ねこさまQ&A

HOME
目次

〈1〉ネコの本能と習性
狩猟本能、運動能力、習性、睡眠など

〈2〉ネコの不思議な行動
予知的行動、自傷行動、過剰反応、貯食本能、帰巣本能など

〈3〉ネコと飼い主のコミュニケーション(1)
ネコと人間の関係 ゴロゴロ、スリスリ、モミモミ、ネコのおみやげ、わがまま、好き嫌い

〈4〉ネコと飼い主のコミュニケーション(2)
自己主張、爪とぎ、咬み猫、環境の変化、家族の変化、動物の友達、飼い主の出産など

〈5〉ネコのからだと感覚
感覚器官(鼻・目・耳・舌・ヒゲ)の働き

〈6〉ネコの心理と表情
シッポの働き、鳴き声、表情、体の動きと心理、知能

〈7〉ネコと仲良くなる方法
おもちゃ遊び、部屋の遊び、映像、しつけの仕方、鏡テスト

〈8〉ネコの健康管理
危険な食べ物、病気の発見、老化現象、年齢換算、犬猫病院のかかり方、体温の計り方など

〈9〉ネコの結婚・出産・子育て
性行動、妊娠・出産、子猫の成長、親子の本能、子猫の教育、子猫の遊び

〈10〉ネコ同士のコミュニケーション
テリトリー、マーキング、ケンカ、優劣関係、猫の集会、社会行動など

〈11〉ネコのルーツと種類
猫の祖先、日本猫のルーツ、純血種の種類と性格、長毛種、短毛種、三毛猫の性別など



 ネコに関する疑問に答えます
〈2〉ネコの不思議な行動

ネコが顔を洗うと雨が降るといいますが本当ですか?
自分のおっぱいを吸うことがありますがどうしてですか?
ときどき草を食べることがありますが野菜が不足してるのでしょうか?
アワビを食べると耳が落ちるって本当ですか?
餌を埋めるしぐさをするのはなぜですか?
餌をくわえて別の場所へ移動するのはなぜですか?
びっくりして死んだようになったことがありますが大丈夫でしょうか?
遠くはぐれたネコが何日もかけて戻ってくると聞きましたがどうやって戻るのでしょう?
死ぬときに姿を消すのはどうしてですか?
ネコは自分の子どもを殺すことがあると聞きましたが本当でしょうか?

Q:ネコが顔を洗うと雨が降るといいますが本当ですか?

A:「ネコが顔を洗うと雨になる」と古くから言い伝えられていますが、本当にそうなのでしょうか?
 これには2つの説があるといわれています。
 一つは「湿気説」。つまり、猫のヒゲの付け根には神経が張り巡らされ、風でヒゲがなびいたり、何かが触れたりすると、脳に指令が送られる。雨の前には湿気が多くなり、ヒゲに湿気がつくのが気になり、とろうとして「顔を洗う」というものです。
 もう一つは「不安説」つまり、雨の前は、様々な感覚器で、天気の異変を感じ取り、不安を感じる。その不安を紛らす行動としてヒゲの手入れや身繕いを行うというものです。

Q:自分のおっぱいを吸うことがありますがどうしてですか?

A:イエネコの中には自分のおっぱいを吸うという奇妙な癖を持っている猫がいます。この癖が始まる原因の多くは「退屈」。室内だけで飼われ、刺激の少ない生活を送っていると、猫は退屈しのぎに自分のおっぱいを吸ってしまうことがあります。
 退屈しのぎの他に、足などに傷を負い、繰り返しなめているうちに、くせになってしまったとか、引っ越しなどによる環境の変化や、飼い主一家の家族構成の変化などでストレスを感じることも、こうした行為を行うきっかけになります。

Q: ときどき草を食べることがありますが野菜が不足してるのでしょうか?

A:猫は完全な肉食動物です。野菜を食べなくても栄養が不足することはありません。それなのに猫が草を食べる理由は、古くからいわれているのは、毛玉を吐き出すためという説です。猫がよく食べるのは葉の長いイネ科の植物です。このとがった葉が胃壁をチクチク刺激して、その反射で毛を吐き出させるといわれています。葉の中に嘔吐を促す物質が含まれているといるのではないかとの説もあります。
 また、最近では、草を食べるのは毛玉を吐き出させるだけでなく、やはり栄養的な意味もあると言われています。草を食べることでビタミンの一種である「葉酸」を摂取しているのです。 

Q:アワビを食べると耳が落ちるって本当ですか?

