ぱんさのサボテンランド/栽培種プロフィール

柱サボテン種類
 
 柱サボテン(Columnar Cactus)の魅力は、野性味、壮大さ、強健さにあると言えます。自生地にある柱サボテンの林立や叢生を見て感動しない人はいないでしょう。
 戦後、多くの柱サボテンがわが国に導入されましたが、こじんまりとした種類がもてはやされることから、普及種を除いて入手が難しくなってしまいました。嘆かわしいことに、名無しや誤名で流通していることが多くあり、すでに名前が分からなくなってしまったものも多く、サボテン専門ショップでも、大型の柱サボテンは数種類程度扱っていればいい方でしょう。
 このページでは、ぱんさのところにある少しばかりの栽培種を紹介します。
 なお、柱サボテンは、耐寒性があるように思われていますが、それは一部であって、メキシコ〜中米原産の柱サボテンはそんなに寒さに強いわけではなく、一般的なサボテン並みです。耐寒性があるのは、南米ペルー等の山岳地帯やチリ、アルゼンチンを原産とする一部の種類と考えてもらっていいでしょう。
 柱サボテンの魅力はガッチリとした体躯にありますので、栽培のポイントは徒長させないことに尽きます。新しく成長した部分が、それまでよりもひょろひょろと細くなってしまったのでは失敗作以外の何物でもありません。成長期には、十分すぎるくらいに日光に当て、灌水や追肥も十分に与え育てる必要があります。

 柱サボテンの分類についてまとめたページはこちら 柱サボテンの分類
 柱サボテンの普及種の種類についてまとめたページはこちら 柱サボテン普及種・種類

 

北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  
南米大陸原産柱サボテン−3−
Stetsonia ステトソニア属
Weberbauerocereus ウェベルバウエロケレウス属
Eulychnia ユーリキニア属
Corryocactus コルリオカクツス属
Neoraimondia ネオライモンディア属
Haageocereus ハアゲオケレウス属
Stephanocereus ステファノケレウス属
Micranthocereus ミクランソケレウス属
Arthrocereus アルトロケレウス属

Stetsonia ステトソニア属
近衛(このえ)
Stetsonia coryne
北西アルゼンチン原産

 「近衛柱」とも言う。粉のふいたような青磁の肌に、柱サボテン中1、2位を争う長刺の柱サボテン。刺の出始めは黒色で後に白くなるというコントラストが美しい。大きくなると更に危険性が増すので、栽培前によく考える方がよい。
 近衛の名は、学名の種小名「コリネ(coryne)」のもじり。
 成長は、他の柱サボテンと比較すると遅いが、玉サボテンよりはずっと速い。



Weberbauerocereus ウェベルバウエロケレウス属
金芒竜(きんぼうりゅう)
Weberbauerocereus johnsonii
ペルー原産

 金刺に包まれた、美しい柱サボテンで、比較的流通している。直径は25〜40mm程度。
 比較的強健。


ウェベルバウエロケレウス・ウェベルバウエリ
Weberbauerocereus weberbaueri
=Weberbauerocereus horridispinus
南部ペルー〜北部チリ原産

 薄金色の短刺が密生し美しい。成長は遅い。


金彩閣(きんさいかく)
Weberbauerocereus winterianus
北部ペルー、ラ・リベルタ原産

 金刺が密生する美しい柱サボテン。



Eulychnia ユーリキニア(エウリキニア、ユーリクニア)属
ユーリキニア・アキダ
鷹巣丸(たかのすまる)
壷花柱(こかちゅう)
彩鶴(さいかく)
Eulychnia acida
チリ原産

 いかにも痛そうな刺を密生する柱サボテン。
 ユーリキニア属のサボテンは全般的に気難しく、他の柱サボテンと同様に考えていると失敗しやすい。それは逆に言うと、チャレンジしがいがあるといえる。寒さには強いが、蒸し暑さに弱いので夏季の管理に注意する。最低気温15度以下の時期が成長期になる。





Eulychnia castanea cv. spiralis
ユーリキニア・カスタネア
恐怖閣(きょうふかく)
恐怖柱(きょうふちゅう)
Eulychnia castanea
=Philippicereus castaneus
チリ原産

