モーツァルト全作品集 【1761〜1771年】

HOME   目次
ケッヘルNo. K6 No. 曲名 調性 使用楽器、楽曲編成、
主題、作詞者など
作曲年月日 作曲地 献呈、依頼、目的
K.- 1a アンダンテ ハ長調 クラヴィアのための 1761年1月末か2月初旬 ザルツブルク  
K.- 1b アレグロ ハ長調 クラヴィアのための 1761年1月末か2月初旬 ザルツブルク  
K.- 1c アレグロ へ長調 クラヴィアのための 1761年12月11日 ザルツブルク  
K.- 1d メヌエット へ長調 クラヴィアのための 1761年12月16日 ザルツブルク  
K.1 1e メヌエット ト長調 クラヴィアのための 1761年または62年 ザルツブルク  
K.1 1f メヌエット ハ長調 クラヴィアのための 1761年または62年 ザルツブルク  
K.2   メヌエット へ長調 クラヴィアのための 1762年1月 ザルツブルク  
K.3   アレグロ 変ロ長調 クラヴィアのための 1762年3月4日 ザルツブルク  
K.4   メヌエット へ長調 クラヴィアのための 1762年5月11日 ザルツブルク  
K.5   メヌエット へ長調 クラヴィアのための 1762年7月5日 ザルツブルク  
K.9a 5a アレグロ ハ長調 クラヴィアのための 1763年夏 ザルツブルク  
K.9b 5b アンダンテ 変ロ長調 クラヴィアのための断片 1763年6月〜10月の間 ザルツブルク  
K.6   クラヴィア・ソナタ ハ長調 附・ヴァイオリン声部 1762年夏〜64年1月 ザルツブルク、ブリュッセル、パリ ヴィクトワール女王に
K.7   クラヴィア・ソナタ ニ長調 附・ヴァイオリン声部 1763年11月30日〜64年2月1日 パリ ヴィクトワール女王に
K.8   クラヴィア・ソナタ 変ロ長調 附・ヴァイオリン声部 1763年11月21日、64年1月 パリ テッセ伯夫人に
K.9   クラヴィア・ソナタ ト長調 附・ヴァイオリン声部 1764年1月 パリ テッセ伯夫人に
K.10   クラヴィア・ソナタ 変ロ長調 附・ヴァイオリンまたはフルート声部、任意にチェロ 1764年8月〜9月 ロンドン 英王妃シャーロットに
K.11   クラヴィア・ソナタ ト長調 附・ヴァイオリンまたはフルート声部、任意にチェロ 1764年8月〜11月 ロンドン 英王妃シャーロットに
K.12   クラヴィア・ソナタ イ長調 附・ヴァイオリンまたはフルート声部、任意にチェロ 1764年8月〜11月 ロンドン 英王妃シャーロットに
K.13   クラヴィア・ソナタ へ長調 附・ヴァイオリンまたはフルート声部、任意にチェロ 1764年2月〜9月 パリ、ロンドン 英王妃シャーロットに
K.14   クラヴィア・ソナタ ハ長調 附・ヴァイオリンまたはフルート声部、任意にチェロ 1764年8月〜11月 ロンドン 英王妃シャーロットに
K.15   クラヴィア・ソナタ 変ロ長調 附・ヴァイオリンまたはフルート声部、任意にチェロ 1764年10月か11月 ロンドン 英王妃シャーロットに
K.Anh109b 15a〜15ss 42の小品「ロンドン小曲集」   ほとんどクラヴィアのための 1764年4月〜65年7月 ロンドン  
K.16   交響曲 第1番 変ホ長調 3楽章構成 1764年12月か65年1月 ロンドン  
K.Anh220 16a シンフォニア イ短調   1765年 ロンドン  
K.19   交響曲 第4番 ニ長調 3楽章構成 1765年1月〜4月 ロンドン  
K.Anh223 19a シンフォニア へ長調 断片 1765年初頭 ロンドン  
K.Anh222 19b シンフォニア ハ長調   1765年初頭 ロンドン  
