ようこそわたしたちのホームページへ!

学校紹介
学校教育目標

豊かな心で よく考え すすんで 生きぬく子

 考える子
 助け合う子
 きたえる子


名森小の木

名森小の校庭には色々な種類の木があります。

  • イチョウ
 校歌にも謳(うた)われている3本の木があります。名森小を昔から見守ってきたイチョウとカエデとヒマラヤスギの木です。しかし今ではイチョウの木のみが唯一残っています。
 高さは、15メートルほどで、夏には緑色の葉をいっぱいに繁らせ、秋には葉を黄色に変え美しく色づきます。
 名森小ではこの最後のイチョウの木を大切にしています。

  • サクランボ
 体育館東側にはたくさんのサクランボの木があり、毎年5月になると、真っ赤な実をたわわに実らせます。
 6年生が1年生をおんぶしてサクランボをとらせてあげる「サクランボ集会」を行います。収穫したサクランボは、全校児童で食べます。





  • ヒトツバタゴ(別名・ナンジャモンジャノキ)
 日本でも限られた地域(長崎県対馬・岐阜県木曽川周辺・愛知県の一部地域)にしか自生しないというヒトツバタゴの木があります。環境省レッドリスト・絶滅危惧種U類(VU)にも指定されている希少な木です。
 5月には滝のような美しい白い花を咲かせます。




  • リンゴ
  9月には、甘いリンゴが実ります。リンゴは6年生が収穫し、児童代表が安八町役場に届けます。残りは全校児童で給食の時間においしくいただきます。







 4月には、藤棚にこぼれるような藤の花が咲きます。









ふるさと学習

 名森小学校のある安八町は、かつて、いくつかの輪中から成り立ち、水害とのかかわりの中で米作りと共に養蚕は重要な産業でした。しかし、現在では産業の変化、機械化等により養蚕はまったく行われていません。
 そこで、学校では地域の文化であり大事な産業であった養蚕を「ふるさと学習」として位置づけ児童・先生・PTAが協力して取り組み、学びます。

名森小学校校歌

土岐 善麿 作詞
平井 康三郎 作曲
1961年制定

  一. まどに イチョウの わかばがそよぎ
     庭に カエデの もみじが照るとき
     あかるく いつも みなすこやかに
     たのしく まなぶ よろこびを
     ヒマラヤスギの 葉におく つゆも
     知って ひかるか きらきらと

  二. ひろく 流れる 長良よ 揖斐よ
     山は 伊吹の しずかなみどりよ
     ただしい道を たがいに進み
     たゆまず はげみ ゆくところ
     ひらける平野 希望にみちて
     そだつ 力も 新しく

     見よ さらに いま
     歴史をほこる
     われらの 名森小学校



安八町立名森小学校

  • 〒503-0117
    岐阜県安八郡安八町大明神40番地
  • TEL.0584-64-2016
  • FAX.0584-64-4534
  • namori@he.mirai.ne.jp