ぱんさのカニのいる生活−カニの飼育−
 
Total   Today   Yesterday:

−ご注意−
当サイトは、休止しています。一切のご質問は受付けていません。

コンテンツ一覧

はじめに・・・
一口にカニといっても
カニの種類と飼育方法
ろ過装置による水の浄化原理
暑い夏を過ごすには
幼生の飼育
食物に含まれるカルシウムとリン、シュウ酸
餌皿いろいろ
カニに関する書籍
カニ掲示板
りんく

はじめに・・・

 子供たちと海へいくと、とても上手にカニを捕まえてきます。
 カニは、海の生き物の中では、もっとも簡単に飼育できます。とは言え、海の生き物であることには変わりありませんので、それなりの努力を必要とします。
 当サイトは、海へ遊びに行ったときに採ってくるような海周辺のポピュラーなカニの飼い方を紹介します。
 なお、残念ながらサワガニ、モクズガニ等淡水のカニに関する記事はありません。

「飼うってことは、その小さないのちに責任をもつことなんだ。」

海の生き物を飼ったことがない人に最初に知っておいて欲しいこと
  • 海生のカニを飼育するには「海水」が必要です。「海水」は「塩水」ではありません。たとえ同じ濃度にしても代用できません。
  • 数日程度餌がなくてもカニは死にません。エサのこと心配するよりも環境づくりを優先してください。
  • 生き物を飼えば、水は汚れてそのままでは腐ります。正しいろ過装置を設置するか、日々少しづつ水換えをする必要があります。

一口にカニといっても

に棲むカニ
 一口にカニといっても様々な種類があり、それぞれの生態により飼い方が異なります
 右の図は、それぞれのカニの棲んでいる場所を示しています。当サイトでは、この区別により飼育方法を記載しています。(この分け方は、飼育説明の便宜上のための当サイト独自なもので、学術的なものではありません。)
 まず、あなたのカニが何であるかを把握して、以下のそれぞれの項をお読みください。

河口・干潟・砂浜に棲むカニ

カニの種類と飼育方法

生  態 代表的な種類
【大型陸生のカニ】
亜熱帯・熱帯の海に近い山や森に棲み、夜になると外に出て活動する。
ほとんど海に入らない。

飼育方法 (飼育環境、飼育管理)
飼育環境 (甲幅5cm未満の若い個体)

カニの飼育に関するよくある質問と回答

オカガニ
ハロウィンクラブ
オカガニ
(カンダクイガン)
ミナミオカガニ
(オオオカガニ、ギターサオカガニ)
レインボークラブ
ハロウィンクラブ
【陸生のカニ】
海に近い山、森の岩や石垣の間に昼間は潜み、夜になると外に出て活動する。 又は、河口のアシ原などに棲む。
ほとんど海に入らない。

飼育方法 (飼育環境、飼育管理)

カニの飼育に関するよくある質問と回答

アカテガニ アカテガニ
ベンケイガニ
クロベンケイガニ
アシハラガニ
【半陸生のカニ】
海際の護岸等を駆け回り、人間の気配を感じると護岸の隙間などに逃げ込む。

飼育方法 (飼育環境、飼育管理)

カニの飼育に関するよくある質問と回答

イワガニ イワガニ
カクベンケイガニ
【半海生のカニ】
潮溜まりや海中の岩等の下や隙間に潜んでいて岩をどけると逃げ出す。たまに水の上に出る場合がある。

飼育方法 (飼育環境、飼育管理)

カニの飼育に関するよくある質問と回答

ヒライソガニ イソガニ
ヒライソガニ
イシガニ
【海生のカニ】
海の中の岩等の下や隙間に潜んでいている。ほとんど水の外にでない。

飼育方法 (飼育環境、飼育管理)

カニの飼育に関するよくある質問と回答

ベニオウギガニ オウギガニ
クロテナガオウギガニ
ベニオウギガニ
その他オウギガニ類
ベニツケガニ
ヒメミドリベニツケガニ
その他ガザミ類
【二枚貝に共生するカニ】
生きたアサリ等の二枚貝に入っていたりする白い小さなカニ。
潮干狩りやスーパーのアサリに混入していることが多い。
メスは、生涯を貝の中で暮らし、オスは、メスを求め貝を渡り歩く。

