ぱんさのサボテンランド/栽培種プロフィール

柱サボテン種類
 
 柱サボテン(Columnar Cactus)の魅力は、野性味、壮大さ、強健さにあると言えます。自生地にある柱サボテンの林立や叢生を見て感動しない人はいないでしょう。
 戦後、多くの柱サボテンがわが国に導入されましたが、こじんまりとした種類がもてはやされることから、普及種を除いて入手が難しくなってしまいました。嘆かわしいことに、名無しや誤名で流通していることが多くあり、すでに名前が分からなくなってしまったものも多く、サボテン専門ショップでも、大型の柱サボテンは数種類程度扱っていればいい方でしょう。
 このページでは、ぱんさのところにある少しばかりの栽培種を紹介します。
 なお、柱サボテンは、耐寒性があるように思われていますが、それは一部であって、メキシコ〜中米原産の柱サボテンはそんなに寒さに強いわけではなく、一般的なサボテン並みです。耐寒性があるのは、南米ペルー等の山岳地帯やチリ、アルゼンチンを原産とする一部の種類と考えてもらっていいでしょう。
 柱サボテンの魅力はガッチリとした体躯にありますので、栽培のポイントは徒長させないことに尽きます。新しく成長した部分が、それまでよりもひょろひょろと細くなってしまったのでは失敗作以外の何物でもありません。成長期には、十分すぎるくらいに日光に当て、灌水や追肥も十分に与え育てる必要があります。

 柱サボテンの分類についてまとめたページはこちら 柱サボテンの分類
 柱サボテンの普及種の種類についてまとめたページはこちら 柱サボテン普及種・種類

 

 北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  
北米大陸原産柱サボテン
Pachycereus パキケレウス属
Pilosocereus ピロソケレウス属(北中米)
Stenocereus ステノケレウス属
Carnegiea カルネギエア属
Polaskia ポラスキア属
Neobuxbaumia ネオバクスバウミア属
Cephalocereus ケファロケレウス属
Bergerocactus ベルゲロカクツス属
×Pachgerocereus パキゲロケレウス属
Peniocereus ペニオケレウス属
Wilcoxia ウィルコキシア属
Pachycereus パキケレウス属
武衛柱

武衛柱(ぶえいちゅう)
Pachycereus weberi
メキシコ・プエブラ、オアハカ等原産

 白い勇壮な刺が魅力。魅力的なこの刺も凶器で、ひどく深く刺されて出血したことも・・ただ、折れて皮膚に残るということはないので、その点はよい。
 成長は、主に春、秋で、最低温度が20℃以上の季節には休眠する。
 世界で最も背が高いサボテンは「弁慶柱(Carnegiea gigantea)」だが、もっとも大きい(体積)サボテンは、オアハカにある武衛柱だそうだ。


武倫柱

武倫柱のトゲ
これが本来の武倫柱のトゲ。

武倫柱(ぶりんちゅう)
カルドン(Cardon)・サボテン
Pachycereus pringlei
メキシコ・ソノラ、下カリフォルニア等原産

 刺だらけの柱サボテン。太さが魅力なので鉢植えのひょろひょろでは意味がない。
 武倫柱の名は、学名の種小名プリングレイ(pringlei)のもじり。
 温暖な気候の原産地に自生するため、冬季を温暖に保つようにしないと成長が好ましくない。


 

土人の櫛柱

土人の櫛柱(どじんのくしばしら)
Pachycereus pecten-aboriginum
メキシコ北西部等原産

 濃緑の肌と長さの揃った刺を持つ美しい柱サボテン。果実には刺が並び原産地の原住民が櫛として利用できるということから学名が名付けられ、和名は学名のそのままの翻訳。
 「土人」が差別用語かどうかは、よく分からないが。
 成長期は春と秋、盛夏にはものの見事に成長が止まる。


 

白雲閣 白雲閣(はくうんかく)
Pachycereus marginatus
=Marginatocereus marginatus
中央メキシコ原産

 太く、かっこよく仕上がる柱サボテン。原産地では、垣根に使われる。
 ただ、カイガラムシが着きやすいのが難点といえる。
 旧マルギナトケレウス(Marginatocereus)属。


