ホームに戻る
HOME



とろくさ駄洒落・自由句

あほくさ川柳・俳句

ばかくさ狂歌・和歌




とろくさ川柳駄洒落集
ホーム川柳クラシック愛車猫さま明日を元気モーツァルト

■ とろくさ駄洒落・自由句 ■

何回おきに起こっても南海沖地震
綾小路あやまろ
馬の耳におだぶつ
義理にむせぶ夜
今日の朝食 モーニングむずぶ
別れてもブスな人
体位変換 体位互換
ぼうこうじょんがら節
ジャパネットさけた
大学入試理系文系包茎
行きたくない歯科板井歯科
もう六時もうろくじじい
目でものを言う逆まつげ
犬も歩けば棒読み
三度目の掃除機
自分の心を規制する寄生虫
皺だらけのローラ
パプアニューギニアパパは牛乳屋
鍵掛けてうまさの秘密KEYCOFFEE
減ったときこそAQドーナッツ腹が減ったらミスタードーナッツ(ブリジストン)
ポット出る象印
言わせてみたい岩瀬の言葉
言葉の中に連想畑の中にほうれん草
個人売買人身売買通信販売
古今東西髪は男の命です。(髪乃素本舗)
古池やかわず飛び込むかわずがけ(旭鷲山)
思いを飲み込むこの一番
思いを込めるとウーになるしゃっくり
思い出はセピア色
獅子身中の虫歯だらけ
今日電話かけてもアステル
無視された液体ムヒ
命のビザ美味しいピザピサの斜塔
明日はお発ちか旅館の仲居が言うことない
明日を見る人間が今日を見るためにある講座
鳴かぬ鈴虫をいじめて泣かす
黙して語らず沈黙は金かくし
目から鱗が落ちるように鼻から牛乳が落ちる
目が回るぐるぐる回って満員御礼
生体肝移植より性感帯移植
宿便に人生の縮図を見る
脱税で逮捕 ニッチもサッチーもなりまへん
遊ぶ世間は暇だらけ
股間の宿(高峰三枝子)
コモエスタ貧乳〜ル(コモエスタ赤坂)
極悪人をご確認
緊張しましたキンチョール
暴行した米兵は膀胱炎
国会のアホの坂田鈴木宗男(ありがとさ〜ん)
あ〜っと姉ちゃんアートネーチャー
頬がこけるこけら落とし(札幌ドーム)
有楽町で買いましょう(ビックカメラ)
さんざんくどい三三九度
大気汚染広がる待機せよ
安全帽子をかぶって事故防止
宅間という悪魔(笑えんて)
春一番花粉の飛散ああ悲惨(もう鼻水は止まらない)
てぇへんだ!てぇへんだ!底辺×高さ÷2(三角形の面積)
IT革命ああ痛てぇ
立ち枯れに為すすべのないさるすべり
会社の内規でナイキが履けない
意外に胃が痛い
大阪では若井はんじけんじ、福岡ではひどい判事検事(漫才じゃのおて犯罪やて)
前妻より五歳若い後妻かな(やっぱ若いほうがええわ)
よしなさいヨシ子さん
資格はないけど四角い顔(アビバで検定)
KSDから貰った金けえすでー(返しゃぁええてもんやねえて)
日航機どこ飛んでごJAL(お公家さまのニアミス)
便(びん)名を便(べん)名と間違える管制官(ウンコに名前があるんだ)
大通りを歩くオードリーヘップバーン(ローマの休日)
キムタクの本名きむた君(へぇー知らなかった)
あれよあれよという間にアロヨ大統領(フィリピン)
今日飲んでも機能水(どうゆう水や?)
たまに飲んでも焼酎(毎日飲んどるて)
冬山登山北岳に来ただけ
介護用ベットパラマウンコベット(フランスベット)
ふるえるペンブルペン
噴火で頭が薄くなった有珠山
手放しで笑えない小話
今週末に来るコンシューマー
レストランで前菜を注文したら前妻が来た(どこから来たんや)
息していない遺体を遺棄した(死体遺棄)
異物混入逸物挿入
今夜は立ちっぱなしで立ち話
回数はあるけど持続がない(もう終わったの?)
