ねこさまQ&A

HOME
目次

〈1〉ネコの本能と習性
狩猟本能、運動能力、習性、睡眠など

〈2〉ネコの不思議な行動
予知的行動、自傷行動、過剰反応、貯食本能、帰巣本能など

〈3〉ネコと飼い主のコミュニケーション(1)
ネコと人間の関係 ゴロゴロ、スリスリ、モミモミ、ネコのおみやげ、わがまま、好き嫌い

〈4〉ネコと飼い主のコミュニケーション(2)
自己主張、爪とぎ、咬み猫、環境の変化、家族の変化、動物の友達、飼い主の出産など

〈5〉ネコのからだと感覚
感覚器官(鼻・目・耳・舌・ヒゲ)の働き

〈6〉ネコの心理と表情
シッポの働き、鳴き声、表情、体の動きと心理、知能

〈7〉ネコと仲良くなる方法
おもちゃ遊び、部屋の遊び、映像、しつけの仕方、鏡テスト

〈8〉ネコの健康管理
危険な食べ物、病気の発見、老化現象、年齢換算、犬猫病院のかかり方、体温の計り方など

〈9〉ネコの結婚・出産・子育て
性行動、妊娠・出産、子猫の成長、親子の本能、子猫の教育、子猫の遊び

〈10〉ネコ同士のコミュニケーション
テリトリー、マーキング、ケンカ、優劣関係、猫の集会、社会行動など

〈11〉ネコのルーツと種類
猫の祖先、日本猫のルーツ、純血種の種類と性格、長毛種、短毛種、三毛猫の性別など



 ネコに関する疑問に答えます
〈8〉ネコの健康管理

ネコに人間と同じ食べ物を与えても大丈夫ですか?
ネコが部屋に置いてある観葉植物をかじって食べることがありますが大丈夫でしょうか?
ネコの病気を早く見つけるにはどうしたらよいのでしょうか?
では、病気のサインにはどのようなものがありますか?
ネコも年をとると痴呆になりますか?
ネコの老化現象はどのようなものですか?
年寄りネコに気をつけることはどんなことですか?
ネコの1歳は人間に換算すると何歳ぐらいになるのですか?
獣医さんに診てもらうときに心がけることはどんなことですか?
ネコの体重、体温、脈拍などはどうやって調べるのですか?
外に出かけるネコは病気やケガなどが心配です。気をつけることはありますか?

Q:ネコに人間と同じ食べ物を与えても大丈夫ですか?

A:かわいい猫にねだられると、つい人間の食べ物をあげたくなるものですが、人間の食べ物は、猫にとっては塩分や糖分、脂肪分などが多すぎ、健康にいいものでは決してありません。人間には問題がなくても人間より体がはるかに小さい猫にとっては問題となる食べ物がたくさんあるのです。人間と猫は違う動物、だから食べ物も気をつけるということを忘れず、人間の食べ物をむやみに猫に与えないようにしましょう。
 次のような身近な食べ物もネコにとっては危険です。
・アワビ---------アワビに含まれる物質が皮膚の炎症を引き起こします。
・アジ、サバなど---与えすぎると黄色脂肪症という病気の原因になります。
・タイや鶏の骨----骨がかたく、折れて喉にささるおそれがあります。
・豚肉----------生の肉にはトキソプラズマという寄生虫がいます。
・牛乳----------乳糖を消化できないため、下痢を起こしやすくなります。
・ネギ類---------赤血球を壊し、貧血になります。
・タコやイカなど----消化不良を起こします。

Q:ネコが部屋に置いてある観葉植物をかじって食べることがありますが大丈夫でしょうか? 

A:植物のなかには猫の胃腸の調子を悪くさせたり、ときに中毒を起こす原因となる物質が含まれているものも多くあります。ペットに有害な植物は700種以上もあるといわれています。猫はたいてい、自分で選択して草を食べますが、注意したいのは、室内に置かれた観葉植物です。猫が退屈したり、植物を非常に欲しがって、有害なものをつい食べてしまう可能性があるので注意しましょう。
 猫にとって有害な物質が含まれている主な植物に次ようなものがあります。
(特に有害なもの)
アジサイ、アマリリス、オシロイバナ、キョウチクトウ、クロユリ、ジギタリス(キツネノテブクロ)、シクラメン、シャクナゲ(ロードデンドロン)、ジャスミン、ショウブ、ジンチョウゲ、スズラン、タマネギ、ツツジ、トリカブト、ニンニク、ヒヤシンス、ポインセチア、ホオズキ
(有害なもの)
アネモネ、アンズの実、イチイ、梅の実、力ラジウム、ゲッケイジュ、サクラソウ、シャクヤク、スイセン、ソテツの実、チューリップの球根、チョウセンアサガオ、デリス、トマト、ナンテンの実、ヒイラギ、ヒナゲシ、フクジュソウ、ヤツデ、ラッパスイセン、ルピナス

Q:ネコの病気を早く見つけるにはどうしたらよいのでしょうか?

