本文へスキップ

ようこそわたしたちのホームページへ!

令和3年度 行事写真 <令和2年度 行事写真>

10月26日 福井県越廼小学校とオンライン交流

 昨年度に引き続き、福井県の越廼小学校との「すいせん交流in越廼」は中止となっています。子供たちはとても楽しみにしており、牧小学校としても伝統ある交流が中断していることはとても残念なことです。そんな中、オンラインでの交流が実現しました。
 まず、越廼小学校の6年生の皆さんの様子が映し出されると、歓声があがりました。越廼小学校のみなさんの自己紹介と福井県クイズを聞き、越廼小学校の皆さんが撮影した海の映像を見て、「いいなあ、行きたいなあ。」と声が上がりました。牧小学校からも、5年生、6年生が自己紹介をし、岐阜県クイズを出しました。言葉の抑揚の違いを感じながらも、越廼小学校の皆さんに会ったような親しみを感じる時間となりました。
 次回の交流は11月に予定しています。
 実際の行き来はかないませんが、今の状況ならではの交流をしていきたいと思います。
 越廼小学校の皆さん、仲良くしてくださいね。
 越廼小学校の校長先生はじめ先生方、越廼地区の皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

     

10月25日 岐阜の花で飾ろう私の学校体験活動

 (一社)寄せ植え華道協会の方12名にご来校いただき、種まきを教えていただきました。種は大変小さいものでしたが、先生方からコツを教えていただき、竹串をつかいながら、セルトレイに一人50粒の種まきをしました。この後、鉢上げをし、この花も使いながら2月に寄せ植え体験を予定しています。
 活動後には「小さな種をまくのは大変だったけれど、きれいな花が咲くといいなと思います。」という感想が聞かれました。寄せ植えをしたものは家庭に持って帰り、岐阜の花を楽しんでいただく予定です。

     

10月20日、21日 6年 修学旅行

 6年生は、早朝よりバスで修学旅行に出かけました。 コロナウイルス感染拡大や天候を心配する中、天候にも恵まれて予定通りに実施できました。
 まだ修学旅行団体は少なく、見学先では待つことなくガイドさんの話とともにじっくり見ることができました。京都タワーでは、夕暮れから夜に変わっていく京都の街を見下ろし、満月も見て、楽しく充実した2日間となりました。

     

10月19日 4年 ハートピア安八見学

 4年生は、理科の校外学習としてハートピア安八のプラネタリウムと天文台の見学・体験を行いました。
 プラネタリウムでは理科で学習をおこなった月の動きや星座について、たくさんのことを教えていただきいました。授業での観察では、曇っておりきれいに見ることができなかった夏の大三角が映し出されると子供たちからは、「あれがデネブ!」「アンタレスもある!」と歓声が上がりました。
 天文台では、残念ながら空に雲が多く星や太陽を見ることができませんでしたが、特別に望遠鏡の中を見せていただき、とても充実した時間を過ごすことができました。
 ハートピア安八の皆様ありがとうございました。

     

10月15日 ランタンづくり

 9月21日に収穫したジャンボかぼちゃを使って、全校、縦割り班でランタンづくりを行いました。
 縦割り班のリーダーがかぼちゃを選びデザインを考え、他学年の仲間と声をかけ合ってそれぞれのランタンを完成させました。完成したランタンに灯を入れ、投票、表彰を行い、楽しい交流活動になりました。
 5,6年生は、この会のために体育館の準備を行い、リーダーの姿を見せました。ランタンが完成した縦割り班から段取りよく後片付けをする様子にも感心した時間となりました。
 12個のランタンは、玄関でどれも楽しそうな表情でお客様をお迎えしています。

      
 

10月14日 ヤクルト出前講座「おなか元気教室」

 岐阜ヤクルト販売株式会社様にご来校いただき、出前講座に参加しました。
 低学年、中学年、高学年に分かれて参加しました。
 「朝ごはんを食べるのはどうして?」「よい『うんち』はうく?しずむ?」を考えながら、「うんちはおたより、トイレは大切なおたよりどころ」として、100点満点のうんちにするための8つの約束をしました。
 ヤクルトとヤクルト容器からリサイクルされた定規をいただき、大喜びでした。
 岐阜ヤクルトのうんち先生、みか先生、ありがとうございました。

 

10月13日 運動会結団式

 11月に予定している運動会の結団式を行いました。
 今年は、どの学年からも運動会リーダーを各団一人ずつ選出して、運動会の企画や運営にかかわります。
 結団式では、全校スローガンと各団のスローガン、運動会リーダー一人一人の決意を発表しました。
 運動会リーダーは力の入った声で発表し、きびきびとした動きでした。運動会が楽しみになるような姿でした。