上帝閣(じょうていかく)
Pachycereus schottii
=Lophocereus schottii
合衆国南部〜メキシコ・ソノラ、下カリフォルニア等原産

 本種のモンスト品種である「福禄寿」が比較的普及している一方で、原種である本種は、逆にほとんど流通がなくなってしまった。
 旧ロフォセレウス(Lophocereus)属。


福禄寿(ふくろくじゅ)
Pachycereus schottii f.monstrosus
=Lophocereus schottii f.monstrosus
合衆国南部〜メキシコ・ソノラ、下カリフォルニア等原産

 福禄寿は上帝閣(Pachycereus schottii)のモンスト品種。刺はなく、ごつごつした稜をもつ。
 成長も遅いので、素直に成長させないと老化が元から進み醜くくなりやすい。
 旧ロフォセレウス(Lophocereus)属。



Pilosocereus ピロソケレウス属(北米、中米系)
ビロソケレウス属は、メキシコ南部からブラジルまで、北米〜南米に広く分布する。
南米系のピロソケレウス属については、上のタブから「南米大陸原産-2-」を参照のこと。
翁獅子


花。夜に開花し昼まで咲く。フラッシュ撮影では
白く見えるが昼間見るとピンク。

ライオン
翁獅子(おきなじし)
Pilosocereus leucocephalus
メキシコ南部、グアテマラ、ホンジュラス原産

 「春衣(Pilosocereus palmeri)」に似ているが刺が突出する。同種という考え方もある。
 成熟すると、部分的にモコモコの花座が発生し、そのモコモコから突き出すようにしてピンクの花が咲く。 成長点や、花座のモコモコがチャーミング。
 この種は、冬季から早春にかけて勢いよく生長する。


金毛ライオン 金毛ライオン(きんもうらいおん、きんけらいおん)
Pilosocereus sp. 'Kinmou-Lion'
原産地不明

 古くからある柱サボテンであり、濃緑の肌に金刺、金毛を持つ。「ライオン(翁獅子)(Pilosocereus leucocephalus)」の黄刺変種と考えられてたが、形状等かなり異なり、正体ははっきりしていない。


Pilosocereus quadricentralis ピロソケレウス・クアドリケントラリス
Pilosocereus quadricentralis
メキシコ・チアバス、オアハカ原産

 淡緑の肌に金刺、金毛を密生する。



Stenocereus ステノケレウス属
太郎閣(たろうかく)
Stenocereus queretaroensis
=Ritterocereus queretaroensis
メキシコ原産

 寄せ植えなどに利用される柱サボテン。
 太郎閣の名は、学名の種小名クエレタロエンシス(queretaroensis)のもじり。


朝霧閣(あさぎりかく)
Stenocereus pruinosus
=Ritterocereus pruinosus
メキシコ原産

 普及種。
 英名は「Gray Ghost Organ Pipe」、果実は食用となりスペイン語では「Pitayo」英語では「Pitaya」「Pitahaya」日本語では「ピタヤ」「ピタハヤ」と呼ぶ。一般的に別種のドラゴンフルーツをピタヤと呼ぶが、ピタヤは柱サボテンの食用果実の総称であって、ドラゴンフルーツに限るわけではない。
 まったくの別種にケレウス属の「神代(Cereus variabilis)」という種があり、それを古くは「ピタハヤ柱」と呼んでいたことがある(こちらも果実が食用となる。)。このため、本種とごっちゃになってしまって、神代(Cereus variabilis)の紹介に本種又は「太郎閣(Stenocereus queretaroensis)」の写真を誤って記載している書籍もある。


大王閣(だいおうかく)
Stenocereus thurberi
=Marshallocereus thurberi
合衆国南部からメキシコ原産

 チョコレート色の刺と刺座。成長は速くないが太く逞しく成長する。
 原産地の根元から林立する姿から、英名は「Organpipe Cactus オルガンパイプサボテン」。
 古くは、ハーゲオケレウス(Haageocereus)属、マーシャロケレウス(Marshallocereus)属とされていたが、現在はステノケレウス(Stenocereus)属。






