ドバイ  スークにて

 スークとは「市場」のことです。ドバイの運河を渡るトンネルの近くにある,「魚」「野菜」「肉」を扱うスークをのぞいてみました。豊富な仕入れ,多くの買い物客と売り子のおっちゃんたち。実に活気があふれていました。私が赴任をした2000年のアブダビのスークも,同じようににぎわっていました。それが2001年に,法律が変わったとかで,一度売り子のおっちゃんたちが全員解雇。おっちゃんと交渉して決めていた値段も,一律となってしまいました。仕入れもローカル物が中心となってしまったため,品数も減り,客足も途絶えてしまいました。「なーんだ」という感じで私たちも足が遠のいていたのですが,2003年に久しぶりに行って見たら,少し賑わいが復活していました。

 品物はどれも新鮮で,安く,どれもこれも持って帰りたくなってしまいます。日本のスーパーでの袋詰めの野菜や魚たちを見て,声になりませんでした。