ふらちなプラチナ
方向が定まらないさだまさし
馬の耳につぶやきしろう
川崎この先イカのさき
この世の不条理を知った騎乗位
落ち葉の舞い散る停車場は悲しい女のふきでもの(奥村チヨ)
雪が降るあなたはこな雪(アダモ)
普段から気丈な妻の騎乗位
21世紀に間に合いました20世紀梨(プリウス)
O脚とは忘れ去ることなり股開き
X−Fileを消去した没ファイル
あ、さてー、マイカルサティー
ああ怖かったコアラのマーチ
アウトドアでアウトどや(大阪弁)
あくせく働く汗くさい
あったらいいな繰り返し使えるコンドーム(貧乏人の子沢山)
あとかたもなく流されて行くシュレッツダー
アドバイザーの薦めるバドワイザー(ビール好き)
あなた画家ですか私バカです
あのおじさんそういえば総入れ歯
あのかたこのかたいかり肩(いかりや長介)
アフリカでは鼻輪が離せん
とろくさあほくさ天草四郎
アミンとは安眠できない(わたし待つわ)
アリストテレスソクラテスピテカントロプスエレクトス(世界史の時間)
あれしろこれしろつぶやきしろう
あわやのホームラン淡谷のり子
あんたとは呼ばんといてあなたと呼んであなたと呼べばあんたと答える(ふたりは若い)
あんためちゃメタセコイア(松田聖子)
あんた一人でいけ花
あんた脂肪アルデンテ(アンデルセン)
あんなこともあった東京アンナ(大津美子)
アンパイアをしているバンパイア
アンブレラソンブレラペンシルバニア
いいバッターコンスタントに打つコンスタンティノープル
イエスキリスト下記リスト
いきなり毛にいくけいこちゃんISDNはじめちゃん
いたいけのない鴻池
いたずらに我が身世にふるながめせしまに世志凡太(小野小町)
イナゴの佃煮精がつくだに
イメルダが目にしみる
ウイリー沖山とスマイリー小原の喧嘩
ウコンを飲んだらウンコが出た
うっかりするところだったしっかり者
ウラジロホオジロ坂上二郎
ええ加減にせんか千日前
えらいこっちゃ抹茶に紅茶(パチパチパンチ)
おいしい菓子おおいし歯科
オェーしている大江健三郎
オーソドックス、ルーズソックス、オートバックス
オオタカの巣に住む若貴兄弟
オーディアンスはそーでやんすでアデランス
オカリナ奏者黒高黒太郎真っ黒け
おしなべて正解押し花の会盛会
オッパイを触るならπ(円周率の問題)
おのおのがた金蔵に獅子(国府町無形民俗文化財)
おはぎでふくらはぎマッサージ
おまんこ五万個プレゼント
オムレツからオケツまで
おんぶにだっこオンブズマン
お玉が池に猫が出る(たま)
お玉が池のお玉も自立
お姉さんのつまづく花下駄で
お姉ちゃん裏地見えるよウラジミール・アシュケナージ(ショパン)
お世辞は上手いがナメクジは嫌い
お乳もみもみモンダミン
お布施はいらないフセイン大統領
お利口なオリコカード(デカプリオ)
かいいかぶりほうかぶり皮かぶり
カタカナ主食を常食にしない
カッとなる被告の性格(林ますみ)
キチンキトサンきちんと鬼頭さん
キヨスクではヨネスケを販売しておりません
きりきり舞の海VSてんてこ舞の海
キリマンジャロでやった義理まん
ググッと来てスッと引くググッと入れてスッと抜く
くさい演歌どくだみ草
くまどり姉妹
クマはエコロジー思想のメッセンジャー
グレイが好きな紅茶アールグレイ
けだるげな毛が痛くなる携帯電話
けなげな知恵は毛だらけよ
コアだから子はかすがい
こうやなけなあかん高野豆腐
ここがアンデスなんです
ここでもくびれた二段締め
こころなしかこの木なしかばとこそおぼえしか(徒然草)
ごしごしと手を洗ってみたけどしわだらけ
コツが分かる骨粗鬆症
このガラス割れてまうなぁアルツハイマー
この椅子布挟んどるカサンドラクロス
この歌下手くそナスのへた(五十嵐じゅん)
この界隈自分をなくして亭主ごみを出す
この木何の木気になるフェア
コモエスタセニョールここですか?赤坂
コモエスタ赤坂の夜は更けて
コモドドラゴンの子供コドモドラゴン
これしてたこれしでかしたしでこぶし
これボツにしてボツリヌス菌(食中毒)
これ見よがしに埋蔵金
これ着ようか高橋是清
こんな毛もある少しだけ(ロゲイン)
こんな野郎は八郎潟
こんな良い妻つまようじ
コンパクトなインパクト
ご自愛ください誤字脱字
サイを見てカバと言うバカ
さざれ石千代に八千代に八代亜紀(国歌法制化)
さしたることはないけれど親刺してしまったさしすせそうろう
シーチキンを具に入れたシーチキンラーメン
しがない人生だけど志賀直哉(暗夜行路)
しちめんどくさいこと言うな七面鳥
しっかりしました岩下志麻
しどろもどろになったアドロ
シバザクラに咲くうば桜
しめこのうさぎはずのねこ
ジャイアンツ不動のオーダー不動明王
シャチにしゃちやくな名古屋人
シュレッダーにかけられたアーノルドシュワルツネッツガー
シルバーシートもとる小錦のケツ
スイカを満腹食べてイカス笑顔
スーと現れパーと消えるスーパーマーケット
ズボラ積もればゴミ減量
すりこ木に剃り込み入れる刷り込み
セクハラで背に腹は代えられぬ
セルシオに乗っているセルシオメンデス
せんずりをかく足摺岬
そうこうしながら走行車線を走る装甲車
そーだすロータスヨーロッパ
そーでやんすオーディヤンスアデランス
そこで気になるお値段は?(6980円でのご提供です)
そこはかとないそこそこ
それはあるありおりはべりいまそかり(古文の勉強)
それはイカんとタコ
それみたことかそれみよがし
だいたいやね大腿骨(竹村健一)
たこ焼きを食べる多国籍人タコ八郎
タブンソマンアリナミン
チームプレーの珍プレー
チェルノムイルに住む人はチェルノムイルジン(エリツィン)
ツァラトゥストラはかく語らんといて(ニーチェ)
つぶ塩で顔を洗う妻ビオレで歯を磨く(よお似とるで間違えるんよ)
つるっとおいしいあんかけの時次郎(藤田まこと)
テツアンドトモなんでだろう?
