ぱんさのマイナー植物園

マダガスカル分園
Succulent Plants of Madagascar

−遥かなるマダガスカル・マダガスカルの多肉植物を楽しむ−

ぱんさのマイナー植物園姉妹館: ワイルド?チランジア | サバンナ・アカシア | バオバブの木 | マダガスカル分園
ウォレマイパイン(ジュラシック・ツリー) | ジャイアント・セコイア | 奇想天外 | ドロソフィルム
 
 遥かなるマダガスカル。マダガスカルには素晴らしい植物が多くあり、そのほとんどはマダガスカルにしか存在しない固有種です。  このページは、ぱんさの栽培する多肉植物から、マダガスカルの固有種をまとめています。
 ここまでお見えになった方は、かなりのマイナー植物マニアとみました。

Total:  Today:  Yesterday:
更新情報

マダガスカル


中生代ジュラ紀(1億5千万年前)頃の大陸
 マダガスカルは、アフリカ大陸の東に位置する、日本の約1.6倍の面積をもつ島です。
 マダガスカルは、火山活動等により大洋から隆起した島ではなく、パンゲアーゴンドワナ大陸の一部であったものが、中生代(1億5千万年前)の大陸移動に伴い島となったもので、極めて古い起源を持ちます。
 こうした古い起源と、大陸から分離してから数千万年もの間、他から影響を受けにくかったため、動植物とも独自の進化を遂げ、固有種の宝庫となっています。
 さらに、マダガスカルは、島の西側が乾燥した気候、東側が湿潤、中央の高地が冷涼と、環境の変化に富みます。
 マダガスカルに自生する顕花植物のうち、70〜80%が固有種と言われています。
 マダガスカルが原産地で、全世界に普及した花卉には、ニチニチソウ、マダガスカルジャスミン、ハナキリン、ホウオウボク、シュロガヤツリ等があります。

マダガスカルの気候

 マダガスカル北部は1年をとおして高温な地域(亜赤道帯)で、南部に向かえば向かうほど熱帯〜亜熱帯地域になります。したがって、北部に自生する植物は低温を嫌い耐寒性が非常に低く、南部に自生する植物は、北部と比較すれば耐寒性がややあります。
 島の西側は乾燥した地域、東側は湿潤な地域なため、マダガスカルにおける多肉植物の自生地は、北部から南部の西側と中央山地となります。

 マダガスカルの西部から南部にかけては、乾性有刺林(ドライ・フォレスト)と呼ばれる、ディディエレアやパキポディウムなどの刺に覆われた巨大な多肉植物の森が広がっています。いわば、マダガスカルの多肉植物の宝庫です。

マダガスカル植物の書籍

 マダガスカルの植物を知るなら、この本。

マダガスカル異端植物紀行
湯浅浩史 日経サイエンス社
残念ながら絶版
(古本市場で流通しています。)

サマードリーム・マダガスカリアン・ガーデン


2014.07.10撮影
*写真内には、マダガスカル原産でないものも写っています。
 マダガスカル原産植物の実験用ハウス内地植えガーデン。
 冬季気温はマイナス1℃になる場合があります。地植えなので地温は5℃程度あります。土壌は砂質土で非常に乾燥します。
 植物の特性、自己の環境についての深い理解や、地植えの適用について基本的に分かってない人は真似しないほうがいいでしょう。
 

アダンソニア属(パンヤ科)

 一般的に「バオバブ」と呼ばれる。バオバブは、アフリカ、マダガスカル、オーストラリアに自生するパンヤ科の植物です。乾季には多肉質の幹、枝で過ごし、雨季が来ると掌状複葉を展開します。
 マダガスカル固有種のバオバブについては、「バオバブ王国」を参照ください。

パキポディウム属(キョウチクトウ科)

 パキポディウムは、南アフリカ及びマダガスカルに自生するキョウチクトウ科の多肉植物です。乾季には多肉質の幹、枝で過ごし、雨季が来るとキョウチクトウに似た葉を展開します。
 多くの場合、枝はトゲで覆われており、姿は、塊茎を持ち潅木状になるもの、樽柱状になるものがあります。
 