A:人間なら、足が痛ければ「痛い」と言葉で訴えたり、泣き叫んだり、足を引きずってアピールしたりしますが、猫は言葉で具合の悪いことを伝えることはできません。猫にかぎらず、動物は一般によほどひどくならないと体の具合が悪いことを他人に見せることはありません。痛いからと鳴き叫んだり、オーバーに足を引きずっていれば、敵に弱っていることを知らせるようなもの。敵に攻撃される危険を避けるためには、多少体調が悪くても元気なふりをしなくてはならないのです。
 このように、猫は弱みを見せたがらないので、飼い主が発見したときには、すでに症状が悪化していることがあります。しかし日ごろからよく猫を観察していれば、早い時期に病気のサインを見つけられるものです。せきやくしゃみ、鼻水、下痢など、目に見える異常だけでなく、いつもより食欲がない、あまり遊びたがらない、ずっと暗い場所で寝ているなど、ちょっとした行動の変化も見逃さずにすみます。
 日ごろから猫の様子によく注意し、猫がさりげなく出しているサインをいち早く発見してあげるのが、飼い主としての責任です。

Q:では、病気のサインにはどのようなものがありますか?

A:猫のこんな異変に気づいたら動物病院へ連れて行って診察を受けてください。
・耳を掻く
・外耳が汚い
・頭を振る
・耳の皮膚が腫れる
・耳やまわりの毛が薄くなる
・体をかゆがって掻く
・食欲がない
・元気がなく、うずくまったまま動かない
・毛づやが悪かったり脱毛する
・いつもより暗く、冷たい場所で過ごしたがる
・おう吐や下痢、便秘が続く
・目ヤニ、目の濁りが見られる
・瞬膜が出たままになる
・くしゃみ、せきが出る
・呼吸が苦しそう
・鳴き声がかすれる
・鼻水が出る
・オシッコをしようとするが出ない
・オシッコの色が赤い
・お腹がはっている
・異常に水を飲みたがる
・急にやせたり、太ったりする

Q:ネコも年をとると痴呆になりますか?

A:猫の寿命は17〜18歳、平均寿命は13歳くらいといわれますが、最近は予防接種による感染病予防の普及や健康維持に対する飼い主の意識の向上により、20歳近くまで長生きする猫も多くなりました。そのため猫の世界にも高齢化の波が押し寄せてきたといえそうです。年をとると猫にも、視力や聴力などの五感が衰える、眠っている時間が多くなる、動きが鈍くなるなどの老化現象が起こってきます。人間と同様に、痴呆症状があらわれることもあります。
 痴呆は脳細胞が破壊されて記憶や学習などの知的な能力が失われ、脳の活動が、本能を中心とした原始的なものへと戻ってしまった状態です。犬の場合はしつけを忘れたり攻撃的になったりすることがありますが、猫の痴呆症状はあまり目立ちません。ただし、名前を呼ばれても反応しなくなったり、食べ物に異常に執着したりすることがあるようです。

Q:ネコの老化現象はどのようなものですか?

A:ネコが年をとると次のような兆候(老化現象)が現れます。
・被毛のつやがなくなる
・歯が抜ける
・動きがゆっくりになる
・寝ている時間が多い
・目が見えにくくなる
・耳が遠くなる
・嗅覚が鈍くなる

Q:年寄りネコに気をつけることはどんなことですか?

A:年老いた猫の健康管理には次のような点に心がけるとよいでしょう。
・肥満を予防する
 老いると動かなくなり、今までと同じ量を食べていると肥満になりがちです。肥満は糖尿病や腎臓病、ガンなどの原因にもりますので、体重、食事量の管理は飼い主がおこなうようにしましょう。
・新鮮な水を与える
 老猫は健康でも水分摂取量が増えます。常に新鮮な水をたっぷり飲めるようにしておく必要があります。ただし、よく観察し、水を飲む回数が多すぎるように感じたら、動物病院で診察を受けてください。
・トイレの場所を工夫する
 動きが鈍くなり、トイレの場所がわかっても間に合わないことや痴呆で場所がわからなくなることもあります。トイレは各所に置き、したいときに労なく行けるように工夫するとよいでしょう。

Q:ネコの1歳は人間に換算すると何歳ぐらいになるのですか?

