ぱんさのサボテンランド/栽培種プロフィール

柱サボテン種類
 
 柱サボテン(Columnar Cactus)の魅力は、野性味、壮大さ、強健さにあると言えます。自生地にある柱サボテンの林立や叢生を見て感動しない人はいないでしょう。
 戦後、多くの柱サボテンがわが国に導入されましたが、こじんまりとした種類がもてはやされることから、普及種を除いて入手が難しくなってしまいました。嘆かわしいことに、名無しや誤名で流通していることが多くあり、すでに名前が分からなくなってしまったものも多く、サボテン専門ショップでも、大型の柱サボテンは数種類程度扱っていればいい方でしょう。
 このページでは、ぱんさのところにある少しばかりの栽培種を紹介します。
 なお、柱サボテンは、耐寒性があるように思われていますが、それは一部であって、メキシコ〜中米原産の柱サボテンはそんなに寒さに強いわけではなく、一般的なサボテン並みです。耐寒性があるのは、南米ペルー等の山岳地帯やチリ、アルゼンチンを原産とする一部の種類と考えてもらっていいでしょう。
 柱サボテンの魅力はガッチリとした体躯にありますので、栽培のポイントは徒長させないことに尽きます。新しく成長した部分が、それまでよりもひょろひょろと細くなってしまったのでは失敗作以外の何物でもありません。成長期には、十分すぎるくらいに日光に当て、灌水や追肥も十分に与え育てる必要があります。

 柱サボテンの分類についてまとめたページはこちら 柱サボテンの分類
 柱サボテンの普及種の種類についてまとめたページはこちら 柱サボテン普及種・種類

 

北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  
南米大陸原産柱サボテン−1−
Cereus ケレウス属
Cleistocactus クレイストカクツス属
Cipocereus キポケレウス属
Coleocephalocereus コレオセファロケレウス属 (旧:Buiningia ブイニンギア属)
Browningia ブロウニンギア属
Armatocereus アルマトケレウス属
Harrisia ハリシア属 (旧:Eriocereus エリオケレウス属)
Cereus ケレウス属





ぱんさとともに苦節(?)の10年を過ごしてきた植物にSweet10メダルを贈ります。 鬼面角(きめんかく)
(誤字)鬼面閣
Cereus hildmannianus
=Cereus peruvianus
ブラジル南東部からアルゼンチン原産

 東京以南なら、露地植え可能。ただ、露地植えは、時の寒波で枯死する場合があるので、注意。
 かなり大きくならないと花は咲かないが、老成すると、1年に数度夜にでっかい花が数輪咲く。
 特にナメクジが好むようで、成長点付近を齧られる。露地植えの場合は注意が必要。
 なお、サボテンについて無知な初心者は鬼面「閣」と誤って表記することがあるが、これは誤り。鬼面「角」が正しい。




 本種には人間のご都合に合わせた、刺座だけあって刺のない園芸品種「トゲなし鬼面角/ヌーダム(Cereus hildmannianus cv. nuda)」も見られる。
 石化種として「岩石獅子(がんせきじし)・岩石柱(がんせきちゅう)Cereus hildmannianus f. monstruosus」とよばれる、稜のゴツゴツしたものも普及している。

 似た種類に「ヤマカル柱(Cereus jamacaru=Cereus laetevirens、ブラジル原産)」がある。ヤマカル柱として流通しているものは、ほとんど本種。ヤマカル柱の本物は、あまりみない。




緑翼柱(りょくよくちゅう)
ウルグアイ鬼面角(うるぐあいきめんかく)
Cereus hildmannianus ssp. uruguayanus
=Cereus uruguayanus
=Cereus alacriportanus
ウルグアイ原産(おそらくブラジル南部、パラグアイにも分布)

 鬼面角のやや姿の異なる亜種。鬼面角より長刺になる。
 「緑翼柱」はシノニムであるCereus alacriportanusの和名。緑翼というと南米の美麗鳥ケツァル(Quetzal)を思い起す。
 Cereus alacriportanusには、「パラグアイ柱」という古い古い和名(たぶんだれも使わない。)もある。



岩石緑翼柱(がんせきりょくよくちゅう)
ウルグアイ岩石柱(うるぐあいがんせきちゅう)
Cereus hildmannianus ssp. uruguayanus f. monstrosus
ウルグアイ原産(おそらくブラジル南部、パラグアイにも分布)

 Cereus hildmannianus ssp. uruguayanusの稜崩れ石化タイプ。
 Cereus hildmannianus(鬼面閣)の稜崩れ石化タイプは「岩石柱」「岩石獅子」で、これは、そのuruguayanus版。





(仮称)ナイトクイーン
Cereus sp.

