■モーツァルト作品解説■    [HOME]   [年代別目次]

ディヴェルティメント 変ロ長調

K186(159b)

 K166と同じ楽器編成、クラリネット、イングリッシュ・ホルン等を含む管楽器のためのディヴェルティメント。大形式のたて方も、トリオにおける楽器の減らし方も、この2つの作品はよく似ており、カップルになっているとも考えられる。
作曲の経過 クラリネットがあるので、おそらく、ミラノの後援者のために書かれたと推測される。五線紙の形「ロマン的危機」の特徴が顕われていないことなどから、ド・ヴィゼヴァ=ド・サンフォアは、1773年3月、ミラノ出発前に書かれた、としている。
基本資料の所在 自筆譜(ベルリン国立図書館、プロイセン文化財)。筆写譜(ベルリン国立図書館、プロイセン文化財 Mus.Ms.15313)。
出版 旧モーツァルト全集第9篇、第18番。新モーツァルト全集第7篇、第12作品群、第2巻。
演奏時間 11分9秒(ロンドン SLC 2278-82)。
楽器編成 オーボエ2、クラリネット2、イングリッシュ・ホルン2、ホルン2、ファゴット2。

第1楽章 アレグロ・アッサイ 変ロ長調 4分の3拍子。二部分形式。
第2楽章 メヌエット 変ロ長調 4分の3拍子。
第3楽章 アンダンテ 変ロ長調 4分の2拍子。3部形式。
第4楽章 アダージョ 変ロ長調 8分の6拍子。3部形式。
第5楽章 アレグロ 変ロ長調 4分の2拍子。A-B-A-C-A-D-Aのロンド形式。