マダガスカルアロエ標本園(2021.05.01撮影)

 アロエ属は、アフリカ大陸南部からマダガスカルに分布し、記載されているものは、変種も含めて約1000種の大所帯の属です。その内、マダガスカル固有種は約200種類です。
 マダガスカル原産のアロエは、高さ6m、葉長2m近くになる大型アロエ、いわゆる巨人アロエから、手のひらにのるような小型種まで多種多様です。
 このページは、ぱんさの栽培する多肉植物から、マダガスカル原産アロエ属(低地性)の植物をまとめています。

 マダガスカル産に限らず、アロエは名前の間違いが多く、これは誤った名前がついた種子(有名種子会社で扱う種子も同様です。彼らは、仕入れて売るだけで、育てて確認して売っている訳ではありません。)からの実生によるものです。また、アロエは交雑しやすく、栽培場で交雑による自然結実したものが、母株名で流通することもあります。
 マダガスカル分園では、開花を確認した正しい両親株からの採取種子による苗の育成を、とても時間はかかりますが進めています。

 
アロエ属(高地性)
Aloe (in highland of Madagascar)

主にマダガスカル中央高地の標高1000mを超える地域の原産。わが国の夏の蒸暑さを嫌うので注意が必要。
 このページは「アロエ(高地性)」です。「アロエ(低地性)」についてはこちらをご覧ください。→アロエ(低地性)

大型
ロゼットの直径が1mを超える
Aloe macroclada アロエ・マクロクラダ
Aloe macroclada

 マダガスカル中央高地のバキノカアタラから南部アヌシ、標高500-2500m原産

大型種。葉長は1mを超えるので、ロゼットの直径は2m以上。サイズ的に一般家庭では維持していくのは難しいかもしれない。アロエ界のリュウゼツランと言っていいかも。
 葉はパウダーグリーン、伸びやかで美しい。花はかなりの大株にならないと見れない。薬用植物として知られているらしい。


中型
ロゼットの直径が20cmを超え1m以下
Aloe capitata

Aloe capitata

アロエ・カピタタ
Aloe capitata var. capitata
人形錦(にんぎょうにしき)

 マダガスカル中央高地、標高1000-2000m原産

Aloe capitataの分布域は広く、変異幅がかなりある。これは、典型的なAloe capitata var. capitata(基本種)のタイプであり、逆に珍しい。
高地性の中でも適応力が強いためか作りやすい。

Aloe capitata var.

Aloe capitata var.

アロエ・カピタタ var.
Aloe capitata var.

 葉幅は、Aloe capitata var. capitataより狭く、パウダーブルーの葉色に赤味のある鋸歯はとても美しい。これは、var. quartziticolaとして入ってきたものであるが、Aloe capitataの基本種ではなく変種では間違いないもののAloe capitata var. quartziticolaとは異なる。var. angavoanaにやや似る。

Aloe capitata var. aff. angavoana

Aloe capitata var. aff. angavoana

Aloe capitata var. aff. angavoana

アロエ・カピタタ var. aff. アンガボアナ
Aloe capitata var. aff. angavoana

 前項のAloe capitata var. と比較して、葉幅は狭く、太く見え、葉縁の鋸歯は赤味があって間隔は広く荒い、葉は粉を吹いた様に白く美しい。これは、Aloe capitataとは、まったくの別種の名でかめ氏が種子を導入して実生したものを、花を確認するために私が譲り受けたもの。Aloe capitata var. angavoanaに似る。

Aloe argyrostachys

Aloe argyrostachys

アロエ・アルギロスタキス
Aloe argyrostachys
(誤)Aloe compressa

 マダガスカル中央高地のアンタナナリボ州のアンツィラベの西部山地原産

 compressaとされることがあるが誤称。argyrostachysは、compressaと比べて大型で花色は白。
 葉が2方向に伸びる跨状(こじょう)(2列互生)種。
 なお、たまにこの葉のつき方を「対生」という人がいるが、「対生」とは1箇所から2枚の葉が対で出ることを言うのであって、無知を晒さないように注意が必要。

Aloe conifera
Aloe conifera
Aloe conifera 花の様子
Aloe conifera 花後の様子
アロエ・コニフェラ
Aloe conifera

