ぱんさのサボテンランド/栽培種プロフィール

多肉植物
−アガベ科、ユリ科等−
 
 
◆◆アガベ科(キジカクシ科)◆◆

ぱんさとともに苦節(?)の30年を過ごしてきた植物にSweet30メダルを贈ります。 龍舌蘭(りゅうぜつらん)
Agave americana var. marginata

アガベ科アガベ属

 黄色の覆輪の斑入りがあるものを「龍舌蘭」といい、斑入りのないものを「青の龍舌蘭(アオノリュウゼツラン)」という。その昔、斑入りの龍舌蘭が先に日本に入ってきたためである。
 寒さにも強く露地植えが可能であるが、はっきりいって、塀に囲まれた大庭園でなければ、露地植えはしない方がよい。とにかく巨大化するので、近所迷惑でとても後悔する。
 私も後悔して、すでに写真の株は抜いており、子株を少しだけ鉢植えで残している。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):


冬:雪の中のアガベ・ディフォルミス

露地植え時代の姿。

ぱんさとともに苦節(?)の30年を過ごしてきた植物にSweet30メダルを贈ります。 アガベ・ディフォルミス
Agave difformis

アガベ科アガベ属

 寒さにも強く思い切って露地植えにしたら、手が付けられない状態になってしまった。
 今は、抜いて、写真の株だけを鉢植えで育てている。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

 


冬:雪の中の吉祥天

吉祥天(きっしょうてん) 
吉祥冠(きっしょうかん)
Agave parryi

アガベ科アガベ属

 寒さに強く露地植えにしている。いくらなんでもリュウゼツランほど大きくはならないと思っているが。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

アガベ・パリー・ミニマ
Agave parryi 'Minima'

アガベ科アガベ属

 露地植えにしている。
 「吉祥冠」の小型タイプ。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

ナンバーワン
Agave titanota

アガベ科アガベ属

 それほど寒さには強くないらしいが−3℃くらいまでいけるらしい。
 ハウス内地植えにしている。どのくらいまで大きくなるのだろうと楽しみ。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

吹上
Agave stricta

アガベ科アガベ属

 露地植えにしている。
 多分、大型になるやつ。スーパーの園芸コーナーで68円。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

滝の白糸
Agave filifera ssp. schidigera

アガベ科アガベ属

 露地植えにしている。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

乱れ雪
Agave filifera

アガベ科アガベ属

 露地植えにしている。
 多分、大型になるやつ。スーパーの園芸コーナーで68円。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

アガベ・スカブラ
Agave scabra

アガベ科アガベ属

 大型で寒さにも強いアガベ。やめてきゃいいのに露地植え。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

ぱんさとともに苦節(?)の30年を過ごしてきた植物にSweet30メダルを贈ります。 徳利蘭(とっくりらん)
Beaucarnea recurvata

アガベ科ボウカルネア属

冬に水を切る以外は、観葉植物と同じ。
樹高45cmに仕立てて抑えている。盆栽といってもいい。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

 
◆◆アロエ科(ツルボラン科)◆◆

ハオルチアにはまったく興味がなく、大昔の入手株を維持しているだけです。

ぱんさとともに苦節(?)の30年を過ごしてきた植物にSweet30メダルを贈ります。 玉扇(たまおうぎ)
Haworthia truncata

アロエ科ハオルチア属

入手後 経ても大きさはあまり変わらない。1本だったのが仔吹きして2本になったくらい。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):


ぱんさとともに苦節(?)の30年を過ごしてきた植物にSweet30メダルを贈ります。 綾衣絵巻(あやぎぬえまき)
Haworthia setata

アロエ科ハオルチア属

入手後 、幾度もの艱難を乗り越えて生きる。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):


ぱんさとともに苦節(?)の30年を過ごしてきた植物にSweet30メダルを贈ります。 コンフーサ
Haworthia tenera var. confusaa

アロエ科ハオルチア属

入手後 、幾度もの艱難を乗り越えて生きる。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

 
◆◆ユリ科(キジカクシ科)◆◆

レデボウリア・ソシアリス
豹紋(ひょうもん)
Ledebouria socialis

ユリ科レデボウリア属

温室内地植え、サボテン類の下草。
古くは、シーラ・ビオラセア Scilla violaceaと呼ばれていたもの。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

 
◆◆アナナス科◆◆

プヤ・sp
Puya sp.

アナナス科プヤ属

温室内地植え。
買った他の植物の実生苗のポットから生えてきたもの。だから、プヤであることは分かるが、種名は分からない。

ぱんさと過ごした日々(栽培期間):

 

 
『ぱんさのサボテンランド』に戻る
Return