北沢 伸也
(きたざわ しんや)
北沢 伸也

障害競走成績(2019年終了時)
1着2着3着着外
通算成績 139 151 121 822
2019年 57
2018年 35
2017年 14 40
2016年 28
2015年 46
2014年 12 10 26
2013年 45
2012年 13 38
2011年 47
2010年 12 10 43
2009年 11 10 38
2008年 40
2007年 42
2006年 37
2005年 25
2004年 37
2003年 40
2002年 37
2001年 21
2000年44
1999年1238
1998年18
(騎手デビュー : 1990年)

(障害重賞9勝)

阪神ジャンプステークス(G lll) ・ ミレニアムスズカ  (2002年)
阪神スプリングジャンプ(G ll) ・ トーワベガ  (2010年)
東京ジャンプステークス(G lll) ・ デンコウオクトパス  (2012年)
新潟ジャンプステークス(G lll) ・ エーシンホワイティ  (2014年)
中山大障害(G l ) ・ レッドキングダム  (2014年)
東京ジャンプステークス(G lll) ・ サーストンコラルド  (2018年)
東京ハイジャンプ(G ll) ・ サーストンコラルド  (2018年)
阪神ジャンプステークス(G lll) ・ メドウラーク  (2019年)
京都ハイジャンプ(G ll) ・ スズカプレスト  (2020年)

(表彰タイトル)

(2010年) 優秀障害騎手賞
(2012年) 最多勝利障害騎手(JRA賞)
(2012年) 優秀障害騎手賞
(2014年) 最多勝利障害騎手(JRA賞)
(2014年) 優秀障害騎手賞
ファンの思い入れ

 ヒサコーボンバーの騎乗では散々叩かれましたが、それに負けずに頑張って欲しいです!スリールションとのコンビで目指せJ重賞初勝利!
   (非公開希望 <2000-11.3>)

 私は99年の小倉SJを忘れません。わざわざ東京から来た甲斐がありました。これからもいい技術&ガッツで頑張ってくださいね。
   (天間めぐじ さん <2001-1.7>)

 現在負傷・加療中ですが、早く復帰してまた元気に頑張って欲しいです。スリールションやヒサコーボンバーでバリバリ活躍を期待しています。・・・それに小倉の豊国ジャンプステークスを今年も勝って三連覇(誰も気づきませんよね・・・)を期待しています!
   (廣川 恵文 さん <2001-3.2>)
Jari.のひとこと

 1998年に障害競走に初騎乗しはじめてから、騎乗馬にもまずまず恵まれ安定した成績を残している。派手さはないが、馬に応じてどんなレースでもできる巧さを兼ね備えた騎手である。 1999年からは安定した活躍を見せ、2002年の阪神JSで待望の重賞初制覇を果たした。また、2012年には13勝を挙げて初のリーディングジョッキーに輝き、2014年には念願の中山大障害を制覇。関西を代表するトップジョッキーとなった。

 ・1998年ベストレース : 5/16・京都大障害(春)
 勝ち星を挙げたレースではなく、あえてこのレースを選びたい。8頭中8番人気のエイユーダンボーで挑んだ京都大障害。400万以下でも頭打ちの同馬では完走までが精一杯と思われていたが、 予想を覆す3着の好走。うまく折り合いを付けて最後の末脚を生かした。前との差はあったものの、馬に実力を考えれば文句なしのレースだった。(前にも後にもこれがエイユーダンボーにとって、 1勝を挙げてからの最高着順のレースだった。)
 ・1998年ベストコンビ : デピュティスズカ

 ・1999年ベストレース : 1/9・牛若丸JS
 400万以下が撤廃されて最初のオープンと言うことで頭数が殺到した牛若丸JS。14頭のフルゲート戦で激しい戦いとなった。逃げるシャドウクリークを早目に交わしたカブトフドオが直線で一旦抜け出したが、 ひと呼吸仕掛けを遅らせたこの馬が最後鋭い脚で追い込んで、見事に差し切り勝ちを演じた。
 ・1999年ベストコンビ : ヒサコーボンバー

 ・2000年ベストレース : 6/24・オープン
 フミノレインボーは休み明けの上、馬体減と状態は一息だったが、気分良くレースをさせて最後まで踏ん張り通したレースだった。馬場が悪く時計がかかったが、 この馬の力を最大限に引き出して勝利に導いた北沢騎手の巧さが光ったレースだった。
 ・2000年ベストコンビ : スリールション

 ・2001年ベストレース : 8/19・未勝利
 ケガで出遅れたとは言え、なかなか勝てなかった2001年の初勝利となったこのレースは印象的。コンビは休み明けのシロキタスター。休養前は詰めの甘いレースを続けていたが、このレースでは積極的にハナを奪うと、 そのままスピードの違いで圧勝。この馬の眠っていた能力を開花させてくれたレースだった。
 ・2001年ベストコンビ : ワンダフルシチー

 ・2002年ベストレース : 9/14・阪神JS
 ・2002年ベストコンビ : ミレニアムスズカ

 ・2003年ベストレース : 3/23・阪神オープン
 ・2003年ベストコンビ : タマモワイルド

 ・2004年ベストレース : 2/14・淀JS
 ・2004年ベストコンビ : タマモワイルド

 ・2005年ベストレース : 4/17・阪神未勝利
 ・2005年ベストコンビ : ファントムスズカ

 ・2006年ベストレース : 7/23・小倉未勝利
 ・2006年ベストコンビ : ファントムスズカ

 ・2007年ベストレース : 2/10・淀JS
 ・2007年ベストコンビ : アドマイヤホープ

 ・2008年ベストレース : 10/25・京都未勝利
 ・2008年ベストコンビ : ワンダーハヤブサ

 ・2009年ベストレース : 10/10・京都オープン
 ・2009年ベストコンビ : トーワベガ

 ・2010年ベストレース : 3/13・阪神SJ
 ・2010年ベストコンビ : トーワベガ/FONT>

 ・2011年ベストレース : 5/8・京都未勝利
 ・2011年ベストコンビ : ピカピカテッタ

 ・2012年ベストレース :  6/9 ・ 東京JS
 ・2012年ベストコンビ :  アグネスラナップ

 ・2013年ベストレース :  8/31 ・ 新潟未勝利
 ・2013年ベストコンビ :  スズカマジェスタ

 ・2014年ベストレース :  12/20 ・ 中山大障害
 ・2014年ベストコンビ :  エーシンホワイティ

 ・2015年ベストレース : 2/14・春麗JS
 ・2015年ベストコンビ : エーシンホワイティ

 ・2016年ベストレース :  5/22 ・ 新潟未勝利
 ・2016年ベストコンビ :  リスヴェリアート

 ・2017年ベストレース :  9/23 ・ 清秋JS
 ・2017年ベストコンビ :  スズカプレスト

 ・2018年ベストレース :  10/14 ・ 東京HJ
 ・2018年ベストコンビ :  サーストンコラルド

 ・2019年ベストレース :  9/14 ・ 阪神JS
 ・2019年ベストコンビ :  メドウラーク

騎手ページへ