デビ婦人キューリー婦人の親戚か
どういうコートやペタンコート
どういう汁やオソソ汁知る人とぞ知るオソソ汁
トウキョウトガリネズミ東京ではなく北海道に住む
ドコモの携帯どこでもどうぞ
どすはるの世界京都では
とっさに出てきたホッサマグナマグマ大使
どっちでも分かれる髪いつでも別れる夫婦
ドナーカードってどんなカード
ども出てきたよすいません(林家三平)
トヨペットトランペットオナペット
とりとめもない書留(郵便配達は二度ベルを鳴らす)
トロイで見かけたとろい猫
とんだ土壇場丹波哲朗
どんどんやってロンドンブーツ
どんなことでも心情酌んで新庄出す(野村監督)
トンネル掘ってまた寝とるネルトン軍団
なぜあるの誰驚くの養老天命反転地
なりふりかまわず在原業平
なんじゃこの毛は鴻池
ノストラダムスの大予言賞味期間が過ぎました(1999年7の月)
のど自慢荒らし座敷わらし
のりきれないやりきれないせつなさはかりしれない
のれんには乗れん
パーが出ずチョキも出ないがグーも出ず
バイアグラマグワイアが倍いるわ
はかない人生墓がない
パジャマ着た山田が邪魔だおじゃま虫
ばっかり感じるゆで卵
バックモニター機能でバックオーライ(トヨタ)
バッターを歩かすピッチャーアルカンサス
バットスイングが踵にかかる
バナナを食べてハバナへ旅行
はばかりに落ちた名ばかりの父
はばかり者は厠の徳兵衛
ハワイアン腰振るなワニ
ハングル語で半熟卵はむきにくい
バントの極意芯をはずす肩はずす
ひしして獅子文六
ピタピタ当たるアピタ駅前店
ひとよひとよに人身御供(2の平方根)
ひみつのお別れあっこちゃん
フォーク投げよスプーンも曲げるユリゲラー
ふじさんろくにオウム真理教(5の平方根)
フランク永井フランクな害
プロセスを楽しむプロミス
ペーパー試験だけで合格する林家ペーパー子
ベタベタしゃべるなジベタリアン弁当も食べるジベタリアン
ヘッドを返さず面で打ったら顔に当たった(デッドボール)
ペンタゴン日本の中ではタンスにゴン
ベンツが変だメルセデスヘンツ
ほうかぶりをして振りかぶるピッチャー
ボウフラが傍若無人に棒読み
ホーホケキョいつもさえずる隣の山田君
ホが出るへが出る鼻毛出る
ボサーとしている観音菩薩
ホテトル嬢が顔ほてる
ほらホラー映画
ほんでなんやったの本田のおばさん(用のない電話)
マインドコントロールコレステロール(オウム真理教)
マウンド上サムソンリーという名のホームレス
マグワイアくわえるタバコマグパイプ
マグワイアビール飲むときマグカップ
また出たかお玉が池の親分さん
また来たなまだ汚いなたまに来な
みだらな見出し身だしなみ
むくぐらいあんた自分でやれるでしょ
むせかえる冷やし中華
もうすっかりワヤですわワイヤレスマイク
もうちょっとこましな女おらんのか
もう既に限界にある玄界灘
もう恋なんか下はないのさ(黒い花びら)
もっと真剣にならなあかん進研ゼミ
ヤセガエルどこへ帰るか父帰る(菊池寛)
やっぱりこの辺ジミーヘンドリックス
ややこしい所に毛まるけ
やるせないナスやるせなす
ヤンバルクイナエサ喰いな
ゆとりが広がるユトリスト
よう知っとる洋式トイレ
よせ見たことかヨセミテ公園
よってたかって吹田市たたいてどづいて四日市
リストラで開くレストランはリストラン
リストラ菌日本全国大流行
リスと虎ならリストラで栗とリスならクリトリス
リモコンで動くロリコン人形
ロンドン橋渡ろうとして落ちちゃった(老朽橋)
唖然呆然静御前
虻蜂取らず油取り紙
安っぽい貼るな980円
伊豆鉄の踊り子
囲炉裏端のない炉端焼き
違います一般の人金田なな
違うでしょあけみちゃん
井の中の蛙大海を知れず(無理だろ)
一押し二押し三善英史
一夏しっかり蚊を落とす毎日しっかり垢落とす(清潔好き)
一球入魂抜いた球
一級のたわけ養子以下
一言もない妻の家出(サボテンの花)
一足二足三橋美智也
一族郎党路頭に迷う
一打席そんな駒田に困ったな(桑田)
一度は食べてみたいなオニオングラタンスープ(グランドホテル)
一番絞りやすい球一番絞り(キリンビール)
一富士二鷹松たか子
一服で満腹せずにご立腹
一毛二毛三毛猫御三家
一目瞭然一同騒然一物勃起
飲み過ぎてろれつ回らぬ呉越同舟
雨降って雨水溜まってたまり醤油
雨降って地固まらず土砂崩れ
雨降らず葉っぱしなしなシナの夜(渡辺はま子)
駅の喫茶店で電車の逢い引き
駅弁和田勉大阪弁
延長しまっせ引越しのサカイ
演出家和田勉海苔弁ベートーベン
煙草はきちんと灰皿へ亭主はきちんと墓場まで(キチンキトサン)
猿も木から落ちると怪我をする
奥深い奥の細道幅狭い
押さえるところはちゃんと押さえる差し押さえ
押したらあかんやしきたかじん
横顔に積んだものがあるツンドラ地帯
黄昏にゆれるまほろばクリスタル
黄昏の中で振り向くペルシャ猫
恩みて知るかかわせみ御宿
音に聞こえた音沙汰のないお父さん
下戸の下校時間(あちこちでオェーが始まります)
下手な鉄砲数撃ちゃ当たるかもしれない
下地からくる乳液
何かヘン訳して言えば何かめんどり(辺見まり)
何か見返りが欲しい見返り美人
何か変山本ヘンダ困っちゃう
何でも貸します近藤産興ついでに女房お付けして
何で刺すのかサスペンス
何の方針もない放心状態
何んで額を出すのか五輪真弓
何遍トイレに行っても軟便
何遍も聞いとるソンドンヨル
何遍言っても分らんで猫に説法鳩に鉄砲
価値観が合っても痴漢に遭わず
加勢大周の集大成
可愛さ余って憎さ110番
可憐な花は枯れん
夏祭りミスゆかたミス夜鷹(ああよかった)
家庭でLANする家庭内乱
家庭崩壊学級崩壊ああそうかい
家内安全家内の家出
歌ってよ夕日の歌を割ったってよ朱鷺の卵を(森山良子)
火照るホテトル嬢豚まんになる
華やぎの中における青柳ういろう花柳界
課題を昇華する消化薬(アーすっとした)
過去から逃げてくる人あんた一体何人や(未来人)
過去は垢と一緒に流してね
過去振り返りつつかっこーの声を聞く
塊の中の溜まり
怪物×天才さて私は誰でしょう?
