ホームに戻る
HOME


目次

第1回 「地球は何でまわっているのか?」

第2回 「子供的特権階級の行方」

第3回 「大人の上手な付き合い方」

第4回 「マナー教育講座」

第5回 「日常生活をちょっとだけ楽しくする方法」

第6回 「タマネギを切ると涙が出る理由」

第7回 「温度」


クリエイティブ集団"オフィスインベーダー"の公式サイト


最終回「温度」



     ら  僕  ら  だ  パ  ン     ほ  人  し  い     仕  と  地     で  を     て  う     
      ` は  選  け  ニ  パ  話  う  は  て  る  僕  事  を  球  で  ビ  真  い  い  少  こ  
     そ  ま  ば  で  l  ニ  が  が  姿  い  と  ら  だ  自  人  実  ジ  剣  ま  る  し  れ  
     れ  ち  れ   ` の  l  そ  文  形  る  仮  地  か  分  の  際  ネ  に  や   ° 正  は  
     は  が  た  ま  地  地  れ  明  か   ° 想  球  ら  た  生   ` ス  考  人     確  内  
     き  い  エ   ` 球  球  て  が  ら  し  し  人  仕  ち  態  そ  を  え  類     に  緒  
     っ  な  リ  自  支  支  し  進  文  か  て  は  方  で  を  の  展  て  は     言  の  
     と  く  l  分  部  部  ま  ん  明  し  い   ` が  調  調  火  開  い  月     え  話  
     僕  勝  ト  で  に  建  っ  で  の   ` た  み  な  べ  べ  星  し  る  に     ば  だ  
     が  者  な  言  入  設  た  い  築  火  り  な  い  る   ` 人  よ  よ  ロ      ` が  
     余  の  の  う  社  前  が  る  き  星   ` 火   ° の  火  た  う  う  ケ     交   ` 
     計  側  だ  の  で  の   ` だ  方  人  地  星     は  星  ち  と  だ  ッ     信  実  
     な  に   ° も  き  現  つ  け  ま  と  球  人     い  の  と  し  が  ト     と  を  
     事  立  人  お  る  地  ま  だ  で  会  を  に     さ  本  の  て   ` を     い  言  
     に  つ  生  こ  の  調  り   ° か  っ  侵  対     さ  部  間  い  実  飛     う  う  
     時  だ  に  が  は  査  僕     な  て  略  し     か  に  で  る  は  ぱ     よ  と  
     間  ろ  勝  ま  ほ  の  が     り  分  し  偏     奇  連  僕  の  火  し     り  僕  
     を  う  者  し  ん  報  密     そ  か  よ  見     妙  絡  が  だ  星   `    火  は  
     割   ° と  い  の  告  か     っ  っ  う  を     で  す  何   ° 人  火     星  火  
     か   ┐ 敗  が  わ  の  に     く  た  企  も     は  る  を     の  星     人  星  
     な  勝  者   ` ず  仕  し     り  の  ん  っ     あ  仕  し     ほ  に     と  人  
     か  因  が  僕  か  事  て     だ  だ  で  て     る  事  て     う  移     一  と  
     っ  は  あ  は  な  だ  き      ° が  い  い     が  だ  い     で  住     緒  交  
     た  ?  る  地  選   ° た     ま   ` る  る      `  ° る     も  で     に  信  
     か └   と  球  ば  こ  の     あ  火   `  °    ま  自  の     一  き     ビ  し  
     ら  と  す  人  れ  の  は     若  星  と  タ     あ  分  か     足  る     ジ  て  
     だ  き  る  の  た  火   `    干  人  疑  コ     そ  た  と     先  か     ネ  い  
     ろ  か  な  な  地  星  火     火  と  っ  に     う  ち  言     に  ど     ス  る  
     う  れ  ら  か  球  カ  星     星  地  た  似     い  の  え     地  う     を   ° 
