白浜 雄造
(しらはま ゆうぞう)
白浜 雄造

障害競走成績(2019年終了時)
1着2着3着着外
通算成績 117 133 85 686
2019年 13 38
2018年 31
2017年 32
2016年 26
2015年 29
2014年 25
2013年 35
2012年 32
2011年 28
2010年 32
2009年 32
2008年 45
2007年 35
2006年 22
2005年 39
2004年 12 29
2003年 11 44
2002年 37
2001年 43
2000年24
1999年21
1998年
(騎手デビュー : 1998年)

(障害重賞21勝)

東京ハイジャンプ(G ll) ・ レガシーロック  (1999年)
小倉サマージャンプ(G lll) ・ レガシーロック  (2000年)
阪神ジャンプステークス(G lll) ・ テイエムダイオー  (2000年)
京都ハイジャンプ(G ll) ・ テイエムダイオー  (2000年)
京都ジャンプステークス(G lll) ・ ウインマーベラス  (2003年)
小倉サマージャンプ(G lll) ・ ウインマーベラス  (2003年)
阪神ジャンプステークス(G lll) ・ ウインマーベラス  (2003年)
京都ハイジャンプ(G ll) ・ ウインマーベラス  (2003年)
阪神スプリングジャンプ(G ll) ・ ナムラリュージュ  (2005年)
阪神ジャンプステークス(G lll) ・ アズマビヨンド  (2005年)
中山大障害(G l ) ・ テイエムドラゴン  (2005年)
阪神スプリングジャンプ(G ll) ・ テイエムドラゴン  (2006年)
東京ハイジャンプ(G ll) ・ スプリングゲント  (2006年)
京都ジャンプステークス(G lll) ・ キングジョイ  (2007年)
京都ハイジャンプ(G ll) ・ テイエムドラゴン  (2007年)
中山グランドジャンプ(G l ) ・ スプリングゲント  (2009年)
京都ジャンプステークス(G lll) ・ テイエムハリアー  (2011年)
京都ハイジャンプ(G ll) ・ ルールプロスパー  (2014年)
京都ハイジャンプ(G ll) ・ ルールプロスパー  (2015年)
阪神ジャンプステークス(G lll) ・ アップトゥデイト  (2018年)
京都ジャンプステークス(G lll) ・ ディライトフル  (2019年)


ファンの思い入れ

 障害の9連対は凄い!!!!顔も男前だし、何も言うことはない。復帰後も、楽しみだ。
   (ニャメ さん <1998-12.7>)

 誕生日が一緒で年も近いので、なんか気になっていました。今年は一気に平地の騎乗機会が少なくなり、その分、障害で大活躍してほしいです。デビュー以来障害9連続連対というのは、びっくりしました。
 ぜったいに障害のプリンスになれ!
   (あつし さん <2000-8.31>)
Jari.のひとこと

 新人の年にいきなり障害デビュー。所属厩舎が障害に積極的に出走させているとが最大の要因であったが、それに白浜騎手は見事に応えた。 デビュー以来障害競走連続9連対という記録はまさに不滅の大記録である。3年も立たないうちに障害重賞を4勝と、障害界のニューヒーローとして早くから注目されていたが、2003年には年間重賞4勝を挙げ、2005年には最短で障害重賞10勝の大台に乗せた。 また、同年に中山大障害を制して障害界のトップジョッキーへまで上り詰めた。大舞台に強い騎手で、障害重賞最多勝記録を保持している。

 ・1998年ベストレース : 5/9・オープン
 ノーザンテリトリーの単騎大逃げで終始流れたこのレース。ニケスピリットは離れた後方集団の中団を進んでいた。直線に向いても10馬身ほど差はあったが、逃げたノーザンレインボーが完全に一杯となり、後方との差が一気に詰まってきた。 その時外からすごい勢いで突っ込んできたのがニケスピリットだった。あまりにも対照的な脚勢だったため、まさに一瞬のうちに捕らえてぐんぐん差を広げた。直線ダートのレースでありながら上がりタイムが36秒を切った末脚はまさに驚異的なものだった。 この脚を信じて乗った白浜騎手がベテラン騎手のように見えたのは私だけだろうか? 実はこれが障害初勝利だったのだが・・・。
 ・1998年ベストコンビ : メジロバルカン

