ぱんさのサボテンランド/栽培種プロフィール

柱サボテン種類
 
 柱サボテン(Columnar Cactus)の魅力は、野性味、壮大さ、強健さにあると言えます。自生地にある柱サボテンの林立や叢生を見て感動しない人はいないでしょう。
 戦後、多くの柱サボテンがわが国に導入されましたが、こじんまりとした種類がもてはやされることから、普及種を除いて入手が難しくなってしまいました。嘆かわしいことに、名無しや誤名で流通していることが多くあり、すでに名前が分からなくなってしまったものも多く、サボテン専門ショップでも、大型の柱サボテンは数種類程度扱っていればいい方でしょう。
 このページでは、ぱんさのところにある少しばかりの栽培種を紹介します。
 なお、柱サボテンは、耐寒性があるように思われていますが、それは一部であって、メキシコ〜中米原産の柱サボテンはそんなに寒さに強いわけではなく、一般的なサボテン並みです。耐寒性があるのは、南米ペルー等の山岳地帯やチリ、アルゼンチンを原産とする一部の種類と考えてもらっていいでしょう。
 柱サボテンの魅力はガッチリとした体躯にありますので、栽培のポイントは徒長させないことに尽きます。新しく成長した部分が、それまでよりもひょろひょろと細くなってしまったのでは失敗作以外の何物でもありません。成長期には、十分すぎるくらいに日光に当て、灌水や追肥も十分に与え育てる必要があります。

 柱サボテンの分類についてまとめたページはこちら 柱サボテンの分類
 柱サボテンの普及種の種類についてまとめたページはこちら 柱サボテン普及種・種類

 

北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  
南米大陸原産柱サボテン−2−
Pilosocereus ピロソケレウス属(南米)
Espostoa エスポストア属
Espostoopsis(Austrocephalocereus) エスポストプシス(アウストロケファロケレウス)属
Oreocereus オレオケレウス属
Echinopsis エキノプシス属 (旧:Trichocereus トリコケレウス属)
Pilosocereus ピロソケレウス属(南米系)
ビロソケレウス属は、メキシコ南部からブラジルまで、北米〜南米に広く分布する。
アズレウス柱

アズレウス柱
成木の状態
アズレウス柱
金青閣(きんせいかく)
Pilosocereus pachycladus
=Pilosocereus azureus
ブラジル北東部原産

 青磁の肌に黄色の刺、鑑賞に堪える柱サボテンで、よく普及している。成木は、刺座の羊毛が目立つようになる。
 今は、「アズレウス柱」という名称が一般的だが、かつて「恐竜閣」「空色柱」という名前があった。
 寒さには強くないので注意すること。
 なお、「アズレウス」と呼ばれるサボテンには、本種とは縁もゆかりもない、Melocactus azureus(メロカクタス・アズレウス)という種類もあるので注意。


豪壮竜(ごうそうりゅう)
Pilosocereus gounellei
ブラジル東南部原産

 やや疣状の稜に褐色の刺、刺座には羊毛が発生する。


グラウセンス
ピロソケレウス・グラウケスケンス
Pilosocereus glaucescens
ブラジル東南部原産

 アズレウス柱に似るが、刺座に毛が発生し幹に巻きつく。
 グラウセンスの名で流通するが、読み間違いが流通名になったもの。


黄金竜(おうごんりゅう)
黄金柱(おうごんちゅう)
華麗柱(かれいちゅう)
Pilosocereus chrysostele
ブラジル北東部原産

 本種が「本物」の「黄金柱」。まったくの別種「黄金紐(Cleistocactus winteri)」の読み「おうごんちゅう」が誤記されてそちらが「黄金柱」と呼ばれ、ショップによって本種の学名を当てるという二重の間違いをしていることがある。
 もし「黄金柱」で検索して、このページにたどり着いて「ぜんぜん姿が違う」と思ったのなら、あなたの検索しているサボテンは「黄金紐」である可能性があるので、上のタブから「南米大陸原産-1-」を参照のこと。



