木造地蔵半跏像
        寄木造(像高85cm) 平安時代 国指定重文         


この像は、檜寄せ木造りの半跏像で木眼、安定した岩座に蓮華座を重ねた4重座に腰をおろし、
右足を曲げて左足を下げ足下に蓮華を踏んでいる造形は極めて珍しい。古くから安産育児の菩
薩として親しまれ、今では全体に木地が現れているものの、もとは色彩像であったと思われる。
柔和な顔とどっしりした姿で、いかに多くの人々の信仰を集めたかがうかがえる像である