 外観は「鬼面角」に非常によく似ているが、花は異なる。花の違いは、前述の「鬼面角」の花の写真とこの花を見比べれば分かると思う。こちらの方は、花弁の幅が目立って狭い。花の形だけを見ると「Cereus chalybaeus」によく似ているが、外観はかなり異なる。種類がはっきりしないので「Cereus sp.」で「ナイトクイーン」を仮称する。
 非常に花着きよく、高さ50cm程度でも毎年花を咲かせる。夜咲き。夏の夜の楽しみである。




ヤマカル柱
Cereus jamacaru
=Cereus laetevirens
ブラジル・ミナスゼライス原産

 鬼面角に似るが、肌色は明るく、刺は黄褐色で発達する。刺の数は最低でも8本、成株はさらに多い。
 一般的にヤマカル柱と呼ばれるのは、本種ではなく前述の鬼面角がほとんど。
 自生地から考えるに、鬼面角ほどの耐寒性はないだろう。
 




フェアリーキャッスル(Fairy Castle)
電磁波吸収(でんじはきゅうしゅう)サボテンセレウス
Cereus 'Fairy Castle'

 電子機器等から発生する電磁波を効果的に吸収するかについては非常に怪しげだが、商業的ご都合主義で「電磁波吸収サボテンセレウス」と呼ばれているサボテン。海外では、チャーミングに「フェアリーキャッスル(Fairy Castle、妖精のお城)」、あるいは「テトラゴヌス(Tetragonus)」と呼ばれている。
 この小型のゴチャゴチャしたサボテンは、ケレウス属の「何か」が幼形のまま留まり、やたら仔吹きするタイプの石化種であり、原種は「セレウス・ペルビアヌス」とか「ヤマカル柱」とかの説明がいろいろなサイトで見られるが、はっきりしていない。
 ケレウス属の幼形は、どれも似たようなものなので、永遠に幼形のまま留まるこの種の原種を形状だけで確かめようがない。偶然、先祖返りするかDNAを見れば分かるかもしれないが。
 このため、推定される原種は、
 ○神代/連城角 Cereus fernambucensis(=Cereus variabilis/=Cereus neotetragonus)
 ○鬼面角 Cereus hildmannianus(=Cereus peruvianus)
 ○ヤマカル柱 Cereus jamacaru(=Cereus laetevirens)
 の考え方がある。
 学名を書く必要があるのであれば「Cereus 'Fairy Castle'」にするしかない。
 英名は「Tetragonus」でも、間違っても「Cereus tetragonus」としないようにしましょう。「Cereus tetragonus」は、とても古い古い時代、すべての柱サボテンがケレウス属にぶち込まれていた時代に、あるサボテンについた学名で、現在ではこのサボテンは「Acanthocereus tetragonus」になっており本種とはなんの関係もない。

Cleistocactus クレイストカクツス属
白閃(はくせん)
Cleistocactus strausii
ボリビア〜アルゼンチン原産

 吹雪柱と比べて刺が純白という印象。
 古くからの普及種だが、対照学名がはっきりしない。古い文献では、「吹雪柱」は「Cleistocactus strausii」で、「優吹雪柱」と呼ばれるものは「Cleistocactus jujuyensis」、「白閃」は「Cleistocactus hyalacanthus」という対照学名、「Cleistocactus hyalacanthus=Cleistocactus jujuyensis」となったので、「白閃=優吹雪柱」ということになるのだが・・・。本当にこの「白閃」と呼ばれるものが、「Cleistocactus hyalacanthus(=Cleistocactus jujuyensis)」なのか非常に怪しい。ひょっとしたら、吹雪柱の対照学名である「Cleistocactus strausii」の方がこの「白閃」なのかもしれない(そして、吹雪柱は「Cleistocactus hyalacanthus」の方)。ここでは、「白閃=Cleistocactus strausii」とした。
 この種は、見た目は刺が柔らかそうであるが、細い鋭い刺を持ち、油断すると刺されてそのまま皮膚に残ってしまう。触らなければならない場合には注意すること。


ヒアラカンツス
吹雪柱(ふぶきちゅう)
Cleistocactus hyalacanthus
ボリビア〜アルゼンチン原産

 白閃と比べて刺に色味がある。この色味は、栽培環境により強く出たりあまり出なかったり。
 対照学名については、白閃を参照。本種は「Cleistocactus hyalacanthus」であるが、在来の「吹雪柱」と同じものかどうかに疑問はあるが、対象和名を「吹雪柱」とした。


