学校規模   校歌   沿革   特色ある取組   学校経営方針   アクセス 


特色ある取組

①栗っ子活動
 多くの活動をたて割り班で行いま
す。行事や毎日の清掃、集団遊びや仲良し昼食会等です。異学年グループで取り組むことで、上級生はリーダーとしての自覚を高め、下級生は上級生へのあこがれをもつことが充実した活動を生み、学年をこえた子ども同士の絆を深めます。
②漢字大会・計算大会・家庭学習週間
 基礎的・基本的な学習事項である漢字や計算の習熟を図るため、毎週2回、朝の活動の時間を利用して漢字・計算練習を行います。さらに月に1回、漢字大会・計算大会を行い、成果を確かめます。学期ごとに、家庭学習週間を設定し、家庭の協力を得ながら、家庭学習の習慣づくりを行います。
③生け花・百人一首
 日本の伝統文化の一つである生け花や百人一首を総合的な学習の時間に位置付け、学年で取り組みます。特に生け花は、地域の方を講師に招き、継続して指導していただきます。伝統文化を学び、子どもたちの豊かな感性を育みます。
④健康な体づくり
 運動に親しみ、丈夫な体をつくることをめざします。体育の準備運動にラジオ体操や遊具などを活用した運動を位置付けます。持久走大会、短縄大会、長縄跳び大会に向けて自主的な練習も行います。晴れた日の休み時間は、「外で元気に遊ぶ」ことをめあての一つにして取り組みます。
⑤保育園との連携
 合原幼稚園が休園のため、新入生はほぼ全員が地域にあるハチスチルドレンズセンター出身です。そのため、保育園と連携を図り、低学年がハチスチルドレンズセンターの園児と年間を通じて一緒に学習する機会をつくっています。生活科の単元で、れんげ畑で遊んだり、保育園の隣にある八幡神社に出かけ、一緒に遊んだりします。
⑥地区大運動会(マーチングバンド)
 運動会は地域合同の地区民運動会です。児童の種目を中心にしながらも、園児から祖父母まで参加する地域あげての行事です。全校児童よるマーチングバンドは、地域の方々が楽しみにしている種目です。
⑦地区大運動会(栗原踊り)
 運動会は、地域に伝わる「栗原踊り」を伝承する場にもなっています。公民館や学校で地域の保存会の方から踊り方やお囃子を教えていただき、何度も練習して本番を迎えます。

ページトップへ