ぱんさのマイナー植物園

珍草倶楽部
 

 他のカテゴリーのどれにも入らなそうな植物をまとめました。
Total:  Today:  Yesterday:

更新情報

ミクロロマ・サギッタツム Microloma sagittatum
アリストロキア・チレンシス Aristolochia chilensis
マンドラゴラ・オータムナリス Mandragora autumnalis
ステルランディア・フルテスケンス Sutherlandia frutescens

ガガイモ科

2014.12.15

2014.12.15

2013.7.7

2013.5.13
南アフリカ荒野のガガイモ
ミクロロマ・サギッタツム
Microloma sagittatum


ナミビア〜ケープ原産

 この植物との出会いは、植物を愛するマニアならば必ず持っている名著、学研の大図鑑シリーズ「世界のワイルドフラワーT(地中海ヨーロッパ/アフリカ;マダガスカル編)」でした。(私はマニアではありませんが。)

 南アフリカの砂漠、荒野を飾る美しい花々が数々収録されている中に、この植物があったのです。さあ、お手元の「世界のワイルドフラワーT(地中海ヨーロッパ/アフリカ;マダガスカル編)」p.172を開いてみてください。
 この名著を持っていない、もぐりなおともだちは、以下のリンクから見てみましょう。

本種のGoogle画像検索(別窓)

 当該書籍には、「砂漠の灌木にからみつくつる性の多年草。とても美しい植物だが、園芸的にはほとんど利用されていない」と記載があります。
 つる性?園芸的にはほとんど利用されていない?と知ったら育ててみたくなるのがマニアの性ですね!(私はマニアではありませんが。)

 幸いにして今の世の中、タネを入手するのは難しくありませんでした。2013年3月に南アフリカからタネを入手して蒔いてみました。
 はっきりいって、発芽率は散々でしたね。たった1本のみが発芽して、現在に至ります。
 タネは種子寿命があれば必ず発芽すると思いますので、それほど売れるものでもなくマニア向け植物なので種子寿命が来ていたのではないかと思います。(私はマニアではありませんが。)

 発芽してもひょろひょろな芽が伸びる(そもそもそういうもののようです。)かなり難しい植物です。
 一番の問題は、成長期がはっきりしないことですね。ちょっと成長したかと思うと止まる落葉する。そんな調子ですから、いつ灌水を増やしていいのやら、減らしていいのやらよく分からないという。耐寒性、耐暑性、耐乾性についてもよく分からない。
 また、ガガイモの宿命、コナカイガラムシはとてもよく付く。ほそっこい茎にコナカイガラムシが付くのは、とても可哀想です。

 栽培2年目ともなると、だいたいの性質も分かってきました。多くの南アフリカの植物と同様、冷涼な季節を成長期として、我が国の夏季は成長が止まります。夏季は風通し良く涼しく過ごさせ、だいたい最低温度が15℃から10℃くらいが成長期です。
 何本か苗があるのなら、いろいろ試してみたいところですが、なにせ1本ですから実験はできません。おそらく、こういった性質の植物は、挿し木ができるはずですので、もう少し大きくなったら、挿し木でクローンを殖やして、実験をしてみたいものです。

 未だに、花を着ける気配はありません。しかし、枯れたらお終いですが、いつの日か花が咲いたのなら、マニア冥利に尽きる感動間違いなしだと思います。(私はマニアではありませんが。)

*学研の大図鑑シリーズ「世界のワイルドフラワー」は、T、Uとも絶版のようです。中古本は出ているので、急いで買いましょう。なぜ急ぐかというと、この本、絶版になる前は定価は3,800円でしたが、2014.12現在、中古本は7,000円以上します。文句なしに良書なんですねー。

ウマノスズクサ科

花 2013.9.2

花 2013.9.2

2015年春 2015.5.4

いぢりたくなる可愛さ 2013.9.2

蕾 2013.8.31

根元 2014.12.15

伸びる 2013.7.8

地植えにより素敵な新葉 2013.6.3

実生幼苗 2012.11.10
チリの珍花を夢見て
アリストロキア・チレンシス
Aristolochia chilensis

チリ・アカマタ砂漠原産

 地面を匍匐するツル性で、葉は扇状、白の模様が入ってキレイです。根は直根がやや太りますが、コーデックスというほどではありません。花は非常に奇妙で、何と言うか珍花です。園芸植物として見ても十分な鑑賞価値がありながら、まったく普及していないし、わが国での栽培例もあまり見当たらないような状況です。

 花の奇妙さに魅かれて、2012年8月に種子から育ててみました。一口で言うと、かなり気難しい植物です。けれど、いろいろ試して、2013年9月やっと開花まで漕ぎ付けました。
 種子からの発芽は、種子が新鮮なこともあって大して難しくなく、発芽率も悪くありません。
 ただ、成長するにしたがって、弱ったり枯れるものがでてきたり、徒長したり、とにかく気難しい植物です。栽培上どこに問題があるのか分かりませんでした。
 原産地はかなりの乾燥地ですが、多肉植物に使うようなガラガラの土でも逆に調子が落ちる。パワー土にしてもしばらくは調子がいいのですが、また調子が落ちる。感覚からいうと、乾燥しすぎてもダメ、また、こういった植物にありがちな暑いのは苦手なような感じです。
 日照についても、不足するとてきめんにモヤシ状態になります。

