京都HJ
第10回
2008年11月15日


登録馬(50音順)登録馬(出走優先順)
アグネスヘルメス 60.0 ○○○○○○ 1 コウエイトライ 58.0
エイシンニーザン 62.0 ○○○○○○ 2 キングジョイ 60.0
エイシンペキン 60.0 ○○○○○○ 3 エイシンニーザン 62.0
キングジョイ 60.0 ○○○○○○ 4 テイエムエース 62.0
クリノダイマオー 60.0 ○○○○○○ 5 クールジョイ 60.0
クールジョイ 60.0 ○○○○○○ 6 テイエムトッパズレ 60.0
コウエイトライ 58.0 ○○○○○○ 7 ミヤビペルセウス 60.0
ジュレップ 60.0 ○○○○○○ 8 エイシンペキン 60.0
スリーエリシオ 60.0 ○○○○○○ 9 マルブツシルヴァー 60.0
スリーブラボー 60.0 ○○○○○○ 10 アグネスヘルメス 60.0
テイエムエース 62.0 ○○○○○○ 10 クリノダイマオー 60.0
テイエムトッパズレ 60.0 ○○○○○○ 10 ジュレップ 60.0
ドングラシアス 60.0 ○○○○○○ 10 スリーエリシオ 60.0
ニホンピロファイブ 60.0 ○○○○○○ 10 ドングラシアス 60.0
マルブツシルヴァー 60.0 ○○○○○○ 10 ニホンピロファイブ 60.0
ミヤビペルセウス 60.0 ○○○○○○ 10 メイケイグリーン 60.0
メイケイグリーン 60.0 ○○○○○○ 10 メイショウラダック 58.0
メイショウラダック 58.0 ○○○○○○ 10 ライトニングボール 60.0
ライトニングボール 60.0 ○○○○○○ 10 ラドランデンジャー 60.0
ラドランデンジャー 60.0 ○○○○○○ 20 スリーブラボー 60.0
(フルゲート:14頭)
【レース】
 第10回目にして初めてフルゲートとなりそうだ。メンバーの質もG1馬こそ出走はしていないものの、重賞馬は半数の7頭、抽選で出走が叶った1勝馬の中にも力のある馬が出走してくるので、レベルとしてもかなり高いものとなりそうだ。
 阪神JSの勝ち馬が活躍することからも、コウエイトライへの期待は大きいところだろう。G2では勝ち切れていないが、もちろん勝つだけの力は備えているので、リズム良く行ければ。春のG2を制した2頭はともに中山GJでは経験の差で屈したが、 ここに入れば力は上位だろう。エイシンニーザンは京都コースと長い距離での実績もあり、テイエムエースも東京HJの圧勝など、まだ底を見せていない魅力が十分である。
 京都JSの勝ち馬が3頭いるが、三段跳びを経験して、そこで勝っているというのは強調できる点である。中でもキングジョイは中山大障害2着や東京HJ2着など、能力の高さは上位と遜色がないだろう。休み明けとなる今回は出来次第といったところだろうか。

 いずれにしろ、少頭数で勝ち馬の強さが特に際立っていたこれまでとは違い、レベルの高い激戦が期待できそうで、今年の京都HJは昨年とは違った意味で好レースが期待できそうだ。
【負担重量】
別定(3歳・58kg、5歳以上・60kg、牝馬2kg減。J・GT競走1着馬3kg増、J・GU競走1着馬2kg増。)

バンケットへもどる