フルステンレス製
高効率 MAIブランド・フロントパイプ


FOR JZA80 全グレード用 揃いました。
A80(2JZ-GTE)TURBO RZ MT/AT全車設定
A80(2JZ-GE)NA SZ系 MT/AT全車設定
価格 25,000円(税抜き)
(注)ご注文時にターボ・NAのどちらか、また、年式を教えてください。


マフラーのニーズより多くの要望があり、フロントパイプの制作&販売に辿り着きました。
更なる効率UPを希望するユーザー様の意見を取り入れ、また限界ぎりぎりのレイアウト、出来る限りの高効率。
可能な限り排気抵抗を無くすストレート構造。
また最低地上高も考慮し、入り口の絞込みから触媒まで一気に吹け切る効果も考え新しいフロントパイプが出来上がっております。


画像は製作風景。
既に出来上がっているように見えますが、ベンディングマシーンにて曲げ加工のみをし、
そこから寸法合わせをして、フランジを点付け溶接したのみです。
なのでこのままでは当然排気漏れしてしまいます。
とりあえず2006年1月16日(月)には、ここまでを施工し、ここから専用ジグ(型)
を製作する事になります。

そのジグ(型)が完成しましたら、それから量産体制に入る事が出来ます。


純正と比べてみても分かるとおり、非常に排気効率をよくする構造となりました。

そしてこれも重要な項目ですが、第2触媒を意識して外しております。
車検に関しては第一触媒は装着されたままの状態で、そちらに排気温度センサーが入って行きますので、
本来は車検対応品となる訳なのですが、一応触媒を外していますので今回は車検非対応の
競技専用部品とさせて頂きます。

これまでたくさんの車両を車検に通してきた実績と経験上、
このフロントパイプを装着してある状態でも、車検は問題がないはずで、HC,CO1、一酸化炭素濃度、ハイドロカーボン 共に車検の規定値は満たしている状態なのですが、車検に関しては検査官の判断も重要な項目になりますので、 競技専用部品と言う設定を採らざるを得ない事はご了承下さい。




付属として、触媒位置フランジ用ガスケット、取り付けネジ・ボルト。



メイン系80パイ レイアウトは変更なしですので、是非、MAIステンレスマフラーとのマッチングもお試し下さい。


販売価格が未定なのは、現在ステンレス素材の良い物が値上がりしておりますので、
製作工場との交渉中の為です。




分かりにくいですが、赤丸の部分が点付け溶接です(笑)まだ実はこれだけ。




ミッション下部のレイアウト。これにてミッションに熱が入りにくい用に致しました。


仕上がりの美しさにも我ながら満足しております。


工場内には素材がいっぱい。


製作協力車両:安藤様、ありがとうございました。