Espostoa エスポストア属
老楽(おいらく)
Espostoa lanata
エクアドル南部、ペルー北部原産

 白毛が肌を巻き包み、細い刺が突き出して、美しい。毛柱の代表。
 「老楽(Espostoa lanata)」「銀河楽(Espostoa huanucoensis)」「幻楽(Espostoa melanostele)」は、栽培品幼苗の外見上では区別が付きにくい。
 原産地では、高さ7mに達することもあるという。幼株では毛は粗く肌が見えるが、古い株では毛は体に巻き付くように発達し、間から褐色の刺が突き出す。
 エスポトア属の各種は、どちらかというと冷涼な気候の季節に成長する。栽培的には、それほど気難しい訳ではないが、毛に覆われているいるため状態が見極めにくいのと成長期が掴みにくいということから苦手な人もいるようだ。


銀河楽(ぎんがらく)
銀賀楽(ぎんがらく)
永楽宮(えいらくきゅう)
Espostoa huanucoensis
=Espostoa lanata ssp. huanucoensis
ペルーのワヌコ原産

 白毛が肌を巻き包む。
 「老楽(Espostoa lanata)」「銀河楽(Espostoa huanucoensis)」「幻楽(Espostoa melanostele)」は、栽培品幼苗の外見上では区別が付きにくい。
 ペルーのワヌコ原産。標高1500mに自生し、幼苗の頃から毛の密度が濃く、刺があまり突き出さない。
 和名は、古くは「永楽宮」とされていたが、後に「銀賀楽」となった。現在は「銀河楽」であるが、これはおそらく読み「ぎんが」が誤記され、Galaxyになったのだと思われる。





幻楽(げんらく)
Espostoa melanostele
=Espostoa haagei
=Pseudoespostoa melanostele
ペルーの標高800m〜2000m原産

 白毛が肌を巻き包む。
 「老楽(Espostoa lanata)」「銀河楽(Espostoa huanucoensis)」「幻楽(Espostoa melanostele)」は、栽培品幼苗の外見上では区別が付きにくい。
 写真のものは、両方とも「幻楽」の名前であったが、どうも怪しい。
 原産地では高さ2m程度、細身で、大きいものは、黄刺が長く突き出す。
 古くはプセウドエスポストア属(Pseudoespostoa)で、エスポストア属とは果実の形、種子の形に差異が見られるという。現在はエスポストア属(Espostoa)。


越天楽(えてんらく)
Espostoa mirabilis
ペルーの標高900m〜1500m原産

 同じエスポストア属でも老楽とは雰囲気がかなり異なる。
 羊毛というよりは、細い刺が密生し、成長点付近は朱色に染まる。まばらに強い刺が飛び出す。
 


エスポストア・バウマンニイ
華楽翁(からくおう)
Espostoa baumannii
ペルー原産

 羊毛は巻き付くというより直線的。頂部はやや赤く色付く。
 刺は淡褐色で鋭く長く、まばらに飛び出し、独特の雰囲気をつくる。
 「華楽翁」の名は比較的最近に付けられたもので、それほど使われていない。
 


エスポストア・ナナ
Espostoa nana
Espostoa melanostele ssp. nana
ペルーの標高1500m〜2400m原産

 成長が遅いことを除いて「幻楽(Espostoa melanostele)」に非常によく似ており羊毛は密生する。
 


エスポストア・ヒラエア
Espostoa hylaea
ペルー・アマゾナス原産

 羊毛はややうねる。頂部はやや赤く色付く。
 



Espostoopsis エスポストプシス属
Austrocephalocereus アウストロケファロケレウス属
白麗翁(はくれいおう)
アウストロケファロケレウス・ディボスキー
Austrocephalocereus dybowskii
=Espostoopsis dybowskii
ブラジル・北部バイア原産

