Pantha's Labyrinth
ぱんさのカニのいる生活
−ろ過装置の水の浄化原理−
 
はじめに・・・

 カニは、いろいろなところで捕まえることができることから、生き物をあまり飼育していない人が飼育しはじめる場合が多く、特に水に関する知識が希薄で、大きな誤解から生き物を死なせてしまう場合もあります。
 ここでは、絶対知っておきたい、「ろ過装置」による水の浄化原理をまとめましたので、お読みください。

自然界の水の浄化

自然界の水の浄化

 水の生き物は、水中で食事をし、排泄も水中でし、そして水の中で死にます。
 自然界の水の浄化機能は、バクテリアの力により、生き物の排泄物や死骸が分解されてできるアンモニウム(淡水:低毒)、アンモニア(海水:有毒)を亜硝酸(有毒)、硝酸塩(低毒)と変化させます。これにより、生き物の排泄物や死骸から生まれる生き物にとっての有毒物質を低毒化します。
 その後、硝酸塩は、植物が吸収、あるいは別のバクテリアの力によって窒素ガスとなり大気中に放出されます。その結果、水はきれいな状態に保たれます。

ろ過装置による浄化原理

 私たちが、小さな飼育ケースの中で、生き物を飼うとき、前述のような浄化機能は働きません。このため、そのままでは、水は汚れ、生き物は死んでしまいます。
 この浄化機能を人工的に行われるために作られたものが、ろ過装置です。  ろ過装置では、限りあるスペースの中で、バクテリアを繁殖させ自然界の浄化機能を行います。
 残念なことに、完全に自然界の浄化機能をすべて実現できるのなら問題はありませんが、スペース的な問題もあり、その半分のプロセスしか実現できません。また、処理できる量も限られてきます

ろ過装置で実現できる浄化機能
自然の半分のプロセスしかない。

 したがって、ろ過装置を利用しても、定期的に水換えをしなければいけません。ろ過装置を利用しなければ、毎日のように水換えをしなければならない場合も、ろ過装置を利用することによって、水質の急な悪化を防げ、水換えも1か月〜数か月に1度程度でいいようになります。

ろ過装置の具体的な働き(底面ろ過装置を例にして)

 底面ろ過装置は、左図のような構造になっています。水は底に敷かれたろ材を通り底面板からエアーの力で吐水パイプから戻されます。
 ろ過の重要なポイントは「ろ材」です。このろ材には、バクテリアが繁殖します。すると、水中のアンモニアを「硝酸塩」という低毒な物質に変化してくれます。すると、水が浄化されると言う訳です。
 水を浄化するのは、ろ材に繁殖したバクテリアの働きによるものであって、ろ材自体が汚れを取るわけではありません。誤解しないでください。
 バクテリアは、すぐには繁殖しません。バクテリアが十分繁殖してろ過装置が機能し始めるまでは1か月が必要です。それまで、大変辛い環境で生き物は暮らすのです。
 また、このバクテリアは、真水や塩素に弱いので、ろ材を汚れたからといって真水(水道水)で洗ってはいけません。バクテリアが死んで機能しなくなります。
 どんなりっぱなろ過装置を設置しても、バクテリアが棲まなければ、まったく機能しません。せっかく棲みついたバクテリアをバカなことをやって殺してしまっても、まったく機能しません。
 餌の与えすぎは、ろ過装置のバクテリアの浄化機能が追いつかず、水を著しく汚すので注意する必要があります。特に、飼育ケースを設置して1か月間は、バクテリアの活動も弱くて水を浄化する力がないため、餌は少なめを心がけてください。
 どんなにろ過装置が上手く動いたとしても、水には「硝酸塩」という低毒な物質や有機物が蓄積していきます。このため、1か月に1度くらいは水換えをしてあげる必要があります

このサイトへのリンクはフリーですが、
このサイトの文章、写真、イラスト、図等は、私「ぱんさ」に著作権または利用権が帰属しています。無断で複製利用しないで下さい。
文章の引用は可能ですが、出典元として「ぱんさのカニのいる生活」を記載してください。そのほか、利用されたい場合は、掲示板にてお申し出下さい。

 
『カニのいる生活』に戻る