 

10月12日 6年 ハートピア安八見学

 6年生は、理科の校外学習としてハートピア安八天文台で館長さんの講座に参加しました。
 館内では、月の動き方、満ち欠けについて具体的に教えていただきました。また、プラネタリウムでは、この日の星の様子を映し出していただき、流れ星も楽しみました。曇天のため、望遠鏡からは空を覗き見ることはできず、残念でした。
 帰校した子供たちの第一声は、「楽しかった。」でした。
 ハートピア安八のみな様、ありがとうございました。

 

10月11日 後期始業式

 後期始業式、ステージⅣのはじめの会を行いました。
 今日から「やり切る」ステージⅣに入りました。
 やりきる一つめは「毎日の学習」、二つめは「みんなが気持ちのよい毎日の生活」、三つめは「自分が決めた目標」です。自分の目標について、挙手をして全校の仲間の前で発表した子供はこのように発表しました。
  「姿勢をよくする。きれいな字を書けるようになりたいから。」
  「練習して雲梯の一つ飛ばしをできるようになる。いつでもできるようになりたいから。」
  「行事や活動で自分で考えて自分から動きたい。次のリーダーだから。」
 どの発言も、なりたい自分の姿がしっかり描かれていました。

 

10月8日 前期終業式

 久しぶりに体育館に集合して、前期終業式を行いました。
 前期間は、相変わらずコロナ禍でしたが感染予防をしながら過ごしました。9月下旬からは、これまで延期してきた行事等を実施することができ、子供たちの笑顔も増えました。
 今日の終業式は、子供たちの姿勢にとても感心しました。子供たちの成長を感じました。今日で、「築く」ステージⅠ、「試す」ステージⅡ、「高める」ステージⅢの前期を終えました。来週からは、「やり切る」ステージⅣに入ります。

 

10月7日・8日 ОKB体操教室

 NPО総合体操クラブの方を招いて、体操教室を開きました。
 7日は高学年、8日は低学年が参加しました。1年生は前転・後転、2年生は開脚飛び、3年生、4年生は台上前転、5年生は倒立前転、6年生は倒立前転・台上前転を教えていただきました。
 久しぶりの器械体操となりましたが、プロの指導を受け、練習を繰り返すごとに上達していきました。子供たちは、自身の上達に手ごたえを感じながら、根気よく繰り返していました。仲間をたたえる拍手もわく場面もあり、前期を締めくくる気持ちのよい時間になりました。
 NPО総合体操クラブの皆様、ありがとうございました。

 

10月7日 3年 ハートピア安八見学

 3年生は、校外学習としてハートピア安八の見学に出かけました。
 プラネタリウムでは、星が動いていることに驚きました。ハードピア図書館では、普段は立ち入ることのできないバックヤードに入れていただき、本の多さや新聞の保管に驚きました。歴史資料館では、9.12災害当時の牧地区の写真を見て、ふるさとの施設や過去の出来事を学びました。
 ハートピア安八の皆様、ありがとうございました。

 

10月7日 6年 福祉体験

 6年生は、総合的な学習の時間において「わたしたちにできること」をテーマに学習しています。その一つとして、安八町福祉協議会様、養老町の松永製作所様を講師としてお招きし、車いす体験と高齢者疑似体験をしました。
 車いす体験では、車いすの安全な操作の仕方、段差や坂道での操作を体験し、絶えず声をかけることが大事だと教えていただきました。高齢者疑似体験では、重りを身につけたりゴーグルやヘッドホンをしたりして、歩行や階段の昇降、見えにくさを体験しました。
 高齢者や障がいのある方の立場とお手伝いする立場の両方を体験して、相手への心遣いの大切さを学びました。
 安八町社会福祉協議会の皆様、松永製作所の皆様、ありがとうございました。

 

10月5日 車いすバスケットボール体験教室

 岐阜県環境生活部人権施策推進課様の主催による車いすバスケットボール体験教室を行いました。コロナウイルス感染拡大の中、延期されていましたが実現しました。
 チーム「岐阜SHINE」創設者の池戸義隆さんが来校され、東京パラリンピックの車いすバスケットボール男子日本代表選手、垂井町出身の秋田啓選手の銀メダルについて触れ、メダルにはこれまでの努力の分の重さも合わさって重かったと紹介されました。
 その後、競技用車いすと生活用車いすの違いの説明を聞き、4年生以上が競技用車いすに乗ってシュートをする体験をしました。シュートが決まった時には拍手がわきました。子供たちにとっては、車いすバスケットボールの理解とともに、「やってきたことに間違いはなかった。」と語られる池戸さんの生き方にも触れることができました。
 岐阜県環境生活部人権施策推進課様、貴重な体験をありがとうございました。
 池戸選手、岐阜SHINEの皆さん、牧小学校全員で応援しています。