金玉兎(きんぎょくと)
Cleistocactus icosagonus
=Seticereus icosagonus
エクアドル南部〜ペルー北部原産

 多稜に黄色の刺を持つ。刺は長くなく揃っているので、短髪オヤジの頭を連想させる雰囲気。直径は、40〜50mm。
 昔はセチセレウス属であったが、現在はクレイストカクタス属になっている。


黄金紐(おうごんちゅう、おうごんひも)
誤称:黄金柱(おうごんちゅう)
Cleistocactus winteri
=Winterocereus aureispinus
=Hildewintera colademononis
=Hildewintera aureispinus
=(誤記)Hildewinteria colademononis
アルゼンチン〜ウルグアイ原産

 英名は「Golden Rat Tail(黄金のネズミの尻尾)」。
 細身の体に多稜、黄色の刺を持つ。初めは立つが、次第に匍匐する。直径は、10〜20mm程度。
 小型で見た目もよいので、寄せ植えのアクセントに入れられることがある。そのまま育つかどうかは、微妙。
 そもそも「黄金紐」が正しいが、「紐(ひも/ちゅう)」の読みが誤記されて「黄金柱」となって流通することが多い。
 昔はウインテロカクタス属、ヒルデウインテラ属であったが、現在はクレイストカクタス属になっている。

 この種に縁もゆかりもないまったくの別種に「黄金竜 Pilosocereus chrysostele」というサボテンがある。その「黄金竜」の別名は「黄金柱」のため、ショップによっては、この「黄金紐」を「黄金柱」と表記し、その上に、黄金竜の「Pilosocereus chrysostele」の学名を当てるという二重の間違いをしているときがある。本当の「黄金柱/黄金竜」については上のタブから「南米大陸原産-2-」を参照のこと。




サマイパタヌス/サマイパタナス
Cleistocactus samaipatanus
=Akersia roseiflora
=Bolivicereus croceus
=Bolivicereus samaipatanus
=Borzicactus roseiflorus
ボリビア、ペルー原産

 細身の体に多稜、黄色の刺を持つ。初めは立つが、次第に匍匐する。直径は、10〜20mm程度。
 花色は、濃い赤からピンクまでかなりの幅がある。


Cleistocactus Hybrid クレイストカクツス交配種
Cleistocactus winteri、Cleistocactus samaipatanusをベースとし、花の美しさを追求した交配種
アメジスト
Cleistocactus 'amethyst'
人工交配種

 母種と比較するとやや太めの体。
 花色は、外弁は朱色、内弁は赤紫色の美花。


アルファ
Cleistocactus 'Alpha'
人工交配種

 母種と比較するとやや太めの体に短刺を持つ。
 花色は、クリームオレンジ。花弁は全開し美しい。



Cipocereus キポケレウス属
キポセレウス・ブラデイ
Cipocereus bradei
ブラジル・ミナスゼライス原産

 粉のふいたような青磁の肌、丸い稜、チョコレート色の刺、ユニークな柱サボテン。
 ブラジル東南部は、ユーベルマニア等一部のサボテンの産地であるが、特殊な環境で、酸性の土壌を好む。


キポセレウス・ミネンシス
Cipocereus minensis
ブラジル・ミナスゼライス原産

 茎ははじめ立ち上がり、成長に伴い倒れる。
 ブラジル東南部は、ユーベルマニア等一部のサボテンの産地であるが、特殊な環境で、酸性の土壌を好む。



Coleocephalocereus コレオセファロケレウス属
旧:Buiningia ブイニンギア属
コレオセファロケレウス・アウレウス
ブイニンギア・アウレア
Coleocephalocereus aureus
=Buiningia aurea
ブラジル・ミナスゼライス原産

 金の細長刺が体を包み美しい。開花年齢に達すると、まるで刺が混じったクリームを成長点から垂らしたような奇妙な花座を作る。
 流通名は「ブイニンギア・アウレア」であることが多いが、これは旧称。現在の学名は「コレオセファロケレウス・アウレウス(Coleocephalocereus aureus)」。
 ミナスゼライス産であり、その例に漏れず酸性に向けた用土、低温に晒さない事などが必要。



Browningia ブロウニンギア属
仏塔(ぶっとう)
仏頭(ぶっとう)
Browningia hertlingianus
=Azureoocereus hertlingianus
ペルー・ワンカヨ原産