■マダガスカル産パキポディウム属の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
パキポディウム・ルーテンベルギアヌムPachypodium rutenbergianum
パキポディウム・ソフィエンセPachypodium sofiense
パキポディウム・メリディオナレPachypodium meridionale
パキポディウム・フィへレネンセPachypodium fiherenense
パキポディウム・ラメレイPachypodium lamerei
パキポディウム・ラメレイ・ラモスムPachypodium lamerei var. ramosum
パキポディウム・ゲアイPachypodium geayi
パキポディウム・ミケアPachypodium mikea
パキポディウム・デンシフロルムPachypodium densiflorum
パキポディウム・ホロンベンセPachypodium horombense
パキポディウム・ロスラーツムPachypodium rosulatum
パキポディウム・ロスラーツム・ドラケイPachypodium rosulatum var. drakei
パキポディウム・ロスラーツム・エブレネウムPachypodium rosulatum var. eburneum
パキポディウム・ロスラーツム・イノピナツムPachypodium rosulatum var. inopinatum
パキポディウム・ロスラーツム・カクチペスPachypodium rosulatum spp. cactipes
パキポディウム・ロスラーツム・グラシリスPachypodium rosulatum spp. gracilius
パキポディウム・ロスラーツム・ビコロルPachypodium rosulatum ssp. bicolor
パキポディウム・ブレビカウレPachypodium brevicaule
パキポディウム・ブレビカウレ・レウコキサンツムPachypodium brevicaule ssp. leucoxanthum
パキポディウム・デンシカウレPachypodium densicaule
パキポディウム・マカイエンセPachypodium makayense
パキポディウム・バロニーPachypodium baronii
パキポディウム・バロニー・ウィンソリーPachypodium baronii var. windsorii
 
■パキポディウム属の分類・種類
 
■マダガスカル産パキポディウム属の栽培

ディディエレア科

 ディディエレア科は、マダガスカルのみにしか原産しない固有科で、アルアウディア属、ディディエレア属、デカリア属、アリュアウディオプシス属の4属がある。マダガスカルの乾性林を特徴づける珍奇な植物。
 ディディエレア科は、サボテン科にもっとも近いとされている。多くの場合、この科の植物の特徴は、幹に成長(伸長)しない短枝がびっしりと着き、成長期にはその先端から葉を出すこと。
 
■ディディエレア科の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
アルアウディア・プロケラAlluaudia procera
アルアウディア・アスケンデンスAlluaudia ascendens
アルアウディア・モンタグナッキAlluaudia montagnacii
アルアウディア・コモサAlluaudia comosa
アルアウディア・フンベルティAlluaudia humbertii
アルアウディア・ズモーサAlluaudia dumosa
ディディエレア・マダガスカリエンシスDidierea madagascariensis
ディディエレア・トロリーDidierea trollii
ディディエレア・ペティグナティDidierea petignatii
アリュアウディオプシス・フィヘレネンシスAlluaudiopsis fiherenensis
アルアウディオプシス・マルニエリアナAlluaudiopsis marnieriana
デカリア・マダガスカリエンシスDecaryia madagascariensis
 
■ディディエレア科の分類・種類

モリンガ属(ワサビノキ科)

 モリンガ属は、インド、南アフリカ及びマダガスカルに自生するワサビノキ科の熱帯樹木。世界に34種類が存在する。
 その1種モリンガ・オレイフェラ Moringa oleifera は、インド原産で「ワサビノキ」、「モリンガの木」と呼ばれる通常の樹木(多肉植物ではない。)で、香辛料(効果の程は知らないが健康食品等)に利用される。わが国でも健康食品ブームに乗って栽培されることがある。
 モリンガ属の中で、数種のみが多肉植物に扱われる。
 検索エンジンで、「モリンガの木」「ワサビノキ」で、ここを訪問される方も見えるので、はっきりしておきますが、以下紹介するのは、モリンガの木、ワサビノキ(Moringa oleifera)とは、別種です。
 
■モリンガ属の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
モリンガ・ドロウガルディMoringa drouhardii

デロニクス属(ジャケツイバラ科、旧マメ科)

 デロニクス属は、ジャケツイバラ科(旧:マメ科)で、マダガスカル、東アフリカ原産の植物。マダガスカル原産のホウオウボク(Delonix regia)は、花の美しさで特に有名で、世界各地の亜熱帯、熱帯に植樹されている。
 デロニクス属のほとんどが普通の樹木で、数種が樽状樹として多肉植物として扱われる。
 
■デロニクス属の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
デロニクス・デカリーDelonix decaryi
デロニクス・プミラDelonix pumila

オペルクリカリア属(カンラン科)

 オペルクリカリアは、マダガスカルに自生する高さ数m足らずの樽状樹。乾季には樽状の幹、枝で過ごし、雨季が来ると葉を展開し成長する。
 オペルクリカリア属は、マダガスカル固有属。
 
■オペルクリカリア属の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
オペルクリカリア・デカリーOperculicarya decaryi
オペルクリカリア・パキプスOperculicarya pachypus

キフォステンマ属(ブドウ科)

 アフリカ、マダガスカルに自生する塊茎・塊根性のブドウ科植物。雨季が来ると葉を展開し成長する。
 キフォステンマ・エレファントプス、キフォステンマ・ラザがマダガスカル固有の有名種。
 
