょうか。「ほうら,お前ら,俺の言うことを聞かないからそうなるのだ。」というところ。

 アメリカ国民以外の人間が見れば,よほどひねくれていない限り,アメリカのこういう意図が見えてくるはずです。だれもが分かっているし,疑っている。個人だって,政府だって。しかし,それを声に出して言えないだけなのではないでしょうか。だって,「報復」が怖いから。

 学校でいじめのアンケートをとるとこういう項目があります。「いじめをみたことがあるか」「いじめている人にやめろと声をかけたことはあるか」「声がかけられないのはどうしてか」・・・。答えとしての選択肢には「仕返しが怖いから声がかけられない」というものも用意されます。そして「傍観者はいじめている人間と同じだ」と教えます。仕返しが怖いのはしょうがないでしょう。だれだって殴られるのは怖い。しかし,殴られてみると,思ったよりたいしたことがないこともあったりする。(最近の日本では,相手が死ぬまでやる事件が多そうですが)

 いじめる人間が,いじめの行為にあきるまで,周囲の者は黙って見ているしかなく,せめていじめられた人間に,いじめる人間に見つからないように,そうっと血を拭くハンカチを貸してやる。今の国際情勢はそんな風に見えてしかたありません。

 ラディンさんを日本に呼ぶ。身柄を安全な所で預かり,アメリカが冷静になったと判断できたところで,双方から話を聞く。もちろん,アメリカの手ではなく,客観的な立場で捜査を進め,事件の解決を進める。事件の解決に置いて一番大切なのは「本当に事件を起こしたのは誰か」「どうしてそういう事件が起こったのか」ということではないでしょうか。それを日本の手で行うことが,いじめの傍観者で終わるのではなく,それこそ国際社会で胸を張って生きる上で大事なことではないでしょうか。

 アメリカに相手にされないことでの疎外感を感じている場合ではなく,本当に大切なことが何か考え,行動できる国でありたいものです。

 

.一人を殺せば殺人,一万人を殺せば英雄

 何の時だったか,題に示したような言葉を読んだことがあります。つまり戦争に勝てば英雄と呼ばれる,という話です。

 今日はいろいろなニュースがありました。

○ アメリカ大統領はラディン氏の暗殺をも計画している。その理由として「昔西部劇で「生かすも殺すもよし」という  ポスターを見た」というものだった。また,戦時下の暗殺は罪にはならないとしている。

○ 飛行機が激突したワールドトレードセンターにはイスラエル人が約4000人働いている。しかし,事件当日,イスラエル人は誰一人として出社していなかった。

○ オハイオ州では,アメリカ人が乗ったトラックがイスラミックセンターに突っ込んでいる。

○ アメリカはイラクの空爆も考えている。理由としては「反アメリカであることと,生物兵器を製造し続けている疑いがある」というもの

○ アメリカ大統領は,飛行機のビル激突の後,ワシントンに向かう民間機への爆撃命令を出していた。

○ 日本国内でも,モスリム等への攻撃や白眼視が始まっている。

といったものでした。

 もはや,自分の感情を表現する能力を失ってきました。全く言葉がない。?????と頭が混乱するばかりです。UAEには多くの野生動物がいます。砂の中でも強くたくましく生きる動物も数多くいます。食物連鎖もあります。だが多くの動物だけで同じ種の中で戦うのは人間だけだとも聞いたことがあります。自分の命を守るために,他の命を奪うというのは,地球上の生物としての宿命なのかもしれません。しかし,現状は地球上のいかなる生物にも劣るのではないかと思います。

 神に祈る姿を見せながら,民間人多量殺人命令を出している。証拠を何も出せないのに犯人と決め付け,暗殺命令を出している。筋道も理由もよく分からないまま,自分の言うままにならない国にまたもやミサイルを撃ち込もうとしている。

 CNNのサイトには,イスラム過激派の「爆撃が起きた場合には大使館や民間人への攻撃がある」という声明が載っています。「やっぱりモスリムっていうのは,こういうふうに仕掛けてくるものなんだ」という洗脳作戦のようです。

 今回アメリカが起こそうとしている戦争の英雄は誰なのでしょう。とりあえず多量殺人を計画しているアメリカ大統領でしょうか。死者は1万人程度では済まないでしょうから,英雄を超えて神とあがめられるかもしれません。

 この事件の主犯がだれであれ,もう世界はもとにはもどれないのではないでしょうか。これだけイスラムを蔑視し,多くの国に混乱を引き起こし,多くの人間を不安に陥れた責任をアメリカはどうとるのでしょう。アフガニスタンやイラクを攻撃し「もうはむかいません」と言わせて,アメリカが「正義は勝った」と勝利宣言を出した後,世界は本当に平和になるのですか。