 

10月4日 1年 国語の研究授業

 国語科の学習活動を参観しました。これまで教科書やワークシートを使って行っていたことをタブレットを利用して学習しています。この日は「たこ」のかくれんぼの仕方について読み取る学習でした。学習の途中でQRコードを読み取って「たこ」のかくれんぼの動画で見ると、歓声や驚きの声が上がりました。
 1年生は、小さな人差し指で巧みにタブレットを操作しながらとても頑張って学習していました。

9月21日 オバケかぼちゃの収穫祭

 5月に苗植えをしたアトランティックジャイアントの苗が大きな実を実らせ、3、4年生が地域の方と一緒に収穫を楽しみました。
 巨大カボチャは一人ではとても運ぶことはできず、仲間と力を合わせながら工夫して運びました。5月の苗植え後は地域の方が草刈りなどの世話をしていてくださったおかげで、収穫できたかぼちゃは32個でした。かぼちゃの成長のすごさ、収穫の楽しさを感じながら、地域の方に感謝して終わりました。
 このかぼちゃを使って、10月にランタンづくりを予定しています。
 JAの皆さん、地域の皆さん、ありがとうございました。

 
   

9月1日 命を守る訓練

 防災の日、命を守る訓練をしました。煙体験を通して身を守る訓練を計画していましたが、新型コロナウイルス感染予防のため、身を守る行動・姿勢の練習をしました。練習を繰り返し、防災への意識、減災への意識を高めていきます。

 
 

7月20日 ステージⅡ終了の集会

 昨年度とは違い、4月、5月も学校で仲間と一緒に過ごしたステージⅠ、Ⅱの71日間が終了し、夏休みを迎えるにあたり、ステージⅡ終了の会を行いました。
 コロナウイルス感染予防と熱中症対策のため、オンラインでの会となりました。ステージⅡは「試す」期間だったことから、校長が「試したことがある人」と尋ねると、各教室をつないだ画面には挙手をする姿が映し出され、自分の挑戦したことを堂々と発表しました。
 対面ではありませんでしたが、子供たちの息遣いを感じる時間でした。
 
 

7月14日 うごくおもちゃ屋さん 開店

 2年生は生活科の学習で「うごくおもちゃ」を作り、1年生に遊んでもらいたいと考えてうごくおもちゃ屋を開店しました。うごくおもちゃ屋は、とことこ車屋、ロケットポン屋、カップとばし屋、輪ゴムまとあて屋です。試行錯誤しながら作り、おもちゃ屋を開店する準備もしました。1年生が喜ぶように、ご褒美のバッジもたくさん作りました。
 1年生は、順にすべてのおもちゃ屋で楽しく遊び、2年生も1年生に説明しながら楽しく過ごしました。
 

7月13日  大きなしゃぼんだま 

 1年生は、しゃぼんだま遊びをしました。針金を丸めて作った輪にモールを巻きつけて特製の道具を作ってしゃぼん液をしみ込ませ、張った膜を破らないように持ち上げてスーと横に引き、長い長いしゃぼんだまを作って楽しみました。うちわの骨を使うと、細かなしゃぼんだまがたくさんできる様子にも大はしゃぎ。
 風に強い日には、しゃぼんだまとばしはできませんでした。何度も試しながら、たくさんの発見をしていました。
 

7月13日 ねんりんピック岐阜2021「ねんりん応援団」

 10月に開催される「ねんりんピック岐阜2021」の選手団を歓迎するお手伝いをしました。
 牧小学校は山梨県の応援団担当となり、応援のぼり旗を作りました。まず、ねんりんピックについて学び、その後タブレットを活用して山梨県について調べ、有名なものや食べ物を取り上げて山梨県の選手団の皆さんへの歓迎の気持ちを込めて作成しました。山梨県の選手の皆さん、子供たちの応援の気持ちを受け取ってください。
 がんばれ、山梨県。
 がんばれ、岐阜県。
 