      ° た  ぱ  か  人  ン  カ     の  球  り  て     う  こ  ば     球  か     し  も  
            `                                      `                   
  そ  な  い  投  と  ン     だ  そ  た  だ  た     こ  情  も  自  た     れ  規  僕     
  う  い  た  げ  し  タ  だ   ° う  こ  っ   ° し  と  報  国  分  な  だ  る  模  の  大  
  高   `  ° か  た  l  が     い  と  た  何  か  が  を  の  に  い  か  遊  で  持  き  
  を  い  出  け   ° ネ   `    う  が  の  が  し  分  得  成  必  よ  ら  び  ビ  論  な  
  く  や  会  て  い  ッ  今     類  な  だ  大   ` か  た  り  要  う   ` は  ジ  だ  目  
  く   ` い   ` わ  ト  度     の  い   ° 変  や  っ   ° 立  な  に  俗  全  ネ  が  的  
  っ  い  サ  情  ゆ  の  の     も   ° 自  か  は  た  学  ち  こ  し  っ  く  ス   ` の  
  て  た  イ  報  る  出  は     の  そ  慢  と  り   ° べ   ` と  て  ぽ  し  を  そ  た  
  い  と  ト  を  サ  会  仕     は  れ  で  い  エ  さ  ぱ  歴  は  き  い  て  拡  う  め  
  た  し  な  仕  ク  い  事     人  は  は  う  リ  す  学  史  か  た  物  こ  大  い  に  
   ° た  ん  入  ラ  系  だ     生  そ  な  と  l  が  ぶ   ` な  と  に  な  す  う  は  
  が  ら  て  れ  に  サ   `    に  う  い   ` ト  同  ほ  文  り  い  は  か  る  意  何  
   ` た  も  よ  な  イ  そ     お  だ  が  僕  も  じ  ど  化  詳  っ  ま  っ  一  味  か  
  実  ぶ  の  う  り  ト  う     け   ` 僕  の  楽  太  に   ` し  た  る  た  流  で  を  
  際  ん  を  と   ` か  は     る  い  は  担  で  陽  ま  風  く  ほ  で   ° 企  僕  犠  
  に  そ  や  思  さ  ら  言     時  ま  こ  当  は  系  す  俗  学  う  興     業  は  牲  
  サ  い  ろ  っ  び  女  っ     間  ま  う  は  な  同  ま   ` ん  が  味     に   ┐ に  
  イ  つ  う  た  し  性  て     の  で  見   ┐ い  士  す  そ  で  正  が     入  火  し  
  ト  ら  と   ° が  と  は     無  興  え  地   °  ° 火  の  き  確  な     る  星  な  
  を  は  す  そ  り  ふ  い     駄  味  て  球  入     星  他  た  か  か     た  カ  き  
  開  本  る  し  屋  れ  ら     使  が   ` 女  社     人  あ   ` も  っ     め  ン  ゃ  
  け  当  女  て  の  合  れ     い  な  女  性  し     と  り  火  し  た     に  パ  な  
  ば  に  な  調  女  う  な     と  か  の └   て     地  と  星  れ   °     ` ニ  ら  
   ` 飢  ん  査  に  機  い     考  っ  子  に  か     球  あ  の  な  い      ┐ l  な  
  こ  え  て  を  優  会   °    え  た  と  つ  ら     人  ら  こ  い  や     遊 └   い  
  ん  て  い  し  し  を  さ     て  の  デ  い  が     は  ゆ  と   °  `    び  と  と  
  な  る  る  て  い  つ  っ     い  だ  l  て  大     似  る  に  そ  興    └   い  言  
  に  奴  は  み  言  く  そ     た  か  ト  の  変     て  知  関  の  味     と  う  う  
  も  ら  ず  て  葉  ろ  く     か  ら  を  報  だ     い  識  し  反  を     言  宇  の  
