ぱんさのサボテンランド/栽培種プロフィール

ソコトラの植物
‐人工環境における栽培など‐
 

 アラビア半島の南の沖300km、ソマリアのアシル岬の沖240kmにあるソコトラ島は、面積は3,796km2(埼玉県とほぼ同じ面積)、中生代(1億5千万年前)にはパンゲア大陸の一部で現在のアフリカ大陸・アラビア半島と地続きででしたが、200万年前頃に大陸から完全に分離したといわれています。

 


 その後、孤島の厳しい気候の中で植物は独自の進化を遂げ、その奇容な姿は世界に知られています。
 マダガスカル島が大陸から分離し数千万年、ガラパゴス諸島が生まれて500万年(大陸から植物が移ってきたのはもっと後)に比較して大陸から隔離された孤島としての歴史はやや浅いものの、東アフリカ、アラビア半島の植物の共通祖先から始まり、孤島の中で独特な形質を得た植物群は、マニアを魅了して止まないことだと思います(私はマニアではありませんが)。
 このソコトラの植物を上手く育てたいというのは、マニアのみならず私のような初心者栽培家でも思うことであり、このページはその取り組みについての試行の記録です。

【ソコトラの気候】

 まずはソコトラがどんなところか、気候について見てみましょう。以下がソコトラと日本(東京)の気候をグラフにしたものです。

 気温は年間を通して高温、4月〜10月は、月平均最低気温が20℃以上、月平均最高気温は35℃近くなり、気温の点だけ考えると日本における夏の7、8月が半年以上続くようなものです。11月〜3月は、やや気温が下がるものの日本の5、6月に相当し、最低気温が15℃を切ることはほとんどありません。
 降水量は少なく、年間を合計しても250mm程度で、日本の梅雨時である7月の1か月分しかありません。雨らしい雨はなく、湿った空気が山地にぶつかって発生する霧が水分を補給しています。また、5月、10月は僅かに降水量が多いものの明確に乾季・雨季があるわけでもありません。降雨日もあっても月に一桁回で、ソコトラの大地は、いつも激しく太陽が照りつける場所といえるでしょう。
 さらに、ソコトラの5月〜8月は強風が吹き荒れ、ソコトラの植物の詰まった独特な樹形は、この風が作っていると考えていいでしょう。

【ソコトラの植物の栽培】

 このような非常に厳しい自然環境にあるソコトラの植物を栽培するためのポイントは、高温、強い日照、土壌の適度な乾燥、強風にあると言えそうです。
 ソコトラの植物をただ生かすということであれば、我が国の高温期の夏季に成長させ、冬季は休眠させ、ソコトラの最低気温を見るに10℃〜15℃ぐらいに加温すれば、安全なところでしょう(ただ日本において、冬季にこの温度を保つためには、それなりの設備が必要なのは間違いありません。)。ただ、それでは面白くありません。
 日本(本州)では、ソコトラの高温期に相当する気候は、真夏の数か月にすぎないので、葉がちょろっと出て僅かに成長する程度で時間切れとなるため、生かすことはできても、ぐんぐん成長するまでいかなそうです。したがって、ぐんぐん成長させるためには、真夏(気温だけではなく、日照の点でも)を延長できる設備が必要と思われます。
 以上の点を踏まえ、周年成長させることを目標として、最低温度を制御でき、人工の日照として育成灯(ビオルクス40W近接照射)を照射できる設備を使って、我が家にある(マニアではないので僅かしかありませんが)ソコトラの植物を、涼しくなってきた2014年10月から栽培してみました。本環境では、成長させる最低温度を20℃と推定し、その温度を保ちます。育成灯の発熱や窓際に設置してあるので晴天の日中はかなり温度が上がりますので適度に排熱し、最高温度は35℃程度にします。
 土壌の湿度については、栽培する植物は原産地の立派な成株ではなく、幼苗ですし、断水させないよう一般的な多肉植物と同じくらいの灌水(成長していれば完全に乾かないように管理)で問題ないようです。用土は、写真を見て察してください。

 以下は、ソコトラにおけるボスウェリアの育苗園の様子です。自生地での本当の若木の成長状況を見ることができ、とても示唆に富みます。


【栽培環境】

栽培環境の概要は以下です。工作マニアのページではないので、詳細は省きます。

*室内温室(当然、室内設置):ビニールカバー付き棚。排熱は下記のとおり自動なので、常時ビニールカバーは閉鎖しています。
*ビオルクス40W近接照射。7:00〜17:00(10時間)タイマーで照射
*加温は、総和工業:SF−193A(171kcal/h)、農電サーモND−5で制御、20℃で稼働
*排熱(冷却)は、7.5cm径DCファン(12V、0.14A)、NTCサーミスタを利用したリレー回路で制御。40℃で排熱
*最低温度は20℃、最高温度35℃(実測値)