K.21 19c 詠唱「怒りにかられて去れ」   テノールのための/メタスタージオ詞 1765年 ロンドン 舞台のための初の試みとして、テノール歌手・エルコーレ・チブランディに
K.- 19d クラヴィア・ソナタ ハ長調 4手連弾のための 1765年5月初旬か ロンドン 姉との連弾用として
K.20   モテット「神はわれらの避け所」 ト短調 4部合唱/詩篇第46章より 1765年7月 ロンドン 大英博物館に寄贈された
K.Anh206 21a 変奏曲 イ長調 クラヴィアのための 1765年 ロンドン  
K.22   交響曲 第5番 変ロ長調 3楽章構成 1765年12月末 ハーグ  
K.23   詠唱「誠実に身を保て」   ソプラノのための/メタスタージオ詞 1765年10月、66年1月加筆 ハーグ オランニエ公妃に
K.24   8つの変奏曲 ト長調 クラヴィアのための/C.E.グラーフの歌曲による 1766年1月 ハーグ 即興演奏会の記録として出版されたもの
K.25   7つの変奏曲 ニ長調 クラヴィアのための/ヴィレム・ヴァン・ナッサウの主題による 1766年2月 アムステルダム 即興演奏会の記録として出版されたもの
K.26   クラヴィア・ソナタ 変ホ長調 附・ヴァイオリン声部 1766年2月 ハーグ オランニエ公妃に
K.27   クラヴィア・ソナタ ト長調 附・ヴァイオリン声部 1766年2月 ハーグ オランニエ公妃に
K.28   クラヴィア・ソナタ ハ長調 附・ヴァイオリン声部 1766年2月 ハーグ オランニエ公妃に
K.29   クラヴィア・ソナタ ニ長調 附・ヴァイオリン声部 1766年2月 ハーグ オランニエ公妃に
K.30   クラヴィア・ソナタ へ長調 附・ヴァイオリン声部 1766年2月 ハーグ オランニエ公妃に
K.31   クラヴィア・ソナタ 変ロ長調 附・ヴァイオリン声部 1766年2月 ハーグ オランニエ公妃に
K.32   クオドリベ   ガリマティアス・ムジクム 1766年3月 ハーグ オランニエ公妃に
K.33   キリエ へ長調   1766年6月12日 パリ 初めての教会音楽(ミサ曲)への試み
K.- 33b クラヴィアのための小品 へ長調   1766年10月初旬 チューリッヒ  
K.Anh199 33d クラヴィア・ソナタ ト長調   1766年 不明  
K.Anh200 33e クラヴィア・ソナタ 変ロ長調   1766年 不明  
K.Anh201 33f クラヴィア・ソナタ ハ長調   1766年 不明  
K.Anh202 33g クラヴィア・ソナタ へ長調   1766年 不明  
K.36 33i 叙唱と詠唱「務めが我を強いる今こそ」   ソプラノのためのリチェンツァ(オペラ終幕後、主君に直接に呼びかけて歌う曲) 1766年12月21日 ザルツブルク  
K.34   オッフェルトリウム(奉献誦) ハ長調 聖ベネディクトゥスの祝日のための 1766年12月末〜67年3月21日 ゼーオン  
K.35   オラトリオ「第一誡律の責務」   宗教的ジングシュピール/J.A.ヴィンマーによる3部作の第1部 1766年12月〜67年3月12日 ザルツブルク 大司教ジギスムントの命で
K.42 35a 受難カンタータ「聖墓の音楽」     1767年聖週 ザルツブルク  
K.37   クラヴィア協奏曲 へ長調 ヘルマン・F・ラウバッハ,レオンツィ・ホナウアーのソナタの編曲 1767年4月 ザルツブルク  
K.38   ラテン語喜劇「アポロとヒヤシンス」   序曲と1幕9曲/R.ヴィードル詞 1767年4月〜5月 ザルツブルク ベネディクト派大学の依頼による