飼育方法 (飼育上の留意点)

カギヅメピンノ
画像提供:かぁにぃ
オオシロピンノ
マルピンノ
カギツメピンノ等
ピンノ(カクレガニ)類
【深場海生のカニ】
数十m以深の海に棲むカニ。エビ刺網などで上がってくる。

【飼育上の留意点】

  • 水温は15℃以下、一般家庭では飼育は難しい。
  • 水質に敏感なものが多い。
中、大型のクモガニ類
エンコウガニ類
【砂浜陸生のカニ】
潮の届かない海の砂浜に大きな穴をあけて棲み、夜などに砂浜に出てきて食べ物を探す。
ほとんど海に入らない。

【飼育上の留意点】

  • 砂を20cm以上の厚さに敷き、砂の底5cm程度海水を入れた環境で飼育。
  • 砂の表面に餌皿を置き、餌を与える。雑食性。
スナガニ
【砂浜海生のカニ】
海中の砂の中に潜む。ほとんど陸にでない。
潮干狩りなどで、よく出会う。

【飼育上の留意点】

  • 基本的には【半海生のカニ】又は【海生のカニ】に準ずる。
  • 基本的に陸上は必要ない(ろ過装置などによりエアレーションができていれば)。
  • よりよい環境を求めるのであれば、潜り込めるよう底砂に細かい砂を敷く方がよい。ただし、それをする場合には、底面ろ過は使用できない。このため、外掛けフィルター、パワーフィルター等の利用が必要。
キンセンガニ
マメコブシガニ
【干潟のカニ】
満潮時には海につかる干潟に穴を掘って棲み、干潮になると一斉に出てきて干潟で餌を探す(砂団子を作る)。

【飼育上の留意点】

  • 干潮・満潮がないと長く飼育できない。干潮・満潮をつくる仕組みを考える必要がある。
チゴガニ
コメツキガニ
 

ろ過装置による水の浄化原理
自然界の水の浄化、ろ過装置による浄化原理、ろ過装置の具体的な働き(底面ろ過装置を例にして)
 
暑い夏を過ごすには
どのくらい暑いのか把握しよう、暑い夏を過ごすには、部屋の通気を考える、強制冷却
(この記事は「ぱんさのオカヤドな日々」と共通記事です。)
 
幼生の飼育
はじめに、飼育設備、餌、留意点
 
食物に含まれるカルシウムとリン、シュウ酸
(この記事は「ぱんさのオカヤドな日々」と共通記事です。)
 
餌皿いろいろ
「餌皿」の条件、「餌皿」いろいろ
(この記事は「ぱんさのオカヤドな日々」と共通記事です。)
 
カニに関する書籍
飼育関係、図鑑関係

りんく

十脚目通信
生き物は玩具ではありません。小さな命であるヤドカリ、エビ、カニを飼育を含め大切にすることを趣旨として設立された会(主宰:プアマリナ氏)です。
おーしゃんぶるー検索エンジン
熱帯魚、海水魚、金魚、ダイビング、釣りなどの魚・水生生物関連サイトの検索エンジンです。
Gallery極楽仙猫洞 Gallery極楽仙猫洞
「原色蟹類生態図鑑」は、カニマニアにはたまらない日本有数のカニの「生態」写真集です。名前の分からないカニはじっくり調べましょう。
Rainbow Crabs!
 海外では、レインボークラブ(Rainbow Land-crab、Cardisoma armatum)、ハロウィンクラブ(Halloween Land-crab、Gecarcinus quadratus)と呼ばれる、オカガニの一種が飼育されています。このオカガニの飼育に関する集成ともいえるサイトです。すべて英文です。
 当サイトは、このサイトの作者であるDebbie氏から転載、翻訳についての許可を得ています。
メリーな気分のペットの家 メリーな気分のペットの家
 ペットに関する興味深いサイトやタイムリーなニュースを掲載されている選りすぐりの“トップサイト”が紹介されています。
このページ「ぱんさのカニのいる生活」はリンクフリーです。

このサイトへのリンクはフリーですが、
このサイトの文章、写真、イラスト、図等は、私「ぱんさ」に著作権または利用権が帰属しています。無断で複製利用しないで下さい。
文章の引用は可能ですが、出典元として「ぱんさのカニのいる生活」を記載してください。