■モーツァルト作品解説■    [HOME]   [年代別目次]

歌劇「劇場支配人」

K486

 モーツァルト自身、「1章の音楽つき喜劇」という名称をあたえているように、この作品は歌劇あるいはジングシュピールではない。全体は1幕10場からなっているが、先立って演奏される序曲のほかは、第7章と第8章にアリア、第9場に三重唱、そして終場に4人の歌と4曲がつけられているのみである。しかし、堅実な構成を示す序曲のほか、他の4曲の歌もそれぞれ独自の性格をもつものばかりで、当時のモーツァルトのみずみずしい技巧をあますところなくあらわにしている。
作曲の経過 当時の皇帝ヨーゼフ2世からオランダ総督アルバート公来訪を祝してシェーンブルンのオランジュリーでおこなわれる祝祭(ルストフェストと呼ばれた)のために、依頼されて作曲したものである。当時モーツァルトは大作「フィガロの結婚」K492の作曲中であったが、1786年2月3日に「劇場支配人」の作曲を終えている。なお、この祝祭には同時に、カスティ作詞、サリエリ作曲のイタリア歌劇「まずは音楽、おつぎが言葉」が上演されており、ドイツとイタリアの音楽劇を対抗させようという変った趣向がとられた。
初演 1786年2月7日、シェーンブルンのオランジュリー(熱帯植物用の大温室であるが、演劇や歌劇も上演されている)においておこなわれた。なお、出演者は、フランクに台木を書いたシュテファニー、アイラーにブロツクマン、ブッフにランゲ(モーツアルトが失恋を経験したアロイージア・ウェーバー(コンスタンツェの姉)の夫で、モーツァルトとの肖像をのこしている)、ヘルツにヴァイドマン、プファイル夫人にサッコ、クローネ夫人にアダムベルガー夫人、フォーゲルザンク夫人にシュテファニー夫人、フォーゲルザンクにアダムベルガー(当時著名なテノール歌手)、そしてヘルツ夫人にはランゲ夫人(アロイージア)、ジルバークラング嬢にはカヴァリエーリ(「後宮」の初演にもコンスタンツェを演じた名歌手)といった人たちである。なお、2月11日、18日、25日に繰り返し上演されたのみで終り、モーツァルトの死後になって、多くの人びとが改作上演を試みている。
基本資料の所在 ニューヨークのピーアポント・モーガン図書館。
出版 新全集版(ゲルハルトークロル編)第2篇、第5作品群、第15巻。
演奏時間 序曲約4分半、全体は約27分。
楽器編成 フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ、弦合奏。(以上は序曲の編成で、歌の伴奏としてはフルートは使用されていない。)
台本 「後宮からの誘拐」の台本を準備したシュテファニー(1741-1800)が書きおろしたもの。台本の筋は、当時かなりポピュラーたものだったらしく、有名な台本作者メタスタージョやゴルドーニも扱っている。
登場人物 劇場支配人フランク、銀行家アイラー、俳優ブッフ、俳優ヘルツ、女優プファイル夫人、女優クローネ夫人、女優フォーゲルザンク夫人、歌手フォーゲルザンク、女流歌手ヘルツ夫人、女流歌手ジルバークラング嬢。なお、歌手、女流歌手と俳優ブッフの4人だけがうたい、他の登場人物は音楽には関係がない。