 マダガスカル中央高地のバキノカアタラからアモロニマニア、標高1000-2000m原産

 若い株の葉には赤い盛り上がった斑点があるが、成株では目立たなくなる。この斑点は、粗いものから細かいものまでかなりの個体差がある。
 花は花茎にみっしりと付き黄色。この花のつくりは、Aloe betsileensisによく似て、誤って流通することがあるが、以下のような違いがある。(Aloe betsileensisは、「アロエ(低地性)」を参照されたい。)

Aloe conifera  花序は紡錘形で咲き始めるとやや円筒形、花茎から花序まで赤味を帯びる。雄蕊の葯は丸く長さ1mm未満。花後は苞は閉じて松傘状。
Aloe betsileensis 花序は円筒形で、花茎から花序まで濃い青緑で暗色かかる。雄蕊の葯は楕円で長さ2mm程度。花後は苞は開き果実が突き出す。

Aloe ibitiensis

Aloe ibitiensis

Aloe ibitiensis

アロエ・アルボストリアタ
Aloe albostriata
(誤)Aloe ibitiensis
(誤)Aloe ibityensis

 マダガスカル中央高地のバキノカアタラからアモロニマニア、標高1000-2000m原産

 ibitiensisと誤称されるが、ibitiensisではない。
 葉はライトグリーンで幅狭く、ラインが入る。花は、アロエには珍しくパステルカラー。

Aloe cryptoflora アロエ・クリプトフロラ
Aloe cryptoflora
(誤)アロエ・エリトロフィラ
(誤)Aloe erythrophylla

 マダガスカル中央高地のフィアナランツォアのイソラナ、標高1300m原産

 Aloe erythrophylla名で実生されたものであるが、Aloe erythrophyllaではなくAloe cryptoflora。葉はツヤがあり緑色、強い光の元では赤褐色を帯びる。鋸歯は赤みを帯びる。
 暑熱をかなり嫌い、生理障害からアロエ炭そ病が発生し葉が傷みやすい。


Aloe laeta

Aloe laeta
アロエ・ラエタ
Aloe laeta

 マダガスカル中央高地のバキノカアタラからアモロニマニア、標高1000-2000m原産

成長著しく遅い。


Aloe compressa

Aloe compressa
アロエ・コンプレッサ
Aloe compressa

 マダガスカル中央高地のアンタナナリボ州イビティ山、ラニハリナ・ツィトンドレイン山、標高1500m原産

 葉が2方向に伸びる跨状(こじょう)(2列互生)種。
 成長はゆっくり。花はピンクがかかる白~ピンクで花弁が反り返って美しい。


Aloe compressa var. schistophila

Aloe compressa var. schistophila
アロエ・コンプレッサ・スキストフィラ
Aloe compressa var. schistophila

 マダガスカル中央高地のフィアナランツァ州アンバトフィナンドラファナ、イトレモ原産

 葉が2方向に伸びる跨状(こじょう)(2列互生)種。
 Aloe compressaと比してしゅっとした感じで葉厚は薄くスマート。成長はゆっくり。花はピンクがかかる白~ピンク。


Aloe perrieri

Aloe perrieri

アロエ・ペリエリ
Aloe perrieri

 マダガスカル中央高地のフィアナランツォア州ザザフォツィ、 イウーシの岩場、標高1200m原産

 葉色は緑~褐色、白色の斑点がある。花茎は立ち上がり、花は下垂する。

Aloe perrieri

Aloe perrieri

アロエ・aff・ペリエリ
Aloe aff. perrieri

 

 Aloe perrieriに似た植物ではあるが、葉色は褐色、花茎が著しく細く下垂することなどから、Aloe perrieriとは異なる。
 花茎が下垂する性質はかなり面白く、吊り鉢に向くと思う。

Aloe pseudoparvula

Aloe pseudoparvula

アロエ・プセウドパルブラ
Aloe pseudoparvula

 マダガスカル中央高地のイタレモのかなり限定された地域、標高1500-2000m原産

 


Aloe parvula

Aloe parvula
アロエ 'ダイル'
Aloe 'Dile'

 Aloe parvula系。葉幅は1cmを超え粉をふいて白く、葉表にもトゲ状の突起が疎らに並ぶ。仔吹きよく群生し、美しい。

小型
ロゼットの直径が20cm以下
Aloe calcairophila アロエ・カルカイロフィラ
Aloe calcairophila

 マダガスカル中央高地のアモロニマニア、標高1000-1500m原産

 葉が2方向に伸びる跨状(こじょう)(2列互生)種。
 濃緑、紫を帯びて鋸歯が細かくカッコ良い。
 やや気難しいところがあり、生理障害からアロエ炭そ病が発生し葉が傷みやすい。

