かつて中馬街道の宿場町として栄えた足助には、今でも古い町並みが残っています。
その町並みにある古い町家や商家の一郭にアーティストたちが各々の作品を展示します。
 現代アートを見学しながら町並み散策を楽しんでください。

開催日:平成23年11月12日(土)~11月20日(日)
≪ 観 覧 無 料 ≫

時間:午前10時~午後4時

場所:豊田市足助町(古い町並み一帯)

<出展作家> 
五十嵐義郎(インスタレーション)、磯谷泰隆(彫刻)、伊丹靖夫(日本画)、新宅雄樹(油彩)、鈴木琢磨(彫刻)、中根栄二(彫刻)、

中根理(インスタレーション)、新實広記(ガラス)、藤田雅也(インスタレーション)、本多晋一郎(彫刻)、敦木愛子(日本画) ※順不同 敬称略

●現代美術作家による作品の展示●


現代美術作家たちの作品が、足助の古い町並みとコラボ。
美術館のような緊張感漂う雰囲気で観るのではなく、
どこかホッとできる宿場町・足助の雰囲気の中で気軽に楽しんでください。



<主催>AT21倶楽部・足助観光協会
<後援>豊田市教育委員会
<協賛>足助商工会・足助交流館・㈱三州足助公社・足助中央商店街協同組合


<同時開催>



町家の方の協力を得て、屋敷の内部を公開します。
街道から川まで続く町家、足助で1、2位を争った豪商の家など、普段見ることのできない町家内部です。

開催日:平成23年11月12日(土)・13日(日)
≪ 観 覧 無 料 ≫

時間:午前10時~午後4時

場 所:12日(土) 紙屋(本町)、白久商店(本町)、藤屋(田町)
       13日(日) 田口家(本町)、松井家(田町)、小出家(新田町)
          ※ボランティアガイドがご案内します。