 青磁の肌に、やや疣状の稜、褐色〜金茶色の鋭い刺をもつ非常に美しい柱サボテン。
 ブロウニンギア属に入れる場合も、乾果をもつことからアズレオセレウス属に入れる場合もある。
 そもそも「仏塔」が正しく、「仏頭」は誤記が定着したもの。
 嘆かわしいことに、アズレウス柱やその近縁のマグニフィカスが「仏塔」として誤名で流通することがあり注意が必要。アズレウス柱とはなんの関係もない。


ブロウニンギア・キャンデラリス
群蛇柱(ぐんじゃちゅう)
Browningia candelaris
ペルー南部からチリ北部の標高2,000〜3,000m原産

 地上絵で有名なナスカ高原等アンデス西部の非常に乾燥した高地に原産し、成木は知る人ぞ知る特異な容姿をもつ柱サボテン。自生地の写真については、こちらを参照。



Armatocereus アルマトセレウス属


新梢

アルマトセレウス・マツカネンシス
摩天楼(まてんろう)
Armatocereus matucanensis
=Armatocereus arboreus
南部エクアドル、ペルー原産

 成木はウチワサボテンのように茎節をつくり、ソーセージをつなげたような形となる。
 刺はかなり長くなり荒々しい。


アルマトセレウス・ゴディンギアヌス
Armatocereus godingianus
エクアドルのリオ・チャンチャン原産

 成木はウチワサボテンのように茎節をつくり、ソーセージをつなげたような形となる。
 「アルマトセレウス・マツカネンシス」に似るが、トゲの雰囲気が異なる。



Harrisia ハリシア属
Eriocereus エリオケレウス属
三稜袖

三稜袖

三稜袖

三稜袖
果実
三稜袖
食べても美味くありませんw
ジョーク写真です
三稜袖
幼苗の頃は5稜で後に3稜前後となる。
三稜袖(さんりょうそで)
三角袖(さんかくそで)
(誤称)三稜柱(さんりょうちゅう)
Harrisia sp.
=Eriocereus sp.

 あるニーズのために普及し、そもそもこれが何だかわからなくなってしまった柱サボテン。
 このサボテン、近年になって台木としてのニーズが非常に多くなり普及した。おそらく「袖ケ浦」より生産性(成長、繁殖力)が高く、「三角柱」ほども寒さに弱くないからであろう。
 消費者の好感度?をアップさせるため、よく知られたポピュラーな名称を商品名に持ち込むということは、世間ではままあることであるが、この植物も、台木として有名な「袖ケ浦」の1文字を取り込み、「三稜袖」「三角袖」として普及してしまった。
 その後、「袖」が付くと誤解をまねくということで、これを「三稜柱」と呼ぶようになってきたのだが・・・

 一方「三稜柱」というものがどういうものかというと、「三稜柱」は学名「Weberocereus tonduzii(古くは、Werckleocereus tonduzii)」に対照される植物である。本当の「三稜柱」は、森林性サボテンであって、本種とは何の関係もない(本当の「三稜柱」を見たい場合は、上のタブの「森林性紐」の「Weberocereus ウェベロケレウス属」を参照されたい。)。どうしても「三稜柱」とよぶのであれば「新三稜柱」というべきだろう。

 このサボテンの正体が何かと考えると、幼苗の形、果実の形(鱗片葉を有する)から推測するに、ハリシア属かそれに近縁の植物が元になっているのでないかと、私は思う。
 海外の報告では「臥龍(Harrisia pomanensis)」の実生苗として、このサボテンに非常に近い短刺のものがあるそうなので、ひょっとしたら、「袖ケ浦」と同様に、「臥龍(Harrisia pomanensis)」の血統が入った植物なのではないかと思う。ただ、開花した花の形を見ると「臥龍」のそれとはやや違う。結果的に、「袖ヶ浦(Harrisia 'Jusbertii')」が片親となったもののように思われるので「三稜袖」の名前の方が実態を表しているような気がする。
 3稜であるということがなかなかの曲者で、原種で3稜のサボテンはあまりない。あえて言うなら、Hylocereus属(三角柱、ドラゴンフルーツ等)、Weberocereus属(本当の三稜柱等)、Acanthocereus属(五稜閣等)等になる。なにかしら、ここらあたり、特にHylocereus属との属を越えた禁断の関係が想像される。
 以上のことから、とりあえず、この柱サボテンについては、「三稜袖」「三角袖」「(誤称)三稜柱」を連記し、学名「Harrisia sp.」とした。

