はじめに                         

 私は,アブダビ日本人学校に勤務する技術・家庭科の教師です。2000年4月に赴任しました。

 このウェッブページを開くにあたっての思いを記しておこうと思います。 

 先日,先輩のページが中傷の的となり閉鎖に追い込まれました。アブダビ在住とだけしか分からない相手から,「余りにも抽象的で無責任なありがたいご指摘」を頂き,開設を継続する事が不可能となりました。

 私は,UAE代表でもアブダビ代表でもありません。しかし,ここに生きる者として感じる事も考えることもできます。日本に30数年生きてきて見についた価値観,常識,時間の流れでこの国を見ると驚きの連続です。この国の人間から見ると,日本という国は理解に苦しむ点が多いでしょう。その狭間に立てたことを大変幸せだと感じると共に,また日本に帰る者として,教育という立場にある者として,責任を感じます。

 日本についてどれだけ知っているのか,と問われれば返答に困るのが多くの人の意見ではないでしょうか。アブダビについて,おまえは本当に知っているのかと問われれば,さらに返答にこまります。このページでは純粋に私が「へーっ」と思い,「おもしろい」と感じた事を中心にお話しできればと思います。

 恥ずかしながら私は赴任するまで,UAEがどこにあり,何をしている国なのかは全く知りませんでした。私の家族も含め,周囲の人間で知っている人間はだれもいませんでした。まずそういう方々に,サポートのお礼や感謝の気持ちを込めて作りたいと思います。そして,一人でも多く,この国に興味を持たれることを祈っております。

 

  上のような思いを持って始めたサイトでしたが、2003年3月末に帰国し、今後も継続することにしました。

 派遣の3年間という時間は、長くもあり、短くもありました。世界では余りにも世紀末的な出来事が多く起こり、新世紀も戦争で始まることとなりました。仕事上のことについては、一生懸命勤めたつもりではあります。評価については、私自身がすることではありませんので、どんな結果を残すことができたのかはわかりませんが、実に楽しくがんばることができました。一つだけアブダビで勉強したことを述べろと言われたら、「自分を基準とするな」ということです。自分を基準として考えるから不平も不満も誤解も、横柄な態度も、生まれてしまいます。このことを教えてくれたエジプト人に感謝です。

 帰国後も世界では戦争が続き、日本国内も混乱を極めています。この時代に私ができることは、せめて、半公の場であるサイトという場を通じて、自分が感じたことを述べさせてもらうことしかありません。アラブやU.A.E.のことについてはもちろん、目をあちこちに向けて、より多くのことを感じることができたらと思います。