 いかにも痛そうな刺を密生する柱サボテン。
 古くは「恐怖閣」「恐怖柱」というおどろおどろしい名があったが、現在は、この植物の流通もなく使われることもない。
 稜が螺旋を描く石化種「ユーリキニア・カスタネア・スピラリス Eulychnia castanea cv. spiralis」が存在する。
 ユーリキニア属のサボテンは、寒さには強いが、蒸し暑さに弱いので夏季の管理に注意する。本種は、ユーリキニア属の中でも栽培しやすい方。


ユーリキニア・イクイクエンシス
仁王門(におうもん)
砂漠柱(さばくちゅう)
圧天竜(あつてんりゅう)
Eulychnia iquiquensis
チリ原産

 刺座の灰褐色の羊毛に鋭い刺をもつ、渋く美しい柱サボテン。
 古くは「仁王門」「砂漠柱」という名があったが、現在は、この植物の流通もなく使われることもない。
 ユーリキニア属のサボテンの栽培については、Eulychnia acidaを参照。特にこの種は前2種と比較しても気難しい。
 最低気温が5℃程度の時期が成長期になる。



Corryocactus コルリオカクツス属

新緑閣(しんりょくかく)
コルリオカクツス・ブレビスティルス
Corryocactus brevistylus
ペルー南部からチリ北部原産

 コリオカクタス属は細柱が多いが、この種はがっちりとした体の大型の柱サボテンとなる。
 花は黄色で美しいが、かなり巨大にならないと咲かない。
 栽培は、やや気難しく、ユーリキニア・イクイクエンシスに準ずる。
 果実はペルーでは食用とされ、「Sanky」という美容と健康にいい?お飲み物もあるらしい。



Neoraimondia ネオライモンディア属
飛鳥閣(ひちょうかく・あすかかく)
Neoraimondia herzogiana
=Neocardenasia herzogiana
ボリビア原産

 流通しているものは実生の幼苗が多いが、本当はがっちりとした体の大型の柱サボテン。
 旧ネオカルデナシア属、現在はネオライモンディア属。
 「飛鳥閣」を何と読むのが正しいのか?「ひちょうかく」か「あすかかく」か?まったく別なサボテンに「飛鳥(Pediocactis peeblesianus)」というものがあり、これは一貫して「あすか」なのだが、「飛鳥閣」の方は、古い文献では「ひょうちょうかく」とふりがながあったりする。最近の文献では、索引の「あ」に入っていることから「あすかかく」という認識のようだ。
 「飛鳥(あすか)(Pediocactis peeblesianus)」の方は、近縁種に「斑鳩(いかるが)(Pediocactus peeblesianus ssp.fickeiseniae)」があるので、「あすか」と読むのはほぼ間違いない。「飛鳥閣」の方は・・・本当は「ひちょうかく」だったのかもしれない。


土星環(どせいかん)
土星冠(どせいかん)
大織冠(たいしょくかん)
Neoraimondia arequipensis
=Neoraimondia gigantea
ペルー原産

 「土星環/冠」という名がコスモティック&ロマンチックでなんともすばらしい。そもそも「土星の環」という言葉は存在するが、「土星冠」という言葉はない。古い文献では「土星環」となっているものもあるので、それがいつの間にか「土星冠」になったのかもしれない。今では「土星冠」が普通、とはいえほとんど流通しない柱サボテンである。
 がっちりとした体の大型の柱サボテン。8稜が普通らしい。
 昔は、「大織冠(Neoraimondia gigantea)」というものもあったが、「Neoraimondia arequipensis」のシノニムとなった。火星冠、金星冠という種類の記録があるが実態は不明である。


ネオライモンディア・ロセイフロラ
Neoraimondia arequipensis ssp. roseiflora
=Neoraimondia roseiflora
ペルー・ピスコ高原原産