 また、一部でこれとは異なった柱サボテンが「三稜袖」「三角袖」といった名称で出回る場合があり、そちらも同じように3稜(〜5稜)になるもので(ただし、薄稜で刺は鋭い。)、実際は、「五稜閣(Acanthocereus tetragonus)」あるいはその近縁種らしく、混乱の上に混乱を塗り重ねることになっている。

 このサボテン、さすが台木に使われるだけあって栽培は極めて容易、雨が降れば田んぼのようになってしまうところに植えても平気でモリモリ大きくなる。逆に痩せたガラガラの用土(サボテン多肉の土のような)ものだと、みすぼらしくしか育たない。また、自家受粉するので種子は容易に採取できる。
 ただ、袖ヶ浦ほども寒さに強くない(三角柱よりはよっぽど強いが)から、あまり酷く寒い場所では傷む可能性がある。
 果実は、ミニドラゴンフルーツといってもいい姿をしているが、食べてみると甘味はほとんどなく美味しくない。これで美味しかったら、花付きよく花がキレイで、実成りもよく、ドラゴンフルーツよりは寒さに強いので家庭果樹の花形になるかもしれない。



以上で登場した「Weberocereus tonduzii」、「Harrisia pomanensis」、「Acanthocereus tetragonus」の特徴を以下に載せておく。

【Weberocereus tonduzii 三稜柱】
 着生するサボテン。登攀したり垂れ下る。灰色がかった緑の茎は4mに達し、直径は1.5〜5cmで気根を生じる。2〜3稜、ときおり歯や切れ込みをもつ。
 小さな羊毛の刺座には、刺を欠くか1本〜2本の小さな刺をもち、刺の長さは2mm
 花は、夜咲きで黄色、外花弁は茶色がかったピンク。

【Harrisia pomanensis 臥龍】
 ほとんど直立、茎は3mに立ち上がり、直径6cm、3〜6稜。中刺は無いか、1本、まれに2本。3〜8本の側刺。
 白い花、緑がかった外花弁、長さ15cm。

【Acanthocereus tetragonus 五稜閣】
 地を這うあるいは何かにもたれかかるサボテン。ときおり柱状、低木。古い茎の断面は丸く、長さ6mに達し3〜5稜。
 刺座は2.5cm程度離れて付き、暗い灰色の刺で1本以上の中刺と6〜8本の側刺がある。
 羊毛をもった花の外側は明るい緑色。内側は、紫がかったクリーム色。夏の終わりの夜に咲く。花後、直系2.5cm程度の赤色の果実が着く。



袖ケ浦
Harrisia 'Jusbertii'
=Eriocereus 'Jusbertii'
交配種

 柱サボテンというよりも、接木に用いる優れた台木として知られている。袖ケ浦に接ぐと、穂木は花付きよく刺の発生もよく、かつ永久台木になるというので、台木といえば袖ケ浦が最上とされる。ただ、接ぎ面が黒変しやすいのが欠点で、台木をあらかじめ乾かしておく、あるいは揚げ接ぎをするなどが必要となる。40、50年前に伊藤芳夫氏が盛んに使用し、その推奨もあって、広く利用されるようになった。
 この種の起源は、ハリシア属の「臥龍(Harrisia pomanensis)」とエキノプシス属の何かの人工交配種、あるいは自然交配種と言われるが、よく分かっていない。つまり、原産地も不明である。伊藤芳夫氏の著書によると、フランスの一僧院で作出されたとの記述(伊藤芳夫著「サボテンの栽培と鑑賞」昭和47年p.467)が見られるが、本当かどうかわからない。
 袖ヶ浦は、多くのサボテンと同様、自家受粉はしないし、流通するほとんどはクローンなので受粉は成功しない。袖ヶ浦の種子を採りたい場合は、エキノプシス属の花盛丸の花粉を受粉させる。その種子から生まれるものは、袖ヶ浦のクローンとなると言われている(アポミクシス?)。
 なお、「袖ヶ浦実生苗」として流通するものには偽物もあり、育ててみると「三稜袖」だったりすることもある。信用のおける業者で購入するべきであろう。
 鑑賞用の柱サボテンとして見たときは、強健でにょろにょろよく育ち、夜開性の花も美しい。ただし、ある程度の高さになると自立しないので、支柱か何かに登攀させる。



北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  

 
『ぱんさのサボテンランド』に戻る
Return

Wild Cacti