7月9日 人権の花運動

 大垣法務局、安八町役場福祉課、人権擁護委員の皆様に来校いただき、全校で人権の花運動として日日草を植木鉢に植えました。縦割り班で活動する中、丁寧に植える姿、高学年の子どもが低学年の仲間を手伝う姿や早く活動が終わると進んで後片付けをする姿など、他を思いやる姿がたくさん見られました。
 大垣法務局支局長様、人権擁護委員様からは、「種をまこう」の詩を朗読していただき、花の苗を植えたことで終わりではなく人権の花運動を通して続いていくことを教えていただきました。また、ゆっくり「人権」について考えていこうと宿題をいただきました。
 最後に、来ていただいた皆さんに、日日草の植木鉢をお渡ししました。

                   
 

7月 人権について考える

 牧小学校は、岐阜地方法務局、岐阜県人権擁護委員連合会から、令和3年度人権推進校に指定されています。すでに4月22日に、6年生が指定書を受け取り、大垣支局長さんの人権についてのワークショップに参加しています。これに続き、全校で「人権標語」を作り、現在、児童玄関に人権ロードをつくって啓発中です。
 今後は、人権標語の強調週間を設けて「人権こころのはな」を咲かせる活動、見守り等でお世話になっている地域の方に「人権の花」を届ける活動を計画しています。

7月1日 4年研究授業

 牧小学校では、ながく図書館教育を関連させた国語科の研究を続けています。この日は、4年生の「アップとルーズで伝える」の学習を公開し、大藪小学校から講師を招いて研究会をしました。
 子どもがタブレットを活用して自身の読み取りを提出すると、黒板のスクリーンにプロジェクターを通して全員の読み取りが表示され、「みんな同じところを選んでいる。」と自己評価しながら学習をはじめました。よく考え、よく意見を述べ、学習を終えた後に「難しかった。」と漏らす姿から学習に向かう意欲を感じました。
 講師からは、学習姿勢のよさと学習に向かう集中力をとてもほめられました。

6月 てのひら文庫を読書

 朝活動で読書の時間、読書活動の時間を設けています。
 この日、3年生の教室では、てのひら文庫の1冊を読書しました。地域の方からのご寄付で購入させていただき、子どもたちの知的好奇心を満たしています。

6月29日 一人1実験で理科を学ぶ

 牧小学校は少人数で学んでいます。交流する時には何度も発言が回ります。理科に実験は、一人1実験です。この日、6年生は「植物の体」の学習の時間で、ムラサキツユクサの気孔を見る学習をしました。教師の示範を見た後、一人でプレパラートを作り、顕微鏡を操作して気孔を見つけ歓声が上がりました。
  子どもたちは理科が大好きです。

6月28日 子ども議会見学

 6年生は、社会科の学習として、安八町議場を見学し、議会政治の働きや選挙の意義を学習しました。
 まずは、模擬選挙会場で選挙体験をしました。とはいっても、一票を投じたのは「自分が尊敬している(理想としている)人」。次に議場に入らせていただき、議長席や議員席に座らせていただきました。その後、庁舎内を案内していただき、最後は町長室に。一人ずつ、町長席に座り、堀町長さんと一緒に写真を撮りました。
 堀町長様、役場のみなさん、教育委員会のみなさん、ありがとうございました。
 町長様や安八町役場がとても身近になった時間でした。

     

6月24日 租税教室

 大垣税務署から講師を招き、6年生が税金について学びました。社会科の時間に学習したことを基にしながら、税金のつかいみちや、もし税金がなかったらどんな世界になってしまうのかを学びました。また、安八ふれあいセンターや安八温泉、新型コロナウイルスワクチンにも使われていることを知りました。
 学習を終えて、「税金がないと生活は大変なことになるから、税金をしっかり納めたい」と学習を振り返りました。大垣税務署さん、ありがとうございました。

6月9日 5年生 全国歯磨き大会

 5年生が「全国小学生歯みがき大会」に参加しました。 歯肉炎について正しく知り、予防の仕方や自分に合った歯磨きの仕方、デンタルフロスの使い方を学びました。
 当日は、コロナウイルス感染予防対策としてカラーテスターは使わず短い時間での学習となりましたが、子どもたちはDVD教材を通してよく理解し、明日からの自分の歯磨きの課題を見つけました。

1年生 いのちの授業「からだをきれいに」

 1年生は、担任と養護教諭とに「からだをきれいにするほうほうをかんがえよう」の学習をしました。体でよく汚れる部分はどこか、きれいにするためにはどうするとよいかを考えました。体をきれいにするのは大切な命を守ると学びました。
 コロナ禍にある子どもたち、手洗いが命を守ることを日々学んでいます。