キョウチクトウ科アデニウム属 Adenium

アデニウムは、アフリカ大陸とアラビア半島の紅海、インド洋沿岸部に広く分布する植物で、ソコトラには1種があります。
余談ではありますが、マダガスカルにはアデニウムは原産しておらず、アデニウムの分化時にはマダガスカルは大陸と離れた洋上にあったと考えられます。

アデニウム・ソコトラヌム Adenium socotranum
2015.11.20 成長中
アデニウム・ソコトラヌム Adenium socotranum
2014.12.16 成長中

アデニウム・ソコトラヌム Adenium socotranum
2014.11.22 成長中

アデニウム・ソコトラヌム Adenium socotranum
2014.10.25 萌芽しはじめ
アデニウム・ソコトラヌム
Adenium socotranum
 アデニウム・ソコトラナム

 ソコトラのアデニウム・ソコトラヌムは、ソコトラの奇天烈な植物としてよく紹介され知られています。
 ソコトラヌムの自生地における花の色は、ピンクがベースですが、白に近いものから、色の濃いものまで幅広いタイプがあるそうです。

【本物のソコトラヌムとタイ・ソコトラヌム】

 写真のものが本物のソコトラヌムです。なぜ、「本物」と改めて言うかというと、よく「ソコトラヌム」という名前で国内の通販や店舗で販売されているものは、本種ではなく、東南アジアのタイで作出されたアデニウムの交配種群である商品名(流通名)「Thai Socotranum タイ・ソコトラヌム」だからです。
 本来、そのアデニウム雑種は、商品名(流通名)であるところの「タイ・ソコトラヌム」と表示すべきものでありますが、市場で略されて「ソコトラヌム」と表記された結果、無知なショップや人たちによって、ソコトラに自生している訳でもないアデニウム交配種がアデニウム・ソコトラヌムになってしまいました。
 ちなみに、タイ・ソコトラヌムは、アデニウム・オベスム、同アラビクム、そして本物のソコトラヌムの血統が入った交配種と考えられます。こちらの交配種は、交配種らしくかなり強健な植物なので、栽培は普通のアデニウムと同様に扱えばいいでしょう。

【本物のソコトラヌムの葉の特徴】

○葉長は4cmから成木では15cmに達する。
○葉は倒卵形で先端はほんの少し突起する。
○葉色は濃緑。葉脈は主脈、側脈とも白く目立ち、日射量によりややピンクがかる

【ソコトラヌムの性質と栽培】

 ソコトラヌムの栽培は、他のアデニウムと大差はないため、栽培については準じていいと思われます。
 ただ、オベスムやアラビクム等のアデニウムと比べて、ソコトラヌムは、成長期の初め(初夏)に、数枚の葉を展開するのみで、そのまま伸長するでもなく成長期を過ごして、落葉休眠期を迎えます。この毎年の繰り返しなので、他のアデニウムと比べて成長はかなり遅い植物といっていいでしょう。

 初夏に新葉を展開して、不思議なことに秋にも新葉が出ることがあるようで、これはなぜかとつらつら考えるに、自生地では春秋の2回(やや降水量の多い時期に)成長期があるのではないかと推測しています。
 この秋の成長期?を施設内で延長したところ。何枚か葉が展開してきています。ある程度展開して成長が止まるのか、成長が継続するのか見ものですね。


カンラン科ボスウェリア属 Boswellia

ボスウェリア属は、東アフリカとインドに分布し、古代から香料として有名な「乳香」を採取する植物を含む属で、35種程度があります。そのうち、ソコトラには7種があります。
*乳香採取に主に用いられるのは、アフリカ大陸、アラビア半島、インド原産のBoswellia sacra(アラビア半島)、Boswellia frereana(ソマリア)、Boswellia papyrifera(エチオピア〜スーダン)、Boswellia serrata(インド、パキスタン)

ボスウェリア・エロンガタ Boswellia elongata
2015.1.11 剪定後の芽
ボスウェリア・エロンガタ Boswellia elongata
2015.1.11 剪定枝の挿木苗