雷斧閣(らいふかく)
Stenocereus beneckei
=Hertrichocereus beneckei
メキシコ原産

 粉のふいたような白磁の肌と凹凸のはっきりした稜をもつ特色ある柱サボテン。
 花は頂生でかたまって咲き昼開性、クリーム色で美しい。晩秋に咲いた。
 スレンダーであって、太くなる種類の柱サボテンではない。
 「雷斧」(「Life」ではない。)とは何かと調べたところ、石器時代の斧のことで、昔の人が土中から出土する石器を見て、カミナリ様が落としたものだと想像したらしい。そう思うと、雷斧閣もそんなイメージに見えてくるからサボテンの和名もおもしろい。



入鹿(いるか)
Stenocereus eruca
=Machaerocereus eruca
メキシコの下カリフォルニアのマグダレナ島原産

 入鹿は、這性の柱サボテン。新しく成長した部分は立ち上がるが、休眠期に倒れ側面から根を下ろす。ある程度の長さになると、後ろから枯れて、前進していくように見える。
 刺は扁平でナイフのよう。こういった刺の柱サボテンは珍しい、地面に引っかかりやすくするためだろうか?
 自生地では、鋭い刺とその様子から「creeping devil cactus(地を這う悪魔サボテン)」と呼ばれる。
 入鹿の名は、学名の種小名「エルカ(eruca)」のもじり。
 温暖な気候の原産地に自生するため、夏季には強い。冬季は温暖に保つようにしないと成長が好ましくない。そんなに成長は速くないので鉢植えでも栽培できるが、永い月日が経てば鉢植えで栽培することは難しくなるかも。
 旧マカエロケレウス(Machaerocereus)属。




碧塔(へきとう)
黄鶴楼(おうかくろう)
翡翠閣(ひすいかく)
Stenocereus dumortieri
=Isolatocereus dumortieri
メキシコ原産

 濃緑でツヤのある肌、鋭稜に金刺を持つ柱サボテン。
 本種は「翡翠閣」として流通しているものであるが、「翡翠閣」の対照学名「Stenocereus hystrix(=Stenocereus fimbriatus)」の植物(カリブ海の島々を原産とする。)は、本種とはまったく異なる植物である。どこかの時点で和名・学名に混乱が起きたように思われる。
 本種は「碧塔(=黄鶴楼)(Stenocereus dumortieri)」と思われるので、和名「翡翠閣」に「碧塔」「黄鶴楼」、その学名「Stenocereus dumortieri」を併記した。
 「碧塔(Stenocereus dumortieri)」は、柱サボテンとしてより、チランジアが着生するサボテンとして、「チランジア・ハンドブック改訂版 New Tillandsia Handbook」の巻頭写真で有名になった。
 なお、ブドウ科の多肉植物「Cissus cactiformis」にもこの和名が付いているが、同名なだけでまったく関係がないので注意が必要。



ステノケレウス・クリソカルプス
Stenocereus chrysocarpus
メキシコ・ミチョアカン原産

 成長点付近が紫色に染まって、とても美しい。



Carnegiea カルネギエア属

弁慶柱(べんけいちゅう)
サァグアロ(Saguaro)
Carnegiea gigantea
アメリカ合衆国アリゾナ原産

 一般の人が西部劇やアニメの影響で、柱サボテンとしてイメージするサボテンがこれ。世界で最も背が高くなるサボテンとされ、自生地では、高さ17m程度に達する。
 非常に有名でありながら、普及していないのは、この種類特有の気難しさがある。実生や幼苗の栽培はさほどではないが、大きくなればなるほど気難しさは増す。冬季の地温がかなり重要らしく、寒がらせると、成長期なってもグズる。周年日光を十分与え、成長期は通風を図ることが必要。成長期は気温と地温の上がる盛夏で、成長が見られれば、潅水、肥料とも多く与え素直に成長させる。成長はかなりゆっくりで、目に見えてぐんぐん大きくなっていくというものではない。なぜか勘違いして露地植えしたがる人もいるようだが、上手くいく可能性はまったくない。また、大株の移植は困難。
 鉢植えの場合、定期的に鉢増しをしていかないとグズり成長がストップすることがある。昔は成長阻害物質の根からの分泌が原因だという人もいたが、微量要素の欠乏が原因だという人もいる。温室内地植えが望ましいが、鉢よりも地温が上がらないので、痛し痒しかも。似た雰囲気の武倫柱の方が栽培は易しい。
 有名種なので、植物園などでは北米から大株を持ち込んで植えたがるのであるが、自分の体力でどうにか生きているかどうかで、まともに育っているところはない。
 名古屋市立東山植物園では高さのあるサァグアロ温室を建てて立派な鉄支柱も立てて、南米から大きな株を3本持ち込んだのであるが、長い間に次々と枯れて、もうすぐダメになりそうな1本と実生の若木が残ってるという惨憺たる状態である。過去の例では、真鶴サボテンランドが非常によく育っていたのであるが、2004年に閉園し今は既に無い。