 小型の毛柱。白毛に覆われた体から、褐色の細い刺を突き出す。仔吹き型の品種も存在する。レボスキーという誤称で流通することがある。
 雰囲気的にはエスポストア属の各種に似てはいるが、原産地はまったく違う。性質もエスポストア属と異なり、盛夏にもよく成長する。
 アウストロケファロケレウス属は、分類的な雑居ビルの感があったが、所属種が徐々に整理させていき、この種もエスポストア属に近いとしてエスポストプシス属に分類される方向にある。



Oreocereus オレオケレウス属
オレオケレウス・ウルミリエンシス
虎錦(とらにしき)
Oreocereus urmiriensis
ボリビア・ウルミリ原産

 刺座に鋭い刺と羊毛をもつ。「ライオン錦(Oreocereus celsionus)」と比較してややスリムで作りやすい。


オレオケレウス・フォシュラタス
白恐竜(はくきょうりゅう)
Oreocereus celsionus var. fossulatus
=Oreocereus fossulatus
ペルーからチリのアンデス山脈標高2,000〜4,000m原産

 刺座に鋭い刺と羊毛をもつ。


オレオケレウス・リッテリ
白貂丸(はくてんまる)
Oreocereus ritteri
ボリビア原産

 羊毛は少なく、刺は赤褐色。稜と刺が美しい。


鶴嶺丸(かくりょうまる)
Oreocereus doelzianus
=Morawetzia doelziana
ペルー中部のアンデス山系原産

 旧モラウェチア属、現在はオレオケレウス属に併合されている。  刺座に白い羊毛をもち、細いするどい刺を突き出す。非常に美しい種類。



Echinopsis エキノプシス属
Trichocereus トリコケレウス属




ブラジル柱(ぶらじるちゅう)
Echinopsis peruviana
=Trichocereus peruvianus
ペルーの標高2,000〜3,000m原産

 これは「ブラジル柱」と呼ばれるものであるが、実際は、ブラジル原産ではない。
 京大農場から出て普及したものとされ、刺の短いタイプのTrichocereus peruvianusと考えられている。  肌は白粉を吹き青く見える。刺は短い。
 耐寒性があり、冬季に−3℃程度になる地域でも、場所を選べば屋外で越冬する。露地植えはできないことはないが、「鬼面角」と異なり根があまり強くないので、低温期の多湿のダメージが大きい。このため、露地植えをするなら土質を選ぶ必要がある。

 トリコケレウス属は、エキノプシス属に併合された。また、多聞柱(パチャノイ)Echinopsis pachanoi(=Trichocereus pachanoi)と同種として併合される方向にある。
 詳細は、「トリコケレウス・パチャノイ(多聞柱)とペレルビアヌス(青緑柱)」を参照。




青緑柱(せいりょくちゅう)
Echinopsis peruviana
=Trichocereus peruvianus
ペルー高地標高2,000〜3,000m原産

 これは、刺の長い「青緑柱」と呼ばれるタイプ。
 肌は白粉を吹き青く見える。環境がよいと刺はよく発達し、中刺は5cm以上に達する。

 トリコケレウス属は、エキノプシス属に併合された。また、多聞柱(パチャノイ)Echinopsis pachanoi(=Trichocereus pachanoi)と同種として併合される方向にある。
 詳細は、「トリコケレウス・パチャノイ(多聞柱)とペレルビアヌス(青緑柱)」を参照。



肌に青みがある美しいタイプ

ウイグラ(エクアドル)フォーム
多聞柱(たもんちゅう)
パチャノイ
Echinopsis pachanoi
=Trichocereus pachanoi
エクアドル、ペルー高地標高2,000〜3,000m原産

 Echinopsis pachanoiにも、Echinopsis peruvianaと同様にかなり多くのタイプ(変異)が見られる。
 写真のものは刺の目立つタイプ。その他無刺に近いタイプもある。

 トリコケレウス属は、エキノプシス属に併合された。また、青緑柱 Echinopsis peruviana(=Trichocereus peruvianus)と同種として併合される方向にある。ただし、性質や外見はかなり異なっている。
 詳細は、「トリコケレウス・パチャノイ(多聞柱)とペレルビアヌス(青緑柱)」を参照。




