ぱんさのマイナー植物園

テンナンショウ倶楽部
 


 サトイモ科の「テンナンショウ」はArisaema属の植物を指すが、ここでは同サトイモ科で地下に塊茎をもち、冬季は地上部を枯らす植物を総称してテンナンショウと呼ぶことにする。
 花の構造と名称については、右図を参照されたい。実際の「花」は、付属体に多数付くつぶつぶのひとつひとつであるが、苞も含めての総称にする。
 
 栽培は、地上部があるときは水切れさせず、半日陰地、乾燥しすぎず、風の穏やかな屋外で管理する。
 地上部が枯れれば、非熱帯の種類は鉢のままコモでもかけて屋外に放置すればよい。ただ、大地に生えている場合は、地温で凍結するようなことはないが、鉢植えの場合、凍結することもありえる。それではまずいので、こわい場合は、室内の温度差がない場所に鉢のまま置いておく(乾いた状態で、潅水は不要)。熱帯性の種類は、室内の暖かい温度差がない場所に鉢のまま置いておく(乾いた状態で、潅水は不要)。
 多くの熱帯植物は、冬季は温室だの加温施設だのが必要であるが、テンナンショウは、冬季には地上部を枯らしてしまうので、日光は要らないし、耐寒性もかなり強くなるので、一般家屋の室内でも最低温度5℃程度あるだろうから十分越冬する。
 一番の栽培のポイントは、地上部をできるだけ永く温存することであって、早く枯れてしまうと塊茎の発達も悪く小さくなってしまう。地上部が痛むとその年は再生しないので注意が必要である。やたら日照が強い、著しく乾燥させた、暑くしすぎた等では、夏早々に地上部が枯れてしまう。

Total:  Today:  Yesterday:

更新情報

Pinellia ハンゲ属


ニオイハンゲ
Pinellia cordata

中国原産
 葉は観葉植物のように白い筋が入り美しく、花は目立ちませんが、バナナのような香りがします。
 葉にムカゴを作ってよく増えます。大鉢にわんさか作って楽しみます。



オオハンゲ 黄散り斑
Pinellia tripartita

日本原産
斑抜けとして安く買ってきたけれど、キレイに斑が現れてきた。
地上部高さ20cm。

 
Arisaema マムシグサ属


アリサエマ・フラブム・アベレビアツム
Arisaema flavum ssp. abbreviatum

エチオピア原産
黄色い可愛いお花のテンナンショウ。芳香があります。
葉は、2葉で鳥足状複葉、厚みがある。
地上部高さ35cm。









アリサエマ・コスタツム
Arisaema costatum

ネパール原産
花の長く伸びている部分は、花の付属体で、35cmに達し地面にまでとどく。
葉は、1葉で3出複葉。
地上部高さ35cm。







アリサエマ・フラテルヌム
Arisaema fraternum

中国原産
花の長く伸びている部分は、仏炎苞の舷部の先端。
葉は、1葉で掌状複葉。
地上部高さ60cm。





アリサエマ・トルツオスム
Arisaema tortuosum

ヒマラヤ西部、中国南部、インド、ミャンマー原産
花の付属体は、暗色で太く長く伸びてそそり立つ。
葉は、2葉で鳥足状複葉。
地上部高さ60cm。



ウラシマソウ
Arisaema urashima

日本原産
地上部高さ20cm。





ヒメウラシマソウ
Arisaema kiushianum

日本原産
地上部高さ35cm。



ムサシアブミ 緑花
Arisaema ringens cv.

日本原産
地上部高さ15cm。





ユキモチソウ
Arisaema sikokianum

日本原産
地上部高さ40cm。





ユキモチソウ 紋斑
Arisaema sikokianum cv.

日本原産
地上部高さ25cm。
葉の中肋付近にシルバーが入るタイプ。

 
Dracunculus ドラクンクルス属

成株

実生幼苗
ドラクンクルス・カナリエンシス
Dracunculus canariensis

カナリア諸島原産

我が国では冬型。秋に萌芽して防霜防雪の環境で冬季に成長し、3月頃に開花する。夏は地上部を枯らし休眠する。
開花時の地上部の高さは150cm、仏炎苞は白。最も早いもので、実生4年で開花を見た。花は、熟したメロンの良い香りがする。

 
Sauromatum サウロマツム属

実生幼苗
サウロマツム・ベノスム
Sauromatum venosum
Typhonium venosum

熱帯アフリカ、アジアの高地原産

 
Arum アラム属

実生幼苗
アラム・プルプレオスパツム
Arum purpureospathum

ギリシャ・クレタ島南西部原産

 
Amorphophallus コンニャク属



花 2014.4.11

掘り上げたコンニャク芋
コンニャク
Amorphophallus konjac

東南アジア原産

 家庭菜園で作っている。コンニャクへの加工は面倒なので、主に観賞用。挑戦したい人はコンニャクに加工してみるといいかもしれない。
 欧米では主に観賞用であり、茎の模様とかでやたら品種分けをしてることがある。
 花は木子から約5年ほどで咲くようになり、3月中旬に堀上げした芋から勢いよく花茎を伸ばし1か月くらいかかって咲く。花の臭いはいわるゆ腐肉臭で、室内やハウス内など風通しの悪いところで咲かせると吐き気がする。

 だいたい5月中旬に芋を植付け、6月中下旬に芽が出て、夏いっぱいまで葉を広げる。10月中旬葉が枯れたら掘り上げて新聞紙で包んで室内の温度差のなさそうなところに保管する。当地では菜園に植えっぱなしでも越冬し、木子でよく増える。
 栽培は難しくないが、あまり激しい日照や強い風は嫌うので、植えるところを工夫するとよい。

 

 
『マイナー植物園』に戻る