Polaskia ポラスキア属
雷神閣

雷神閣(らいじんかく)
Polaskia chichipe
メキシコ・プエブラ、オアハカ等原産

 白粉を吹いた肌に、短い刺を持つ。刺は、初めチョコレート色で後に黒褐色、最後は白くなる。肌の白粉は、成長に合わせて縞を描き、独特の美しさがある。
 比較的寒さにも強く作りやすい。よく普及している。



Neobuxbaumia ネオブクスバウミア属
大鳳竜 大鳳竜(たいほうりゅう)
Neobuxbaumia polylopha
メキシコ・イダルゴ、グアナフアト等原産

 「大鳳竜」を「大砲竜」と書く人はいないが、まさに大砲級の直径30cmにもなる大型の柱サボテン。
 大型なものは、がっちり大型に育てないと意味がない。逞しさがまさに魅力的。
 写真の株は開花株で、毎年いくつか蕾をつけて非常に注意して観察しているのだが咲いているところを見たことがない。(咲き終わったところは見ている。)開花時間が短いのか理由がよくわからないので、咲いている状態を見ることができたらかなり感動すると思う。



Cephalocereus ケファロケレウス属
翁丸

翁丸(おきなまる)
Cephalocereus senilis
メキシコ・イダルゴ、グアナフアト原産

 細く長い毛状の刺を密生する。年寄りの白髪を連想する。英名はそのものずばり「Old Man Cactus」「Old Man of Mexico」。
 刺とは別に羊毛が生えるというサボテンは多くあるのだが、刺自体が羊毛になってしまったというものは少ない。
 成長は非常にゆっくりだが、自生地では長い長い年月をかけて、単幹で育っていく。




Bergerocactus ベルゲロカクツス属
ベルゲロカクツス・エモリィ

ベルゲロカクツス・エモリィ
碧彩柱(へきさいちゅう)
Bergerocactus emoryi
メキシコ・バハカリフォルニア、合衆国・カリフォルニア州原産

 北アメリカ西海岸に群生し、遠くから見ると金色のカーペットを敷詰めたように見えることから英名では「Golden Velvet Cactus」と呼ばれる。ただ、実際は、金色の激しいトゲを密生し、見るだけで痛そうな細身のサボテン。
 一般的に栽培されるのは稀なので、実物にはなかなかお目にかかれない。
 栽培的には、特に難しくはなく極普通。




×Pachgerocereus パキゲロケレウス属
パキゲロケレウス・オルクティ

パキゲロケレウス・オルクティ
×Pachgerocereus orcutii
メキシコ・バハカリフォルニア原産

 「Pachycereus pringlei」と「Bergerocactus emoryi」の自然交配種。Pachycereus pringleiを細身にし、刺をやや黄褐色とした感じになる。
 一般的に栽培されるのは稀なので、実物にはなかなかお目にかかれない。
 栽培的には、特に難しくはなく極普通。




Peniocereus ペニオケレウス(ペニオセレウス)属
大和魂

大和魂(やまとだま)
昇天竜(しょうてんりゅう)
アリゾナの夜の女王(ありぞなのよるのじょおう)
Peniocereus greggi var. transmontanus
アメリカ合衆国・アリゾナ、メキシコ・ソノラ等原産

 地下に塊根を作り、地上部は細柱となるサボテン。自生地では長い年月をかけて(おそらく100年単位)巨大な塊根を作る。
 塊根性のサボテンには、Peniocereusの他、Echinocereus(旧Wilcoxia)、ウチワサボテン亜科の何種類か等があるが、その中でもっとも大きい。冬季に寒がらせると地上部は枯れて地下部だけになってしまう性質を持つ。
 花は白で夜咲き。
 「大和魂」等の名は基本種の対照和名である。変種「transmontanus」の基本種との違いは、花のサイズであり、基本種が直径5cmに対し、「transmontanus」は、やや大きく7.5cm、花筒には長い刺があるとされる。



