変っていくものもある

 
 私たちが住んでいたフラットが奥に見えます・・・。毎日窓から眺めていた景色の中のひとつが取り壊し中でした。その隣にはもう建設中のビル。取り壊しと建設が同時に進行しています。    大きな4本柱に支えられてたビル。ザッヘールホテルでした。1階と2階にはパブがあり、気軽にお酒をたしなむことができる、憩いの場でした。時代が過ぎていくというのは、風景が変わっていくことでもあるのでしょうか・・・。

 

 
そして、今やアブダビの新しいランドマークとなったアディア。奥に見えるバイヌーナヒルトンが小さく見える前衛的な建物です。コルニッシュの一等地にでんと構える姿は、さすがシティグループを救うだけありますね。アディアの下には新しいコルニッシュ。大きな遊歩道は、夕方ともなれば多くの人の憩いの場となります。散歩、ランニング、サイクリング・・・。

2000年に初めて訪れた際にあった火山噴水も、クロックタワーもなくなってしまいました。毎日部屋の窓から見ていたビルも消えるものが出てきました。そして目を奪うようなビルと、巨大な憩いの場・・・。たった数年の中でもこんなにも景色が変わるものなのですね。2008年に建国36年のUAE。この36年をこの街で暮らしてきた人の変化の大きさを考えると、とても感慨深いものがあります。