ボスウェリア・エロンガタ Boswellia elongata
2014.11.29 育成灯に頭がぶつかりそうだから剪定

ボスウェリア・エロンガタ Boswellia elongata
2014.11.29

ボスウェリア・エロンガタ Boswellia elongata
2014.11.22 ぐんぐん成長中
ボスウェリア・エロンガタ Boswellia elongata
2014.11.22

ボスウェリア・エロンガタ Boswellia elongata
2014.10.11 萌芽の始まり
ボスウェリア・エロンガタ
Boswellia elongata


 葉は針状で鋸歯や葉の模様がおもしろい植物です。
 ぼつぼつとマニアに栽培されているようですが、我が国では元気よく伸びているというところをあまり見たことがなく、しょぼしょぼと葉が数枚出て終わりといった感じのようです。
 最低温度20℃を保つとぐんぐん成長するので、なかなか楽しいものです。

ボスウェリア・エロンガタ Boswellia elongata

 右の写真は、当該株の幹の部分です。
 この株は某ドイツのナーセリーから来たものですが、幹を見ると当該株の経過が分かります。
 一番下の地際のやや膨らんだ部分は胚軸で子葉の茎であった部分です。Aは、発芽後伸びた部分で、節間を見るとかなりの勢いで伸びていることがわかります。Bは環境が変わったか何かで成長がやや緩慢になっていて、Cはうちでの成長部分です。おそらく、うちに着た時点では実生2〜3年くらいの株と推測できます。AとBとの成長振りにかなりの差があるので、いろいろ憶測できて楽しいですね。
 話は戻りますが、Aのところの成長振りがかなりいい。この成長振りを実現するのが目標です。ナーセリーにできてうちでできない訳がないというところですね。
 C部分、うちで成長した部分ですが、やや徒長気味かと思いきやAの部分と節間は変わらないので、まあ、(自己)満足です。
 課題は、成長速いので育成灯にぶつかりそうなところです。


ボスウェリア・ナナ Boswellia nana
2015.5.26、成長期(逆転)が終わるころに咲いた花
ボスウェリア・ナナ Boswellia nana
2014.12.16

ボスウェリア・ナナ Boswellia nana
2014.11.29

ボスウェリア・ナナ Boswellia nana
2014.10.11 萌芽の始まり
ボスウェリア・ナナ
Boswellia nana


 ソコトラのボスウェリアの中ではもっとも普及しているものといっていいでしょう。Twitterのフォロワーさんを見るとかなり多くの人が栽培しているようです。ナナを持っていないとマニアじゃないよ、てな感じです。
 ナナは、確かに葉は夏に数枚(一芽に)展開しますが、それだけでせいぜい茎が数mm程度伸びるだけで、ぐいぐい成長してくれなさそうです。導入してすぐは、根張りが弱いためか葉の展開もかなり遅く、数か月かかってやっと展開するという感じです。

ボスウェリア・エロンガタ Boswellia elongata

 右の写真は、当該株の幹の部分です。
 この株は某ドイツのナーセリーから来たものですが、幹を見ると当該株の経過が分かります。
 一番下の地際のやや膨らんだ部分は胚軸で子葉の茎であった部分です。Aは発芽後伸びた部分、Bは、おそらく1年間(というか1成長期)で伸びた部分ですがかなりの勢いで伸びていることがわかります。
 このBのところの成長振りがかなりいい。この成長振りを実現するのが目標です。
 写真のものは、まだ十分葉が展開していませんが、やっと成長はじめた状況です。


ボスウェリア・ディオスコリディス Boswellia dioscoridis
2015.01.21 萌芽はじめ。萌芽数、位置ともいいのでよくなりそう

ボスウェリア・ディオスコリディス Boswellia dioscoridis
2015.01.11 思いっ切り剪定。これは反応が遅い植物なんで萌芽まで時間かかりそう

ボスウェリア・ディオスコリディス Boswellia dioscoridis
2014.11.22

ボスウェリア・ディオスコリディス Boswellia dioscoridis
2014.11.22
ボスウェリア・ディオスコリディス
Boswellia dioscoridis


 大陸のネグレクタ Boswellia neglectaによく似た葉を付けるソコトラのボスウェリア。
 かなり栽培しやすく、普通の多肉植物栽培場でも、7〜9月は意外に成長します。
 その後、涼しくなってきて成長が止まったところで、この栽培室に移しました。それからの成長がなかなか始まりません。一旦休眠に入りかけるとなかなか再開してくれませんね。
 11月も終わりかける頃、やっと成長がはじまりました。


 

 
『ぱんさのサボテンランド』に戻る
Return