A:「猫にアワビを食べさせると耳が落ちる」との言い伝えがあります。これはアワビに含まれる毒素が皮膚の炎症を引き起こすためです。それをひっかくと皮膚組織がボロボロと落ちてしまいます。
 猫に与えてはいけないものは他にもあります。代表的なものが、タマネギ、長ネギなどのネギ類です。ネギ類にはネコやイヌなどの赤血球を溶かしてしまう物質が含まれています。サバやイワシなどの背の青い魚も要注意です。その他イカやタコの食べ過ぎは消化不良を起こしますし、ブタの生肉は寄生虫感染の原因になります。

Q:餌を埋めるしぐさをするのはなぜですか?

A:猫は餌皿の周りをたたいたり、ひっかいたりすることがあります。まるでトイレの後の砂かけのような仕草で不思議に思えます。
 これはいざというときに備えて、少しでも餌を残しておきたい「貯食」という本能から、餌を土に埋めようとする行動が引き起こされると考えられます。また、猫は餌の好き嫌いが激しい動物ですので、気に入らない、飽きてしまったなどのわがままから土に埋めようとする仕草をすることもあるようです。

Q:餌をくわえて別の場所へ移動するのはなぜですか?

A:口に入らない大きさの餌は、出されてもその場で食べずに、口にくわえて、部屋の隅などに移動して食べることがあります。これは餌がネズミなどの獲物に近いことから、獲物を他の猫に獲られまいとする習性があらわれるためです。

Q:びっくりして死んだようになったことがありますが大丈夫でしょうか?

A:交通事故や犬に襲われるなど、突然の危険に見舞われると、驚いてショックのあまり、体が硬直することがあります。捕食者である動物は動いている相手を攻撃する習性があることから、その攻撃を逃れるための野生時代からの本能的な反応が残ったといわれています。

Q:遠くはぐれたネコが何日もかけて戻ってくると聞きましたがどうやって戻るのでしょう?

A:旅行などで猫と一緒に遠くへ出かけ、うっかり猫と離ればなれになってしまった。ところが何日かしたら無事に我が家に帰ってきた、という話をときどき耳にします。猫のこの驚くべ帰巣本能は、動物の生理的な時間感覚である体内時間に関係するといわれています。すなわち、同じ場所で生活している動物の体には、体内時計と呼ばれる時間感覚が生まれます。離れた場所ではぐれても、はぐれた場所の太陽の位置と体内時計で記憶している太陽の位置(つまりいつも生活している場所の太陽の位置)とのズレをなくすように移動すれば、自分の家の方向へ進むことができるのです。

Q:死ぬときに姿を消すのはどうしてですか? 

A:交通事故などでないかぎり、屋外の目に付くような場所で猫の死体を見ることはまずありません。猫の死体は縁の下や物置の中など、人の目が届きにくい場所で発見されるのがほとんどです。このため「ネコは死ぬときに姿を消す」といわれているようです。
 これはおそらく、猫は具合が悪くなると、暗く静かなところに身を潜めようとする本能が働くため、最終的な死に場所が人目に付かない縁の下や家具の裏などになる場合が多いのでしょう。

Q:ネコは自分の子どもを殺すことがあると聞きましたが本当でしょうか?

A:母猫は本来、どんなことをしてでも子猫を守ろうとするものですが、ときに自分の子を殺してしまうことがあります。たいていは、出産のときや子育てのときに、他の動物や人間が接近し、危険を感じた場合に、子殺しが起きます。また巣に近寄ってきた他の猫を攻撃しようとした刃が、そばにいた自分の子猫に向かってしまうこともあります。
 また、昔から、「オス猫は自分との交尾を拒否したメス猫が出産すると、嫉妬でその子を殺す」といわれていました。嫉妬かどうかは別として、実際にオス猫が子猫を盗んだり、その場でかみ殺す例があります。オス猫が子猫を殺す理由として、メス猫と間違えて交尾しようとし、誤って殺すとの説があります。子育て中のメスは発情しないため、発情中のオスは思いを果たせません。そこで、そばにいる子猫に交尾しようとしてのしかかり、通常の手順どおりその首をかむのですが、何しろ相手は小さいため、結局かまれた子猫は死んでしまうというわけです。
 他にもオスによる子殺しは、ハヌマンラングールというサルで報告されて以来、多くのサル類やライオンなどでも報告されています。これらの動物の例では、群れをのっとった新しいボスが、以前のボスの子を殺します。これは新ボスが子を殺してメスを早く発情させ、自分の遺伝子を持つ子をつくるチャンスを増やそうとしているためだと推測されています。猫は群れをつくらないため、これらの例と同じには考えられませんが、自分の遺伝子を残したいという思いと何か関係があるのかもしれません。

HOMEへ   目次へ   前ページへ  次ページへ