  出  だ  が  驚  を  う  イ     ら   ° し  告  っ     る  と  て  面  も     わ  宙  が  
      `                                                                
  減  い  い     会   ` 世  自  仕  発  グ        か  し  し  と  ル  つ  同        会  
  は   ° る  し  だ  と  間  分  事  で  ヘ  す   ┐ ら  れ  た  み  の  も  じ  出   ┐ い  
  ど  指  の  か   ` に  か  で  な  彼  ア  l  あ  待  な  ら  に  や   ` 地  会  結  を  
  の  と  か  し  何  か  ら  は  ん  女  l  っ  の  ち  い  縞  く  り  掲  球  っ  婚  求  
  く  指   ° ま  と  く  見  制  だ  だ  の  と  う  合   ` 麗  い  と  示  人  た  し  め  
  ら  を  ム  あ  か  今  た  御   ` と  女  香   ` わ  彼  と  に  り  板  と  こ  て  て  
  い  か  ム   ` う  日  ら  で  そ  分  性  水  失  せ  女  か  違  を  で  し  と  く  い  
  な  ら  ム  街  ま  は  僕  き  う  か  が  の  礼  場  と  ブ  い  し  一  て  も  れ  る  
  ん  ま  !  行  く  貴  ら  な  頭  っ  立  匂  で  所  会  ス  な  た  人  こ  な  る  女  
  だ  せ  し  く  や  重  は  い  に  た  っ  い  す  で  う  と  い  後  の  れ  い  人  性  
  ろ  る  か  カ  り  な  デ  何  言   ° て  が  が  待  当  か   °  ` 女  ほ  奴   ` が  
  う  あ  も  ッ  こ  情  l  と  い  心  い  し  ・  っ  日  そ  み  女  の  ど  に  募  い  
  ?  の  ど  プ  な  報  ト  も  き  臓  た  て  :  て  そ  う  に  性  子  の  対  集  る  
  ギ  手  う  ル  さ  を  を  言  か  が   ° 振  :  い  ん  い  く  の  と  レ  し └   の  
  ョ  の  や  は  な  仕  し  い  せ  大  胸  り └   た  な  う  い  方  知  ベ  て     か  
  ウ  つ  ら  な  い  入  て  表  つ  き  が  向      ° 風  問  以  か  り  ル  よ     と  
  ザ  な  手  ぜ  と  れ  る  し  つ  く  ド  く        に  題  外  ら  合  の  く     そ  
  の  ぎ  の  あ   ° る  よ  が  も  高  キ  と        あ  じ  考  会  う  差  節     の  
  皮  方  握  ん     こ  う  た   ` 鳴  ッ   `       れ  ゃ  え  い  こ  に  操     数  
  を  は  り  な     と  に  い  ド  り  と  そ        こ  な  ら  た  と  い  な     に  
  包  何  方  に     が  見  感  キ  は  し  こ        れ  く  れ  い  が  さ  く     圧  
  み  だ  も  自     で  え  情  ド  じ  た  に        考  て  な  と  で  さ  書     倒  
  込  ?  一  然     き  る  も  キ  め   ° は        え  女  い  言  き  か  き     さ  
  む  待  つ  に     る  の  生  ド  た  そ  大        な  性   ° っ  た  戸  込     れ  
  よ  て  じ  手     ま  だ  ま  キ   ° の  人        が  じ  い  て   ° 惑  め     た  
  う  よ  ゃ  を     た  ろ  れ  ド  こ  特  っ        ら  ゃ  や  き  何  い  る      ° 
  に   ` な  つ     と  う  て  キ   ` 徴  ぽ        三  な   ` た  度  を  も        
  優  握  い  な     な  か  い  ド  こ  か  い        〇  い  も   ° か  感  の        
  し  り  ら  い     い  ・  た  キ  れ  ら  ロ        分  か  し  き  メ  じ  だ        
  く  加  し  で     機  ・   °  ` は  一  ン        前  も  か  っ  l  つ   `       