皆様に推薦できる水洗便所
括弧書きがすっと出るカッコウの巣の上で(格好つけるな)
鰹節から出るヒメマルカツオブシムシ
寒い日はさっぽろがでる札幌
寒ない侍マネーサプライ
完封したがご立腹奥さん死んでも愛妻家(星野監督)
甘いドイツワインの屍
甘党の虫しるこ虫
紀藤の力投
記録しない質舘ひろし
吉本のお薦め「みかんどりんくでんねん」全部ひらがな読みにくい
逆玉に乗る玉の輿(大澄賢也)
急カーブ曲がりきれなくてお上がりやす
急遽来た窮鼠慌てて猫を噛む
泣かないで睫毛がうれてる(フランク永井)
球が高いわ玉川カルテット
牛小屋でウサギの婆さん憂さ晴らし
居りたい所に居りたいと在りたい所に在りたいと思う欲望の電車
居酒屋で牛たんをたんと食べたらたんが出た
競馬は一着流し演歌は着流し一番
共有する巨乳を二人で揉む
狂人廃人が習う狂俳講座
狭いけど名鉄電車はよい電車
驚いた見たか聞いたか松たか子
驚いた子のように湧くボウフラ
玉石混淆金剛峰寺
玉石混淆青木昆陽
緊張してどきどきしている朱鷺の雛(土岐市の土器)
近所の子利発には見えないけど活発
金がない運がないと言うひと骨がない(軟体動物)
金箔打ち紙製法油取り紙
銀行の融資係遊子悲しむ
苦節十年黒光り擦り続けて皮剥けた
隅が好きなの坂本スミ子
屈折した骨折
靴下を履いた屈辱の日々(長靴を履いた猫)
靴擦れを道連れにした二人づれ(親子づれ)
靴脱いで靴下脱いでくつろぐか
栗頭先生二頭身
桑田一球ダイヤルQ2
桑田粘投ねばねば納豆
桑田粘投念頭に置いて甘納豆
傾いて考えるカエル
系統を間違えた継投策
警察犬鼻をかざして嘉左右衛門
軽いもんだよ息止めるのは死ぬまで止める肺活量
穴のあいた靴を履いたアナーキスト
月見草あなたの後ろでそっと咲く
健康のためなら死んでもいい
喧嘩の後は口聞かぬ短くて3日長くて3年(夫婦喧嘩は犬も食わぬ)
拳銃をビールに入れたマグナムドライ(サントリー)
検索で添削森田健作
犬と言えばジョン万次郎
犬はキャバリア車はキャバリエ
犬も歩けば棒に当たることがあるかもしれない
五月雨の中で食べたもみだれ焼き肉
五穀豊穣商売繁盛子孫繁栄
五者連続三振五社英雄
午前9時猫の毛をとく景徳鎮
後から笑えるこの静けさ
後悔となった航海ただ今公開中(タイタニック)
後楽園の隣にある失楽園
光り物は嫌いなのと言った宇多田ヒカル(16才)
公園でセーラー服を着たダックスフント
公衆の面前で口臭がする
好むと好まざるとにかかわらずざるそば
幸福銀行から送られた不幸の手紙
広報に語らす野球投法
絞りやすい有松絞り
綱渡りだよ人生は
香にまみれた香西かおり
高みの見物高峯秀子
高山線言うこと聞かへん軌間可変電車
高倉健という名のタカクラ犬(元は柴犬)
高齢の朱鷺の名前は「きん」だった(キンさんギンさん)
国会で答弁をするベートーベン
国民性として隅に寄る日本人
国木田独歩鳩ポッポ
腰をひねってひねもすのたりのたりかな
今かんだなんだかんだで鼻かんだ
今だけの今時(期間限定)
今起きた早朝より挿入
今時の若者首から下げてる携帯電話
今度の選挙マケインなんかに負けいん(ブッシュ)
今日お便りを頂いたのはペンネームあそこの珍味さんです
今日の出来はまずまずマンズワイン
今年還暦来年棺桶
佐渡トキ保護センターで謎解き
挫折骨折排泄貞節
再び遭うまでのマタタビ
最高傑作最高セックス
妻のうたた寝笑いもあるが悔いもある
妻の寝顔色気消滅枯山水
妻の川柳脈絡のない駄洒落
妻の留守半年経っても妻の留守
妻の話す京都弁「どす」と「はる」をつけるだけ
細いくせに精力絶倫
阪神タラスコタコスにタバスコをかける
昨日まで置き去りにされた時間の言い訳
桜島のどか灰はよかばい(九州弁)
鮫肌男に惚れたもち肌女(桃尻女)
三つの袋を大事にするお袋胃袋池袋(堪忍袋)
三大仏奈良の大仏鎌倉の大仏うちの大仏(ぶつぶつ言うな)
参らせ候僕早漏
参考にしながら一個二個サンコン
山上憶良イクラ丼それいくら(歌人)