A:ネコは1年で人間の18歳まで成長し、だいたい人間の6倍近い早さで年齢を重ねます。

ネコ 人間 ネコ 人間 ネコ 人間
1ヵ月(乳離れ)
3ヵ月
6ヵ月(もう一人前の顔)
1年
2年
1歳
5歳
10歳
18歳
30歳
3年
4年
5年
10年
12年(平均寿命)
40歳
45歳
50歳
70歳
75歳
15年
20年
25年
30年
35年
 80歳
 90歳
 100歳
 107歳
115歳

Q:獣医さんに診てもらうときに心がけることはどんなことですか?

A:人間同様、猫の健康管理にはかかりつけの獣医師を見つけておくことが大切です。いつもあなたの猫を診てくれている獣医師なら、ふだんの暮らし方や既往症、予防接種の有無、性格などをわかっているので、診断がしやすく、より的確な対処をしてくれるはずです。懇意にしている獣医師であれば、愛猫の調子が悪いときに気軽に相談したり、病気について詳しく教えてもらうことができます。
 しかし健康管理で何より大切なのは、あなたの日ごろの観察です。ふだんから猫の様子に気を配り、体調の変化をできるだけ早く発見してやらなくてはなりません。また獣医師がより正確に診断するには、症状がいつからどのようにはじまったのか、他にかわった様子はないかなどのデータが必要になります。言葉の話せない猫にかわって、診断に役立つデータを提供できるのは、いつも一緒にいるあなただけです。
 それにはまず健康なときの猫の状態を知っておくことが大切です。たとえば猫の平熱は人間よりかなり高い38〜39度ですが、それを知らないと、平熱なのに高熱だと思って大騒ぎをしたり、平熱だと安心していて体温低下の危険な状態に気づかなかったり、ということもありえます。体重、体温、脈拍などの基礎的なデータは把握しておきましょう。そして、これらは具合が悪そうなときにだけ計ってみるのでなく、できれば定期的に計っておくことが望まれます。いつもと値が違っていれば、愛猫の体調に何らかの変化が起きていることがわかります。そして受診の際にこれらのデータを獣医師に伝えれば、診断の大きな手助けになります。

Q:ネコの体重、体温、脈拍などはどうやって調べるのですか?

A:体重、体温、脈拍、呼吸数の計り方は次のとおりです。できるだけ定期的に計るようにしましょう。
〈体温〉
ラップをまいた電子体温計を肛門から直腸へ2cmほど差し込んで計ります。38〜39度なら正常です。
〈体重〉
飼い主が猫を抱えて体重計に乗り、出た体重から飼い主の分を引くと猫の体重が出ます。
(飼い主+猫)−飼い主=猫
〈脈拍〉
後ろ足の付け根の内側に中指をあてて、動脈を計ります。または、心臓に耳をつけ鼓動を聞ききます。1分間に100〜130拍なら正常です。
〈呼吸数〉
猫が横たわっているときに、お腹の上下の動きを数えます。1分間に20〜30回なら正常です。

Q:外に出かけるネコは病気やケガなどが心配です。気をつけることはありますか?

A:最近は室内だけで飼われることも多くなりましたが、猫にはやはり自然に近い形で生活してほしいと願う飼い主も少なくありません。もし自由な外出を許すのなら、まず注意しておきたいのが感染症です。
 病気を持っている猫とケンカすると、血液や唾液、あるいはオシッコやウンチなどを介して、病原菌をうつされる可能性があります。いくつかの感染症にはワクチンができているので、定期的に予防注射を受けさせておけば安心です。
 メスの場合、自由に恋愛をしていると、子どもが次々に生まれることになります。子猫を全て飼える、あるいは全てに貰い手を見つけられる自信がない限り、避妊手術を受けさせておくべきでしょう。オスも去勢をしておけば、メスを奪い合うためのケンカが少なくなり、発情期に遠くまで出かけて戻れなくなるという事態を防ぐこともできます。室内でのオシッコかけをしなくなるメリットもあります。
 避妊・去勢にもいろいろな考え方はありますが、少なくとも自由に出歩かせたいのなら、手術を受けさせておくことをお勧めします。

HOMEへ   目次へ   前ページへ  次ページへ