                    ・                                                  
     う  一  ん  て  な  ゴ  ち  滑  態     越  の  け  か  し  い  分        て  た  包  
  会  な  人  な  の  ん  と  な  り  を  そ  感  に  で  っ  い  出  か  そ   ┐ し  方  み  
  社  気  で  も  体  だ  耳  い  込  知  れ  に  こ  自  た └   せ  ら  う  手  ま  か  込  
  は  分  し  ん  験  か  の  セ  む  る  に  浸  れ  分  し  と  な  な  言  l  っ  い  ん  
  い  に  て  か  ゆ  一  あ  ッ  よ  上   ` れ  ほ  が   ` 彼  か  い  っ   ` た  い  だ  
  ま  な  い   ` え  生  た  ク  う  で  こ  る  ど  妙  い  女  っ  暖  た  つ   ° の  感  
  僕  っ  た  と  少  懸  り  ス  に  何  う  の  レ  に  つ  が  た  昧  の  な     か  じ  
  を  た  方  い  し  命  を   ` こ  か  い  だ  ベ  勝  も  告   ° な  は  ご      ` の  
  試   ° が  っ  は  !  か  向  と  と  う   ° ル  利  僕  自  そ  返  彼  っ     そ  ほ  
  し     よ  た  期  そ  ん  こ  が  都  馬     が  者  の  し  う  事  女  か     ん  う  
  て     っ  一  待  う  ぐ  う  進  合  鹿     違  の  隣  た  し  を  の  ?     な  が  
  い     ぽ  種  し  い  る  も  ん  が  な     う  よ  で   ° て  し  方 └      こ  い  
  る     ど  の  て  う  の  経  だ  よ  女     人  う   ` 付  何  た  だ        と  い  
  よ     い  失  い  感  で  験   ° い  が     間  な  あ  き  度   ° っ        を  の  
  う     い  望  た  じ  思  が  す  と  ど     を  気  っ  合  か  は  た        考  か  
  だ      ° 感  の  だ  わ  な  ぐ  判  う     隣  持  け  う  会  じ   °       え   ` 
   °    僕  に  だ  け  ず  い  に  断  や     に  ち  ら  こ  っ  め  僕        て  そ  
  彼     は  見  が  が  吹  の  ホ  し  っ     置  に  か  と  て  て  は        る  れ  
  女     人  舞   ` 強  き  だ  テ  た  て     い  な  ん  に  い  つ   ┐       と  と  
  も     生  わ  終  い  出  ろ  ル  か  生     て  れ  と  し  る  な  う        手  も  
  僕     で  れ  わ  印  し  う  に  ら  き     お  る  笑  た  う  い  ん        に  強  
  を     は  た  っ  象  て  か  連   ° て     く   ° う   ° ち  だ └         汗  く  
  応     じ   ° て  を  し   ` れ  付  い     だ  自  馬  別  に  手  と        を  男  
  援     め  こ  み  残  ま  あ  込  き  る     け  分  鹿  に   ┐ の  も        グ  ら  
  し     て  ん  る  し  う  ん  ま  合  の     で  と  な  断  付  感   ┐       ッ  し  
  て     敗  な  と  た  ほ  ま  れ  っ  か      ` 同  女  る  き  触  う        シ  さ  
  く     北  こ   `  ° ど  り  た  て   `    や  じ  を  理  合  は  う        ョ  を  
  れ     し  と  何  は  だ  フ   ° か  そ     け  人  置  由  っ  正  ん        リ  強  
  た     た  な  だ  じ  っ  ゴ  ぎ  ら  の     に  間  く  が  て  直 └         か  調  
   °    よ  ら  こ  め  た  フ  こ  は  実     優  な  だ  な  ほ  思  と        い  し  
