■モーツァルト作品解説■    [HOME]   [年代別目次]

ピアノ・ソナタ ハ長調

K330(300h)

 1778年の夏、パリで作曲されたものである。サン=フォアは、有名な「イ長調」K331(300i)の作品よりもあとに作曲されたと看做している。パリで書きあげられたほかの曲に比べると規模も小さく、また演奏も容易であるが、内容的にはきわめて表現的で豊かであり、またフランス的な作風を示している。この「ハ長調」K330(300h)作品は、前記の「イ長調」および「ヘ長調」K332(300k)とともに、1784年、ウィーンのアルタリアから初めて出版されている。なお、この3曲については、最近の自筆譜研究からは、作曲時期の推定は大幅に変更され、1780年夏に成立したと主張されている。

第1楽章 アレグロ・モデラート ハ長調 4分の2拍子。ソナタ形式。
第2楽章 アンダンテ・カンタービレ ヘ長調 4分の3拍子。3部形式。
第3楽章 アレグレット ハ長調 4分の2拍子。ソナタ形式。