酸いも甘いもかき分けて
仕事を取るか小言を取るかどちらを取るか藤原紀香
使い勝手のいいピッチャー使い勝手の悪い水差し
史上最大のミニサーカス
四角四面の青い三角定規
四十八手じゃないよ四十八茶150円
姉ちゃんは何も思わず歌歌う
子は春日井市春日部市
子供では怖くて行けぬ神楽坂(芸者の子)
子供の芽ばえ教室おじさんの毛はえ教室
市川歌右衛門三頭身
思いのままに書き留める女のため息
私が休むと会社は動かない誰か電源を入れろ
私だけだよこの世界風の吹く日は風に吹かれて
私のこと忘れてください留守番電話
私の相棒アイボ君(It'saSONY)
紙とメモそれ違うでしょメモと鉛筆
時間にルーズなルーズソックス
時間よ止まれ、おまえの息の根止めたろか
時代のいたずら流された流し目の女
自転車で動くビアガーデン
自分のペースで知る自分のペニス(ベニスに死す)
自分を酷使して国士無双(徹夜麻雀)
自慢たらたらタラバガニ(スケソウダラ)
七不思議林真須美なぜ痩せぬ
失うものを全て失った失楽園
失われた砂漠の幻影失楽園
社会に穴を開けるアナーキズム
若いのに服装地味ねジミーヘンドリックス
主婦に受けます松坂君付き松坂牛
守も攻めるも黒鉄ヒロシ
手厚い看護で手が熱い
手直し世直しお色直し
朱鷺の雛孵化してフカフカ3倍に
趣旨に賛同開け産道(産みの苦しみ)
酒と女は二ゴウまで
週末の解放された気分解放軍(コソボ自治州)
十字架を背負うもう10時か?
十字軍遠征10時から(時間厳守)
出会いから結婚へやがて離婚へ
春は曙死んではる
春は曙太郎清少納言いとをかし
春先の奇抜な選抜高校野球
春眠暁を忘れた
純粋の雑種犬ほど丁寧に吠えます
処女膜を破る幕張メッセ
処女膜を破る名古屋モード膜園
傷しとる正体不明の退屈男
勝つための味噌みそかつ
勝っても負けてもマケドニア
商売は飽きない
小さいけどやるときは桁違いに大きい
小渕総理公賓としてコーヒールンバ(西田佐知子)
少年老いやすく学園広場(舟木一夫)
松島やああ松島や高島屋(バラの広場)
消極的なものを消去した焼却炉
笑うなら笑わば笑え大わらわ
笑ってよ夕日の歌を(森山良子)
上の宮三ノ宮から和宮(ぴんから兄弟宮史郎)
上挙げるウェア
上出来の出来物が腫れ物に触る(痛い女)
上善は水の如し饒舌は泡の如し
場数のカズちゃんラーメン屋のむねちゃん
常時携帯所ジョージ
情報公開腰上げる
食べてよ綿菓子の私
食べると罰が当たるぞバチマグロ
食べる活性炭息の匂いを消す
食べる前に匂いを嗅ぐな長渕剛
寝ずに迎える根津甚八
寝てくるわ明日を夢見て墓場まで
寝てはると思ったら死んではる障子張る
寝耳に水だった利き水コンテスト
心に余裕を持つ前に生活に余裕を持て
心中心外洛中洛外
慎重に洋服を新調した古今亭志ん朝
新井さんがたらいで手洗い
深いしじまに深い皺(加山雄三)
深山幽谷の鳥クマタカたけし軍団のガダルカナルタカ
神様に柏手を打つ柏餅
人はこだわりの中にある塊
人はパンのみに生きるにあらずご飯も食べる(日本人)
人間はアシストする葦である
人間は考える葦であるお足が出る
人間万事裁縫がうまい
人生を棒に振ったコンダクター
人前で上がらないアガリスク茸
尋常じゃない人が通う尋常小学校
水戸黄門これが見えぬかミトコンドリア(サンガリア)
水漏れを直すフランソワーズモレシャン
数分で応分の料理が出来るオーブントースター
雀の子そののけそこのけあそこの毛
瀬川暎子私の前世牛でした(モォ〜)
成瀬家の長男否応なしに正応(享年75才)
成長の証し明石大橋
成長を止めたくなるようなライオンの子供
成長を止めた生長の家
政界の失楽園カップル盛会に披露宴
政界の重鎮外でフルチン
星が見たいと懐中電灯を持っていった妻(七夕の夜)
正常位わたしゃ上乗る神田うの
生き返るヒキガエル父帰る
生前にご飯を食べるご仏前
生薬の入ったシャクヤクエキス
西の窓は開かないでください余計な金が出ていきます(そんなことあるか!)