 ・1999年ベストレース : 6/12・東京HJ
 序盤から迷いなく先手を奪う積極的なレース。1番人気のマイネルタスクに最終障害で並ばれるも、最後は再び突き離し見事重賞初制覇を成し遂げた。 うまく勝ちパターンに持ち込んだ見事な勝利と言えよう。
 ・1999年ベストコンビ : レガシーロック

 ・2000年ベストレース : 9/16・阪神JS
 未勝利を勝ったばかりで果敢に別定重賞に挑戦したテイエムダイオーが直線で一気に差し切る強いレースぶりを見せて一躍重賞ウイナーにまでのし上げたレースぶりは見事。 末脚に自信のある馬は仕掛けどころひとつで着順が変わるが、このレースは完璧なレースができたように思う。
 ・2000年ベストコンビ : テイエムダイオー

 ・2001年ベストレース : 7/14・未勝利
 2001年の6勝の中ではいちばん地味な勝ち鞍かも知れないが、騎乗ぶりがいちばん光ったのもこのレースだと思う。道中は先団に付け、4角で前に並びかけると直線でキタサンアルダーンを捕らえ、 最後追い込んだエリモシーザーを抑えて勝利を収めた。前、後ろに人気馬がいた中をきっちり抜け出したレースぶりは、地味だが印象に残ったレースだった。
 ・2001年ベストコンビ : ヤマニンエスコート

 ・2002年ベストレース : 5/12・京都未勝利
 ・2002年ベストコンビ : ニシノビート

 ・2003年ベストレース : 5/17・京都JS
 ・2003年ベストコンビ : ウインマーベラス

 ・2004年ベストレース : 8/7・小倉オープン
 ・2004年ベストコンビ : ローレルロイス

 ・2005年ベストレース : 12/24・中山大障害
 ・2005年ベストコンビ : テイエムドラゴン

 ・2006年ベストレース : 3/18・阪神SJ
 ・2006年ベストコンビ : テイエムドラゴン

 ・2007年ベストレース : 5/12・京都JS
 ・2007年ベストコンビ : テイエムドラゴン

 ・2008年ベストレース : 11/2・京都未勝利
 ・2008年ベストコンビ : バンブートヨタ

 ・2009年ベストレース : 4/18・中山GJ
 ・2009年ベストコンビ : スプリングゲント

 ・2010年ベストレース : 2/14・京都未勝利
 ・2010年ベストコンビ : スプリングカエサル

 ・2011年ベストレース : 11/12・京都JS
 ・2011年ベストコンビ : テイエムハリアー

 ・2012年ベストレース :  4/29 ・ 東京オープン
 ・2012年ベストコンビ :  テイエムハリアー

 ・2013年ベストレース :  2/24 ・ 阪神オープン
 ・2013年ベストコンビ :  トウショウデザイア

 ・2014年ベストレース :  5/31 ・ 京都HJ
 ・2014年ベストコンビ :  ルールプロスパー

 ・2015年ベストレース : 5/30・京都HJ
 ・2015年ベストコンビ : ルールプロスパー

 ・2016年ベストレース :  2/27 ・ 中山未勝利
 ・2016年ベストコンビ :  メイショウオヤシオ

 ・2017年ベストレース :  9/2 ・ 小倉未勝利
 ・2017年ベストコンビ :  キングナポレオン

 ・2018年ベストレース :  9/15 ・ 阪神JS
 ・2018年ベストコンビ :  アップトゥデイト

 ・2019年ベストレース :  11/9 ・ 京都JS
 ・2019年ベストコンビ :  ディライトフル
応援HP(リンク)
 GO!GO!HAPPYDAY!!


騎手ページへ