校長に、毎月、一人ずつ、自分のペースで名文暗唱

 5月より、全校の子どもたちに校長より宿題が出ています。それは、毎月一つずつ名文を暗唱することです。
 5月の名文は「のび太の言葉」でした。「一番いけないのは自分なんかだめだと思いこむことだよ。 一つだけ教えておこう。 きみはこれからも何度もつまづく。 でも そのたびに立ち直る強さももってるんだよ。」
 6月の名文は「ドラえもんの言葉」です。 「人にできて、きみだけにできないことなんてこと あるもんか。 どんなにうまくいかない時でも、 どこかに君の宝石がきっとあるはずだよ。 その宝石を磨いて、魂をピカピカに磨いてみせてよ。」
 子どもたちは、力強く朗唱します。職員室の職員も、一緒に拍手を贈っています。1年生には難しいかと心配していましたが、おうちの皆さんのお力添えもあって大きな声で朗唱しています。子どもの無限の力を感じます。

6月23日 運動場の除草活動

 朝から、美化委員会の子どもが道具を準備し、全校が除草活動に取り組みやすいように準備をしてくれました。おかげで、運動場に出てきた子どもたちは、それぞれに除草作業をはじめました。子どもたちの小さな手は大きな力を発揮して、運動場もずいぶんきれいになりました。活動が終わると、また美化委員会の子どもたちが道具の後片付けを始めました。高学年のリーダー性も高まっています。

6月11日 さつまいもの苗植え

 毎年恒例のさつまいもの苗植えをしました。150本の苗を植えました。前日までに地域の方が畑を耕し、畝をつくって下さったので、とてもスムーズにできました。当日は長寿会の皆さんが指導に来て下さり、たくさん収穫できるのを楽しみにしながら、一人2本程度植えました。なかよし班の6年生が、リードしました。
 長寿会の皆さん早朝からありがとうございました。

6月9日 古代米の田植え

 牧まちづくり協議会の方の協力のもと、古代米の田植えが行われました。
 5年生15人は、田植えは初めてでした。最初は慣れない田んぼの土に苦しんでいましたが、次第に慣れてだんだんはやく植えられるようになってきました。
 秋の収穫が楽しみです。冬にはこの古代米を使って、もちつきを行う予定です。

6月7日 プール開きの準備

 7日(月)、4年生・5年生・6年生の力を結集して、プール掃除をしました。2年ぶりの掃除となりましたが、子どもたちの力できれいになりました。17日にプール開きの予定です。これに先立ち、職員作業として、コロナ感染防止対策をしました。バスタオル、マスクは、個人用の洗濯ピンチを使用し、間隔を取ってフェンスに掛けます。感染防止、熱中症予防に配慮しながら、水泳学習を進める予定です。

5月25日 オバケかぼちゃの苗植え コミュニティー・スクールのスタート

 3・4年生の子どもたちと、70株以上のオバケかぼちゃの苗を植えました。今日のために、牧まちづくり協議会のみなさんには、畑の整理や、苗の栽培をお世話になりました。子どもたちは、どれだけ大きなかぼちゃに成長するのか楽しみにしながら何株も定植しました。
 たくさんの地域の方と活動でき、秋のランタンづくりが楽しみになりました。
 地域の皆さんありがとうございました。

5月18日・20日 人文字アート

 例年よりずいぶん早い梅雨の晴れ間、全校児童と職員で学校の教育目標をアートしました。6年生がリードして、縦割り班で文字を描きました。6年生はこの日のために、教室で事前に試して臨みました。
 全員でアートした教育目標は、1年間、教室で子供たちを見守ります。

  <教育目標 人文字アートの完成品はこちら>

5月 いちご狩り

 昨年度の冬から育てていたいちごがなり始め、学年ごとにいちご狩りに行ってきました。大きくて甘いいちごを収穫しました。

4月27日 交通安全教室

 交通安全教室を行いました。1・2年生は徒歩で、3~6年生は自転車に乗り、安全な交通について学びました。

4月24日 授業参観

 今年度初めての授業参観がありました。たくさんの保護者のみなさんにご参観いただきました。

4月9日 命を守る訓練

 今年度、最初の命を守る訓練を行いました。「おはしも」をしっかりと守り、素早く避難することができました。

4月7日 入学式・着任式・始業式

 とてもよい天気の中、入学式・着任式・始業式を行いました。新1年生14人を迎え、新たな仲間と共に、牧小学校の生活が始まります。

お問い合わせ


〒503-0125
岐阜県安八郡安八町牧2927

TEL.0584-64-3257
FAX.0584-64-5455
makisho@he.mirai.ne.jp