                     °                                                 
     ど  は  を     ・  の  ル  や  プ     っ  実  か  が  る  い        は  布  少  さ  
     う  い  な  悲  ・  一  し  す └┘ 火  た  だ  な  次  の  よ  仕      ` 団  な  す  
     や  う  く  し └   方  て  い  を  星   ° し  く  第  か  い  事     手  の  く  が  
     ら  も  し  い  そ  通  く  存  認  人      ` な  に  を  よ  が     を  な  な  に  
     一  の  た  と  れ  行  る  在  識  の     報  っ  減  本  本  佳     握  か  っ  応  
     番  の  ぐ  思  が  だ  彼  だ  し  間     告  た  っ  社  格  境     っ  の  て  援  
     よ  次  ら  う  彼  っ  女  と  て  で     書   ° て  に  的  に     た  彼  も  さ  
     い  の  い  気  女  た  に  い  い  は     が  メ  い  よ  に  入     ま  女  不  れ  
     報  瞬  か  持  の   ° 嫌  う  た  最     集  l  っ  る  地  っ     ま  は  満  て  
     告  問   ` ち  最  そ  気  結   ° も     ま  ル  た  話  球  て     僕   ` も  悪  
     書  に  も  は  後  ん  が  果  そ  知     っ  さ   ° し  に  き     ら  普  言  い  
     を  は  う  一  の  な  さ  も  し  能     た  え  や  合  進  た     は  段  わ  感  
     提  そ  少  応  メ  状  す  出  て  指     い  返  が  い  出   °    眠  の  ず  じ  
     出  ん  し  あ  l  態  よ  た  う  数     ま  事  て  が  す  地     っ  三   ` は  
     し  な  大  っ  ル  が  う  よ  ま  の     と  を  メ  連  る  球     た  倍  い  し  
     た  こ  事  た  と  続  に  う  く  低     な  出  l  日  に  上      ° ぐ  つ  な  
     と  と  に  か  な  い  な  だ  利  い     っ  せ  ル  連  当  の        ら  も  い  
     し  を  使  も  っ  た  っ   ° 用  存     て  な  の  夜  た  あ        い  あ   ° 
     て  考  っ  し  た  あ  て  僕  す  在     は  い  や  行  り  ち        か  っ  以  
     僕  え  て  れ   ° る  い  自  れ  と     正  ほ  り  わ  ど  こ        わ  け  前  
     を  る  や  な     日  た  身  ば  し     直  ど  と  れ  の  ち        い  ら  に  
     認  余  れ  い      `  ° も  一  て     も  火  り  た  よ  か        く  か  比  
     め  裕  ぱ   °     ┐ 連  毎  番  彼     う  の  ぐ   ° う  ら        見  ん  べ  
     て  す  良  た     モ  絡  日  タ  女     彼  車  ら  彼  な  報        え  と  て  
     く  ら  か  ぶ     ウ  は  の  l ┌┐    女  だ  い  女  戦  告        た  笑  会  
     れ  な  っ  ん      ` む  よ  ゲ  を     は  っ  で  と  略  書         ° っ  え  
     た  か  た  消     ツ  こ  う  ッ  含     用  た   ` 合  を  が        情  て  る  
     ら  っ  か  し     カ  う  に  ト  む     済  の  声  う  展  集        事  い  時  
     し  た   ° ゴ     レ  か  メ  に  グ     み  も  も  回  開  ま        の  た  間  
     い   ° と  ム     タ  ら  l  し  ル     だ  事  聞  数  す  り        後  し  が  
      °             ・           l                     `           `    