静かなシーズーがシースルー
静止した生死をさまよう精子
昔の道路工事シャベルだけ(漫才師)
石の上にも三年虫の上に三文字
石井浩郎一振りにかける永谷園
石橋を叩いて渡って橋落ちた(石橋貴明)
籍には入れないが性器を入れる相手が欲しい
赤リス新庄いかり肩ピンリス井上ゴツイ顔
川上憲伸上杉謙信武田信玄
戦争が終わってあさくさ浅草寺
洗濯機比べて選んだ二漕式
前がかゆい前書き脳がかゆい能書き
前を開けてください、ジッパーをおろす
全ての野球少年のために相撲中継
全然出んデンデンショップNTT
操縦桿を握る挿入感
窓を開けすぎ高杉晋作
走攻守三拍子揃った三銃士
足が地に着かない人浮遊人
足の指に挟んだるサンダル
多機能ふきん多臓器不全薪能婦人
多分そうであろう勤王の志士
太った人のための腹一杯運動
打たせてとるのが生命線知能がないのに頭脳線
打った瞬間に分かる瞬間湯沸かし器(松井ホームラン)
打者走者ださそうさ(山本の解説)
体の線を見せたい二世帯住宅
体温の高い高血圧
待ち合わせ5時でどうでしょ誤字脱字
大阪体育大学縮めて読めばだいたいやね(竹村健一)
大婦人服祭は臭い
棚落ち肉落ち下落合
誰が住むのかエンピツハウス間口狭くて奥深い
誰一人いない男がここにいる(透明人間)
淡谷のり子の大惨事
男は黙って寡黙ご飯
知る人ぞ知らん
恥ずかしい値札を取ってよ980円
着の身着のまま木の実ナナ
着物に着慣れてない人着られてる
中盤に来て東京キューバンボーイズ
中尾みえ丸見え
虫は無視して虫の息
丁寧に「お」をつけました万古焼き
朝早く麻原彰晃こと松本知津夫
蝶よ花よとおだてられた猪鹿蝶
超薄へらへらコンドーム(近藤正臣)
長身バッター調子いいバッター(銚子出身)
長島監督つばを飛ばしながら檄を飛ばす
鳥目の人のとりとめのない夜
釣り具は釣り具の上州屋お前も相当悪じゃのう
亭主の代え時考え時
貞操を試して遠征十字軍
摘出手術てきしちゅしゅじゅちゅ(脳死移植)
天は自ら助る者をたすき掛け(交通安全)
天は人の上に人を作らず人の下に人をつく
天は二物を与えず汚物を捨てる
天然温泉に入った天然ボケ
天地神明に誓って養老天命反転地
店員を冷やかしに来た冷やし中華
転んで骨折る二重奏
点数だけが一生じゃないてんとう虫
田んぼに勇気を有機米
電信柱に染みついた犬のおしっこ(大阪で生まれた女)
電話話し中華丼
登録抹消末梢神経
働けど我が暮らし楽にならざりじっと手を見るしわだらけ
童が食べるわらび餅
童顔というより魚顔
読みがちな読みあながちな穴
突起物に触った勃起物
豚に真珠の首飾り
豚に真珠ブスに数珠(南無阿弥陀仏)
豚もおだてりゃ木に登ることはない
二つ違いの兄さんとコンビを組んで60年(夢路いとしこいし)
二階に上がって飲む二階堂
二人でひとつの勝ち目がない
日の位置九ノ一座頭市
日々暇人月下美人
猫に小判鮫
猫の紐買う首しめる
年寄りが語る時事放談おばば利得
年寄りをたわけにするとバチ当たる犬も歩けば棒に当たる
悩みつきないなみはや銀行の不正融資
脳がかゆい能書きはいらない
馬脚をあらわす滝沢馬琴
馬鹿馬鹿しさの中に真実がある若々しさの中にハゲがある
馬並に食べるしまなみ街道
梅がほころぶ梅毒がはびこる
買い物をして開門を待つ
白い妖怪鈴木その子(ベラ)
薄氷を踏む思いで脅迫をする
発毛剤毛が生えてすべり出し好調(リアップ)
反省の中で半生を送る
板チョコ生チョコ生板ショー
美容院ではありません「おぐしクリニック」
鼻づまりで息詰まった人生明日はない(花粉症)
鼻の下鼻糞のようなほくろ
鼻毛が6本あるバカボンのパパ
表裏一体三位一体一体全体何なんや
品がない頭が悪い芸がない(ヒロミ三悪態)
貧打戦連打出たけど山本ヒンダ
敏感な人がゴミ出す瓶缶デー
不可能を可能にする加納典明
不戦勝が終わって僕らが生まれた(戦争をしらない子供たち)
不用意だった用意周到
不倫は風鈴(不倫は文化じゃねえの)
夫婦喧嘩打算が働く八甲田山
普通電車に乗らないと普通の人間に遭わない
浮かぶ瀬もあれソーダフロート
父と母が屁をするママスアンドパパス
父はシマウマ母はロバ私はシマロバしわしわ老婆
腐っても鯛食べて食中毒
武芸川を渡る忍者武芸帳
部屋を暗くしてクラークスをはく
風疹を患った風神雷神を連れて来診
風神リムジンイソジン(イムジン河水清く)
風呂を見るプロミス
風呂水を止めてプロミス息の根止める
腹痛いだすステイタス
