ぱんさのサボテンランド/栽培種プロフィール

多肉植物
−ブドウ科−
 
 
◆◆ブドウ科◆◆

ブドウ科多肉植物の内、マダガスカル原産のものは、マダガスカル分園にまとめています。

Cissus キッスス(シッサス)属
翡翠閣(ヒスイカク) Cissus cactiformis

翡翠閣(ヒスイカク) Cissus cactiformis

新梢
翡翠閣(ヒスイカク) Cissus cactiformis
花(ブドウそのもの)
翡翠閣(ヒスイカク) Cissus cactiformis
果実
翡翠閣(ひすいかく)
Cissus cactiformis

ブドウ科シッサス属 原産:東南アフリカからインド

寒さに弱い以外は、成長期は屋外で管理できるなど強健であるが、あまり流通しないのは、枝が折れやすいなどの欠点があるためである。寒さに弱いといっても、水を切れば室内の出窓で耐える。ただし、先端に近い節は枯れる。
近縁種に、Cissus quadrangularis(碧水閣)がある。Cissus quadrangularis は、同じく茎の断面は四角であるが、稜がうねらず、ずんぐりした感じになる。翡翠閣をCissus quadrangularisといっているサイトもあるので注意。


シッサス・チュベローサ Cissus tuberosa

シッサス・チュベローサ Cissus tuberosa

シッサス・チュベローサ
Cissus tuberosa
Cissus tiliacea
Cissus mexicana


ブドウ科シッサス属 原産:メキシコ

温室内地植え
昔は、シッサス・メキシカーナ(Cissus mexicana)と呼ばれていた。
つるを伸ばしに伸ばすし、枝から気根を伸ばすし、放置するとしまつにおえなくなる。
冬季は完全断水で1.5℃に耐える。



Cyphostemma キフォステンマ属
キフォステンマ・セイチアヌム Cyphostemma seitzianum

キフォステンマ・セイチアヌム Cyphostemma seitzianum

キフォステンマ・セイチアヌム
Cyphostemma seitzianum


ブドウ科キフォステンマ属 原産:アフリカのナミビア

「Cyphostemma bainesii」の高山型とされる。


キフォステンマ・アデノカウレ Cyphostemma adenocaule

キフォステンマ・アデノカウレ
Cyphostemma adenocaule


ブドウ科キフォステンマ属 原産:熱帯アフリカのサバンナ地域


 
多肉植物の内、マダガスカル原産のものは、マダガスカル分園にまとめています。  


 
『ぱんさのサボテンランド』に戻る
Return