  に  技  答  か  い     携  話  星  し        面  子  わ  で  か     際  が  書  だ     
  な  術  え  っ  て  そ  帯  を  に  て  携     輸  を  れ  も  も  そ  に   ` に  っ  火  
  り  提  よ  た  火  ん  は   ┐ も  は  帯     出  見  た  火  し  ん  火  な  は  た  星  
  つ  供  う   ° 星  な   ┐ 道  携  ほ  電     の  て   ° 星  れ  な  星  ん  冗   ° 人  
  つ  も  と  が  人  わ  人  具  帯  ぼ  話     前  輸  し  の  な  わ  の  と  談  地  た  
  あ  認  必   ` か  け  工 └   電  飽  は     に  出  か  生  い  け  生  四  半  球  ち  
  っ  め  死  今  ら  で  頭  と  話  和  い     展  を  し  活 └   で  活  次  分  の  が  
  た  ら  で  や  の  僕  脳  し  の  状  ま     開  開   ` 雑  と  火  雑  元  で  人  興  
  携  れ  営  会  援  は └   て  文  態  や     す  始  最  貨  い  星  貨  ポ   ┐ た  味  
  帯   ` 業  社  助  地  と  で  化  に  地     る  し  終  を  う  で  店  ケ  ド  ち  を  
  産  時  を  は  は  球  同  は  は  あ  球     も  よ  的  地  藤  は  で  ッ  ラ  は  示  
  業  代  続  僕  受  の  じ  な  繁  る  上     の  う  な  球  子   ` 売  ト  え  こ  し  
  も  も  け  を  け  携  役  く  栄  と  の     と  と  結  に  不   ┐ ら  か  も  ん  た  
  繁  後  た  一  ん  帯  割   ┐ し  報  全     し  い  論  輸  二  も  れ  ら  ん  な  の  
  栄  押   ° 番  と  産  を  脳  て  告  人     て  う  と  出  雄  し  て  出 └   未  は  
  を  し  や  必  し  業  果  の  お  し  類     目  こ  し  し  火  か  い  て  の  来   ` 
  と  し  が  要   ` を  た  一  り  た  の     を  と  て  ろ  星  し  る  く  こ  の   ┐ 
  り  て  て  と  な  渡  し  部   `  ° 九     付  に  は  と  人  た  と  る  と  道  携  
  戻  く  そ  し  か  り  て └   す  実  割     け  な   ` 即  説  ら  い  道  を  具  帯  
  し  れ  の  て  な  歩  い  と  で  は  が     た  っ  慎  開  を  藤  う  具  書  を  電  
  た  た  甲  い  か  い  る  し  に  や  所     の  た  重  国  唱  子  の  の  い  夢  話  
   °  ` 斐  る  受  た  の  て  火  は  持     が   ° 論  論  え  不  だ  ほ  た  見 └   
  ま   ` あ  し  け   ° で  い  星  り  し      ┐ そ  に  を  る  二  !  と  つ  て  と  
  す  一  っ   ` 入  頑  あ  た  人  ひ  て     携  の  収  唱  者  雄     ん  も  ま   ┐ 
  ま  時  て  自  れ  固  る  の  た  と  い     帯  生  ま  え   ` は     ど  り  す  ド  
  す  は   ` 分  て  な   ° だ  ち  足  る     電  活  り  る  ま  火     が  だ  よ  ラ  
  便  飽  火  も  も  保      ° は  先   °    話  雑   ` 者  た  星      ` っ   ` え  
  利  和  星  そ  ら  守     つ  携  に  産    └   貨  少  も  す  人     い  た  と  も  
  な  状  人  れ  え  派     ま  帯   ` 業     だ  の  し  あ  ぐ  な     ま  の  報  ん  
  機  態  の  に  な  が     り  電  火  と      ° 全  様  ら  に  の     実  だ  告 └   
                                                                       