エキノプシス・ラゲニフォルミス
天守閣(てんしゅかく)
Echinopsis lageniformis
=Trichocereus lageniformis
=Trichocereus bridgesii
ボリビア・ラパス原産

 「天守閣」は、Trichocereus bridgesiiの対照和名であるが、Echinopsis lageniformisのシノニムとなったので併記した。
 トリコケレウス属中でも、寒さにかなり強いようで、露地植え用サボテンとしての活用が期待される。



錦鶏竜(きんけいりゅう)
錦鶏柱(きんけいちゅう)
智利柱(ちりちゅう)
Echinopsis chiloensis
=Echinopsis chilensis
=Trichocereus chilensis
チリ原産

 古くは種小名をchilensisと綴った。本当はchilensisの綴りが意味的に正しいが、命名の先取権によって、現在はchiloensis。
 和名は「錦鶏竜(柱)」が本来であるが、「金鶏竜(柱)」と表記される場合もある。流通過程で、どんどん簡単な漢字が当てられてしまう。
 昭和30〜40年代の書籍には、サボテンが寒さに強いことを示すために、原産地(チリ、サンチャゴ市付近の山中)にあるEchinopsis chiloensisの成木の雪をかぶっている写真(フランク氏による)が載っていた。ただし、我が国で露地越冬できるほども強くはない。おそらく、我が国の冬季は気中、土中とも湿度が高すぎるからではないかと思う。
 縦への成長は遅くガッチリと育つので、玉サボテンのような扱いで楽しめる。
 サボテンに寄生するヤドリギの一種であるTristerix aphyllus(トリステリックス・アピルス)の宿主としても知られている。興味ある方は「Tristerix aphyllus」を画像検索するといいかもしれない。





利昇竜の粒稜の強いタイプ。刺数も少ない。
エキノプシス・リトラリス
利昇竜(りしょうりゅう)
Echinopsis chiloensis ssp litoralis
=Echinopsis litoralis
=Trichocereus litoralis
チリ北部沿岸部原産

 古く「利昇竜」の和名があったが、現在は、この植物の流通もなく使われることもない。



猛槍竜(もうそうりゅう)
Echinopsis deserticola
=Trichocereus deserticola
チリ北部原産

 初め直立するがのちに匍匐し群生する。肌は青く、褐色がかる刺とのコントラストは美しい。
 成長は遅く、がっちり育つ。
 学名は、砂漠に住むという意味。荒涼とした砂漠に群生するさまは見事。



硬毛柱(こうもうちゅう)
Echinopsis strigosa
=Trichocereus strigosus
西部アルゼンチン原産

 
 



エキノプシス・フアスチャ
グランディフロラ
Echinopsis huascha
=Helianthocereus huascha
=Trichocereus grandiflorus
=Lobivia grandiflora
アルゼンチン原産

 本種は、過去ヘリアンソセレウス属に入っていたり、ロビビア属に入っていたりして、多くのシノニムが存在する(上記は一部に過ぎない。)。それらの属がエキノプシス属に併合されることによって、「Echinopsis huascha」落ち着いた。
 基本種は、赤色の美しい花であるが、色々な花色のタイプがあり、「美女丸(びじょまる)」「桃源丸(とうげんまる)」といった和名が付いている。
 成株は、やや匍匐し群生する。



黒鳳(こくほう)
Echinopsis thelegona
=Trichocereus thelegonus
アルゼンチン原産

 初め直立するが、やがて匍匐する。





白檀(びゃくだん)
Echinopsis chamaecereus
=Chamaecereus silvestrii
アルゼンチン北部トゥクマン原産

 非常に古くに我が国に入り、寒さにもよく耐えることから、旧家の軒先に周年見られる。
 海外でも「Peanut Cactus」と呼ばれて愛され、多くの交配種が作り出されている。



北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  

 
『ぱんさのサボテンランド』に戻る
Return

Wild Cacti