どろっと溶けてしまっているのがお分かりでしょうか。ここをトラックはごーっという音を立てながらゆっくり,気合を入れて登って行くのです。恐竜の背に向かって。