     別  な  ふ  て  鳴        っ  つ  な  け  消  か     帯  て  な  揺  か  接  を  能  
   ┐ が  か  と  た  っ  ピ     た  な  い  を  え  っ  あ  の  い  生  り  ら  的  携  が  
  ど  つ  っ  見  の  て  ピ      ° ら   ° 請  て  た  る  感  た  活  か  な  な  帯  備  
  う  か  た  る  か   ` ピ     あ   ` 田  お  い   ° 日  触   ° を  ご  く  メ  に  わ  
  し  な  の  と   ° 目  !     れ  あ  舎  う  る  ど   ` と  ど  満  か  て  デ  委  り  
  た  い  か  隣  自  が  ピ      ` れ  に  と  の   ` 便  な  ん  喫  ら  も  ィ  ね   ` 
  の   °  ° で  分  覚  ピ     僕   ` 住  し  だ  ど  所  っ  な  し  墓  何  ア  て  や  
   `    ま  女  の  め  ピ     は  付  ん  た   ° う  に  た  も  て  場  の  で   ` が  
  大     だ  が  名  た  !      ` き  で  が  無  す  携   ° の  い  ま  問  こ  人  て  
  丈     寝  寝  前   ° ピ     僕  合  る   ` 人  り  帯     よ  た  で  題  と  と  携  
  夫     起  て  が  手  ピ     は  っ  親  友  島  ゃ  を     り   ° を  も  を  人  帯  
  ?     き  い  思  に  ピ     誰  て  の  達  に  い  落     も  僕  携  な  済  と  で  
 └      の  た  い  は  !     だ  た  電  の  い  い  と     一  自  帯  か  ま  が  何  
        臆   ° 出  グ        っ  こ  話  電  き  ん  し     番  身  と  っ  せ  ふ  で  
        瀧  な  せ  ッ  け     け  と  番  話  な  だ  た     多  あ  一  た  た  れ  も  
        と   ` る  シ  た      ° す  号  番  り   `  °    く  ら  緒   °  ° 合  で  
        し  何  か  ョ  た     自  ら  も  号  放  全   ┐    手  ゆ  に  携  だ  う  き  
        た  で   ` リ  ま     分  正   ° も  り  て  あ     に  る  過  帯  か  こ  る  
        頭  隣  確  の  し     の  し  そ  住  出  を  !     感  情  ご  に  ら  と  よ  
        の  に  認  汗  い     情  い  う  所  さ  失 └      じ  報  し  ど  相  も  う  
        な   ° し   ° 携     報  情  だ  も  れ  っ  慌     る  や  た  っ  手  な  に  
        か  そ  て  そ  帯     す  報   `  ` た  た  て     感  デ   ° ぷ  の  く  な  
        で  う  み  う  の     ら  な  付  名  気   ° て     触  l  誰  り  声  な  り  
         ` か  た  か  ア     消  の  き  前  分  全  拾     は  タ  も  浸  や  っ   ` 
        夢   `  °  ` ラ     え  か  合  す  だ  て  い      ` を  が  か  相  た  つ  
        と  ま  思  僕  l     て  忘  っ  ら   ° の  あ     無  携  快  り  手   ° い  
        現  だ  い  は  ム     し  れ  て  思  誰  デ  げ     機  帯  適   ` の  全  に  
        実  別  出  夢  の     ま  て  た  い  か  l  た     質  に  で  人  顔  て  は  
        の  れ  せ  を  音     っ  し  あ  出  に  タ  が     な  託  便  類  が  が  全  
        区  て  る  見  が     た  ま  い  せ  助  が  遅     携  し  利  は  分  間  て  
               °          !                                            
                                                     そ  た  と  っ  い     
                                                     れ   ° し  て   ° 僕  
                                                     は  確  た  し  僕  が  
                                                     ま  か  顔  ま  は  不  
                                                     さ  に  で  っ   ` 必  
                                                     し  そ  ま  た  大  要  
                                                     く  の  た   ° 丈  に  
                                                      ` と  彼   ┐ 夫  周  
                                                     人  き  女  そ  だ  り  
                                                     の  じ  は  う   ` を  
                                                     ぬ  ん  笑   ` と  バ  
                                                     く  わ  っ  じ  言  タ  
                                                     も  り  た  ゃ  う  バ  
                                                     り  と   ° あ  素  タ  
                                                     で  体  そ  良  振  し  
                                                     あ  に  し  か  り  て  
                                                     っ  染  て  っ  を  た  
                                                     た  み  僕  た  見  の  
                                                      ° 渡  の └   せ  で  
                                                        る  汗  そ  な  彼  
                                                        暖  ば  う  が  女  
                                                        か  ん  言  ら  は  
                                                        い  だ  っ   ` 目  
                                                        温  手  て  な  を  
                                                        度  を  あ  ん  覚  
                                                        を  握  っ  だ  ま  
                                                        感  っ  け  か  し  
                                                        じ  て  ら  少  た  
                                                        た  く  か  し  ら  
                                                         ° れ  ん  笑  し  

HOMEへ 目次へ 全7回のうち 初回へ