 殺人犯も英雄もいらないのです。そのどちらにもなってはいけません。なろうとするから,他人を不幸な目に遭わせるのです。殺人犯も英雄も利己的であるという点では同じなのですから。

 

この臨時コーナーについて

 職業上の立場もあり,個人的な意見をウェッブ上に出すことには躊躇しました。しかしアブダビに住むことができ,多くのモスリムと出会い,アラブの現実をかじった程度にでも垣間見た自分として,今回の事件には激しい憤りを感じました。無関心というのは無責任な人間です。無反応というのは無関心と紙一重です。これまでも歴史の本を読んだり,海外での体験等からアメリカに対しては快い思いは持っていませんでしたが,今回の事件でその思いは確固たるものとなり,こういった大変に偏った意見を書いてしまうことになります。

 読んでくださった方に,私と同じようにアラブに肩入れした思いを持て,というのではありません。うまく表現できませんが,これが何の力もない私にとっては,大国主義への一つの抵抗であり,全体主義に対する戦いでもあります。今回の事件に重なるのはパールハーバーではなく,ヒトラーによるファシズムです。ユダヤ人とモスリムを置き換えると同じような構図が見えます。もちろん口にはだれも出しませんが。そして第二次世界大戦時にハイルヒトラーと叫んでいるドイツ国民と日本国が重なって見えます。大きな声で,劇的な演説で民を盲目にさせたリーダと,盲目のまま阻害されないようについていった図式そのままに見えます。そんな世界にはしたくない。でも何の力もない。大げさにとられるかもしれませんが,こうしてサイトで訴えることが私には唯一の武器です。

 このコーナーを読んで,不快に思われる方も多くいることと思います。表現も文章も稚拙なものであるし,勉強不足の点も多くあります。そういう方には謝罪したいと思います。しかし,考え方は変えません。

 パキスタンが危険度4で日本人は帰国し始めました。アブダビには現時点で何も出ていません。これがどうやって判断されるかは知りませんが,事情によっては跳ね上がるものなのでしょうか。そうなると私も帰国です。ここにいて,ここで感じることを,ここから発信したい。外から見て「たぶん」という話ではなく。

 

人の前に立つ人間は,人に分かるように説明する義務があるのではないでしょうか

 小泉首相がこう発言したようです。

「米国に対する攻撃のみならず、世界人類、自由、平和、民主主義に対する攻撃だ。テロ根絶に向け、米国はじめ関係諸国と協力しながら、主体的に取り組みたい。」

 分からない所があります。どうして今回の事件は米国に対する攻撃だけでなく,世界人類に対する攻撃だといえるのでしょう。その根拠が分からない。どうやったらつながるのでしょう。米国と世界人類はイコールだということでしょうか。すると私も米国人なのか・・・。

 自由に対する攻撃とはどういうことでしょう?同じように,平和に対する攻撃,民主主義に対する攻撃,それぞれ意味が分かりません。「自由」「平和」「民主主義」をどのように定義し,具体的になにを指しているのか,意図がさっぱり分かりません。

 テロの根絶に向けて取り組みたい,という気持ちは何となく分からないでもない。しかしテロの根絶と,日の丸を掲げた船を戦犯のところに戦争物資補給のために差し向けることと,どうつながるのかが分からない。テロ根絶とアメリカが起こそうとしている戦争と,どんなつながりがあるのでしょう。

 主体的に取り組むというのはどういうことでしょう。「主体的」とは,自分としての明確なねらいや目的を持ち,自ら進んで行動することだと考えていますが,言葉の前半部の意味がさっぱり分からないので,日本がなにをねらっているのかが見えてきません。つまり,今の行動は主体的でも何でもない。アメリカ大統領の口真似みたいな答え方はやめて,自分の考えを持ち,自分の言葉で語りませんか?

 石原東京都知事は「これを戦争と認識できないものは鈍感であろう」というような言い方をしたそうですが,これを事件としてとらえ本質的な部分での解決に向けての努力の方が先ではないでしょうか。アメリカが実行犯と断定したメンバーの中に無関係の者もいたそうではないですか。「武器をよこせ」と言う前に,ちゃんとした捜査をしましょうよ。「戦争だ!」と騒ぐ前に,きちんと足元を見るべきです。「今の法律は古いから変えろ」「自衛隊に武器を持たせろ」と騒ぐ前に,何のためにそうしようとしているのかを,「鈍感である」と言い切る前に,分かる言葉で説明するべきでしょう。

 ブッシュ,小泉,石原,と国や首都を預かる人たちの,本質的な部分が見えてくるようです。きちんと説明もできない責任者たちを前にして,文句の一つも言えないような国民ではやはり国は終わりです。

 本当に今のままでよいのでしょうか。