Aloe droseroides

Aloe droseroides

Aloe droseroides

アロエ・ドロセロイデス
Aloe droseroides

 マダガスカル中央高地のアモロニマニア、標高1500-2000m原産

雰囲気はAloe parvulaの葉幅を狭くした感じ。種小名は、ドロセラ(もうせんごけ)に似たという意味。Aloe parvulaのさらに高地に自生する。小型種で見た感じはパッとしないが、マニア垂涎の植物。
 暑いのは苦手、小型種で体力もないので乱暴な育て方はダメ。花茎は残暑の頃伸ばすことが多いが、ハオルチアと同様花茎の「中折れ」現象が起きることがある。できるだけ涼しくする。


Aloe haworthioides

Aloe haworthioides

アロエ・ハオルチオイデス
Aloe haworthioides
羽生錦(はにゅうにしき)
瑠璃姫孔雀(るりひめくじゃく)

 マダガスカル南東部高地のオートマティアトラ、標高1000-2000m原産

 種小名は、ハオルチアに似たという意味。

Aloe parvula

Aloe parvula
アロエ・パルブラ
Aloe parvula
女王錦(じょおうにしき)

 マダガスカル中央高地のアモロニマニア、標高1000-2000m原産

 葉幅は1cm未満。葉縁にはトゲ状の鋸歯があり、葉表にもトゲ状と粒状の突起が並ぶ。


Aloe parvula アロエ・パルブラ 'サンドリーフ'
Aloe parvula 'SandLeaves'

 Aloe parvula系。葉幅が広く、葉を広げるタイプで、葉表にも突起が数多くあるが、ほとんど粒状。葉表の紙やすりのようなザラザラ感が面白い。Aloe parvulaは、盛んに子吹きして群生になるが、こちらは子吹きしない。時期によりロゼットの中心は紫がかる。
 Aloe parvulaより美しいので、繁殖を狙いたいところであるが子吹きしないので、これを母株として、一般的なAloe parvulaを父株として作出したものが、「Aloe parvulaぱんさ系」である。「Aloe parvulaぱんさ系」については、何株かは世の好事家のところに出ている。

アロエ属(高地湿潤性)
一般的に栽培されるマダガスカル原産のアロエは、高地・低地の違いはあれど乾燥地原産のものがほとんどであるが、以下は湿潤の環境にあるので、かなり性質が異なる。一般的なアロエと同じように考えて栽培するとダメになる。
Aloe propagulifera

アロエ・プロパグリフェラ
Aloe propagulifera

 マダガスカル中央高地のアンタナナリボ州北部、標高1200-1300mの湿潤な森林地帯の原産

 葉は薄くシルバーの模様が入る小型種。
 一般的に栽培されるマダガスカル原産のアロエは、高地・低地の違いはあれど乾燥地原産のものがほとんどであるが、本種は、中央高地でも少ない湿潤な森林原産になる。従って、他のアロエの様な栽培をすれば、上手くいかないし衰弱する。高地、湿潤、森林のポイントを押さえて栽培するとよい。


Aloe sakarahensis ssp. pallidaa

アロエ・サカラヘンシス・パリダ
Aloe sakarahensis ssp. pallida

 マダガスカルのトリアラ州アティモアンドレファナのアンカズアブ、アナラベロナ山原産

 葉は薄く、やや旋回する小型種。何やら海洋生物にも見える、陸上のヒトデという雰囲気。基本種との違いは、光が強いと褐色かかるものの、葉が緑色が強く、よく見ると斑点を有する。
 小型種で茎も立たず、成長も遅く乾燥にも過湿にも弱い。根を傷めると枯死してしまうので、かなり注意をして育てること。


Aloe sakarahensis

アロエ・サカラヘンシス
Aloe sakarahensis

 マダガスカルのトリアラ州アティモアンドレファナのアンカズアブ、サカラハ原産

 葉は薄く、やや旋回する小型種。何やら海洋生物にも見える、陸上のヒトデという雰囲気。葉は赤みが強い。
 小型種で、茎も立たず、乾燥にも過湿にも弱い。根を傷めると枯死してしまうので、かなり注意をして育てること。Aloe sakarahensis ssp. pallidaよりも脆弱で、成長もかなり遅い。