Pantha's Labyrinth
ぱんさのカニのいる生活
−海生のカニの飼育−
海水への依存度
100%
のカニ
 
宇宙人のような面構えのミドリベニツケガニ
宇宙人のような面構えのミドリベニツケガニ
はじめに・・・

 この飼育方法に該当するカニは、オウギガニの仲間、ワタリガニの仲間等海生のカニです。
 このタイプのカニは、生活圏が海水中であり、水上にでてくることはめったにありません。餌を食べるのも、排泄するのも海水中になるため、海水を浄化するろ過設備が必須です。
 逆に、中途半端に陸を造らなければならないカニと比較して飼育環境が作りやすいとも言えます。
 なお、このタイプのカニは、同じケースで複数匹は飼育できません。一匹が、脱皮をしてやわらかくなると、他のカニに食べられとても悲惨な状態になります。

飼育環境

◆海水

 このカニを飼育するためには「海水」が必要です。
 海が近くでない場合は、人工海水を利用します。今では、少し大きいホームセンターでも販売されている白い粉末状のものです。色々なメーカのものがあります。
 人工海水は、正しい規定量を真水(水道水のカルキを抜いたもの)に希釈し、十分に溶かして利用します。(多くの場合、真水10L当たり、350〜400gです。その製品の説明書をお読みください。)
 海水魚等を飼育している人は、この粉末の人工海水を「しお」と呼びますが、これは業界用語のようなもので、本当の塩と誤解しないで下さい。

◆飼育ケース

 飼育ケースにはプラ飼育ケース又は水槽を利用します。
 ろ過装置をセットしなければならないので、最低Mサイズのケースは必要でしょう。できるだけ大きいものの方が、海水の汚れ方がゆっくりです。

ブクブクはダメ
 カニは、水中で食事をし、排泄も水中でします。ろ過装置がなければ、すぐに海水が汚れ、カニは死んでしまいます
 ろ過装置については、「ろ過装置による水の浄化原理」を必ずお読みください。
 ろ過装置には、いろいろなものがありますが、安価な金魚飼育に利用する投げ込み式のろ過装置(右写真)では、調子よく飼うのは難しいと思います。

 そのため、「底面ろ過装置」、「外掛け式ろ過装置」、「パワーフィルター」のどれかを利用するといいでしょう。

「底面ろ過装置」の設置方法

「外掛け式ろ過装置」の設置方法

「パワーフィルター」の設置方法

カニは複数飼育の場合トラブルを起すので、1匹づつ分ける必要があります。この場合、別々な水槽にしたらかなりのコストになります。このため、複数飼いたいのなら区割り水槽を利用します。
 これは、我が家の小型の海生のカニ用の区割り水槽です。
 最初、横長の水槽にセパレータを入れて飼育しましたが、メンテナンスの場合など、セパレータがズレ易く困りものでした。この水槽は、注文で作成したオーダーメイドのアクリル水槽で、セパレータは接着して固定してもらいました。

オーダーメイドの海生カニ用区割り水槽 踊るカニ


◆餌皿

 底面ろ過の場合、直接、水中のろ材の上に餌を置くとろ材に沈み込みカニが食べられなくなりますので、餌皿を用意したほうがいいでしょう。餌皿は、浅いものならなんでもかまいません。水に浮くのはまずいので、陶器か二枚貝の貝殻を利用すると見た目がいいかもしれません。
 パワーフィルター等底面ろ過以外のろ過装置を使っていて、底砂を敷いていない、あるいは底砂が細かい場合は、そのまま餌をやっても問題ありません。

◆フタ

 半海生のカニと同じですので、まず、先に「半海生のカニ」の飼育方法を読んでください。

◆ヒーター

 半海生のカニと同じですので、まず、先に「半海生のカニ」の飼育方法を読んでください。

飼育管理

脱皮したカニ。若いカニであれば、元の大きさの1.5倍(体積では2倍以上!?)になる場合もあります。
 半海生のカニとほぼ同じですので、まず、先に「半海生のカニ」の飼育方法を読んでください。

◆パワーフィルターの掃除

 パワーフィルターもいつかは汚れて掃除しなくてはならなくなります。そのときへたくそに掃除すると、水槽は壊滅します。掃除方法については、「パワーフィルターの掃除」を読んでください。

特定の種類の飼育上の留意点

オウギガニ類  オウギガニの仲間は、植物質の餌も比較的食べるので、与えましょう。
イソクズガニ、ヨツハモガニ等
小型クモガニ類
 イソクズガニ、ヨツハモガニ等クモガニの仲間は、長期飼育が難しいのものが多いです。特に水質、水温の変化に弱く、足し水や換水時に注意が必要です。水温の高いのも苦手で夏季は冷却手段が必要になります。
 また、他の生き物といっしょに飼うと餌が回らず、餓死する可能性が高いです。
小さなカニだけに、ろ過設備や水槽用クーラーを利用することは一般家庭では難しいと思うので、長期飼育はまず困難です。

このサイトへのリンクはフリーですが、
このサイトの文章、写真、イラスト、図等は、私「ぱんさ」に著作権または利用権が帰属しています。無断で複製利用しないで下さい。
文章の引用は可能ですが、出典元として「ぱんさのカニのいる生活」を記載してください。そのほか、利用されたい場合は、掲示板にてお申し出下さい。

 
『カニのいる生活』に戻る