Stanaka's HomePage

名古屋城史跡・名跡のページ

  慶長19年(1614)に完成した名古屋城は歴代の城主により整備・拡張が行われ、御三家筆頭
として16代にわたり世襲し明治を迎た。幸いにも明治6年の「廃城令」に関わらず取壊しを免れ
て歴史的にも文化的にも貴重な遺産を残していた。 しかし終戦間際の戦災で焼失したのが惜し
まれる。このページでは取壊、焼失、破損した史跡・名跡を現存する物も含めて、名古屋城で
「高札」にて案内されているものを紹介します。 **その後の追加で掲載もれもあります。

<< 名古屋城観光案内図 >>

名古屋城西之丸の案内板の複写
                                           <名古屋城管理事務所使用承諾済>
名古屋城の場所・行方・料金などの案内

01.南池 02.二之丸東庭園 03.霜傑亭  04.北暗渠. 05.南蛮たたき 06.埋門跡  07.塩蔵構
08.東鉄門 09.清正石 10.東一之門  11.東南隅櫓  12.表一之門  13.不明門  14.御殿椿
15.石垣刻銘 16.天守礎石  17.御深井丸 18.剣塀 19.鵜の首  20.榧の木 21.大手馬出
22.表二之門 23.清正石挽 24.藩訓秘伝の碑 25.青松葉事件 26.那古野城跡    

上の枠内の<史跡・名跡>をクリックでリンク先に移動します

< 下の矢印ボタンから順送りで見ることもできます >

 最後から見る  最初から見る
 復帰