 育ちが悪いのに業を煮やして、枯れてもいいや!大地のパゥワーにすがるしかない!と2013年の春先に思い切ってハウス(サボテン・多肉植物用)内に地植えにしてみました
 すると、何ということでしょう!なかなか元気よく育つではないでしょうか。
 2013年8月の終わりには、最も長いツルは1.5mに達し、そこに蕾が出ているのを確認し、2013年9月に初開花しました。
 原産地での花期ははっきりしませんが、ネット上に9月撮影の花画像データがあったので、冬季を越えてからの春咲き(南半球なので)かと思っていました。けれど、うちでは9月でしたので、ひょっとしたらある程度のサイズになれば、非常に寒い時期・非常に暑い時期を除いて随時咲くのではないかとも思われます。

 いろいろ考えた結果、この植物の栽培上の問題点は、
地温が高いのを嫌う→鉢植えでは鉢内温度が高くなりすぎる。
根は直根でかなり深い(ひょっとしたら原産地では常湿の地層に達しているのではないか)→鉢植えでは実現できない。
ではないかと思われます。ただ、実際のところそうなのかは分かりませんが。
 夏季の気温が高いのは、地植えしても嫌うようで、枯れはしませんが夏はあまり調子がのりません。
 日照についても、アカマタ砂漠の太陽の下で生きている植物なんでしょう、全日日照があり、直射日光〜30%遮光ぐらいがどうしても必要です。
 最低温度は、鉢植え乾燥した状態で5℃で越冬できているのは確認していますが、それ以下はよくわかりません。この地植え場所は地温はおそらく5℃ぐらいでしょう。ここでの越冬は初めてになるので、結果が興味深いです。
 はっきりいって、鉢植えでの栽培は断念しました。鉢植えは、いつ枯れるか分からないモヤシになるだけで、私の技術、環境では開花までは無理です
 病害虫としては、風通しの悪い場所ではオンシツコナジラミ、ウマノスズクサ科を食害するチョウの幼虫が発生しました。

 わが国での開花例をネットで探して見ましたが、実生したよという記事があっても開花までしたよという記事が見当たらない・・・実生したよという記事があっても、それ以降が見当たらない(現在生きているのか枯れているのかもはっきりしない。)・・・もし、このサイトに来訪した方で、どこかのサイトでわが国での開花例を見たよということなら教えてくれませんか?
 誰もわが国での開花例を見つけられなければ、
私のところのものが、わが国での初開花である
ということにしておきます。(マジにとらないように)

 まあ、とにかく開花まで漕ぎ着けたのならまあまあでしょうね。ただ、原産地では砂に埋まりながら、よく締まったなかなかの叢生となっていますが、そういった姿になるのはとても難しいことだと思います。

2015年、3年目ともなるとかなり安定して育ちます。ツルもかなり方々に伸ばすので、はっきりいってジャマになってきますね。

ナス科

伝説のマンドレイク

花 2013.11.16

実生2年目秋の状況 2013.11.3

実生1年程度の根の状況 2013.7.7

本葉4枚程度の実生幼苗 2012.07.14
魔法と伝説の植物
マンドラゴラ・オータムナリス
マンドレイク(英)
アルラウネ(独)

Mandragora autumnalis

地中海沿岸からトルコ原産

 マンドレイク、マンドラゴラとも呼ばれます。
 根は人の形をして地上にあると蠢き、年を経た株はその根を使って地上を徘徊します。
 この根は、魔法薬あるいは呪術等の原材料として非常に重要な役割があるため、魔術を目指す者にとって入手は必要不可欠です。
 ただ、マンドレイクの収穫には危険が伴います。マンドレイクは引き抜かれるとき悲鳴を上げ、その声を聞くと人は気絶、あるいは死ぬか気が狂うため(若い株では気絶程度で済みますが、年を経た株では聞く者は絶命するか生き残っても気が狂います。)、収穫には工夫が必要となります。古くは人が引き抜く代わりに、植物に犬をつなぎ、犬に引かせて引き抜く(当然犬は犠牲になります。)といった方法が取られ、中世では、収穫したマンドレイクの傍らに引き抜いた犬の死体を並べて売り、真正なマンドレイクであることを証明したほどです。
 マンドレイクは、土の精霊との関係も深く、引き抜くことにより土の精霊の怒りを招く可能性もあるため、抜いた大地の穴には、パンの欠片と硬貨を投げ込んで土の精霊の怒りを鎮める必要があります。
 近年では、ホグワーツ魔法学校を初めとし、人工的な栽培も盛んで、マンドレイクの死の悲鳴の効果を中和する抗マンドレイク耳当てが開発されているため安全に収穫できるようになりました。ただ、最も強力なマンドレイクは絞首台の下、受刑者の体液と精液の降り掛かる場所で育った天然ものであり、今でも高価に取引されます。