K.39   クラヴィア協奏曲 変ロ長調 ヨハン・ショーベルト,ヘルマン・F・ラウバッハのソナタの編曲 1767年6月 ザルツブルク  
K.40   クラヴィア協奏曲 ニ長調 ヨハン・ゴットフリート・エッカルト、フィリップ・エマヌエル・バッハ、それにホナウアーのソナタの編曲 1767年7月 ザルツブルク  
K.41   クラヴィア協奏曲 ト長調 これもホナウアー,ラウバッハのソナタよりの編曲 1767年7月 ザルツブルク  
K.67 41h 教会ソナタ 変ホ長調 2Vn、低音弦、Orgのための 1766年終わりか67年初頭 ザルツブルク  
K.68 41i 教会ソナタ 変ロ長調 2Vn,低音弦,Orgのための 1766年終わりか67年初頭 ザルツブルク  
K.69 41k 教会ソナタ ニ長調 2Vn,低音弦,Orgのための 1766年終わりか67年初頭    
K.76 42a 交響曲  へ長調 4楽章構成 1767年秋 ウィーン  
K.43   交響曲 第6番 へ長調 4楽章構成 1767年10月〜12月15日 ウィーン、オルミュッツ  
K.43a   二重唱「ああ、何たる知らせか」   ソプラノのための断片 1767年10月15日以降 ウィーン  
K.45   交響曲 第7番 ニ長調 4楽章構成 1768年1月16日 ウィーン  
K.Anh214 45b 交響曲  変ロ長調 4楽章構成 1768年1月16日 ウィーン  
K.51 46a 歌劇「ラ・フィンタ・センプリチェ」   装えるか愚か娘/序曲と3幕26曲から成るオペラ・ブッファ/マルコ・コルテリーニ詞 1768年4月〜7月 ウィーン ヨーゼフ2世の依頼による
K.50 46b 歌劇「パスティアンとパスティエンヌ」   序曲と1幕16曲から成るジングシュピール/フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴァイスケルン詞 1768年8月〜10月 ウィーン アントン・メスマーの依頼による
K.52 46c 歌曲「ダフネよ、汝がバラ色の頬を」   ソプラノのための/レオポルドによる編曲か 1768年夏 ウィーン  
K.- 46d クラヴィア・ソナタ ハ長調 附・ヴァイオリン声部 1768年9月1日 ウィーン  
K.- 46e クラヴィア・ソナタ へ長調 附・ヴァイオリン声部 1768年秋 ウィーン  
K.47   オッフェルトリウム「聖霊、来りまえ」 ハ長調   1768年秋 ウィーン  
K139 47a  ミサ・ソレムニス ハ短調 「孤児院ミサ」 1768年12月7日 ウィーン レンヴェークの孤児院教会の献堂式のため
K.49 47d ミサ・ブレヴィス ト短調 日曜礼拝用として 1768年10月〜11月 ザルツブルク  
K.53 47e 歌曲「歓喜に寄す−喜びよ、賢者らの女王よ」   ソプラノのための/ウーツ詞 1768年12月 オルミュッツ  
K.48   交響曲 第8番 ニ長調 4楽章構成 1768年12月13日 ウィーン  
K.Anh221 45a 交響曲「ランパッパ」  ト長調 3楽章構成 1769年1月4日 ランバッハ  
K.-   交響曲「新ランパッパ」 ト短調 4楽章構成 1769年1月4日 ランバッハ レオポルト作? 
K.65 61a ミサ・ブレヴィス ニ短調 日曜礼拝用として 1769年1月14日 ザルツブルク ザルツブルグ大学教会のための
K.- 61b 7つのメヌエット   附・トリオ/オーケストラのための 1769年2月28日 ザルツブルク  
K.70 61c 叙唱と詠唱「ベレニーチェとヴォロジェーゾには」   ソプラノのためのリチェンツァとして 1769年2月28日か ザルツブルク マリア・マグダレーナ・ハイドン(ミヒャエル・ハイドン夫人)に?