分からぬところが味噌醤油たまりもあるでよ
分別のない分別回収
文系、早慶、包茎(都の西北)
文字がのるわたしゃ上のる神田うの
並の新人ではない特上の松坂牛(松坂大輔)
防犯カメラに写ったキツネ目の猫
北紀行の途中の換気口
朴葉味噌を頬張る人を葬る
朴訥な人が木刀を彫る
本能のままに挿入した本能寺の変
麻呂といえばマロングラッセ
毎度おおきに天童よしみ昔のよしみ
味なたこ焼きいなせなイカ焼き
夢の途中考え中
目が金魚鉢
目でものを言う茶縞猫
目で殺す洞察力
目に青葉山ホトトギス初日の出(めでたい)
目に油山ホトトギス初鰹
目の下にマク
目印にリボンをつける団体客
目先変わって岬巡り
夜のキタキツネ首に発信器
野球中継展開(体位)により随時挿入
野暮な説教するんじゃないがここらは近頃ぶっきらぼうだ(これも若いお巡りさん)
矢を射ることもやぶさかでない流鏑馬
癒し系から肥やし系
優等生特待生同級生
憂国というか有価証券
有利不利もあるユリゲラー(スプーン曲げ)
湧いている温泉小湧園
遊ぶ運ぶ転ぶキューブ
夕刊取ってくる有閑マダム(マダムジュジュ)
誉め言葉しか言うことないのかグルメ番組
揚げ足取って虻蜂取らず
用意周到春夏秋冬嫁と姑
葉書から知は出ませんが歯茎から血が出ます
養老天命反転地養老短命反感地
落書きするな洛中洛外図
乱暴なLANボード
利き酒をする人聞く耳持たぬ
隣の茶瓶ハゲちゃびん
礼を尽くす会社礼を尽くす車一同礼
鈴木その子素顔が見たい怖いみたい
浪花節だよ鰹節
老け顔と言うより捨て顔
老け顔は老いてから若く見える
老猫が唱えるぎゃーてーぎゃーてー般若心経
老婆が乗るローバーミニ(ロバの耳)
和歌もあるバカもあるけどタワケもある
痰を吐いたのに端を発した事件
皺だらけの手でシミだらけの顔をなでる婆さん
睾丸に効く抗ガン剤
蘊蓄を傾ける含蓄(猿岩石)
蠅に好かれて法善寺横町
逡巡の中にたたずむ猫がいる
軒先で風鈴の声風林火山
元日にチャック閉まらぬY2K(それYKKだろ)
我思う故にわけあり

■ あほくさ川柳・俳句 ■

丸猫が背伸びひとつして出てかはる
つらきこと週に二日の休肝日
狂牛病の牛肉食べたら巨乳病
瀋陽で信用落とす外務省
嘘つきと言われ激高ムネオ節
ビンラディンどこに隠れ家アルカイダ
テロリスト命の軽さが武器になる
外務省汚れ拭くまで伏魔殿
見て殺す右バッターのインコース(掛布)
ジベタリアンいつかあんたもオバタリアン
広がるよ以心伝心じんま疹
折檻とワイセツに泣く幼児かな
テロリスト捕らえてみれば便秘もち(重信房子)
階段にたたずむ思い猫の尻
「ふんふん」と話を聞かず鹿の糞
「旨い」の他に言うことないのかグルメ番組
50を過ぎた同窓会男と女に火がついた
6ヶ月の辛抱じゃねえか発毛剤(ロゲイン)
8時半香取よ今夜は誰出すの?(長島茂雄)
NATO軍懲らしめるつもりが困った事態
アカシアの雨に打たれてずぶぬれだ
あっち行くよついてくるのは犬かしら
あの人と暮らしたこともある神田川(思い出は美しすぎて)
あの人に送られた笛ナマで吹く
あれしろといいつつそれする曽根史郎(若いお巡りさん)
いい打球当たったところは土手ですね
いつくしむ心が育てる草木花
いにしえを振り返るな未亡人
うちの猫仕事ないのか狂い合い
うまかったふぐの煮こぼれ金箔入り
うんうんと兄妹のようにうなづく老夫婦
おじゃま虫いっていいのか横浜へ
おはようと朝のご飯が子を救う(どっかで聞いたなぁ)
お手軽に電子メールで婿選び
カラオケで朝から演歌それでえんか
きつね目の女はきついとよく閉まる
くたびれた中に我あり今日の朝
ぐちぐちとなってしまった妻の口
こどもの日無理矢理言わせる「たのしいね」
このあたり奇人変人田んぼの人
こんだけの献立だけど今夜だけ
ご町内にぼけかますような人いませんか
ささないで赤いペンシルアンブレラ
シーザーを後に向けて離婚かな
しじまの中でクソあくびしてはるきじま猫
しゃがみ込む蹴飛ばしたろかジベタリアン(駅前広場)
しゃっくりの出た次の日は胸焼けよ
しゃっくりは飲み過ぎシールの裏返し
しゃっくりを止めるつもりで首しめた(合掌)
スタジアム何処に止まるかはぐれ蝉
セックスに異常な妻の正常位
セルシオに若葉マークは恥ずかしい
その昔チューブで食べたチョコレート
そんなもの大丈夫と言いつつ捨てた恋
タクト振る柔らかすぎるコンダクター
つらいけど何のこれしき荻野式
デビ婦人隣に座るデブ婦人