【マンドレイクの利用】
 マンドレイクは魔術、錬金術に使用される魔法薬の材料となり、また魔除けの護符、財宝の探索の護符にも利用されます。古くは創世記において不妊治療(催淫)に用いられた記録があります。



 願いを叶える魔法としては以下の方法があります。
 根を毎晩白ワインで洗い、絹とベルベットの布団に寝かせます。すると術者の夢の中、枕元にマンドレイクが現れますので、願いを伝えます。願いを叶える力は、マンドレイクの霊力に比例し、年を経たマンドレイクほど強力です。

 特に有名な利用方法は、想い人を振り向かせ自分のものとする魔術での活用です。ここから、わが国では「恋ナスビ」と呼ばれるようになりました。
 新月の夜明け前に特定の呪文を唱え収穫したマンドレイクを土に埋め、水とミルクを注ぎ術者の血をたらします。次の新月の夜明けに呪文を唱えつつ掘り出し乾燥させ、さらに次の新月の夜明け前に古釘を根の中央を突き刺します。これで想い人の心と身体は術者のものとなります。

 魔法薬としては、魔法により姿を変えられた、あるいは呪いにかけられた場合に対抗する解毒剤に配合されることもあります。
 一方、錬金術では、マンドレイクに術者の血や精液を注ぎ、術者のあらゆる命令に従う人造人間ホムンクルスを作るために利用されることもあります。

 このようにマンドレイクは、魔法等になくてはならない植物なのです。


 以上が、マンドレイクの伝説やら創作ですが、実際の植物は、地下に肥大し分岐した根をもつ多年草で、ある程度成長すると秋に紫色の小輪の花を咲かせます。
 古くは薬草、呪術薬として利用されましたが、毒性が強く現在では薬用としては利用されません。

 種子は新鮮であれば発芽率は悪くありません。ただし、発芽までに1〜2か月を要し気が短い人には向かないかもしれません。
 栽培は、ごく普通の草花に準じます。成長期は秋から春の冷涼な季節で、盛夏には地上部が枯れ休眠する場合があります。特に早い株では、発芽から2年目に開花します。
 地中海沿岸の植物であり温暖な気候を好みますが、熱帯植物という訳ではなく冬季は、凍結、霜を避ければ−3℃前後で越冬します。温暖な地域では屋外での栽培が可能です。(寒冷地では、冬季は室内で管理した方がいいかもしれません。)
 
 病害虫は、同じナス科の畑作物のナス、ピーマン、トマト等と共通したものが多く、ヨトウ、ハモグリバエ、コナジラミ等が発生するので注意が必要です。

マメ科

2014.03.08

2014.03.21

2014.03.08

2014.05.10 乾くとこんな感じ

2014.05.10 水にぷかぷかと浮く
サバクノエンドウ
ステルランディア・フルテスケンス
バルーン・ピー(英)
キャンサー・ブッシュ(英)

Sutherlandia frutescens

南アフリカ原産

 南アフリカの乾いた大地に自生するマメ科の多年草で、大地に叢生しブッシュを作ります。
 花はマメ科の典型的な蝶形花で色は赤で目立ちとても美しいものです。
 花後の果実はいわゆるサヤなのですが空気を含んで風船の様に膨らみます。風船のように膨らむ果実は、フウセンカズラや、フウセントウワタが有名ですが。これはそのマメ版ですね。そのサヤの様子から英名を「Balloon Pea」といいます。この風船のようなサヤは、雨季に大量に降る雨によってできる流れに乗せて種子を遠くに運ぶためのものと言われます。

 この植物は、物好きが育てる以外に一般的に栽培されるものではなさそうです。
 わが国でどういったところで栽培されているかを調べたところ、製薬会社の付属植物園が多いようです。それもそのはず、この植物は自生地では薬草として知られており、どうも抗癌に役立つのではないかと研究がなされているようです。「Cancer Bush」の名はそこから来ています。
 検索すると何やらこの植物を原料にした(効果があるのかないのか私にはよく分かりませんが)健康食品が多数出てきます。

 種子は新鮮であれば発芽率は悪くありません。
 栽培は、ごく普通の草花に準じます。成長期はほぼ周年で、冬季も最低温度5℃程度あれば落葉もせず成長します。私のところでは鉢やハウス内地植えで栽培していますが、成長の最もよいハウス内地植えの場合は、発芽から1年で開花します。開花期は、ハウス内では2月でした。
 マメ科の植物なのでおそらく移植を嫌うと思いますので、根を切らず根鉢を大事に鉢増しするのがいいでしょうね。
 枝はかなり伸び拡がるので、適当に刈り込んで育てるのがいいでしょう。
 南アフリカの植物であり温暖な気候を好みますが、熱帯植物という程ではなく冬季は、凍結、霜を避ければ−3℃前後で越冬しました。温暖な地域では屋外で鉢植えでの栽培が可能でしょう。
 
 病害虫は、同じマメ科の畑作物と共通したものが多く注意が必要です。

 

 
『マイナー植物園』に戻る