K.103 61d 19のメヌエット   オーケストラのための/附・トリオ(15曲) 1769年謝肉祭(あるいは1770年または71年) ザルツブルク  
K.104 61e 6つのメヌエット   オーケストラのための/附・トリオ(5曲) 1769年謝肉祭(あるいは1771年または72年) ザルツブルク  
K.105 61f 6つのメヌエット   オーケストラのための/附・トリオ 1769年謝肉祭(あるいは1771年または72年) ザルツブルク  
K.- 61g 2つのメヌエット   第1曲オーケストラ用、第2曲ピアノ用 1769年謝肉祭(あるいは1770年) ザルツブルク  
K.- 61h 6つのメヌエット   オーケストラのための/附・トリオ(4曲) 1769年謝肉祭(あるいは1771年または72年) ザルツブルク  
K.62   カッサシオン(行進曲) ニ長調 1楽章構成 1769年夏 ザルツブルク  
K.100 62a セレナーデ ニ長調 オーケストラのための/8楽章構成 1769年夏 ザルツブルク  
K.63   セレナーデ ト長調 オーケストラのための/7楽章構成 1769年春か夏 ザルツブルク  
K.99 63a カッサシオン 変ロ長調 オーケストラのための/7楽章構成 1769年夏 ザルツブルク  
K.64   メヌエット ニ長調 オーケストラのための 1769年 ザルツブルク  
K.66   ミサ・ソレムニス ハ長調 「ドミニクス・ミサ」 1769年10月 ザルツブルク ドミニクス・ハーゲナウアー神父に
K.117 66a オッフェルトリウム ハ長調 「主は讃えられよかし」 1769年9月か10月 ザルツブルク ドミニクス・ミサに添えて
K.141 66b テ・デウム(汝を崇めまつる) ハ長調 アンブロジオの讃歌 1769年末 ザルツブルク  
K.Anh215 66c 交響曲  ニ長調   1769年末 ザルツブルク  
K.Anh217 66d 交響曲  変ロ長調   1769年末 ザルツブルク  
K.Anh218 66e 交響曲  変ロ長調   1769年末 ザルツブルク  
K.71   詠唱「ああ、もう忘れようとは思わぬ」   テノールのための断片/ピエトロ・メタスタージオ詞 1769年末か70年初頭 ザルツブルクかイタリア  
K.73   交響曲 第9番 ハ長調 4楽章構成 1769年末か70年初頭 イタリア  
K.143 73a 叙唱と詠唱「だから、それが大切」   ソプラノのための 1770年2月1日〜2月5日 ミラノ  
K.78 73b 詠唱「願わくは、愛するひとよ」   ソプラノのための/ピエトロ・メタスタージオ詞 1770年2月か3月 ミラノ  
K.88 73c 詠唱「はげしい息切れとときめきのうちに」   ソプラノのための/ピエトロ・メタスタージオ詞 1770年2月か3月 ミラノ オペラへの習作として一連の詠唱が作られているがこれはその中での佳作
K.79 73d 叙唱と詠唱「おお無謀なるアルバーチェよ」   ソプラノのための/ピエトロ・メタスタージオ詞 1770年2月か3月 ミラノ  
K.77 73e 叙唱と詠唱「なんとみじめな私」   ソプラノのための/ピエトロ・メタスタージオ詞 1770年3月初旬 ミラノ 理想のオペラ歌手としてマンツォーリを念頭として一連の習作は書かれた
K.80 73f 弦楽4重奏曲 ト長調   1770年3月15日 ミラノ近傍ローディ 最初の弦楽4重奏曲
K.123 73g コントルダンス 変ロ長調 オーケストラのための 1770年4月14日かそれ以前 ローマ  
K.94 73h メヌエット ニ長調 クラヴィアのための? 1770年3月か4月 ボローニアかローマ  
K.- 73i カノン   無歌詞/5声のための 1770年4月 ローマ  
K.89 73k キリエ ト長調   1770年5月か ローマ  
K.81 73l 交響曲  ニ長調 3楽章構成 1770年4月25日 ローマ  
K.97 73m 交響曲  ニ長調 4楽章構成 1770年4月 ローマ  