ドア開けて後ろ振り向く勝手族(いやし)
どうせならパンツも降ろせルーズソックス(援助交際)
とこしえを久しぶりに聞く死語の世界
ドコモの携帯どこでもどうも
ドブ掃除何とかしてよ赤ら顔
パソおじは高速道路でインターネット
ピーカンの空を見あげてハーブつむ
ふたり酒夫ひとりで覚醒剤(逮捕の知らせで舞台キャンセル)
ボケ顔に舌出して寝る老いた猫
マイナーを解雇になって繭作る(野茂)
まだいいよ子供信じて圧迫死
まだ来ぬと思えばチュンチュンここで鳴く
ミツバチが羽根を揺らしてホバリング
ミャーミャーと名古屋弁で鳴く家の猫
よくできた土編で書く不垢不浄
わが亭主うっとうしいでほかってこ(粗大ゴミ出す日)
悪役という商売があるのか犯罪者
安上がり我が家でできるディナーショウ
一気呵成怒濤の攻めなくホァボール
一人でも出るとこに置いて社会人
一生を男知らずに暮らす猫
飲んじゃ駄目妻は言うけど二階堂
雨に打たれ今日花散るサツキかな
雨の午後晴れたら変えて鈴の音
雨の午後窓にへばりつく落下傘
雨の日に庭に出て聞くブラームス(ブラームスはお好きですか)
嘘つくの?ほんとは私幸せよ
奥さんがいながら外でバイアグラ
何かする↑おじさん族も語尾上げる(おばさん族は当たり前)
我が家の庭から見える静止画像
我が子でも生む苦しみのない俳句かな
我が庭も彩り鮮やかガーデニング
供え物を前に恥じ入る地蔵様
禁断の果実をかじって歯が折れた(エデンの東)
銀婚式なんでいるのよ住民票(離婚届)
見上げれば雲の左に赤信号
呼びかけてしっぽ振るだけ脳がある
行間に思いを入れて抜けられず
今まさに暮れようとするヨーロッパ
参ったかと言った相手に参られた
子の姿親の姿の裏返し
時代劇着物が似合う三頭身(市川歌右衛門)
出来過ぎた文章を咀嚼してかみ殺す
女子高生「うっそー」だけで会話通じる携帯電話
少子化に拍車をかける虐待死
上司とは一緒に飲みたくない症候群(新入社員)
針すなおどうして10点出さないの(紅白物まね歌合戦)
人はパンのみに生きるにあらずホームレス
人まねを作っているうちにオリジナル
生前に墓ができたがはなかない人生
石鹸で顔を洗うと気が狂う
早く起き昼寝している勝手族
息してもため息の出る鼻炎かな
貸し渋りしめこのうさぎノンバンク
探しても図鑑にない貧打竜(中日ドラゴンズ)
庭に出ておしっこのあと猫も見ず
庭先でミミズのめがね真っ黒け
電車の中揺れる口紅真っ赤っか
湯を入れて金魚死んでる金魚鉢
陶芸で手拈りしながら腰拈る
頭前え後ろ取らして猫の爪
日が射して猫あくびする妻の留守
八二の焼酎を飲む酔っぱらい(アル中)
発毛剤ロゲインつけて髪アゲイン
不垢不浄伍代夏子と打ち合わせ
付けないで笑いが付ける子の名前
老夫婦夫唱婦随で負傷する
部屋の奥冬日差し込む妻の留守
風なくて飾りになっても風見鶏
片隅でそっと花咲く老いた猫
亡くしませんネームの入った総入れ歯
麻呂眉で駅まで来れるかこんな顔
味噌汁だけで食事をするな永谷園(視聴者の声)
無駄花を咲かせて今日も昼寝かな
野鳥の会リュック背負って双眼鏡
夕暮れに舌なめずりする半パンツ(大月みや子)
夕暮れに並んで走る流れ雲
鈴虫をいじめて鳴かす小学生
老いた猫妻の枕で高いびき
老人に枯葉マークがよく似合う
老夫婦リュック背負ってウォーキング
老夫婦三歩下がって散歩かな
洗濯機二漕式よりお葬式

■ ばかくさ狂歌・和歌 ■

B型の岡本夏生趣味は猫マダムナンバー13番(元レースクイーン)
あおによし奈良の都の八重桜今日九重ににおいぬるぬる(読み人知らず)
あれしろと言われてこれして叱られたそんなことならそれしてた
お兄ちゃんどこから来たの大阪か?違うすぐそこ大垣や(岐阜県民)
お湯かけて揺さぶりかけて振りかけて今日の朝食永谷園
すねて咲いても赤い花上で見ているアゲハチョウ
ひどい顔アンパンマンからゴリラまで立浪だけが顔がいい(中日ドラゴンズ)
ファイト一発リポビタンかえってよけいに疲れるよ
ほんとにここで咲いてるの半年遅れのシクラメン
ワイン飲み午後のひと時くつろいで電話のベルも夢の中
学校に通う姿ランドセル雀チュンチュン子らもチュンチュン
輝いた時もあるというのに日陰坂とぼとぼ歩く下り道(私の人生)
白露におのが姿をそのままに紅葉におけば紅の道
富有柿しかない糸貫に鐘が鳴るなり仏生寺
隣の後家さんゴケミドロ今日も階段でこけてはる
隣の子供声でかい家まで聞こえるこだまひびき(漫才師)