「しかたがないことだけれど・・・」

 日本やヨーロッパからアブダビに来ると,「何かちがうなあ」と漠然と感じます。ぼたんを一つ掛け違えたような,なにかすっきりしない感じです。なんだろうなって思っていました。もちろん異なることはたくさんありますが,そのうちの一つに気づきました。

 男女連れ合って歩いていない。

 これです。イスラムの国だから,男女の区別はきちんとつけます。これはしょうがない。女性に気軽に声をかけてはいけないのも分かる。結婚前の男女が手をつないで街中を歩くなんて許されないのも分かる。でも,街中の風景として想像してください。連れ合いは男ばかり,女ばかりです。

 当然のこと,男性同士,女性同士のグループでの話の内容や笑顔,話し方,笑い声・・・と男女同士のそれとは異なります。そしてその周囲の雰囲気も違う。夫婦であるいている人は多いのですが,ベールに包まれた女性と街中で抱擁は絶対にありません。

 それが「何かちがうなあ」の一つだったのです。整然としているといえばしているのですが,陽気さを感じることは余りありません。モラルといえばモラルが守られているとも言えます。何がよいとか悪いとかではなく,これも一つの社会の姿です。西欧文化に浸る必要もなく,守るべきことは守る姿勢は持ち続けたいですね。

 しっかし,喫茶店でカンドーラのおにいちゃんたちが,固まってクリームたっぷりのコーヒーをすすっている姿は,かわいくもあり,驚きでもあり・・・。