ペニオセレウス・マリアヌス

ペニオセレウス・マリアヌス
Peniocereus marianus
=Wilcoxia mariana
メキシコ・ソノラ等原産

 


ペニオセレウス・ヴィペリヌス

ペニオセレウス・ヴィペリヌス

ペニオセレウス・ヴィペリヌス

ペニオセレウス・ヴィペリヌス
白眉塔(はくびとう)
眉山(びざん)
Peniocereus viperinus
=Wilcoxia viperina
メキシコ・モレロス、プエブラ、シナロア、ゲレーロ等原産

 


ペニオセレウス・オアクサケンシス

ペニオセレウス・オアクサケンシス

ペニオセレウス・オアクサケンシス
Peniocereus oaxacensis
=Nyctocereus oaxacensis
メキシコ・オアハカ原産

 成長点は上を向かず下を向く性質がある。登攀するよりも、地を這う性質が強い。
 花は初夏咲き夜開性、直径5cm程度。何かしらキクを思わせる姿でおもしろい。比較的咲きやすい。


ペニオセレウス・ロセイ
棒状の状態
ペニオセレウス・ロセイ
3稜の状態
ペニオセレウス・ロセイ
Peniocereus rosei
メキシコ・シナロア、ハリスコ原産

本種は、3、4稜の柱サボテン風の状態から、時期・状況により棒状となるユニークなサボテン。どういう状況で変化するかははっきりしないが、最成長期には棒状になるように思われる。

 


ペニオセレウス・カステラエ

ペニオセレウス・カステラエ

ペニオセレウス・カステラエ
Peniocereus castellae
メキシコ・ミチョアカン、ハリスコ、コリマ原産

 


ペニオセレウス・クイクマレンシス

ペニオセレウス・クイクマレンシス

ペニオセレウス・クイクマレンシス
Peniocereus cuixmalensis
メキシコ・ミチョアカン、ハリスコ、コリマ原産

 



Wilcoxia ウィルコキシア属 
現在はエキノケレウス属(Echinocereus:いわゆる蝦サボテン)に併合されている。
銀紐

銀紐

銀紐(ぎんひも)
Wilcoxia poselgeri
=Echinocereus poselgeri
アメリカ合衆国・テキサス、メキシコ・コアウイラ等原産

細く小型のいわゆる紐サボテン。地下には軟質で小型の塊根を作る。
この系統の花は、午後3、4時頃開き夜半には閉じるのを数日繰り返す。


珠毛柱

珠毛柱
珠毛柱(しゅもうちゅう)
Wilcoxia schmollii
=Echinocereus schmollii
メキシコ・クエレタロ原産




ウィルコキシア・レウカンサ

ウィルコキシア・レウカンサ

ウィルコキシア・アルビフロラ
ウィルコキシア・レウカンサ
Wilcoxia albiflora
=Wilcoxia leucantha
=Echinocereus leucanthus
メキシコ・ソノラ原産




ウィルコキシア・クロエンレンニイ

ウィルコキシア・クロエンレンニイ
Wilcoxia kroenleinii
=Echinocereus poselgeri ssp. kroenleinii
アメリカ合衆国・テキサス、メキシコ・コアウイラ等原産

Echinocereus poselgeriと同種との考え方もあるが、写真のものはかなりEchinocereus poselgeriと様子が異なる。



ウィルコキシア・タマウリペンシス

ウィルコキシア・タマウリペンシス

ウィルコキシア・タマウリペンシス
Wilcoxia tamaulipensis
(誤)Wilcoxia tamaulipense
=Echinocereus poselgeri
メキシコ・タマウリパス等原産

Echinocereus poselgeriと同種との考え方もあるが、写真のものはかなりEchinocereus poselgeriと様子が異なる。
Echinocereus poselgeriより太くがっちりとして面白い。




 北米原産   南米原産-1-   南米原産-2-   南米原産-3-   森林性紐  

 
『ぱんさのサボテンランド』に戻る
Return

Wild Cacti