Stanaka's HomePage




 天守閣の西北にある御深井丸の西北(戌亥)隅にある三層三階の隅櫓で清洲城の用材を利用して築造されたため「清洲櫓」とも呼ばれ、名古屋城で現存する隅櫓の中で唯一外堀(水堀)に面して建っており、優雅な立ち姿を水面に写しています。
 この隅櫓は、建設面積202.41m2、延床面積493.32m2、屋根は入母屋本瓦葺で名古屋城築城(1612年)当時の原型をとどめ現存する弘前城・宇和島城・丸亀城の三重天守閣よりも大きく、国の「重要文化財」になっています。
 
 例年、秋に公開されていたが、11年から5月の連休頃の公開となった。



   
外堀から見た隅櫓 公開中の隅櫓
 
隅櫓から西南方面 隅櫓から東北方面


  西北隅櫓の外観・構造と内部  




隅櫓入口 1階西廊下 1階広間
1階北廊下 1階階段 2階廊下
2階広間と階段 3階廊下 3階広間


冬の名古屋城  東南隅櫓  
  復帰