K.95 73n 交響曲  ニ長調 4楽章構成 1770年4月 ローマ  
K.82 73o 詠唱「もし、大胆さとのぞみの」   ソプラノのための/ピエトロ・メタスタージオ詞 1770年4月25日 ローマ  
K.83 73p 詠唱「もしわが悩みのすべてを」   ソプラノのための/ピエトロ・メタスタージオ詞 1770年4月から5月初旬 ローマ  
K.84 73q 交響曲 第11番 ニ長調 3楽章構成 1770年2月、7月 ミラノ、ボローニア  
K.- 73r 4つの謎のカノン     1770年7月か8月 ボローニア  
K.85 73s ミゼレーレ(主よ憐れみたまえ) ト短調 3声と低音のための 1770年7月末か8月初旬 ボローニア イタリアでの教会音楽への試み
K.122 73t メヌエット 変ホ長調 オーケストラのための 1770年8月初旬 ボローニア  
K.44 73u アンティフォン(交誦)「主は彼らを養いたまえり」 イ短調   1770年9月末か10月初旬 ボローニア  
K.86 73v アンティフォン(交誦)「まず、神の国を求めよ」 ハ長調   1770年10月9日 ボローニア アカデミア・フィラルモニカの課題曲として
K.- 73w フーガ ニ長調 クラヴィアのための断片 1770年 ボローニア  
K.- 73x カノン   人声のための習作 1770年夏かそれ以後 イタリアかザルツブルク  
K.74   交響曲 第10番 ト長調 3楽章構成 1770年 ミラノ  
K.87 74a 歌劇「ポントの王・ミトリダーテ」   序曲と3幕23曲から成るオペラ・セリア/ラシーヌの悲劇の翻案でヴィットリオ・チーニア=サンティ詞 1770年8月1日〜12月15日 ボローニア、ミラノ  
K.74b   詠唱「われは愛をのぞまず」   ソプラノのための/ピエトロ・メタスタージオ詞 1771年1月か2月 ミラノかパヴィエ  
K.118 74c オラトリオ「救われしベトゥーリア」   ピエトロ・メタスタージオ詞 1771年3月か4月 イタリア旅行中かザルツブルク  
K.108 74d アンティフォン「レジナ・チェリ」   天の元后喜び給え/声楽部を組み込んだ3楽章のイタリア風シンフォニア 1771年5月 ザルツブルク  
K.109 74e リタニア(連祷) 変ロ長調   1771年5月 ザルツブルク 童貞聖母マリアの祝日のために
K.72 74f オッフェルトリウム「女より生まれし者として」   洗礼者聖ヨハネの祝日のために 1771年5月か6月 ザルツブルク  
K.75   交響曲  へ長調 4楽章構成 1771年4月〜6月 ザルツブルク  
K.110 75b 交響曲 第12番 ト長調 4楽章構成 1771年7月 ザルツブルク  
K.116 90a ミサ・ブレヴィス へ長調 4声、弦楽器、オルガンのための 1771年初夏 ザルツブルク  
K.107   クラヴィア協奏曲 ニ長調、ト長調、変ホ長調 3曲から成り、ヨハン・クリスチャン・バッハのクラヴィア・ソナタよりの編曲 1771年 ザルツブルク  
K.111   セレナータ「アルバのアスカニオ」   序曲と2幕33曲から成る祝典劇/ジュゼッペ・パリーニ詞 1771年8月21日〜9月23日 ミラノ フェルディナント大公とベアトリーチェ公女の婚儀のための
K.120 111a シンフォニア(フィナーレ) ニ長調 「アルバのアスカニオ」序曲の終曲として 1771年10月末か11月初旬 ミラノ  
K.96 111b 交響曲  ハ長調 4楽章構成 1771年10月末か11月初旬 ミラノ  
K.112   交響曲 第13番 へ長調 4楽章構成 1771年11月2日 ミラノ  
K.113   ディヴェルティメント 変ホ長調 オーケストラのための/4楽章構成 1771年11月 ミラノ  
K.114   交響曲 第14番 イ長調 4楽章構成 1771年12月30日 ザルツブルク  
出典:音楽之友社「W.A.モーツァルト」

HOMEへ 目次ページへ 次ページへ