レベル 4

コース、距離について



日本の障害競走施行競馬場は8場です。コース、距離については以下の通り。
(あまり自信がありませんので、間違っていたら指摘してください。)

(中 山)  

距 離直 線施行レースレコードタイム障害数出走可能頭数
4100 芝中山グランドジャンプ、中山大障害4:37.2シンボリモントルー1116
3350 芝新潟ジャンプS新 設
3200ダートオープン特別、オープン3:31.0キャニオンストーム1014
3030 芝オープン特別(3:20.3)リンデンバウム14
2700ダート未勝利2:56.8パワークリント14

 たすきコースの2つの大障害と、高低差のある坂(バンケット)が特徴である。障害数は少ない(バンケットは障害数に含まれていない)が、それぞれの障害の質が高い。 上り下りが多いため、スタミナが要求されるコースである。

(京 都)  

距 離直 線施行レースレコードタイム障害数出走可能頭数
3930内 芝京都ハイジャンプ4:23.2リターンエース1814
3760ダートオープン(4:17.8)ポリッシュボーイ1714
3170内 芝京都ジャンプS(3:33.3)トキオワイルド1514
3170 芝オープン特別(3:31.4)ロードアトラス1514
3170ダートオープン特別、オープン3:28.4リターンエース1414
2910ダート未勝利3:11.2サムソンビッグ1214

 重賞のみに使われる、3コーナーの内にある障害(ビッグスワン)が一番の特徴である。一見簡単に見えるが、馬にとっては距離感がつかみ辛いそうで、バランスを崩す馬が多い。 それ以外はたいして特徴的な障害はない。それなりに平地力も要求される。重賞以外なら、平地の短距離で活躍していた馬でも通用する。

(東 京)  

距 離直 線施行レースレコードタイム障害数出走可能頭数
3300 芝東京ハイジャンプ、東京オータムジャンプ
オープン特別
3:38.0ファンドリロバリー1313
3300ダートオープン特別3:39.0メイショウワカシオ1213
2950ダート未勝利(3:16.4)ベルウイナー1214

 直線の連続障害が多いので、スピードを保てるリズムの良さが問われる。最後の直線も長く、平地力も要求されるので、スピードのない馬にとっては苦しいだろう。 また、98年春にたすきコースが廃止されたが、スタンド前の障害がカセット型(レースによって設置される障害が違うというもの)になって、重賞では大竹柵が設置される。

(阪 神)  

距 離直 線施行レースレコードタイム障害数出走可能頭数
3900 芝阪神スプリングジャンプ新 設1414
3170 芝阪神ジャンプS、オープン(3:28.9)レガシーロック1214
3140ダートオープン3:28.0ヒサコーボンバー1214
3000ダート未勝利3:16.5マイネルガイスト1114

 難易度の高い障害はあまりなく、飛越の巧さで勝負するタイプの馬は苦しいコースだ。未勝利戦については、他に比べて距離が一番長く、また、最後の直線が力のいるダートなので、 スタミナとパワーのない馬は勝ち上がり辛い。

(小 倉)  

距 離直 線施行レースレコードタイム障害数出走可能頭数
3390 芝小倉サマージャンプ(3:43.0)ロングイカロス1014
2900 芝オープン特別、オープン、未勝利3:08.7ヒサコーボンバー12

 ローカルの競馬場で唯一、ダートの内側に障害コースがある。小回りであり、先行した馬が有利である。 たすきコースを向こう正面へ向かって進むコースはここだけであり、改修後は上って下る丘状のバンケットができた。

(新 潟)改修工事前  

距 離直 線施行レースレコードタイム障害数出走可能頭数
3200 芝新潟ジャンプS(3:30.0)エイシンワンサイド1014
2800 芝オープン、未勝利3:00.5パワークリント13

 行きは外回りを通り、帰りは内回りを通ってくる(重賞は行き帰り外回り)。ポイントはたすきコースの3つの連続障害だが、 他の置き障害同様、難易度はあまり高くない。

(福 島)  

距 離直 線施行レースレコードタイム障害数出走可能頭数
3350 芝オープン特別、オープン(3:43.0)ゴーカイ14
2750 芝未勝利(2:57.4)ネイビーダンサー12
 たすきコースのバンケットは障害数に含みません。

 このコースの特徴はたすきコースのバンケット。正面スタンドからも上って下るところが比較的近くで見ることができる。 平地同様先行有利に変わりはなく、3角で置かれている馬に出番はない。

(中 京)  

距 離直 線施行レースレコードタイム障害数出走可能頭数
3330 芝オープン(3:38.1)ヤスノテイオー1014
2800 芝未勝利2:59.0ホワイトマサル14

 これらしい特徴はないコースである。向こう正面の3つの連続障害がやはり勝負の分かれどころとなる。 直線での最後の障害でスピードが落ちないかどうかが最大のポイントかもしれない。
 → レベル 5

質問などがありましたらJari.までお願いします。

バンケットへもどる

目次へもどる