■キフォステンマ属の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
キフォステンマ・エレファントプスCyphostemma elephantopus
キフォステンマ・ラザCyphostemma laza
キフォステンマ・パキプスCyphostemma pachypus

アデニア属(トケイソウ科)

 アデニア属は、旧世界の熱帯・亜熱帯に自生するトケイソウ科植物。
 いくつかの種類がマダガスカル固有種。
 
■アデニア属の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
アデニア・スティロサAdenia stylosa
アデニア・クラドセパラAdenia cladosepala

ユーフォルビア属(トウダイグサ科)

 ユーフォルビア属は、インド、アフリカ及びマダガスカルに自生するトウダイグサ科の多肉植物の一大グループ。
  園芸鉢物として普及しているハナキリン(Euphorbia milii)もマダガスカル原産であり、マダガスカルの固有種には多様な形態の花キリン系ユーフォルビアが多数ある。
 
■ユーフォルビア属の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
ユーフォルビア・ペディラントイデスEuphorbia pedilanthoides
ユーフォルビア・ディディエロイデスEuphorbia didieroides
ユーフォルビア・ゴットレべイEuphorbia gottlebei
ユーフォルビア・ビグエリEuphorbia viguieri
ユーフォルビア・デカリEuphorbia decaryi
ユーフォルビア・カプサインテマリエンシスEuphorbia cap-saintemariensis

ウンカリナ(ウンカリーナ)属(ゴマ科)

 ウンカリナ属は、ゴマ科のマダガスカル固有属。
 
■ウンカリナ属の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
ウンカリナ・デカリーUncarina decaryi
ウンカリナ・ロエオエスリアナ(ルーズリアナ)Uncarina roeoesliana
ウンカリナ・サカラベUncarina sakalave
ウンカリナ・グランディディエリUncarina grandidieri

ウリ科

マダガスカルに自生するウリ科の多肉植物には、主に3種の形態がある。葉が多肉質となったもので常緑(クロシキオス属等)、塊茎・塊根をもち成長期にツル等を伸ばすもの(ジゴシキオス属等)、塊茎・塊根をもち多肉質の茎をもつもの(セイリギア属等)。
 
■ウリ科栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
クロシキオス・ダングイXerosicyos danguyi
ジゴシキオス・プベスケンスZygosicyos pubescens
ジゴシキオス・spZygosicyos sp.

アロエ属

アロエ属は、アフリカ大陸南部からマダガスカルに分布し、記載されているものは、変種も含めて約1000種の大所帯の属です。その内、マダガスカル固有種は約200種類です。マダガスカル原産のアロエは、高さ6m、葉長2m近くになる大型アロエ、いわゆる巨人アロエから、手のひらにのるような小型種まで多種多様です。
 
■アロエ属栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
アロエ・アルビフロラAloe albiflora
アロエ・ブチロヒイAloe buchlohii
アロエ・デカリAloe decaryi
アロエ・デェスコイングシイAloe descoingsii
アロエ・ディバリカタAloe divaricata
アロエ・ヘレナエAloe helenae
アロエ・ラウヒイAloe rauhii
アロエ・ヴァオンベAloe vaombe
アロエ・カピタタAloe capitata
アロエ・コンプレッサAloe compressa
アロエ・コンプレッサ・スキストフィラAloe compressa var. schistophila
アロエ・ドロセロイデスAloe droseroides
アロエ・エリトロフィラAloe erythrophylla
アロエ・ハオルチオイデスAloe haworthioides
アロエ・イビティエンシスAloe ibitiensis
アロエ・ラエタAloe laeta
アロエ・マクロクラダAloe macroclada
アロエ・パルブラAloe parvula
アロエ・ペリエリAloe perrieri

その他
 
■その他の栽培種プロフィール(解説・写真等)
↑【栽培種プロフィールの収録種一覧】
センナ・メリディオナリスSenna meridionalis
オベチア・フィキフォリアObetia ficifolia

雑記
 
■かめ氏の「エビスワライモドキ」の正体を探る

りんく

Catalogue of the Vascular Plants of Madagascar (英文)

このサイトへのリンクは自由に行なってください。報告は不要です。
ただし、このサイトの写真、イラスト、図等を、無断で複製して利用しないで下さい。
文章の引用は可能ですが、出典元として「ぱんさのマイナー植物園マダガスカル分園」の表記とこのページへのリンクをしてください。そのほかに、利用されたい場合は、掲示板にてお申し出下さい。

 
『ぱんさのマイナー植物園』に戻る

 
『ぱんさ』のホームページに戻る
Return to Pantha's Homepage

Wild Cacti