 がっちりとした体の大型の柱サボテン。
 基本種との違いは、花がややピンクがかる。6稜というのも違っているように思う。



Haageocereus ハアゲオケレウス(ハーゲオセレウス)属
金焔柱(きんえんちゅう)
極煌柱(きょくこうちゅう)
彩煌柱(さいこうちゅう)
Haageocereus pseudomelanostele
=Haageocereus devaricatispinus
=Haageocereus chosicensis
=Haageocereus multangularis
=Haageocereus chrysacanthus
=Haageocereus pachystele
=Haageocereus setosus
=Haageocereus zehnderi
ペルー中部原産

 美しい柱サボテンとして、ハアゲオケレウス属の各種がある。自生地の成木は、風雪にさらされキレイとは程遠い姿であるが、栽培品はとても素晴らしい。このため、「金焔」とか「彩煌」とかいう過剰なくらいキランキランの和名が付いている。古くに付けられた名前なのであるが、今時なら中二病的アニメのキャラクタの名前か攻撃技の名前にしか思えない。
 「金焔柱」「極煌柱」は、Haageocereus chosicensisの和名、「彩煌柱」は、Haageocereus chrysacanthusの和名だが、ハアゲオケレウス属の整理が進んで併合されたので、関係和名を列挙した。



ハアゲオケレウス・オウレイスピヌス
Haageocereus pseudomelanostele ssp. aureispinus
=Haageocereus aureispinus
ペルー中部原産

 亜種名aureispinusは、黄金色の刺という意味だと思うが、基本種も黄金色ならこれも黄金色で区別できないキランキラン具合だ。



ハアゲオケレウス・カンタエンシス
Haageocereus cantaensis
ペルー中部原産

 



金煌柱(きんこうちゅう)
Haageocereus acranthus
=Haageocereus clavispinus
=Haageocereus zonatus
=Haageocereus pseudoacranthus
=Haageocereus limensis
ペルー中部原産

 



ハアゲオケレウス・サルモノイデス
Haageocereus salmonoides
ペルー中部原産

 細かい刺が密生する。



ハアゲオケレウス・オロウィンスキヤヌス
Haageocereus olowinskyanus
ペルー中部原産

 刺は、紫がかる褐色。小型種



Stephanocereus ステファノケレウス属
ステファノケレウス・レウコステレ
毛環翁(もうかんおう)
Stephanocereus leucostele
=Pilosocereus luetzelburgii
ブラジル・バイーア州原産

 1属1種。アロハドア属に近縁。かなり珍しい植物で、寒さに弱く気難しいとされている。
 自生地では単幹で細高くなり、アロハドア属の様に、頂部に偽花座を形成し、そこからまた伸び偽花座を形成するといった非常にユニークな形状になる。自生地の写真については、こちらを参照。


Micranthocereus ミクランソケレウス属
ミクランソケレウス・ストレケリ
Micranthocereus streckeri
ブラジル・バイーア州原産

 青みのある肌に、金色の刺を密生する柱サボテン。刺はやや曲り独特な雰囲気がある。  非常に美しい柱サボテンであるが、ほとんど栽培されていない。


Arthrocereus アルトロケレウス属
アルトロケレウス・ロンドニアヌス
Arthrocereus rondonianus
ブラジル・ミナスゼライス州原産

 肌は緑か薄緑で、金色の刺を密生する細身の柱サボテン。直立したり倒れたり群生し叢生となる。
 花は、夜開性で、外弁はモスグリーン、内弁はピンク、花径は5cm、素晴らしい香りをもつ。原種のサボテンの中では最も美しい花と言える。夜開性の花は、白がほとんどで、本種のような色があるものは珍しい。仕事が忙しくて、昼間に咲く多くのサボテンの花が見られなくて悔しい思いをしている人向き。
 海外では非常に有名な柱サボテンであるが、我が国ではほとんど栽培されていない。
 栽培的には特に難しくはない。本種を咲かせるためにはコツが必要で、大きめのポットを使い、肥沃な用土を用いる。小鉢を用いたり、一般的な痩せたサボテンの用土ではいつまで経っても咲かない。自然に群生させて、だいたい茎が60〜70cm位になると花を付け始め、上手く栽培できれば、写真のように群花する。

 
北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  

 
『ぱんさのサボテンランド』に戻る
Return

Wild Cacti